検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

登山ヘッドライトおすすめ一覧|ブランド別人気商品を一覧紹介!

登山を行うためには、ヘッドライトが必要です。最近では、登山ブームと言う事もあり様々なブランドからヘッドライトが発売されています。その為、どれが良いか分からなくなってしまう事もあるでしょう。そこで今回は、おすすめの登山用ヘットライドをご紹介させて頂きます。
2020年8月27日
puopuopuopuo

登山にはヘッドライトが必要

最近では、登山を趣味として始める方も多く居ます。ウエアなどのおしゃらなものが豊富なので、単なる運動としてだけではなく楽しみながら登山を行う事が出来るでしょう。 登山には、いくつか欠かせないアイテムがあります。その中でも、ヘッドライトは重要なアイムでしょう。最近は、様々なブランドから発売されており自動車並みに明るいヘッドライトなどもあります。 機能が様々なので、自分にあうヘッドライドを見つけて購入する事がとても重要なポイントです。

長時間をかけて登る登山は、ヘッドライトの必要性も分かりますが、日帰り程度の場合は、ヘッドライトは必要無いのでは無いかと思ってしまいます。しかし、実はどんな時でもヘッドライトはもっておく必要があるのです。 と言うのも、山の天気は大変変わりやすい物です。さっきまで晴れていたのに急に曇ってくる事もあります。早めに下山するはずが、つい遅くなってしまい日が落ちてしまう事もあるでしょう。 もしもの時に備えて装備をきちんとしておく事は、私たちの命を守る事に繋がるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/PETZL-%E3%83%9A%E3%83%84%E3%83%AB-ACTIK-%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/B01KYTQ546/ref=pd_sim_200_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=NVCSJ3FD0JV6CCPY6K0Z

登山におすすすめのヘッドライト  ~シンプル~

登山は様々な物を身に付けて行います。足場の悪い所を進む事もあり、手に荷物を沢山持っている事は危険にも繋がる行為です。その為、荷物は出来る限り少なくする事をお勧めします。 ヘッドライトの場合は、頭に装着する事が多々あります。その為、あまりにも重すぎると邪魔に感じる事もあるでしょう。その為、出来るだけ軽く出来ており、なおかつ着脱も簡単なシンプルな作りの物を購入する事をお勧め致します。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B01N528S6P?psc=1

登山におすすすめのヘッドライト  ~使用する場所を考える~

最近では、ライトの性能はとても上がっています。その為、特殊な物を購入しなくとも、かなりの明るさの物を購入する事が出来るでしょう。しかし、なんでも明るければ良いというものではありません。 登山で使用する際は、約70~160ルーメン程度のヘッドライトが良いと言われており、おすすめです。それ以上の物は、明るすぎてかえって使いにくかったり周りに迷惑になる場合もありますので注意しましょう。おすすめです。(※ルーメンとは、その照明の明るさです。)


登山におすすすめのヘッドライト  ~バッテリー~

登山用のヘッドライトには様々な物があります。中には、バッテリーが分かれている物もあり、それを補完するものが必要な場合もあります。その為、荷物が増えてしまうので軽量化を目的として登山には不向きと言えるかもしれません。

その為、乾電池の方が場所を取らずに持ち運ぶ事が出来るような気にもなります。しかしながら、乾電池もまた完璧ではありません。なぜなら電池には寿命があるからです。 街中であれば電池が無くなったとしてもすぐに買いに行く事が出来るでしょう。しかし、登山の場合はそうはいきません。その為、残量をきにして予備をもっていかなければならなくなってしまいます。 おすすめは、充電式の乾電池を利用する事です。そうする事で、数日は安心して使用する事が出来るでしょう。

登山におすすすめのヘッドライト  ~切り替えが出来る~

光には様々な種類があります。同じ光の強さであったとしても、その光には色があり、それぞれ向き不向きの場面があります。 その為、登山用のヘッドライトを購入する際には、必要に応じて切り替えが出来る物を購入する事をおすすめします。周囲を照らす為には、柔らかい光の電球色を。手元などを見たい時には白色LEDを。切り替えが出来る事によって不便無く使用する事が出来るでしょう。


登山におすすすめのヘッドライト  ~ベルト~

登山で使用するものはとにかく軽量化が進んでいます。それはヘッドライトも例外ではありません。その為に、出来るだけ多くの部品が削られており、ヘッドバンドなども細く出来て居る物もあります。ですが、これはあまりおすすめ出来る商品ではありません。 軽量化は大事なポイントですが、使いにくくては意味がありません。ヘッドライトの場合には、あまりにもベルトが細いと頭に付けた時に安定しません。また、数年たつとすぐに寄れてしまい劣化が早い特徴があります。 また、3本のゴムで固定する場合も装着に時間がかかる場合が多々あります。その為、いざという時にすぐに取り出す事が出来ないので使用しにくいと感じるかもしれません。 軽量化は大事なポイントですが、まずはきちんと機能性を重視しましょう。

登山におすすすめのヘッドライト  ~明るさ~

売れているヘッドライトを見てみると、かなり強い光まで出す事が出来る物が多く発売されています。いざという時を考えれば、光は強いに来hした事はないのかもしれません。しかしなあら、あまりにも強い光が出なかったとしても登山の際に不便に感じる事はありません。 自分の周りをしっかりと照らす事が出来るのであれば、ある程度の光の強さで十分です。

登山におすすすめのヘッドライト  ~防水性~

山の天気は変わりやすいものです。その為、いつどんな天候になっていくか分かりません。ですから、使用するものは基本防水性がおすすめです。 浸水させるような場面はなかなか無いと思いますが、雨によってバッテリーがダメになってしまうケースは良くあります。そうなってしまってはいざという時に使用する事が出来ません。そうならないように、防水性は大事なポイントです。

おすすめの登山用ヘッドライト10選をご紹介

1.マイルストーン ヘッドランプMS-B1

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、マイルストーンと言うものです。 明るさは約160ルーメンあり、乾電池で使用する事が出来ます。 抜群のハイパワーで、ワイドに周りを照らしてくれます。サブLEDに赤色/白色LEDを搭載しており、いざという時に使用する事が出来ます。

マイルストーン| ヘッドランプ MS-B1(160ルーメン)

出典: Amazon
出典: Amazon

2.ブラックダイヤモンド スポット BD81051

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、ブラックダイヤモンドと言うものです。 乾電池を使用して使う事が出来、近さによってしかりを切リ変える事が出来ます。更には、電池残量なども確認する事が出来、高機能のヘッドライトとなっております。

ブラックダイヤモンド|スポット BD81051

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

3.マイルストーンms-b2

マイルストーン| MS-B2/CH チョコレート MS-B2

出典: Amazon

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、マイルストーンと言うものです。 ライトの明るさは、160ルーメンまで出す事が出来、乾電池で使用する事が出来ます。アウトドアらしい洗練された見た目が魅力の商品です。

4.ブラックダイヤモンド コズモ

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、ブラックダイヤモンドと言う所です。 ライトの明るさは、約90ルーメンあり、単四電池で使用する事が出来ます。 お手頃価格な割には、コストパフォーマンスの良いので初心者の方におすすめの商品と言えるでしょう。

ブラックダイヤモンド| ヘッドライト コズモ

出典: Amazon

5.ペツルE93Hティカ

ペツル|ティカ E93 H (Men's、Lady's)

出典: Amazon

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、PETZLです。 ライトの明るさは約100ルーメンで、単四電池で使用する事が出来ます。 こちらの登山用ヘッドライトのおすすめポイントは、軽さです。全く重さを感じる事が無いにも関わらず、バンドを使用すればしっかりと安定して使用する事が出来ます。 登山初心者の方におすすめのデザインです。

6.モンベルパワー ヘッドランプ

モンベル |パワー ヘッドランプ ホワイト

出典: Amazon
出典: Amazon

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、mont-bellです。 ライトの明るさは約160ルーメンあり、単四電池で使用する事が出来ます。 160ルーメンあると言う事で、このライトはかなり明るく利用する事が出来ます。歩行を目的に作られている事もあり、光の強さは強いものの、光自体は目に優しいものが使用されています。その為、安全に使用する事が出来るでしょう。

7.プリンストンテックVIZZ

プリンストンテック ヴィズ|グリーン / VIZZ205-GN

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、プリンストンテックです。 ライトの明るさは約150ルーメンで、単四電池で使用する事が出来ます。 こちらのモデルは、大変軽く出来て居ます。その為、登山などの荷物が多い時も、あまり負担を感じる事無く利用する事が出来るでしょう。 LEDWHITEは1~30ルーメンの調光機能付いている他、赤色ウルトラブライトLEDも搭載されています。この光は、夜に適しており、目を守ってくれる効果があります。

8.ジェントス オーヴァ

ジェントス| LEDヘッドライト オーヴァ VA-01D

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、GENTOSです。 ライトの明るさは約100ルーメンで単四のアルカリ電池で使用する事が出来ます。 こちらのライトは、オーバルビームが使われています。その為、広範囲を照らす事が出来るライトとなっております。。その為、登山などで足場が悪い時なども遠くまで見る事が出来るので、より安全に楽しむ事が出来るでしょう。 目に優しい暖色サブLEDが使われているのも、嬉しいポイントです。

9.レッドレンザー SEO3グリーン

レッドレンザー |SEO3グリーン (ブリスター)

こちらの登山用ヘッドライトのブランドは、レッドレンザ―です。 ライトの明るさは約90ルーメンとなっており、単四電池を利用して動かす事が出来て居ます。 このライトは、3つの照射パターンがあるので自分の用途に合わせて使用する事が出来るでしょう。更に、赤色LEDを搭載しているのでいざという時に使用する事が出来ます。更には、スイッチロック機能があるのであわやってカバンの中で点灯してしまい電池を消耗してしまうという心配もありません。

10.ペツルティカプラス

ペツル ティカプラス|ティカ+ アウトドアアクティビティー ヘッドランプ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらはPETZLのヘッドライトです。 明るさが約110ルーメンあり、単四電池で使用する事が出来ます。 このライトは、複数の照射モードがあり自分の位置を知らせる為の赤い点滅なども内蔵されています。その為、いざという時に自分たちの身を守ってくれるアイテムになる事でしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/PETZL-%E3%83%9A%E3%83%84%E3%83%AB-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB-E97H/dp/B010WS54XC?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-yama-22&linkCode=sp1&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B010WS54XC&ascsubtag=http://yamahack.com/60
出典: https://www.amazon.co.jp/PETZL-%E3%83%9A%E3%83%84%E3%83%AB-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB-E97H/dp/B010WS54XC?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-yama-22&linkCode=sp1&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B010WS54XC&ascsubtag=http://yamahack.com/60
出典: https://www.amazon.co.jp/PETZL-%E3%83%9A%E3%83%84%E3%83%AB-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB-E97H/dp/B010WS54XC?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-yama-22&linkCode=sp1&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B010WS54XC&ascsubtag=http://yamahack.com/60

まとめ

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B06W5XYDVH?psc=1

いかがでしたでしょうか。登山用のヘッドライトには様々なメーカーがあり それぞれ違った特徴を持っています。その為、自分にあった登山用のヘッドライトを購入する事が満足のいく買い物をする為にはとても重要なポイントでしょう。 登山用のヘッドライトは私たちの安全を守る為にも必要不可欠な物です。その事を踏まえ、しっかりと考えて購入する事をお勧め致します。