穴釣りの仕掛け入門編!これで根掛かりは回避できる!のイメージ

穴釣りの仕掛け入門編!これで根掛かりは回避できる!

穴釣りには、根掛かりが多い釣りです。根掛かりが多いと、仕掛けのロスト、仕掛けの区見直しなどにより、どっとテンションが下がってしまいます。根掛かりで困っている方は、一度、紹介する10つの仕掛けや釣り方に関するテクニックを試してみてください。穴釣りを極めましょう!

2018年05月04日更新

siosaikouen
siosaikouen
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 【10個のテクニックを伝授!】根掛かりの回避方法
  2. 根掛かり回避のコツ①ゴム管を使う
  3. 根掛かり回避のコツ②ハリスを短くする
  4. 根掛かり回避のコツ③オモリを重くする
  5. 根掛かり回避のコツ④ゆっくり仕掛けを入れていく
  6. 根掛かり回避のコツ⑤道糸を太くする
  7. 根掛かり回避のコツ⑥ロッドを揺らさない
  8. 根掛かり回避のコツ⑦流れの緩いポイントで釣る
  9. 根掛かり回避のコツ⑧ネムリ針をつかう
  10. 根掛かり回避のコツ⑧返しをつぶす
  11. 根掛かり回避のコツ⑩根掛かりしづらいポイントを覚えておく
  12. 【3つのポイント!】穴釣りポイントの選び方
  13. 【おさえておきたいポイント3つ】エサについて
  14. 【初心者向け】穴釣りを始めよう
  15. 【穴釣りで釣れる!】ロックフィッシュたち
  16. 【穴釣り仕掛け】自分で組む方法
  17. 【ブラクリ仕掛け】市販されている仕掛け
  18. 【リーズナブルでしっかりした道具】入門者におすすめタックル
  19. 【番外編】伊勢海老狙いの穴釣り
  20. 【番外編】大物狙いの穴釣り
  21. 穴釣りの動画集
  22. 穴釣りは、初心者でも釣り経験者でも楽しめる釣り!

【10個のテクニックを伝授!】根掛かりの回避方法

テトラは複雑に入り組んでいる

その為、根掛かりは必須ですが、軽減する事は出来ます!

穴釣りの最大の悩み、 「根掛かり」 の回避のための 10個のテクニックをを紹介します 仕掛けの工夫や、仕掛けの 入れ方、穴の選び方などによって 大きく根掛かりは軽減できます。 一度、試してみてください!

根掛かり回避のコツ①ゴム管を使う

コツ①ゴム管を使う

ゴム管オモリを使うことで、オモリが
引っかかるのを防止できます。
上の動画は、イシダイ用の大きい捨てオモリ
ですが、この動画のように、オモリの上に
ゴム管をつけます。

長ければ長いほどいいので、釣具屋で 50円程度で販売されているゴム管を オモリの上に通しておくと、だいぶオモリの 根掛かりを防止できます。

根掛かり回避のコツ②ハリスを短くする

②ハリスを短くする

ハリスを短くすることで根掛かりを
回避できます。

ハリスが長いと、そのぶん潮の流れで、
針が揺れてしまいます。

そして、針先がテトラの間に挟まって
しまうことになります。

なので、ハリスを短くすることで、
その揺れを軽減し、根掛かりを防止する事が
出来ます。

根掛かり回避のコツ③オモリを重くする

出典: http://item.rakuten.co.jp

③オモリを重くする

オモリを重くすることで、仕掛けを一直線に
下ろすことが出来ます。

そして、オモリを重くすることで、
潮による仕掛けの揺れを軽減します。

そうすることで、仕掛けの揺れによる
根掛かりを防止できます。

根掛かり回避のコツ④ゆっくり仕掛けを入れていく

④ゆっくり仕掛けを入れていく

穴の雰囲気を感じながら、仕掛けを落として
いきます。

そうすることで、引っかかりそうなポイントや、 穴の大きさなど、そういった穴釣りで 大事なポイントが分かります。 なので、仕掛けを降ろす時には、ゆっくり 穴の形状を探りながら下ろしましょう。 そして、なかなか仕掛けが入らない所は 避けましょう。 それが根掛かり回避のコツです。

根掛かり回避のコツ⑤道糸を太くする

⑤道糸を太くする

根掛かり回避というよりも、仕掛けの回収率
を上げることが出来ます。
軽く仕掛けが引っかかった際には、
道糸が太いと、強引に仕掛けを回収できます

また、針が掛かっても、ハリスが 先に切れることで、仕掛けの回収率が 上がります。 オモリが戻ってくるのと、返ってこないのは モチベーションの落ち込み具合がだいぶ 変わります。 何回もオモリごと、仕掛けを ロストしてしまうと、モチベーションが ガクッと下がってしまいます。

根掛かり回避のコツ⑥ロッドを揺らさない

⑥ロッドを揺らさない

基本的な事ですがロッドを揺らさないことが
根掛かり防止になります。
ロッドを揺らしてしまうと、根掛かる確率が
増えると同時に、魚が違和感を感じ、
エサに食いつかなくなります。

なので、ロッドはきっちり固定して、アタリを
待ちましょう。

根掛かり回避のコツ⑦流れの緩いポイントで釣る

出典: http://www.jria.or.jp

⑦流れの緩いポイントで釣る

潮の流れが緩いと、仕掛けが横に動きます。
なので、その分仕掛けがテトラに引っかかる
可能性が高まります。

仕掛けを降ろす前に、まずは、堤防から
波が高くないか、潮の流れがありそうか
確認して、ポイントに入りましょう。

そして、仕掛けを入れてみて、
流れが厳しいようだったら、オモリを重く
してみましょう。

そうすることで、仕掛けを一直線に保ち
根掛かりを防止できます。

それでも、仕掛けの揺れを止めることが
出来なければ、ポイントを変えることを
勧めます。

根掛かり回避のコツ⑧ネムリ針をつかう

⑧ネムリ針をつかう

ネムリ針は、針先の方向が、思いっきり
内側に向いています。

この針で狙うと、針が内側に向いている分
岩に針を引っ掛ける事が少なくなります。

その分、魚のあたりに合わせるのが難しい 針になります。 つまり、向こう合わせの針です。 ロックフィッシュを狙う場合には、 エサをひと呑みにするので、小さい アタリに合わせる必要が あまり必要ありません。 なので、根掛かり防止として、ネムリ針を 使うことは、穴釣りではとても有効です。

根掛かり回避のコツ⑧返しをつぶす

出典: http://item.rakuten.co.jp

⑧返しをつぶす

これは、最終的な方法ですが、釣り針の
返しをつぶしてしまいます。
そうすることで、岩に針が刺さっても、
それが外れて、仕掛けを回収する可能性が
増えます。

しかし、釣り上げた魚が暴れて、針外れ する場合が多いので、この方法をする よりも、⑧番で紹介した、ネムリ針を 使う方法をお勧めします。 ネムリ針がない場合には、この方法で 根掛かりを回避できます。 釣り上げた魚は、すぐ足場の安定した 場所に魚をおきましょう。

根掛かり回避のコツ⑩根掛かりしづらいポイントを覚えておく

⑩根掛かりしづらいポイントを覚えておく

根掛かりしにくい、穴釣り向いている穴
というのは、そこまで数多くあるわけでは
ありません。

そして、この中からポイントを探し出す
のはとても大変です。

なので、もしも、根掛かりしづらく、 奥まで仕掛けが入れられ、魚がよく釣れる という穴(ポイント)を見つけた場合には 絶対にその穴を覚えておきましょう! そうすることで、ポイントを探すときの 仕掛けのロストを減らすことが出来ます。 釣果アップの為にも、よく釣れる穴は 覚えておきましょう!

【3つのポイント!】穴釣りポイントの選び方

穴釣りのポイントは、テトラポッドの隙間
ということは、最初に紹介しましたが、
では、このテトラポットが多く積まれた
この一帯でどこがポイントなのか?

そういう疑問が湧くかもしれません。
なので、テトラポットで穴釣りをする際の
穴の選び方のポイントをいくつか紹介します

ポイント選びのコツ①奥まで伸びる穴

【奥まで伸びる穴】

魚は底付近に生息しています。
なので、テトラの中でも、底付近の方が
魚が比較的に多く生息しています。

なので、できるだけそこまで仕掛けを
落とせるような穴を探します。

しかし、穴釣りでは、底付近でなくても
魚は釣れやすいです。

なので、からなず海底まで仕掛けを着底
させる必要はないので、神経質にならず
気軽にそこまで仕掛けが落とせるポイントを
探してみましょう!

ポイント選びのコツ②流れが緩い穴

【流れが緩い穴】

仕掛けを穴の中に入れていくには、
仕掛けが途中で引っかかったりしては
いけません。

流れがあると、仕掛けが揺れてしまい、
テトラポットの隙間に仕掛けが引っかかって
しまいます。

なので、流れが緩いポイントを探しましょう
これは、漁港によって、地域によって
風向きによって変わってきますので、
もしも、流れが速いポイントしか選べない
場合は、仕掛けを工夫します。

仕掛けの工夫ついては次の項目で紹介します

ポイント選びのコツ③口が広い穴

【口が広い穴】

せっかく魚を掛けても、魚がテトラに
逃げ込んでしまっては、魚を釣り上げる事が
出来ません。

そして、特にロックフィッシュは、早く
根に潜ろうと、テトラの隙間に入り込もうと
します。

そういった魚の動きに対応しやすいように 数ある穴の中から、 なるべく穴の口が大きいポイントを選びます

小さい穴に仕掛けを入れていくのも、楽しい!

一応、口の小さい穴でも、奥まで仕掛けを
入れることができますし、

小さい穴に仕掛けを落としていく楽しみも
穴釣りにはあります。

以外に奥まで仕掛けが入っていくと、
なんかそれだけでうれしい!

穴釣りポイントのポイントまとめ

まとめると ①奥まで伸びる穴 ②流れが緩い穴 ③口が広い穴 が好ましいポイントです。 そして、こういったポイントが見つからない 場合は、仕掛けを工夫して対応します。

【おさえておきたいポイント3つ】エサについて

出典: http://www.marumoto-fb.co.jp

穴釣りで用いることのできるエサは、 たくさんあります。 それは、ロックフィッシュが口が大きく、 どんな餌でも丸のみにしてしまうからです。 なので、どんな餌でも、ロックフィッシュを 釣ることが出来ます。 しかし、穴釣りに適した餌というものが あります。

餌のポイント①エサ箱を活用せよ!

出典: http://www.marumoto-fb.co.jp

穴釣りは、あまり激しい釣りという イメージがないかと思いますが、 実際は、さらなる穴を求めて動き回ります。 なので、持ち運びが容易な餌を用いたほうが 釣りがしやすいです。 例えば、一番持ち運びがしやすい餌が オキアミやイカの切り身など、市販されて パックに入れられているものです。

出典: http://meihokagaku.co.jp

逆に持ち運びしにくいのが、サンマや
活き餌の青イソメやゴカイなど。

しかし、↑のサンマや青イソメ、ゴカイは
とても食いがいいので、

←のようなエサ入れ箱を持っておくと、
この持ち運びにくさがなくなります。

これに、サンマの切り身や活き餌を入れれば
持ち運びにくさの問題は解決です!!

餌の選び方②手が汚れにくい餌or下処理した餌を使う

(手返し)=>(釣果UP) 穴釣りでも他の釣りでも、手返しが速いほど 釣果のアップが出来ます。 その為に、餌は必ず一切れずつに切り分け すぐに針に着けられるようにしておきます。

塩短冊サンマ 商品詳細 つりえさ倶楽部マリン

また、タックルが汚れることが嫌な人は、 比較的にあまり手の汚れない、イカの切り身 オキアミ、活き餌では青イソメなどを 使います。 手の汚れ、タックルの汚れを あまり気にしない方は、↓の③で紹介する 餌をバンバン使っていきましょう。 また、汚れることが気になる方は、 水汲みバケツを同時に持ちながら釣りを します。 釣った魚を入れておけるので、これまた便利 ですね。

餌の選び方③喰いつきの良い餌

ロックフィッシュは、どんな餌にも 喰いついてきます。 しかし、食いつきの良さというのは やっぱりあります。 喰いつきの良い餌は、

青イソメ

出典: https://www.amazon.co.jp

サンマの切り身

この二つがとても食いつきがいいです。 しかし、場所によっても、食いつきの良い餌 というのは変わってくるかもしれません。 また、現地で取れた貝などを使うと、 以外に食いつきがいい時があります。 思いついた餌を色々試してみましょう!

【初心者向け】穴釣りを始めよう

穴釣り=穴に仕掛けを入れる釣り

穴釣りとは、文字通り穴の中を釣る釣りです
ここでいう穴とは、主にテトラポットの隙間
のことです。

そのテトラポットの隙間に仕掛けを入れて 魚を釣ります。それが穴釣りです!

穴釣りはお手軽フィッシング!!

穴釣りは、とてもシンプルな釣りです。 道具が少なく、使うのはロッドとリールと オモリと針くらいです。 なので、初心者の方でもすぐに始めることが 出来ます。 結構簡単に釣れる

シンプル・イズ・ザベスト

仕掛けは、こんだけです。
道糸に、ブラクリを結ぶだけ。

穴釣りの大きな特徴の一つとして、 結構簡単に魚が釣れちゃいます! というのも、穴釣りでターゲットとしている 魚の種類はロックフィッシュといい、 口が大きく、餌を丸のみにして捕食するので 針掛かりがとてもいいためです。 また、穴釣りのポイントであるテトラポット には、このロックフィッシュが多く 生息しているのも、初心者の方が簡単に 魚を釣ることができる理由です。

たくさん釣れる!!

このミツバモチノウオは入れ食いでした!

1時間程度で、10匹くらい釣ることが出来ます

テトラポットにはいろいろな魚の住処!

なぜ、穴釣りで魚を狙うのかというと、 それはテトラポットが魚にとって心地いい 住処であるために、多種多様な魚が多く 生息している為です。

出典: https://ja.wikipedia.org

このような魚が多く潜んでいる

テトラポットの隙間には、
写真のようなロックフィッシュが
エサを待ち構えて多く潜んでいます。

テトラポッドが組み込まれている場所は 複雑な地形で、魚が逃げ込みやすい形状を しているのです。 なので、いろいろな魚の稚魚が生息します。

テトラには、このような貝やカニが多く生息している

また、餌となるエビやカニ、貝類、藻類が
テトラに生息、生育しており、魚にとって
重要なエサ場にもなっているのです。
そして、このテトラポットを強く好む魚が
ロックフィッシュと呼ばれる魚で、
このロックフィッシュを主に穴釣りでは
狙っていきます。

ロックフィシュの他にも数多くの種類の魚が 狙えます。 例えば

出典: http://aquarium-mistral.blog.so-net.ne.jp

ベラ類

やっかいなエサ取り。
外側のテトラにいることが多い。

出典: https://zukan.com

ハタンポ類

この魚は、昼にはテトラの奥深くにいることが多い。

夜は、結構テトラの外側へ出てくる。

キンメダイ類

この魚も、昼間は穴釣りでしか狙うのが難しい魚。

テトラの奥深くに生息している。

夜に外へ出てくる。

【穴釣りで釣れる!】ロックフィッシュたち

穴釣りで狙える魚を紹介してきます。

出典: http://www.kannousuiken-osaka.or.jp

⓪メインターゲットのカサゴ

カサゴ目フサカサゴ科カサゴ属カサゴ
全長30 cm。日本近海を含む太平洋西部の暖海域に分布

出典: http://www.aqua.stardust31.com

①シロメバル(Sebastes cheni Barsukov)

もっともポピュラーなメバルです。
湾内の岩礁で、群れで生活しています。

出典: http://www.hitoumi.jp

②アカメバル(Sebastes inermis Cuvier et Valenciennes)

湾内、湾外どちらでも見られます。
藻や障害物などにもつきます。

出典: http://www.aqua.stardust31.com

③クロメバル(Sebastes ventricosus Temminck et Schlegel)

湾外を好むメバルです。
表層で釣れることも多いメバルです。

出典: https://zukan.com

④アイナメ(Hexagrammos otakii)

全長45cmにもなる。
縄張りを持っているので、
多くの穴を攻めることが
釣果につながる。

出典: http://www.zukan-bouz.com

⑤クロソイ( Sebastes schlegeli )

全長60cmになる大型魚
美味でどんな料理にもあう魚

出典: http://www.zukan-bouz.com

⑥ムラソイ(Sebastes pachycephalus pachycephalus)

全長30cmほど
一般的なソイです。
こちらもとても美味な魚です。
個人的には、みそ汁がおすすめ!

出典: http://www.fishing-forum.org

⑦ベラ類

とてもいろんな種類がいる魚類
エサ取りに分類される魚です。

身が柔らかく、あまりおいしくないですが、
中には高級魚とされるベラもいる。

出典: http://gisu.exblog.jp

⑧ハタ類

代表的なロックフィッシュの一つ
こちらも美味で様々な料理に合う。
サイズが小さくても根に潜られると、出てこないので、潜られないような強引なやり取りが必要!

出典: http://akasamurai.ti-da.net

⑨アナゴ

主に、夜つれる魚。
首ふりが強く、また釣り上げた後は、すぐに堤防上にあげる必要がある。
基本的に骨が多く、料理するのが難しい。

出典: http://www.miegyoren.or.jp

⑩イセエビ

夜に釣れる。
伊勢海老を釣るには、伊勢海老用の穴釣り仕掛けが必要。
このページの下の方で、仕掛けの紹介をしています。

【穴釣り仕掛け】自分で組む方法

めっちゃシンプル仕掛け

穴釣りの仕掛けはとてもシンプルです。

なので、必要な道具も少ないです。

穴釣りをしやすい道具しやすい

道具を紹介します!

穴釣り仕掛け:ロッド

おすすめは、硬めのルアーロッドです。 なぜかというと、ルアー釣りも同時に 楽しめるからです。 特に、初心者の方は、いろんな釣りを 楽しんでほしいからです。

出典: http://www.daiwa.com

釣具屋さんに行ったときに、店員さんに

「硬めのルアーロッドありますか?」

と尋ねて、ルアーウェイトが8g~15gくらいの
ルアー竿を選ぶことをお勧めします。

また、長さは、6フィート(180cm)から
7フィート(210cm)くらいが使いやすい。

ライン適合号数が最大8LB以上で、
竿の調子が先調子(ヘビー「H」)と
表記されている竿。

一応、(ミディアム「M」)でも
穴釣りは十分可能です。

穴釣り専用の竿が欲しい方は、 釣り具メーカーの「TAKAMIYA」や 「プロマリン(浜田商会)」等から でているお手軽価格の竿があります。

穴釣り仕掛け:リール

リールはナイロンの3から5号が100m以上
巻くことのできるリースで、スピニング、
ベイトリールのどちらでも大丈夫!

ルアー釣りもしたい方ならば、
ルアー釣り用のリールで対応できます。

穴釣り仕掛け:オモリ

オモリは2号~6号程度

数種類のオモリを持っておいた方がいいです。
念のために、1号や10号オモリのような、極端に軽い、重いおもりも1つづつ用意しておくと、さらにいろんなポイントで釣りが出来ます。

穴釣り仕掛け:針

チヌ針の1号~3号程度
グレ針の9号~12号程度
カサゴ針の8号~12号程度

穴釣り仕掛け:ハリス

道糸より一号細い糸をハリスとして使います
これが基本的なタックルと仕掛けになります

大物がいるポイントでは、太いハリスを
根掛かり覚悟でつけましょう!

切られると、後悔してしまいます。

【ブラクリ仕掛け】市販されている仕掛け

おすすめなのはブラクリ仕掛け

ブラクリ仕掛けは、市販の仕掛けを使った
釣り方です。

ワンタッチで仕掛けを作れ、お手軽なので
とてもおすすめです。
また、針とおもりまでの距離が短いので
根掛かりしづらく、アタリの取りやすいです



市販の仕掛けなので、アレンジできないのが
デメリットと思いますが、アレンジが
必要ないくらい、穴釣りにとてもマッチした
仕掛けです。

【リーズナブルでしっかりした道具】入門者におすすめタックル

短くて、先調子のロッドで、 安く、壊れづらいロッドが、 いろいろなメーカーから出ています。 穴釣り用ののロッドは、 有名なシマノやダイワなどの メーカーではなく、TAKAMIYAやOGKなど、 安くて良質な釣り具を作っているメーカーの ロッドをお勧めします。 最近では驚くような値段のロッドやリールが 販売されており、品質も問題なく釣りに 使うことが出来ます。

穴釣りにおすすめ仕掛け:ロッド

タカミヤ |H.B concept さぐりカサゴV 150
1,980円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

穴釣りにおすすめ仕掛け:リール

プロマリン| TRS10 トレンドスピンII
565円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

リールは、正直なんでもいいので、自分の手持ちのリールを使う方がいいと思います。 一応、リーズナブルな値段のリールを、穴釣り専用として使う手もあります。 上の商品が、リーズナブルなリール達です。 しっかり手入れをしれば、長持ちすると思います。

穴釣りにおすすめ仕掛け:ブラクリ仕掛け

プロマリン|ブラクリ仕掛 ASA002 仕掛け
270円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

いろんなメーカーから、いろんな種類のブラクリ仕掛けが出ています。

穴釣りにおすすめ仕掛け:ゴム管

東邦産業|ウキゴム 100本入
1,728円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

釣具屋さんには必ずあるゴム管です。 アマゾンに100本入りが販売されていました。

【番外編】伊勢海老狙いの穴釣り

出典: https://ja.wikipedia.org

穴釣りで伊勢海老を狙う!

穴釣りでは、伊勢海老も狙うことが出来ます
伊勢海老の仕掛けを紹介します。
高級食材を狙ってみよう!

出典: http://www.pref.okinawa.jp

地元の漁業で確認しよう!

穴釣りでは、伊勢海老も狙うことが出来ます

ちなみに、釣りで伊勢海老を釣ることは、
違法ではないですが、一応、ネットなどで、
地元の伊勢海老釣り情報を調べてましょう。

遊漁者が出来ることは限られています。

仕掛けはシンプルで、穴釣りに とても似ています。

竿 :硬めの船竿など リール:両軸リール 道 糸:ナイロンの10号くらい     (糸を垂らすだけなので      太くても全然OK!) ハリス:5号~8号ほど  針 :チヌ針4号~8号程度の大きさの針 エ サ:サンマの1匹~半分掛け 針は、サビキのように3本つけますが、 枝の長さは0cm~10cmほどで、 針と針との間の長さは10cm~20㎝ 下の画像が伊勢海老仕掛けです。

出典: http://www.fumika194.net

また、市販でも販売されているので、 結ぶのが難しいならば、そちらを使う方が おすすめです。

【番外編】大物狙いの穴釣り

出典: http://www.honda.co.jp

いままで紹介したのは、お手軽にできる 穴釣りでしたが、穴釣りでも、大物を狙う 釣り方があります。 その一つが、イシダイ釣りです。

イシダイ釣りでも、テトラポットの ポイントでは、テトラの隙間に仕掛けを 入れます。

出典: http://www.honda.co.jp

超太い糸で、テトラの中で暴れるイシダイを 釣り上げます。 なので、仕掛けも驚くほど強い仕掛けです。

穴釣りを極めた人は、このイシダイ釣りも ぜひやってみてください。

もう一つが、穴の中にいる 大型のロックフィッシュを狙った釣りです。 こちらも、超太いロッド、大きいリール、 太い糸、大きい針を使って、テトラの中から 大型ロックフィッシュを抜きあげます。

穴釣りの動画集

おすすめの穴釣り動画です。 釣りよかでしょう。さんの穴釣り動画です。 見ていると、竿を持って海に出かけたくなります。

穴釣りは、初心者でも釣り経験者でも楽しめる釣り!

穴釣りは、初心者でも、釣り経験者でも楽しめるお手軽な釣りです。
そして、おいしい魚が釣れます!

テクニックを駆使して、楽しい釣りを楽しんでください!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ