ショアジギングロッドおすすめ10選!ランキング形式で人気ロッドをご紹介のイメージ

ショアジギングロッドおすすめ10選!ランキング形式で人気ロッドをご紹介

ショアジギングとは、金属の塊のようなルアーを遠投し、ブリやカンパチなどの青物を狙う釣りです。そのロッドは、重いメタルジグを遠投するため、強度が必要です。ダイワやシマノなどの人気メーカーのおすすめショアジギングロッドをランキング形式でご紹介します。

2018年05月31日更新

hanbaishi
hanbaishi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ショアジギングってどんな釣り?
  2. ショアジギングのシーズン
  3. ショアジギングの魅力・人気の秘密
  4. ショアジギングのタックルとは?
  5. ショアジギングの釣り方
  6. ショアジギングロッドに求められる機能・選び方
  7. ショアジギングロッド ダイワ製品人気のラインナップ
  8. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.1
  9. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.2
  10. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.3
  11. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.4
  12. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.5
  13. ショアジギングロッド シマノ製品人気のラインナップ
  14. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.1
  15. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.2
  16. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.3
  17. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.4
  18. ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.5
  19. ショアジギングの便利グッズ
  20. ショアジギングロッドまとめ

ショアジギングってどんな釣り?

ショアジギングの定義

inooooooooomataさんの投稿
20759694 1698596740444122 1172202166849372160 n

そもそも、ジギングとは、 金属の塊で出来たジグと呼ばれるルアーを使った釣り方のことを言います。 ジギングはさらに、「オフショアジギング」と「ショアジギング」に分類されます。 ショアとは「海岸」とか「陸地」とかいう意味です。 つまり、 ・オフショア → 沖(船から釣る) ・ショア → 海岸(おかっぱりで釣る) ということになります。 ショアジギングでは、主に青物や、根魚、フラットフィッシュを狙います。 ブリ・カンパチ・ヒラマサ・サワラ・サバ・シイラ、アコウ・カサゴ、ヒラメ・マゴチなどです。 普通のソルトルアーフィッシングではなかなか釣れない、 ワンランク上のビッグフィッシュ達ですね。 何だかワクワクします。 ジギング自体の人気のもとは、船の沖釣りでした。 船でのジギングは、魚群探知機を使うこともあり、 超大物が狙えます。 しかし、数百メートルもの海底から100g以上のメタルジグを操作する必要があり、 コストもかかることや、体力的にハードなことなどから、 入門者には少しハードルの高い釣りでした。 それを岸からやってみようというのがショアジギングです。 ショアジギングは、比較手軽に大物が狙えるルアーフィッシングとして、 最近、特に人気が高まっています。

ライトショアジギングという考え方

@rut.86さんの投稿
20686937 267055020477893 164974134835544064 n

ショアジギングというルアーフィッシングのジャンルをもう少し細かく分類すると、 40gぐらいまでの軽めのメタルジグを投げるジャンルのことを、 「ライトショアジギング」と呼んだりします。 ショアジギングの入門編という位置づけですが、 軽めのルアーを使うため初心者にも取り組みやすく、 人気が急上昇しています。 そのため、ロッドやリール、ルアーなど、 各メーカーが様々な製品を提供しています。 この分野は、ロッドでいうと、 長めのシーバスロッドの分野と、重なる分野でもあります。 つまり、ライトショアジギングでは、今持ってる長めのシーバスロッドも使えるという事です。 シーバサーには直ぐにでも始められる釣りになりますね。 ショアジギング入門者は、このライトショアジギングから始めると良いでしょう。

ショアジギングのシーズン

おすすめのシーズンは、初夏から秋にかけてです。 この時期は青物のベイトとなるイワシや小サバなどが、 沖から湾内や海岸線近くに回遊してきます。 これらの小魚を追ってきた青物を狙うシーズンが、丁度初夏から秋なのです。 青物以外は、微妙にズレがあります。 マゴチなどは真夏がベストシーズンですし、 ヒラメは秋から冬にかけて最盛期を迎えます。 夏から秋まではメインターゲットが狙えますが、 それ以外の時期も、色々釣れるわけです。 しかも、それらの魚種は、外道にしては美味しい魚達です。

ショアジギングの魅力・人気の秘密

大物が狙える

chiacchierino1219さんの投稿
20759773 299741863823771 1366654693756895232 n

ショアジギングの人気の秘密のひとつに、 通常は沖釣りでしか釣れないような青物が釣れることが上げられます。 さすがに沖と同じサイズとはいきませんが、 40センチ以上の大物は裕に釣れます。 入門者でも充分釣り上げる可能性を秘めた、人気の釣り方なのです。 特にブリやカンパチなどの青物の引きは強烈です。 ドラグが鳴りっぱなしになって、 初心者は最初どうしていいか、分からなくなるでしょう。 中でも、シイラなどは別名「万力」ともいわれ、 強烈な引きで釣り人を魅了します。

獲物は高級魚

@ucchi80さんの投稿
19535252 445835075791376 3125958055083114496 n

ブリやカンパチ、ヒラマサなどの青物は、高級な魚です。 刺身や照り焼き、煮つけ、しゃぶしゃぶなど、 様々な料理で味わえる美味な魚が多いのも、 この釣りの特徴です。 一本青物を釣って帰ると、 家族から人気者?いやヒーロー待遇でしょう。

キャストの爽快感

@eg_gutsさんの投稿
20687972 763401893784648 2586459129904103424 n

長めのロッドに重めのメタルジグを乗せてキャストすると、 ビックリするくらい遠投できます。 サーフなどで、青い海に向かってキャスティングすると、 何とも言えない爽快感が生まれますね。 これぞ投げ釣りの醍醐味という感じです。

ショアジギングのタックルとは?

bittc55さんの投稿
29416658 2048428792093001 7261582042926678016 n

タックル構成としては、ソルトルアーフィッシングの大型版というイメージです。 ショアジギングの人気を受けて、各メーカーとも様々なタックルを出していますが、 基本的な仕様は以下の通りです。 ■ロッドは、長さ9~11フィート前後の硬めの竿。  重いメタルジグを遠投する必要がありますので、  一定の長さと硬さが必要になります。  シーバスをルアーでやっている人は、9フィート以上の長さがあれば、  とりあえず、手持ちのロッドでオッケーです。  しかし、耐えられるルアーの最大重量を確認してください。 ■リールはスピニングで3500~4000番台  ショアジギングでのリールの巻き方は早巻きです。  広範囲を手返しよく探る意味もあります。  そのために、リールは口径の大きいものがおすすめです。  しかしあまり大きすぎると、疲労が激しくなります。  4000番台が限度でしょう。  また、ギア比という事にも注目しましょう。  ギア比とは、ハンドルを1回転するごとに、  スプールが何回転するかという事です。  この、ギア比が高いモデルのことを、  俗に「ハイギア」と呼んでいます。  ハイギアリールのほうが、ショアジギングでは有利です。  糸ふけを解消するのも早いですし、 早巻きも出来ます。  その結果、広い範囲をサーチすることが出来ます。 ■ラインはPE1~3号  道糸にPEラインは必須です。  遠投が必要になるので出来るだけ細いPEラインが理想ですが、  一方で、大型の青物に対抗するためには大きな強度も必要です。  2号程度と考えて良いでしょう。 ■リーダーは4~8号で長さ1.5m程度  リーダーの素材はナイロンかフロロカーボンになります。  砂地であればナイロンリーダーでもオッケーですが、  サゴシやサワラだと歯が鋭く、簡単に切られてしまいます。  また、青物などが根に入られても切られてしまいます。  おすすめはフロロカーボンです。

ショアジギングの釣り方

キャストから着底

フルキャストした後は、着底させます。 着底させるときは、少しずつ糸を出して、 出来るだけ垂直に着底させます。

基本動作

着底後の基本動作は「ただ巻き」でオッケーです。 しかし、巻くスピードは高速です。 ただ巻きで反応が無い場合は、ストップ&ゴーを入れたりします。 活性が低い時は、シャクリを入れながら巻いていきます。 シャクリの入れ方も大きくしゃくったり、小刻みにしゃくったりします。

ショアジギングロッドに求められる機能・選び方

ショアジギングロッドに求められる機能とは、 長さと硬さ、投げられるメタルジグの重さで決まってきます。 自分のショアジギングスタイルを考えながら、 ロッドの長さや硬さを選んでいきましょう。

ロッドの長さ

長さは9~11フィートくらいまでです。 長いほうが遠投に向きますし、足場の高い磯などは、 長くないと足元近くではコントロールが効きません。 逆に長さがありすぎると、しゃくりづらかったり、 アクションを加えにくいというデメリットもあります。 長さがあっても磯竿のように柔らかすぎるロッドでは、 アクションがつけづらく、向きません。 ロッドの長さは、釣り場やターゲットによって変りますが、 入門者向けの長さとしては、9.6フィート程度が良いでしょう。

ロッドの硬さ

@3548wonさんの投稿
12145132 1487998211504385 949392491 n

ショアジギング用のロッドには、長さだけでなく、 硬さも重要な要素です。 全てのショアジギングロッドには、硬さがアルファベットで表示されています。 ロッドの硬さはM(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)くらいが標準です。 同じ硬さの表示であっても、メーカーによって硬さは異なります。

使用出来るメタルジグの重さ

これもメーカーによって違いますが、 適応できるメタルジグの重さは、 ■M(ミディアム)は、60gくらいまで ■MH(ミディアムヘビー)は、80~90gくらいまで ■H(ヘビー)は、100~120gくらいまで となっています。 入門者はMか、MHくらいからからスタートしていき、 竿の長さと重量に馴染んでいくと良いでしょう。 最初は、肩などに筋肉痛が辛い場合があります。 無理をしない程度に、軽いジグから徐々に慣れていきましょう。

最近のメーカーの傾向

最近のダイワやシマノを始めとする、釣り具メーカーの傾向として、 同じ長さや硬さのロッドでも、少しずつ性能や価格帯を変えてリリースしています。 この釣りの人気が広がっているからでしょうね。 例えば、高機能でプロ仕様だったり、入門者向けのエントリーモデルシリーズだったりします。 メーカーの意気込みを感じます。 ジギングロッドを出しているメーカーは色々ありますが、 今回は、日本の2大人気メーカーである、ダイワとシマノのロッドを中心に、 「初心者が検討した方が良い順番」という意味でのランキングを紹介していきます。 つまり、初心者が手軽に始められて、その後ある程度慣れたらこのロッド、 という思いでランキングしてみました。

ショアジギングロッド ダイワ製品人気のラインナップ

ダイワでは、ショアジギングロッドとして、「ショアスパルタン」や 「ジクギャスター」、「ジグキャスターMX」などのシリーズがあります。 その他にも、ダイワの人気シーバスロッド「モアザン」シリーズの一部も、 ショアジギングに活用できます。 ダイワもメーカーとして力を入れている分野であることがうかがえます。 ダイワ製品の中から、入門者向けにランキングをご紹介していきます。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.1

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド スピニング モアザン 99MH-W 釣り竿
Amazonで詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:2.97m ■継数:2本 ■仕舞寸法:153cm ■自重:157g ■ルアー重量:10~60g ■適合ライン ナイロン :12~25lb PE:0.8~2.0号 カーボン含有率(%):99 モアザンといえば、ダイワのシーバスロッドの代名詞ですが、 ライトショアジギングにも適応できます。 モアザンシリーズの中でも、長めで硬めのロッドになります。 非常に軽く、遠投しても疲れないため、 こういったロッドから入門者は検討すべきでしょう。 堤防・磯・サーフでのシーバス狙いと、 ライトショアジギングを両方楽しめる。 メーカーとしてもその辺も考慮しているのかもしれません。 入門者おすすめのダイワロッドです。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.2

ダイワ ロッド ジグキャスター 97MH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:2.93m ■継数:2本 ■仕舞寸法:151cm ■自重:240g ■ルアー重量:35~90g ダイワのショアジギング入門シリーズです。 比較的軽めのルアーを遠投でき、 しゃくりやすさも兼ね備えたロッドです。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.3

ダイワ(Daiwa) ショアジギングロッド スピニング ショアスパルタン スタンダード 106H 釣り竿
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:3.20m ■継数:2本 ■仕舞寸法:165cm ■ルアー重量 プラグの場合:20~80g ジグの場合:30~100g ■適合ライン PE:3~5号 ダイワが最近リリースした、ショアスパルタンシリーズの最新シリーズである、スタンダードシリーズ製品です。 ショアスパルタンシリーズの中では比較的リーズナブルな初心者向けのロッドです。 しなやかなティップを採用しており、切れのあるプラグのアクションも可能です。 初心者向けですが、堤防や磯から5キロクラスの青物を狙いたい人におすすめです。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.4

ダイワ ロッド ジグキャスター 106H
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:3.20m ■継数:2本 ■仕舞寸法:165cm ■自重:280g ■ルアー重量:25~90g ■対応ライン PE:1.0~3.0号 ジグキャスターシリーズの上位機種シリーズ。 遠投することを重視し、ロッドの反発力で遠くのポイントや ナブラを直撃できるように設計されています。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【ダイワ編】No.5

ダイワ ロッド ショアスパルタン 103HH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:3.13m ■継数:2本 ■仕舞寸法:162cm ■自重:345g ■ルアー重量 プラグの場合:30~100g ジグの場合:40-120g ■ラインPE:3~5号 ショアスパルタンシリーズの最上位シリーズです。 細身で軽量ですが、高密度HVFカーボンやネジレを防止するための 最適構造であるX45を搭載しています。 ジグも120gまで遠投でき、本格的にショアジギングを極めたいという人におすすめです。

ショアジギングロッド シマノ製品人気のラインナップ

シマノのショアジギング向けラインナップとしては、 「コルトスナイパー」、「コルトスナイパーBB」、「コルトスナイパーエクスチューン」 のシリーズがあります。 コルトスナイパーは、もともとシマノがショアジギングロッド用に作ったブランドで、 コルトスナイパーエクスチューンはロッドのニーズパターンを絞ったこだわりのブランドです。 コルトスナイパーBBはシマノが入門者向けにお手頃価格を設定したブランドという位置づけです。 また、シーバスロッドと兼用またはその延長線上でショアジギングを考えたい場合、 シマノは「ソルティアドバンス」というターゲット別のロッドのブランドも持っており、 そこからショアジギング用を選ぶという方法もあります。 シマノ製品の中から、入門者向けにランキングをご紹介していきます。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.1

シマノ スピニングロッド ソルティーアドバンス ショアジギング S906MH 9.6フィート
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:9.6feet ■継数:2本 ■仕舞寸法:149.5cm ■適合ルアー重量 ジグ:MAX80g プラグ:MAX60g ■適合ライン ナイロン10~20lb PE1~3号 ソルティアドバンスは、シマノがソルトルアーの対象魚別(シーバスやヒラメ・イカ・ロックフィッシュ・青物など)にロッドモデルを用意しているシリーズです。 入門者は、ここから試してみることをおすすめします。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.2

シマノ スピニングロッド コルトスナイパー BB ショアジギング S906MH 9.6フィート
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:9.6フィート ■継数:2本 ■仕舞寸法:149.5cm ■自重:248g ■適合ルアー重量 プラグの場合MAX60g ジグの場合MAX80g ■適合ライン PE:MAX3号 コルトスナイパーシリーズの中でも、 比較的低価格で入門者にもおすすめのシリーズです。 ショアジギングが初めてで、シマノ好きな人は、 まず、ここから始めてみるのが良いでしょう。 ハイパワーXといわれる強化構造を全体に装備しているため、 遠投性と青物に負けないパワーを兼ね備えています。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.3

シマノ スピニングロッド コルトスナイパー Hパワー ショアジギング S1000H 10フィート
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:10feet ■継数:2本 ■仕舞寸法:157.0cm ■適合ルアー重量 プラグの場合MAX80g ジグの場合MAX100g ■適合ライン PE:MAX4号 コルトスナイパーシリーズの中で、最もパワーのあるモデルです。 しなやかなティップとしっかりとしたバットを合わせ持ち、 広いフィールドでパワフルなゲームが出来ます。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.4

シマノ スピニングロッド コルトスナイパー MHパワー ショアジギング S1000MH 10フィート
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:10feet ■継数:3本 ■仕舞寸法:106.7cm ■自重:278g ■適合ルアー重量 プラグの場合MAX60g ジグの場合MAX80g ■適合ライン PE:MAX3号 元祖コルトスナイパーシリーズのロッドです。 このシリーズで初めて登場した3ピースロッドです。 ショアジギングロッドは2本継が多く、案外場所を取ります。 コンパクトにまとまるというのは、何かのついでに釣行できるという、 チャンスを生みます。 3ピースですが、ショアジギングに求められる強度と、 軽量化の二つを追求したオールラウンドモデルです。

ショアジギングロッド 初心者向けおすすめランキング【シマノ編】No.5

シマノ コルトスナイパー エクスチューン[COLTSNIPER XTUNE]S1002H
楽天で詳細を見る

【製品仕様】 ■全長:3.10m ■継数:2本 ■自重:356g ■仕舞寸法:159.7cm ■適合ルアー重量 プラグの場合100g ジグの場合g ■:適合ライン PE最大4号 シマノのコルトスナイパーの最上位シリーズである、 「エクスチューン」シリーズの中で、総合的に使えるモデルです。 このレベルになると、もう充分入門は脱出済みですね。 この機種に最初からトライすることは、あまりお勧めしません。 下位モデルで経験を積んでから試してみましょう。

ショアジギングの便利グッズ

ショアジギングの釣りスタイルは、基本的にランガンです。 ポイントをくまなく探していくためには、釣り道具は携帯した方が便利です。 ここではショアジギングに使える人気のグッズをご紹介します。 これらのグッズも各メーカーから出されていますが、 あまりメーカーにこだわらず、使いやすさを確かめてから、 購入すると良いでしょう。

フローティングベスト

ダイワ(Daiwa) フローティングベスト フロートゲーム フリー ブラックイエロー DF-6206
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

波止であれサーフであれ、磯であれ海の事故はいつ起こるか分かりません。 ライフジャケット(救命胴衣)は必ず着用したいものです。 しかし、ショアジギングの場合、重いジグを一日中遠投しなくてはなりません。 さらに広範囲にランガン場合も多く、装備は全て身に着けておかなければなりません。 そういう意味で、普通のライフジャケットではなく、 肩回りがすっきりしてポケットの多いフローティングベストが必要になります。

フィッシュグリップ

Zitrades フィッシュグリップ フィッシュキャッチャー 魚掴み器 魚つかみ 計量 アルミ製 安全ロープ付き 赤色
Amazonで詳細を見る

魚の中には、ゴンズイ・エイ・バリなど毒をもったものや、 鯛類・サゴシ・サワラ・ヒラメなど歯の鋭い魚もいます。 魚の口に直接手を触れることは非常に危険です。 フィシュグリップで安全に取り扱いましょう。 また、フィッシュグリップは記念写真を撮るためにもとても重宝しますし、 中には計量機能を持ったフィッシュグリップもあります。 このグッズも、メーカーというより、長さや使い勝手を確認して選ぶと良いでしょう。

ランディングネット

ランディングシャフト(カーボン) & ネットセット Red Larcal(レッドラーカル) 260 + ランディングネットS 黒 /青/赤(190140-bk)|オーバールフレーム ランディングツール 玉の柄 タモ網 柄 淡水バス ショア 波止場 オカッパリ 釣り 釣具 アジング メバリング ルアー ベイト
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サーフからのショアジギングの場合不要ですが、 磯や波止からの場合は、海面までの高さがあり、 必要になります。 たとえ高さが無い場所としても、 出来るだけランディングネットを使いましょう。 ごぼう抜きすると、穂先を破損する恐れがあります。 入門者が陥りやすいトラブルです。 ランガンする場合は、シャフトと本体が畳めるタイプが キャスティングの邪魔にならなくて良いでしょう。

ショアジギングロッドまとめ

t.hyodo.731さんの投稿
20838847 110430256334516 542957387464572928 n

ショアジギングロッドについて、入門編という形で、 出来るだけ初心者に分かるように解説してきましたが、 いかがだったでしょうか? ショアジギングは、40g以上のメタルジグを遠投する、 なかなかハードな釣りですが、 釣り人の夢である、大物に出合える確率の高い釣りですね。 また、シーバスをルアーでやっていた人なら、 その延長線上のフィッシングスタイルですし、 初めての方もライトショアジギングの世界から入ると、 スムーズに楽しめるのではないでしょうか? メーカーも様々な機能のロッドをリリースしています。 ぜひ、自分のショアジギングスタイルを 楽しみながら見つけていきましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ