ヒラスズキの入門ガイド!釣り方や動画など、これさえ読めば間違いなし!のイメージ

ヒラスズキの入門ガイド!釣り方や動画など、これさえ読めば間違いなし!

ヒラスズキの入門ガイドです。釣り場の情報、タックルやルアーについて紹介しています。磯の様子や険しい道中、釣り方は動画付きで解説しているので初めての方でもすぐにイメージがつかめます!安全装備についてもしっかりチェックしてヒラスズキにチャレンジしてください。

2018年12月01日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ヒラスズキ釣りに挑戦してみよう!
  2. ヒラスズキの生態
  3. ヒラスズキが釣れるポイント
  4. 磯の様子を動画でチェック!
  5. ヒラスズキが楽しめるシーズンについて
  6. 安全への配慮 ポイントの情報を集めよう!
  7. 安全への配慮 同行者を見つけよう!
  8. 安全への配慮 装備を揃えよう!
  9. 安全に配慮した装備を動画でチェック!
  10. ヒラスズキの釣り方! ルアーゲームが主流!
  11. ヒラスズキの釣り方! 泳がせ釣りも有効!
  12. ヒラスズキタックルの選び方
  13. ヒラスズキ狙いのラインシステム
  14. ヒラスズキルアーを揃えよう!
  15. ヒラスズキの狙い方
  16. ヒラスズキ釣りを動画でチェック!
  17. ヒラスズキへの挑戦

ヒラスズキ釣りに挑戦してみよう!

荒磯に挑むビックゲーム

出典: http://rybalka.ru

ヒラスズキ

磯の王者、ヒラスズキは 釣り人憧れの魚です。 釣る難易度が高く 貴重な魚であること、 体高が高いルックスで アングラーの冒険心をくすぐります。 ヒラスズキの釣れるフィールドから 安全のための装備、 初心者のためのタックルや ルアーをご紹介! 各パート動画付きで 初めての方でも 現地の様子がイメージできます。 しっかり準備を整えて 憧れの魚、ヒラスズキに チャレンジしてみましょう!

ヒラスズキの生態

磯の王者 ヒラスズキ

出典: http://www.northcraft.jp

ヒラスズキ

ヒラスズキは 手軽に楽しめる流行の釣り、 シーバスゲームのターゲット マルスズキと 同じ種に属しています。 口を大きく開いて 吸い込むように 魚を捕食する点や 水面30cm前後の シャローレンジが 大好きという共通点を 持っている魚です。 ヒラスズキよりも体高が高く 1mを越えるサイズまで成長、 重量感やパワーでは ヒラスズキを上回っています。 波が岩に当たって砕ける サラシやそれに伴う 流れの変化で 巻き込まれた魚を狙う 習性を持っているので 生息域は波が高く流れが強い 外洋に面した磯がメイン、 海が荒れた日は隣接するサーフまで 魚を追いかけて進入する事もあります。 本州中部から九州にかけて生息し、 磯釣りの盛んな韓国でも 人気の高いターゲットです。

ヒラスズキが釣れるポイント

ヒラスズキ釣りは地磯がメインフィールド

出典: https://pixabay.com

ヒラスズキ釣りの メインとなる釣り場は 地続きで形成されている地磯です。 もちろん沖磯でも楽しめます。 沖磯は渡船で上がる事が出来ますが 釣れる地磯への道のりは 非常に厳しい場合が多いです。 岩を乗り越えたり ロープを使って行き来する 場合もあるので 道具の持ち運びは 考慮しておきましょう。 初めての方は お住まいの地域から アクセスできる 初心者向けの磯を 探してみてください。 磯の形状だけでなく 道中の難易度まで 確認しておくのがおすすめです。

荒れた日はサーフでもヒラスズキ釣りが楽しめる

出典: https://pixabay.com

サーフ

海が荒れた日は 磯が隣接する砂浜でも ヒラスズキ釣りを 楽しむ事ができます。 ポイントは ヒラスズキの生息する エリアにコンタクトしている 境目の部分が有望です。 根が入っている砂浜が理想的で 飛距離が必要になる場合が多いので ヘビーシンキングミノーや バイブレーションを 試してみてください。

磯の様子を動画でチェック!

地磯への道のりを動画で確認しておこう!

多くの地磯は 森のような道を抜け 海に出ると ロッククライミングが 待っています。 はしご、ロープなど 置いてある場所が多いですが 劣化や破損の責任は誰も取りません。 各箇所が崩れないか しっかり確認しながら 進むようにしてください。

激流の磯を動画で確認しておこう!

荒れる磯でヒラスズキを 狙う動画です。 ヒラスズキが良く釣れる日は サラシが多い日、 海が荒れている日です。 動画のように立ち位置や エントリーポイントを しっかり見定めて ヒラスズキに挑戦してください。 不規則に訪れる 大きな寄せる波にも 注意が必要ですが 足元にくる引き波は 水量によってかなりの力が かかるので逃げ場を 確認しておくのがおすすめです。

ヒラスズキが楽しめるシーズンについて

ヒラスズキ釣り 春シーズン

出典: https://pixabay.com

春はヒラスズキの最盛期です。 2月頃に産卵を迎える魚なので 体力が落ち着けば回復のために 積極的にベイトを 追うようになります。 地方によって1ヶ月ほどの ズレがありますが 気温、海水温の上昇も絡んで 大きなチャンスが生まれる事も。 春シーズンおすすめの釣り方は 体力が回復しきっていない場合や 海水温が上がりきらない場合は 魚の近くでアピール出来るよう スロー、タイトな釣りで、 荒食い時は効率良く ハイテンポな釣りで ヒラスズキを攻略しましょう。

ヒラスズキ釣り 夏シーズン

出典: https://pixabay.com

夏はベイトが縮小傾向、 小さなルアーが 活躍するシーズンです。 夏シーズンおすすめの釣り方は サバやアジの子をイメージして シンキングペンシルなど シルエットと飛距離を両立できる ルアーを使った釣り方です。 適水温に近いフレッシュな 水が供給される サラシや流れのある ポイントが有望で 大型青物の回遊も楽しめます。 夏の磯はとにかく暑く 逃げ場が無いので 熱中症対策も必要になります。

ヒラスズキ釣り 秋シーズン

出典: https://pixabay.com

秋のポイントはベイトの回遊と サラシを生む強風です。 天候が荒れないと サラシが発生しにくく ヒラスズキが浮いてこないので 悪天候が続くシーズンは ヒラスズキ釣りの チャンスでもあります。 おすすめの釣り方は フローティングミノーと トップウォーターを使った 王道の攻略です。 ベイトの接岸で青物のボイルや 鳥山を見つけることが 出来るシーズンでもあるので メタルジグやヘビーウェイトな ミノーを持ち込んで 秋の磯を楽しんでください。

ヒラスズキ釣り 冬シーズン

出典: https://pixabay.com

水温の低下によって ヒラスズキの活性が下がる シーズンです。 寒波の影響で大荒れの日が続き 磯に上がれないタイミングが 増えるシーズンでもあります。 産卵も絡むので 大型一発狙い、というイメージで 少ないチャンスをものにしましょう。 おすすめの釣り方は シンキングペンシルなど 小さなシルエットで セカンドレンジを引ける ルアーを使った ピンスポットの釣りです。 サラシを通す基本に忠実に、 無駄なキャストを控えて 出来るだけ一発で決める 釣り方で攻略してみてください。

安全への配慮 ポイントの情報を集めよう!

情報収集から始めよう!

主婦と生活|改訂版 房総半島パーフェクト地磯ガイド AB 161ページ
楽天で詳細を見る

初心者の方におすすめの 情報収集方法は 地磯ガイドや釣り場マップなど 書籍を使った方法です。 アクセスに必要な交通の情報、 釣り場の難易度に ついても確認出来る他、 検索するためのワードを 見つける事も出来ます。 直接書き込む事も出来るので 釣具店などでの 情報収集にも使えます。 入る場所が分からないと 危険なルートへ入ってしまう 場合もあるので 釣り場についての情報は 必ずチェックするようにしてください。

安全への配慮 同行者を見つけよう!

釣り場を知っている人が一番!

出典: https://pixabay.com

同行者

磯での釣りには 出かけるポイントでの 釣り経験がある同行者を 見つけるのが一番安全です。 釣具屋やSNSを使って グループに入ることで 進入経路の確認、 危険な状況の指摘など アドバイスを受けることが出来ます。 どうしても見つからない場合は 人が多い人気エリア、 初心者向けの比較的 ゆるやかなポイントを選んで 釣りを始めてみましょう!

安全への配慮 装備を揃えよう!

磯ヒラスズキ装備 ライフジャケットは必須

シマノ|XEFO・ショートゲームベスト フリー ブラックレッド VF-274L
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

必ず必要な装備、 ライフジャケットについてです。 磯は危険の伴う釣り場です。 不規則に打ち付ける 大きな波が避け切れない 場合にそなえて フローティングベストを 必ず用意しましょう。 波を被る釣りなので 自動膨張タイプは使えません。 移動で岩を越えたり 波を避けるために 動く事を考慮した 動きやすいモデルが人気です。

磯ヒラスズキ装備 濡れても快適なウェットスーツが人気

海水を被るエリアで 必要になる装備です。 地磯では波を被る事が多いので フィット感が高く 機動性に優れる ウェットスーツが人気。 サーフィンなど 海遊びで使う製品です。 身軽になる事で いざという時に身体が動きやすく 安全性が支持されています。 ウェーダーは落水時に 水が浸入すると重くなって かなり危険なので おすすめできません。 穏やかな磯では 下半身のみのタイプや鮎タイツ、 レインスーツも人気があります。

磯ヒラスズキ装備 もしもの時のために!ヘルメットを装備しよう!

オージーケー| FR-1 ヘルメット (M/L)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ポイント到着までの 険しい道のりや 釣り中の転倒、 落水時の頭部保護に ヘルメットも ユーザーが多い装備です。 険しいポイントへ出かける場合は 是非用意してください。 自転車、スノーボードなど スポーツ用のアイテムから すぐに見つけることが出来ます。

磯ヒラスズキ装備 足元装備も要チェック!

Mazume |スパイクシューズ MZWD-281
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

磯釣りではポイント到着まで、 そして釣りの最中も 濡れた岩の上を歩く必要があります。 通常の靴では対応出来ないので 磯向けのスパイクシューズを 装備して釣りに出かけましょう。 水が入って重くなると危険なので 長靴タイプではなく シューズタイプを選んでください。 安い磯靴は渡船向けで 歩く事を想定していないので ピンがすぐに 磨り減ってしまいます。 何度もお出かけになる方や ポイントまで到着に 時間が掛かる磯で 釣りを楽しむ方は ある程度品質の高い 製品をおすすめします。

磯ヒラスズキ装備 ケガを防ぐグローブ

シマノ|グローブ オシア クロロプレンオフショアグローブ GL-202J
Amazonで詳細を見る

磯で手をついてしまうと かなりの確立で出血します。 貝や岩の先端で 深く傷つく事を 防げるグローブも 用意しておきましょう。 指の本数や厚み、 防寒性能など 好みがあるので お気に入りの製品を 見つけてください。 メタルジグを使用する場合は 糸から指を守る キャスティング系の グローブがおすすめです。

磯ヒラスズキ装備 ランディングツールを用意しよう

スタジオオーシャンマーク|オーシャングリップ2510
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ヒラスズキは重く かなり暴れる魚です。 小型であればヘビーなタックルで 抜き上げる事もで来ますが 大型は波を利用して 磯に上げる事になります。 次の波が来る前にすぐに 移動を始める 必要があるので使い慣れた フィッシュグリップが おすすめです。 ランディングギャフを 使用してもOKです。 海水をあびる事になるので 防潮性、耐久性に優れる 製品を選んでください。

その他の装備について

ライフライン|ファーストエイドキット S LF-0051
Amazonで詳細を見る

擦り傷などすぐに手当てできる 救急セットがあると便利です。 連絡を取るための携帯電話、 落水時に音を出せるホイッスルや 万が一に備えて保険証の写しを 用意しておくのがおすすめ。 使わないに越した事は無いですが 準備が無ければ使えません。 装備を整えてヒラスズキに 挑戦してみましょう!

安全に配慮した装備を動画でチェック!

動画で動きやすさを確認しよう!

荒磯での便利グッズ紹介動画です。 ヘルメット、 ライフジャケットに 磯靴装備でも ウェーダーの快適度が高く バッチリ動けます。 動画無いでは磯に点在する 穴対策に脛当てを紹介。 スネを打った経験のある方は 要チェックです。

ヒラスズキの釣り方! ルアーゲームが主流!

フローティングミノーが人気!

シーバス|ルアー フローティング ミノー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ヒラスズキは海面に出来た サラシで小魚を待ち構える 習性を持っています。 水面直下を引ける フローティングミノー、 サラシや流れに負けない 泳ぎを持っている製品が 定番のルアーです。 サイズは120mm前後、 カラーはシルバーや ブラックが人気。 シンキングペンシルや トップでも楽しめるので 好みのルアーでヒラスズキに チャレンジしてください!

ヒラスズキの釣り方! 泳がせ釣りも有効!

現地調達で泳がせ釣りに挑戦!

出典: https://pixabay.com

流れの穏やかなポイントでは 生きたアジやサバを使って 泳がせ釣りでヒラスズキを 狙う事もできます。 サラシを通しにくく 複数のポイントを打つ スタイルは難しくなりますが 効果は抜群。 磯までの道のりが 険しいポイントでは 現地調達でエサを 用意する必要があります。 死にエサでも釣れない事は 無いと思いますが 警戒心が強く 動くエサに反応する魚なので 生きエサ、ルアーをおすすめします。

ヒラスズキタックルの選び方

ルアーゲームのタックルセレクト ロッドは10fMH以上を選ぼう!

ダイワ|ラテオ 110MH・Q 01474636
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ヒラスズキのルアーゲームは ヒラスズキ専用ロッド、 ランカーシーバスロッドや ショアジギングロッドで 楽しむ事ができます。 メインはミノーなので 追従性のあるしなやかな 穂先のロッドがおすすめ。 足場の高さや 手前の岩に擦らないよう 魚をコントロールするために 10Fクラスのロッドが人気です。 メタルジグを扱える製品が多く 突然のナブラや青物の回遊にも 対応できます。

ルアーゲームのタックルセレクト リールは4000番前後がおすすめ!

ダイワ|17 エクスファイア 3012H
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

リールはPE1.5号200mを基準に 2号までを考慮して選びましょう。 青物も同じタックルで こなす場合は ラインキャパシティに注意。 遠投して走られると 150mは頼りないです。 潮が速く水深が深い 特殊なポイントは300m 必要になる場合もあるので 余裕が欲しい方は ひとつ上の番手を選んでください。 シマノであれば 4000番から5000番のSWモデル、 ダイワであれば 3000番から3500番がおすすめです。 ギア比はハイギアを選びましょう。 強風でコントロールが難しい ラインスラッグや ミスキャストの回収を 手返し良く行う事が出来ます。 青物狙いのルアーアクションにも ハイギアが有効です。

エサ釣りのタックルセレクト 磯竿4号がおすすめ!

ダイワ| 磯竿 スピニング 大島 4号-50HR 釣り竿
Amazonで詳細を見る

大型青物に対応出来る 磯竿4号以上がおすすめです。 太いハリスに対応出来る モデルから選びましょう。 泳がせに掛かるマダイやヒラメ、 別のポイントでは ランカーマルスズキも 楽しめるパワーがあります。

エサ釣りのタックルセレクト カゴ釣り用のリールがおすすめ

ダイワ|17クロスキャスト 6000
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

道糸はナイロンの 8号から10号になるので キャパシティに優れる 遠投カゴ用のリールがおすすめ。 大型の青物を狙うリールなので ヒラスズキにも対応可能です。 太い糸を使って ヒラスズキとの 真っ向勝負を楽しめます。

ヒラスズキ狙いのラインシステム

ルアーゲームのタックルセレクト メインラインは細糸がおすすめ!

YGKよつあみ|リアルスポーツ G-soul スーパージグマン X8 300m
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ヒラスズキゲームの メインラインについてです。 ラインの進歩で 細いラインでも十分な 強度を確保出来るようになりました。 強風の影響を少しでも 抑えるために、 流れの影響を抑えて タイトなコースを通すために PEは強度の許す限り 細目がおすすめです。 スタンダードなセッティングは 1.5号から2号を200m。 強度に優れる8ブレイドから PEラインを選びましょう。 根ズレの頻発するエリアでは 強引なやりとりが必要になるので 2号を基準に選択してみてください。

ルアーゲームのタックルセレクト リーダーはどちらもメリットあり

YGKよつあみ|ガリス FCアブソーバー 60m
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ヒラスズキゲームの リーダーラインについてです。 強度はメインラインに合わせて 25lbから40lbで選びます。 根ズレ対策が必要になるので フロロカーボンがおすすめですが 急激なショックに対して 柔軟なナイロンラインも 大きなメリットがあります。 初めての方には PEラインにフロロリーダーを おすすめしますが メインラインから ナイロンという選択肢も 十分に考えられるので 釣り方に関して アイデアが浮かんだら 試してみてください。

ヒラスズキルアーを揃えよう!

定番の釣り方から挑戦してみよう!

アムズデザイン|サスケ 130 剛力 F 130mm
楽天で詳細を見る

ヒラスズキ定番の釣り方は フローティングミノーを使った スローリトリーブです。 根掛りや破損が多い釣りなので ストックは多めに 用意しておきましょう。 カラーはシルバーと 黒がおすすめです。 サイズは110mm前後で 選んでみてください。 フローティングミノー以外の 釣り方でおすすめなのが シンキングペンシル。 シルエットを抑えながら 下のレンジをチェックできる タイプのルアーで この2種類を用意しておけば 様々な状況に対応できます。 青物回遊がある場合は メタルジグを用意しておくと おみあげが確保できるので こちらもおすすめのルアーです。

スローリトリーブでもしっかりローリング

サラシの中を通す ヒラスズキゲームでは スローでも流れに負けず しっかりと泳ぐルアーが人気です。 実績の高いルアーは水中で しっかりとロールを続けているので 流れとサラシへ滑り込ませて ヒラスズキを狙ってください。

ヒラスズキの狙い方

サラシ攻略がヒラスズキへの第1歩!

出典: https://pixabay.com

波が砕けて白い泡に なっている部分が サラシです。 ヒラスズキはサラシから エサが流れてくるのを 待っているので ルアーはサラシを通過するように 泳がせてください。 絶えず変化するサラシに ルアーが巻き込まれるような タイミングでの進入が ルアーアクションのポイント。 流れの変化に乗せて ルアーを漂わせる アクションも有効です。 強風や波でキャストしにくい 状況での釣りが多いので 気を取られて危険を冒さないように キャスト位置とポイントを しっかり見定めてから エントリーしてください。

サラシがあれば近距離戦も!

水深とサラシがあれば 手前のポイントでも ヒラスズキが狙えます。 スローなリトリーブで サラシに流される小魚を 演出して魚を誘い出しましょう! 時にはピンスポットに、 潮の流れを予測しながら コースやタイミングを 合わせる事も大切な ポイントです。 居れば出やすい釣りなので 人が打たないポイント、 レンジを意識して 磯を攻略しましょう。

ヒラスズキ釣りを動画でチェック!

渡船で楽しむ磯のヒラスズキゲーム

自然の残る離島の磯は ヒラスズキをはじめ 沢山の大物が潜む 夢のポイントが残っています。 磯についたら 当日のサラシや 潮の当たり方をチェック。 安全に配慮して立ち位置と キャストポイントを イメージしましょう。 ヒラスズキはいれば 数投で出る場合が多いので サラシに絡むコース、 流れの変化に絡むコースを 様々な角度から探ってください。 動画のようにサラシが 一面に広がっている時は どんどん移動して フレッシュな魚を探しましょう!

荒れた日のサーフはチャンスあり!

サーフからヒラスズキを 狙う動画です。 磯のように波を 被る事が無いので 初めての方にもおすすめ。 ウェーディング、 暗いうちからでも楽しめます。 沖に根のあるポイントが 有望ですが見た目だけでの 判断は難しいので 情報を収集して 実績のあるポイントを見つけましょう。

ヒラスズキへの挑戦

タックルだけでなく安全装備の準備を

出典: http://www.northcraft.jp

ヒラスズキ

動画のように ヒラスズキが良く釣れる 荒れた日の磯は かなり危険なポイントです。 現地に着くと興奮状態で 冷静な判断が難しくなる事もあります。 タックルだけでなく 安全装備、予習と心構えを しっかり準備して 磯の王者に挑戦しましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ