【夜釣りルアー特集】メタルジグやバイブなど、ナイトゲームにおすすめのルアーとは?のイメージ

【夜釣りルアー特集】メタルジグやバイブなど、ナイトゲームにおすすめのルアーとは?

ナイトゲームは夜にルアーを使って魚を釣る釣りです。夜にルアー?と疑問に思う方もいらっしゃるとは思いますが、デイよりもナイトの方が大型がつれたり、魚種によっては夜の方が釣りやすいこともあります。このページでは、夜にルアーで魚を釣るナイトゲームについて紹介します。

2017年12月05日更新

siosaikouen
siosaikouen
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 夜釣りでルアーを使って魚が釣れる!
  2. 【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【シーバス編】
  3. ①夜のシーバスの生態とルアーの関係
  4. ②おすすめの夜釣りシーバス用ルアー
  5. 【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【ナマズ編】
  6. ①夜のナマズの生態とルアーの関係
  7. ②おすすめの夜釣りナマズ用ルアー
  8. 【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【アジング編】
  9. ①夜のアジの生態とルアーの関係
  10. ②おすすめの夜釣りアジ用ルアー
  11. 【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【ブラックバス編】
  12. ①夜のバスの生態とルアーの関係
  13. ②おすすめの夜釣りバス用ルアー
  14. 【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【チヌ・クロダイ編】
  15. ①夜のチヌの生態とルアーの関係
  16. ②おすすめの夜釣りチヌ用ルアー
  17. 【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【コチ・ヒラメ編】
  18. ①夜のコチ・ヒラメの生態とルアーの関係
  19. ②おすすめの夜釣りコチ・ヒラメ用ルアー
  20. 【魚の生態】魚の体内時計と夜釣り【日中と夜中】
  21. 【魚の生態】海の生物の日周性と夜釣り【被食者(ベイト)】
  22. 【魚の生態】魚の捕食の仕組みと釣り方【ルアーの動き】
  23. 【魚の生態】魚の視覚【ルアーの色】
  24. 【魚の生態】魚の聴覚【ルアーが発する音】
  25. ナイトゲームはとてもスリリング!!

夜釣りでルアーを使って魚が釣れる!

「ルアー」≠「目を使って魚を釣る」

「ルアー」=「目を使って魚を釣る」

と考え、ルアー釣りは日中行うもので、
夜は、ルアーが見えず、魚は
釣れないと考えている方が多いと思います。

しかし、魚は、いろいろな感覚で
餌を探し、捕食しています。

側線、聴覚、嗅覚、もちろん視覚も使って
餌を探しています。

視覚も、人間が思っているよりも魚は
優れており、月明かり、街灯の明かりなどで
ルアーを見ることが出来ます。

そういう魚の感覚にルアーを認識させ、
夜でもルアー釣りで魚を釣ることが出来ます

このページでは、魚の生態や感覚などの
出来るだけ、科学的風に(笑)
ナイトルアー釣り、仕掛けを紹介したいと
思います。

【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【シーバス編】

出典: http://www.honda.co.jp

シーバス=ナイトゲームで狙う魚

ナイトルアーと言えば「シーバス」です!
もともと、シーバスを狙ったルアー釣りは
ナイトゲームから始まりました。

それほどナイトルアーはシーバス釣りに
向いています。

それでは、ナイトゲームでのシーバス釣りを
紹介していきます。

①夜のシーバスの生態とルアーの関係

シーバスの捕食方法とルアー

出典: http://fishing.shimano.co.jp

シーバスの捕食方法とルアー

シーバスは、夜、表層に上がってきた小魚を
捕食します。
なので、主に表層をリトリーブ(ただ巻き)
して、シーバスを誘います。

↓の動画のように、表層を泳ぐミノーを使い
水面に波を立てます(引き波)

なので、主に表層をリトリーブ(ただ巻き)
して、シーバスを誘います。

昼でも、夜でも、この基本形は変わりません


このパターンは、ベイトの種類が
イワシやボラなどの表層を泳ぐ魚の時に
有効です。

↓は、ボラが水面を泳いでいる動画。
引き波に注目してみてください。

カメラが近くて、波が観察しづらいですが、
一応、波が立っているのが分かります。

このような表面を泳ぐ小魚を食べる
シーバスを狙います。

表層だけでなく、中層も攻めてみよう!

またシーバスは、表層だけでなく、
中層やボトム付近に生息するベイトも
捕食します。

↓の動画は、夜に活発に活動し、
主に中層~底層に生息するハタンポ系
小魚を捕食するシーバスの動画です。

動画を見ればわかりますが、

中層やボトム付近のベイトは、
逃げ方が表層と異なり、シーバスが近づくと

ダッシュで逃げ、離れるとサスペンド状態
もしくは海底で静止することが多いです。

ルアーアクションでいうと、
「トゥイッチ」の
静止状態がチョイ長めです。

また、イメージしやすいのは、黄金伝説で
お笑い芸人が素潜りで夜、魚を突く時、
魚を追いかけ、追いついては、逃げられ、
みたいな感じです。

ルアーアクションでいう所の
ストップ&ロングゴーですね。

基本的にはリトリーブでシーバスを誘い
シーバスがミノーについてきたら、
トゥイッチやジャーク後に、ストップ。
で食わせます。

なので、仕掛けは、デイゲームと少し違い
使うルアーは、アクションしやすい
ミノーを使います。

浮力はサスペンド~スローシンキングを
使います。
(水深に応じてシンキングでOK)

この時のベイトの種類は、ハゼや、その他
小魚系(ハタンポ類や底物魚の稚魚など)

シーバスから逃げるベイトを
イメージしてアクションさせます。

水深のあるポイントのシーバスを狙う

出典: http://www.duel.co.jp

「ジグ」or「バイブレーション」

寒い時期、沖合の底に潜むシーバス
寒い時期には、シーバスは水深の深い
海底へ移動します。

なので、そういうシーバスを狙う仕掛けは、
遠投できるメタルジグやバイブレーションを
使わなければなりません。

②おすすめの夜釣りシーバス用ルアー

表層系でおすすめのルアー

言わずと知れた、シーバス向けのルアーを
多く制作しているアムズデザイン(アイマ)
のルアーです。

特に、コモモシリーズが
使いやすく、おすすめです。

他に、表層系ルアーでは、
DUOのマニックシリーズ、

マニックシリーズ
Amazonで詳細を見る

バレーヒルの邪道シリーズが
有名です。

中層系でおすすめのミノー

このルアーは、きちんとアクションし、
浮力もスローシンキングなので、シーバスに
ミノーを咥えさせる時間を稼ぐことが出来る
動画中の逃げ回るベイトを意識し、
アクションさせてください。

中層~底層狙いのおすすめルアー

デュエル(DUEL) ルアー ハードコア ヘビーショット
1,361円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
DUEL(デュエル) ハードコア ソリッドバイブ
1,239円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらの2つは、2017年の5月、6月に発売された新商品。

ルアーが見えない夜でもアクションさせやすい、リップ付きシンペンとバイブレーションです。

ナイトゲームでは、特定のレンジでアクションさせるのは難しいですが、根掛かり回避機能が付いているので、底をとり、棚を計ることができ、表層、中層、底層の水深を知ることが出来ます。

カラーの選び方

ポイントによって、ベイトの種類は
変化しますが、大まかには

①イワシ

出典: http://www.zukan-bouz.com

イワシ

②ボラ

出典: http://www.aqua.stardust31.com

ボラ

③アユ

出典: http://www.zukan-bouz.com

アユ

この3種類のベイトがいるかと思います。
これらのベイトに合わせたカラーを選びます

ベイトが分からない、もしくはベイトが
余りいない場合には、パール系のカラーを
選びましょう。

出典: http://www.ima-ams.co.jp

パール系カラー

沖合のポイントを狙う
沖合のポイントを狙う場合には、
メタルジグやバイブレーションを使います。

【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【ナマズ編】

出典: http://www.honda.co.jp

「ナマズ」=「夜行性の肉食魚」

ナマズも、シーバス同様、ナイトゲームの
代表的なターゲットです。

それは、ナマズが夜行性であり、
トップでも釣れ、ゲーム性が高いからです。

それでは、ナマズの釣り方を
見ていきましょう!

①夜のナマズの生態とルアーの関係

ナマズは夜行性です。
なので、ナマズは、ナイトゲームの
メインターゲットになっています。

ナマズをナイトゲームで釣る際に
一番知っておきたいナマズの生態は、

出典: https://shonan.keizai.biz

「ナマズは視覚が弱く、聴覚が強い」

「ナマズは視覚が弱く、聴覚が強い」
という点です。

次に、ナマズは田んぼの用水路といった

「水深の浅いポイントに生息しています」

出典: https://zact-craft.jp

「聴覚を刺激」+「浅場を狙う」=「ノイジー系ルアー」

この2点を考えると、ナマズのナイトゲーム
に有効な仕掛けは、ノイジー系ルアーに
なります

ナマズの感覚器官@地震とナマズとの関係

②おすすめの夜釣りナマズ用ルアー

@sunao_fishingさんの投稿
19120711 1494277793928657 8782291952256155648 n

実績があり、ナイトゲーム初心者でも
使いやすいノイジー系トップルアーを
紹介します。

スミス キャタピー シリーズ
Amazonで詳細を見る
アーボガスト・ジッターバグ シリーズ
Amazonで詳細を見る
ポンパドールJr.鯰カスタム
Amazonで詳細を見る
ザクトクラフト ザグナ シリーズ

【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【アジング編】

出典: https://ja.wikipedia.org

「マアジ」=「街灯下を釣る」

アジもナイトルアー(ワームやメタルジグ)
で狙うことが出来る魚です。

しかし、アジは基本的に昼行性の魚なので、
ナイトといっても、夕マズメや電灯の下など
比較的明るい時間や場所がポイントです。

真っ暗になると、ルアーが見えないのか、
時間帯なのか、アジが釣れる可能性は
低くなります。

なので、街灯周りのすこし明るい場所を
狙いましょう!

①夜のアジの生態とルアーの関係

@clearbluejpさんの投稿
19624432 1803930529623600 3749436742088785920 n

アジは回遊性の魚なので、仕掛けは
デイゲームと少し異なり、
遠投できるメタルジグがいいです。

また、アジは昼行性の魚なので、夜目が
あまり利かないと言われています。

出典: https://www.amazon.co.jp

グロー系でルアーをアジに気づかせる!

なので、グロー系のメタルジグを使います。

アクションも、フラッシングという
メタルジグをひらひらアクションさせ、
光をキラキラ反射させて、あまり夜に
目の見えないアジを寄せて釣ります。

出典: http://www.jackall.co.jp

ワームもグロー系

ワームにもグロー系があるので、それを
使います。

こちらも、街灯元なので、昼のアジングと
同じ様にアクションさせて釣り上げますが、

デイゲームよりも比較的軽いジグヘッドを
使い、ゆっくりフォールさせ、
アジが食らいつく時間を長くしましょう。

ジグヘッドにも、グローがちりばめられたヘッドや
蛍光塗料が塗られたヘッドがあると思います。

また、ジグヘッドの目の部分に、エギのように
蛍光塗料が塗装されているジグヘッドもあります。

個人的には、ワームをグロー系にすれば、
ジグヘッドはノーマルでもいいかと思います。

しかし、一度は、蛍光するジグヘッドを使ってみてもいいかもしれません。

②おすすめの夜釣りアジ用ルアー

ジグパラ マイクロ シリーズ

メタルジグといえばジグパラ。
ジグパラのミクロサイズです。
メタルジグの色は、グロー系を選びましょう!

遠投が出来るので、タックルボックスに一つは、メタルジグを入れておきましょう。

ボイルが遠くで起こった時にも、メタルジグがあれば、届くかも!!

メジャークラフト パラワーム
388円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

蛍光塗料入りのワームです。
ジグヘッドを装着し、ゆっくりフォール、スローリトリーブを繰り返します
ジグヘッドの重さは0.3~1gほど。
デイゲームと同じジグヘッドでOKです。

ジャッカル ペケペケSQ 2.5inch
408円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらも、蛍光塗料入りのワームです。
デイゲームと同じジグヘッドを装着して利用しますが、
少し軽めで、少しスロー気味でフォール、リトリーブさせましょう!

↓の動画を参照してください!

【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【ブラックバス編】

出典: http://fishing.shimano.co.jp

「ブラックバス」=「ナイトもOK!」

ブラックバスは夜行性と言われるほど、
夜でも狙うことが出来るターゲットです。

昼と同様の仕掛けで狙うこともできます。

@nkixyaboさんの投稿
17077394 1692892987677736 5805996662576906240 n

①夜のバスの生態とルアーの関係

出典: https://ja.wikipedia.org

バスは夜目が利く

バスは、夜目が聞くと言われています。
しかし、デイゲームよりも視力は落ちるので
波動系のルアーやワームを多く使います。

また、ナイトゲームでは、黒いミノーや
プラグの方が、他のルアーに比べ
シルエットがはっきりし、バスに見えやすい
と言われており、一昔にブラックカラーの
ルアーが流行しました。

出典: http://www.gary-yamamoto.com

夜はシルエットが映える「ブラックカラー」

一方、あまり関係ないとも言われています。

私個人は、街灯元などの少し明るいところでは、
ブラックカラーの方が見えやすい
と思います。

しかし、ブラックカラーでは、逆に不自然で
喰ってこない時があると感じますが、
ブラックミノーは、ナイトルアーするに
あたって、一つはもっておきたいです。

出典: http://www.megabass.co.jp

もう一つのアピール「波動で寄せる、喰わす」

また、魚のもう一つの感覚器である振動を
感じる側線へアピールするために、
クランクベイトやバイブレーションも
効果的です。

出典: https://www.amazon.co.jp

音でも引き寄せる。

夜に研ぎ澄まされる感覚の一つが、聴覚です。

バイブレーションの音や、ノイジー系で、バスを引き寄せましょう!

②おすすめの夜釣りバス用ルアー

夜にポッパーを使い、音でバスの存在を知るのは、とても面白いです。
夜中の静寂の水面に、ポッパーの静かなパシャパシャ音を切り裂くバイトの音は、一度聞くと、もうナイトゲームの虜になります。

ザクトクラフト ザグナ バスモデル ブラック
2,332円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ノイジー系ルアーの代表格、ザクトクラフトのザグナのバスモデルです。
ナイトゲーム用のブラックカラーもあります!

【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【チヌ・クロダイ編】

出典: http://www.honda.co.jp

「チヌ」+「ナイトゲーム」=「チニング」

チニングという釣り方、仕掛けがあるほど、
チヌはナイトゲームでの好ターゲットです。

中でも、Mリグという仕掛けは、
最も知られたナイトゲーム界の仕掛けでは
ないでしょうか。

そいういった仕掛けについても、
チヌのナイトルアーゲームについて
紹介していきます。

①夜のチヌの生態とルアーの関係

チヌは、皆さんご存知の通り、
底物系の魚です。

そして、1番知っててほしいチヌの習性は、

「甲殻類を好んで食べる」

ことです。

出典: https://ja.wikipedia.org

甲殻類をルアーで演出する

なので、上で紹介したナイトルアーゲーム
とは異なり、海底を重点的に攻めます。

ミノー系、ワーム系のズル引きが
基本的な仕掛けです。

チヌ用の底ズル引き系ミノーには
音が鳴るものも多数発売されています

また、海底にいる餌を食べる魚は、
砂煙や濁りに強く反応します。

なので、底をズル引きした際に、ミノーや
ワームが砂煙を多く作るようなものを
選びましょう!

↑車エビが、海底を走っています。
走る時には、砂煙を立てていません。

しかし、砂に潜る時などには、若干
砂煙が立っています。

こういった甲殻類の活動を、
視覚で感知(砂煙を発見)することで
餌を探しているのでしょう。

②おすすめの夜釣りチヌ用ルアー

Mリグカスタムで使いましょう。
Mリグカスタムの詳細は↓のリンクから

【KAGEブログ 広島】 Mリグ再考
ジャッカル ウェーバーシュリンプクロダイ 2.8インチ
472円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

実績高いクロダイ用ワームです。
基本的にはジグヘッドを使い、ボトムを攻めます。

おすすめの使い方は、ジグヘッドを若干重くして、底をズル引きです。

おすすめの仕掛けは、ジグヘッドをつけずに、スナップにナス型おもりの0.3~1号をつけ、オモリなしのフックをつけます。

そして、海底ををズル引き!!します。

ルアーは見えないかもしれない。
見えないかもしれないからこそ、砂煙を長く作り、チヌの活性を高めよう!

1:59から、梓リグという底物系にとても有効な仕掛けの作り方の紹介です。

この仕掛けは、作るのが簡単で、かつよく釣れる仕掛けなので、ぜひ、チヌを狙う際には、この仕掛けを試してみてください!

こちらは、ジグヘッドを用いて、ウェーバーシュリンプをアクションさせている動画です。

細かく地面をたたき、チヌを誘いましょう!

【夜釣り】ナイトルアーで魚を狙う!【コチ・ヒラメ編】

出典: http://www.duo-inc.co.jp

「ヒラメ、コチ」=「強力なフィッシュイーター」

ヒラメやコチは、フィッシュイーター
ということもあり、ミノーやメタルジグを
使ったナイトゲームでも釣ることが出来ます

また、ナイトゲームでは、大型のヒラメ、
コチが狙えるのも、この釣りの魅力です。

ナイトゲームで釣れたマゴチ

頭だけで、少なく見積もっても10cmはあるマゴチです。

ナイトゲーム、ワーム(ウェーバーシュリンプ)を使っての釣果です

一度、ポイント、釣り方、
適切なルアーの色やサイズを
選ぶことが出来ると、比較的簡単に、
短時間で釣ることが出来ます

①夜のコチ・ヒラメの生態とルアーの関係

ヒラメやコチは、強力なフィッシュイーター
なので、サーフでのナイトゲームでは、
表層を意識して基本的にミノーで攻めます。

出典: http://duo-inc.co.jp

基本はパール系のミノー

表層を攻める時には、ルアーの色は、
パール系の色を主に使います。

その理由として、ヒラメやコチが狙う
ベイトは表層に上がってきた魚などの
回遊魚なので、白系の色の魚を好んで
食べるからだと思われます。


ルアーアクションは、スローリトリーブ
(ただ巻き)で大丈夫です。

弱っている魚を演出しましょう!

底のズル引き系

次に有効なのが、底をズル引きする
釣り方です。

出典: http://daiwa.globeride.jp

気づかずにヒラメの前を通過する魚or甲殻類を演出する

この釣り方では、主に、海底の底生生物を
演出し、コチに有効です。

ヒラメ、コチともに、海底でじっと
獲物が目の前を通るのを待ち構えています。

この釣りは(ルアーフィッシング全般に言えますが)
広く探っていくのが、ヒラメやコチを釣る
コツです。

フットワークを軽くし、釣れなければ次の
ポイントへ向かいましょう!

②おすすめの夜釣りコチ・ヒラメ用ルアー

DUO ビーチウォーカー アクシオン シリーズ
闘魂ジグ バックドロップ キャスティング 30g
799円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

このメタルジグは、スロージギング用のメタルジグです。
カラーラインナップにも、ヒラメスペシャルというヒラメ用のカラーがあります。

スロージギングは、基本的に、船からメタルジグを使って行いますが、水深の深いポイントなら、このバックドロップキャスティングのメタルジグを使って、ヒラメをスローアクションで誘いましょう!

アイマ コウメ シリーズ
Amazonで詳細を見る

このバイブレーションは、とてもよく作り込まれています。

よく泳ぎ、よく飛び、引き心地もスムーズなスペックが高いバイブレーションで、ヒラメ、コチ以外にも、シーバス、チヌ、青物など、いろいろターゲットの釣りで用いられ、実績があります。

バイブレーション系が一つ欲しいと思っている方は、このアイマのコウメシリーズがおすすめです。

ひとつ次元の違うバイブレーションを味わって下さい!

【魚の生態】魚の体内時計と夜釣り【日中と夜中】

出典: http://www.jcwa.or.jp

夜行性の魚に有利な点は?

殆どの生き物は、体内時計を持っており、
生活のリズムには、日周性があります。

大まかに、日周性の違いで動物を2つに
分けると、昼行性と夜行性に分かれます。

夜行性動物の特徴

出典: https://www.photo-ac.com

夜行性の動物の特徴

夜行性の動物の特徴は、「視覚」以外の
器官を大きく発達させている所です。

しかし、魚は、餌が限られているので、
そのエサの活動に合わせて、昼夜の両方で
活動しなければなりません。

殆どの魚で、音(内耳、側線)、嗅覚が
発達しているのは、その為かもしれません。

出典: https://www.pakutaso.com

夜でも目が見える猫

夜は、可視光線(目に見える光)が薄いので
どうしても、↑の視覚以外の感覚や、
色は識別できないが、光の強さを特に
見えるようにすることで、夜でも目が利きます。

昼と夜の魚が釣れる夕マズメ、朝マズメを狙う

朝焼け、夕焼け、どちらも釣りに最高の時間帯です。

魚にも、夜行性、昼行性がいますが、
その両方の魚が活動する時間帯が、
夕マズメと朝マズメです。

景色もよく、癒されますね!

この時が、魚の活性が高く、狙い目と
昔から言われています。

出来れば、ナイトゲームは、この夕マズメ
からスタートか、朝マズメまで釣りを続ける
かで、マズメ時に竿を出したいです。

【魚の生態】海の生物の日周性と夜釣り【被食者(ベイト)】

ベイトの生活史

夜の特徴と言えば、ベイトが表層に
上がってくることです。

では、なぜベイトが表層に上がってくるのか

それを明らかにしていきましょう!

あまり目が見えない夜に、わざわざ表層へ
上がってくる理由を解説します。

①海の生産者「プランクトン」の上昇

出典: http://teams.aori.u-tokyo.ac.jp

動物プランクトンの日周鉛直運動

夜になると、ベイトのエサとなる
プランクトン類が表層に上がってきます。

このプランクトンは、主に動物プランクトン
です。

このプランクトンを食べに、ベイト類が
表層へ上がってくるのです。

では、どこでプランクトンが表層へ
上がってくるのか?

「明かりがあるところ」に プランクトンは集まる!!

動物プランクトンは、植物プランクトンを
餌にしているので、植物プランクトンが
光合成に必要な光を求めて集まる場所。

夜でいえば、街灯などの下に集まります。

それを食べにベイトが、大型魚が
集まってきます。

【魚の生態】魚の捕食の仕組みと釣り方【ルアーの動き】

ルアーの動きはやっぱり大事!

ルアーの動きと、魚の捕食の関係ですが、
これは、よくルアー釣りでいわれる、
「ミノーやバイブレーションなどが作り出す
波動を魚が感知し、捕食行動に入る」

という人間の目では見えない(見えづらい)
効果があります。

そして、奇妙な動き(くねくねとした動き)
は、魚の視覚に直接アピールします。

出典: https://pixabay.com

ルアーが見えない魚にルアーを気づかせるには?

では、ルアーが直接見えない(見えづらい)
ナイトゲームでは、一体どのようにして
魚にルアーの位置を感知させることが出来る
でしょうか?

①波動(振動)

しかし、波動(振動)でアピールできるのは、
魚のすぐ近くだけです。

出典: https://www.kochi-u.ac.jp

「ルアーのすぐそばの魚」=「側線へアピール」

波動(振動)で魚にルアーを感知してもらう
には、魚のすぐそば、大きくても、体長の
数倍程度だそうです。

詳しくは、↓の本を参照ください。
難しいですが、とても釣りが楽しくなりそうな知識がたくさん詰まっています。

魚類の聴覚生理―魚の音感知能力を探る
Amazonで詳細を見る

近くの図書館などにもあるかもしれません。

下のリンクから、全国の図書館の在庫検索が出来ます。

魚類の聴覚生理―魚の音感知能力を探る | カーリル

②エサの周波数に特異的に反応する。

魚は、目の見えない夜でも効率よく
餌を探せるためにでしょうか?

答えを断定することは難しいですが
側線機能、嗅覚の発達を考えれば、
夜は目よりも他の器官を
用いてる事が分かります。

例えば、テッポウエビなどは、干潟へ降りると、
パチンパチンという音を鳴らしているのが分かります。

そして、一番重要なのが、

魚は

「採餌する魚や甲殻類の遊泳に伴う振動数に
 特異的に反応する。」

所です。

↑の動画は、エビ、イワシ、ボラの稚魚が泳ぐ様子です。
これらのベイトが泳ぐときに発生する振動が、魚を誘います。

とくに、ボラの稚魚が泳ぐ様子は、シーバスでよく用いられている
コモモシリーズの小さく揺れるアクションに似ています。

チヌなどは、甲殻類が発する振動数に、
また、スズキなどのフィッシュイーターは
小魚が発する特異的な周波数の振動に
反応すると思われます。

バイブレーションは、小さい青物系の振動に似ています。

こうすることで、目の見えない夜の採餌を
上手く行っていると考えられます。

そして、いろいろなる種類のミノーや
バイブレーションを持つということは、

いろいろなベイトの遊泳時に発する周波数と
一致したミノー、バイブレーションを選ぶ
事が出来る確率が上がる。

ということになります。

出典: http://www.gary-yamamoto.com

「たくさんのルアーを持つ」=「いろんなベイトを演出できる」

なので、そういう意味でも、たくさんの
種類のルアーを持つ意味があります。

目の前にいるけれど、なかなか喰わない。
ナブラの音がするけれど、なかなか喰わない
といった状況では、頻繁にルアーを変えて
みましょう!

周波数が似たルアーを選べば、魚が食う
確率が上がります。

【魚の生態】魚の視覚【ルアーの色】

出典: http://natgeo.nikkeibp.co.jp

魚は色彩識別能力が優れている

魚は、人に比べ、多くの色を認識できる
さらに、より細かく(繊細に)色を認識
出来ます。

それは、魚は、光線に対する受容体の
種類が、他の動物に比べて多いからです。

これは、魚の住む環境によるものと
考えられています。

透き通った水、濁って1m先が見えない
ような水、明るい浅場、光が届きにくい深場

そういった多様な環境で見えない(づらい)
餌を見るために、こういった多くの種類の
光線受容体を持ったと考えられます。

夜は魚はルアーは見えない?

出典: https://www.santen.co.jp

夜は魚はルアーは見えないのか?

猫やライオンが、夜行性でエサを夜探す様に
魚も夜獲物を探すことが出来ると思われます

しかし、それには、最低限の光、人間には
真っ暗に感じるけれど、月明かりなどが
あれば、魚は結構物を識別できるくらいには
目が見えると考えられます。

しかし、色に関しては、はっきりと
識別するのは難しいでしょう。

それは、色というのは、様々な光の波長を
異なる受容体で感じて初めて認識できる為
です。

おそらく、光の弱い→光線の少ない夜では
色を識別するだけの光の強さが無いと
思います。

実際の所は魚に聞かなければなりませんが・・・

出典: http://www.gary-yamamoto.com

一昔ナイトゲームではやったブラック系カラー

魚は、色を判別できず、シルエットで
エサの位置を把握する

という理由で、シルエットがはっきりと
見える黒いルアーがナイトゲームで流行り
ました。

個人的には、光の反射、音、動きが
ナイトゲームには大事ではないかと思います

色々な仕掛けを試してみて、自分なりの
魚の生態の解釈を持ち、釣りを楽しみましょう!

【魚の生態】魚の聴覚【ルアーが発する音】

魚の音に対する反応については、
余りわかっていません。

しかし、産卵や採餌、縄張り争いなど
魚の生活において、音を使う場面は多く
存在します。

クマノミは、威嚇行動などをするときに、
音を鳴らします。

出典: http://www.megabass.co.jp

ラトル入りのルアーを選ぶ!

音で魚にアピールするならば、
バイブレーションや、中に玉が入っている
ミノーやトッププラグを使いましょう。

バイブレーションや一部のミノーに
トッププラグに搭載されているシャカシャカ
音が鳴る仕組みは、もしかすると、
魚に有効かもしれません。

また、振動と違い、音は結構な距離を伝搬
していきます。

出典: http://www.jackall.co.jp

音を使って魚を広範囲で誘う!?

なので、効果的に音を使うことが出来れば、
とてもすごい釣果が生まれそうです。

実際に、魚の群れを、音で制御することは
行われているそうですが、それがルアーに
科学的根拠に基づいた仕組みで搭載される
日が来るのでしょうか?

ナイトゲームはとてもスリリング!!

ナイトゲームはとってもスリリングな釣りです。
釣り自体、見えない魚、見えない海中、見えない環境を想像します。

さらに、ナイトゲームでは、ベイトも、海面の状況すら見えません。

釣りで大切な想像力をフルに生かして釣りをします。

そこで大事なのが、音で、ベイトが逃げる音、ベイトに魚がバイトする音、キャストする音、ルアーが着水する音、そういった音を頼りに釣りを行います。

いつも以上に音に気を配り、音に興奮し、魚を釣る。

ナイトゲームには、デイゲームとは違い、想像力と音に集中、興奮するエキサイティングな釣りなので、ぜひ、一度、魚が1匹つれるまで、やってみてください!

ナイトゲームの楽しいです!!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ