検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ツェルト徹底解析|おすすめ12選・メーカ比較・張り方の厳選まとめ

もともとツェルトは山での緊急時に体に巻いたり、頭から被って一夜を過ごすという使い方から始まりましたが、最近のアウトドアライフの多様性と素材の進化などによりツェルトをテント代わりの使い方も増えてきました。主だったツェルトについてまとめてみました。
2021年6月8日
凸凹

ツェルトとは

ツェルトとは別名ビバークテントと言う通り、山における遭難や嵐などの緊急事態に生命の危険を回避するために用いられてきましたが、あくまで緊急避難用品とのことで軽さ・コンパクトを追及して、快適性は犠牲にされてきました。

出典: https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E7%94%BB%E5%83%8F&biw=1071&bih=591&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiYj8G-wvXRAhXJebwKHW0eAXUQsAQIGQ#imgrc=_

近年ではアウトドアライフが多様になってきたのと、新素材などで居住性・快適性が改善されてきたのが相まって、積極的にテント代わりに使われるようになってきました。 とにかく軽くてコンパクトなので、登山ばかりでなくツーリングなどにもおすすめできるツールです。

ツェルトとは(Part2)


出典: http://image.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1&ei=UTF-8&xargs=13&b=241

設営には慣れが必要です。 事前にしっかり張り方を練習をしておかないと、ぶっつけ本番ではまずスムーズに建てることはできません。 事前の準備が必要です。 張り綱等は最初からついていません。現場で取り付けると言っても時間がかかるので、予め取り付けておくことをおすすめします。 中はテントのように広くありません。 ただ寝るだけだと思った方が良くて、大人二人が余裕を持ってと言うことはほとんどありません。

出典: http://image.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1&ei=UTF-8&xargs=5&b=81

虫は自由に入ってきます。 構造上、基本的にベンチレータや、入口幕の下の部分と床との間から虫が入ってきます。 本降りの雨が降ったら防げません。 底割れ式なので、水は入り放題になります。 耐風性が脆弱です。 風を避けられる場所に張ることが絶対条件です。

ツェルトの使い方(前編)

出典: http://image.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1&ei=UTF-8&xargs=20&b=101

小さなものは、なんと120g。缶ビールよりも軽くてコンパクトです。テントとして使えるタイプでも230gと超軽量。 テントよりもはるかに軽くてコンパクトで、ザックやバックパックに難なくいれておけ、日帰りアウトドアでもおすすめの必携品です。

出典: http://image.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1&ei=UTF-8&xargs=22&b=21

最近の新素材で、防水性と透湿性にも優れているものが使われているので、防寒用のプラス一枚にもなり、ベンチレーターから頭を出せる構造で、ポンチョとして被って使うこともおすすめできます。


出典: https://www.kojitusanso.jp/pickup/zeltsack/

もともと、人の命を守る緊急用ツールとして開発されただけあって、防水性、透湿性、そして耐久性とその性能の高さは折り紙付きです。

出典: https://www.kojitusanso.jp/pickup/zeltsack/

テントやポンチョのように使う他にも、タープにしたり、シートにしたり、雨などが当たらない荷持置き場を作ったり、トイレの目隠しを作ったり... アイデア次第で使い方の可能性は無限に広がります。

ツェルトの設営には

出典: https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E7%94%BB%E5%83%8F&biw=1071&bih=591&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiYj8G-wvXRAhXJebwKHW0eAXUQsAQIGQ#imgrc=_

ツェルトは自立式ではないため、形状を維持するために、張り方によってポールやロープなどを用いて樹木に結んだり地面にペグで固定するなりしないと機能しません。 さらに、テント形状にして使いたい場合、ロープとそれを固定する場所の確保が重要です。 樹林帯や森林などならば割りと確保しやすいですが、そうした適当な高さにロープをはれる場所がない場合や、トレッキングポールでポールをたて、そこにロープを結んでペグで固定します。


出典: https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E7%94%BB%E5%83%8F&biw=1071&bih=591&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiYj8G-wvXRAhXJebwKHW0eAXUQsAQIGQ#imgrc=_

テントよりも防風や耐久性はさらに劣りますが、緊急避難的に雨風を防ぐという目的であれば、これでも何とかなります。 必ず落石の危険がないか、地面の傾斜は大丈夫か、水回りの様子などを確認します。 ツェルトは基本的には、風上に背中を向けるような張り方になります。

出典: https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E7%94%BB%E5%83%8F&biw=1071&bih=591&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiYj8G-wvXRAhXJebwKHW0eAXUQsAQIGQ#imgrc=_

ロープやペグ、専用ポールなどは通常別売りですので、必要に応じて揃えることになります。ポールはトレッキングポールでも代用できますが、ロープとペグについては持っていないとテントのスタイルで使うことはできませんので注意が必要です。 ツェルトは一度張ると移動はできません。設営場所や向きを十分に考えてから設営しましょう。

ツェルトの設営方法

ポールを使っての張り方

ロープを張っての張り方

ツェルトの使い方応用編

ファイントラック ツエルトIIロングにフライシートを張ってみました。

強風下でファイントラック ツエルトIIロングを張りました。

ツェルトおすすめ12選

① アライテント ビバークツェルト ソロ             価格 6,156円

アライテント| ツェルト ARI055 ビバークツェルト

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

究極のパーソナルシェルターとして、かぶって使うことだけを考えて作られた超軽量タイプのツェルトです。 極限なまでの軽量化のため、ファスナーは付いていず、ベンチレーターは1個で、頭を出すことができるサイズとなっています。ポンチョのような使い方でザックごと被ることも可能です。 サイズ:間口80×奥行70×高さ90cm、9×7×4cm(収納時) 重 量:105g 素 材:15dnリップストップナイロンPUコーティング

出典: http://www.arai-tent.co.jp/index.html

② AIRMONTE パーソナルツェルト VITA          価格 9,700円

エアモンテ|パーソナルツェルト ヴィータ

出典: Amazon

持った感じは缶コーヒーくらいの大きさで、生地は薄く、完全防水ではないので、あくまで非常用となります。 画像では立派なテントに見えなくもないですが、パーソナルという名のとおり、設置サイズもかなり小さく、人ひとりが屈んで入るだけという仕様です。 緊急時に風雨をしのぐことが目的とすれば納得です。 サイズ : 90cm×70cm×90cm 重量 : 130g 素材 : 20デニールリップストップナイロン100%/耐水圧1100mm PUコーティング

出典: http://www.airmonte.co.jp/

③ キャプテンスタッグ ソロツェルト             価格 10,652円

キャプテンスタッグ| ソロツェルト

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

軽量でコンパクトな使いやすい製品です。携帯しやすい収納バッグ付きで、ちょっとした休憩にもおすすめです。UVカット効果も備わっているので、紫外線対策にも役立ちます。製品サイズ:(約)80×210×H90cm 素材:ナイロン

④ ヘリテイジ エマージェンシー ソロシェルター          価格 11,880円

ヘリテイジ|エマージェンシーソロシェルター

出典: Amazon
出典: Amazon

パネル素材に15Dナイロンリップストップ・透湿ウレタンコーティングを採用し耐水圧を従来の倍の1,000mmへ、そして透湿性能8,000gを確保することで使用時の快適性をアップし、見るからに居心地がよさそうです。 また半底割れ式ですから、緊急時には靴を履いたまま被っての使用が可能となります。 サイズ : 間口80×奥行き190×高さ90cm 重量:180g 素材:15Dナイロンリップストップ・透湿ウレタンコーティング

⑤ ナンガ ツェルト ZELT1 イエロー              価格 11,515円

出典: http://item.rakuten.co.jp/convenimart/cnbnb00q5pcnrm/

国産にこだわるシェラフメーカー、ナンガの製品で、重量320gの軽量ツエルトです。 30dnナイロン撥水加工を施した生地を使用していて通気性に富み、素晴らしい撥水、防汚性を実現しています。これだけでも数泊程度の短期使用であれば、十分こなせそうです。 サイズ:間口90cm×奥行200cm×高さ90cm、φ8×17cm(収納時) 総重量:320g 生地表地:30dnナイロン撥水加工

⑥ モンベル ライトツェルト SPGN[1~2人用]          価格 12,636円

モンベル|ライトツェルト 1122517 SPGN

出典: Amazon
出典: Amazon

モンベル独自のくさび形デザインは、高強度を実現しつつ、余分なスペースを省いて、軽量化も追求しています。ベンチレーターは酸欠を防ぐため、完全には閉まらない状態に設計となっています。 出入りしやすいようにジッパーをベンチレーター底部まで延長して、出入口下部にポールを固定するためのループを設けています。 モンベル・ツェルトのスタンダードモデルとなっています。 サイズ:約φ10×約19cm(収納時) 重量:430g 素材:30デニール・ナイロン・リップストップ

⑦ モンベル マルチチューブ シェルター(1~2人用)        価格 12,138円

出典: http://store.shopping.yahoo.co.jp/big-play/1122278.html

ビバーク状況をはじめ、トレッキングなどの休憩用として季節を問わず多用途に利用できます。 ツェルトとしてはもちろん、別売の「ツェルトインナーポール」や「ツェルトポールセット」を併用することにより簡易テントやタープとしてもおすすめできるモンベルのマルチパーパス・ツェルトです。 サイズ:295×300cm(展開時)、8×8×21cm(収納時) 重量:540g 素材:30デニール・ナイロン・リップストップ

⑧ ファイントラック ピコシェルター(1~2人用)          価格 11,340円

ファイントラック|FAG0121 ピコシェルター OG

出典: Amazon
出典: Amazon

成人2人が座って待避・休憩できるサイズで、シェルターとして十分な耐水圧を備えながら、不快な結露を軽減する優れた透湿性を備えます。 超軽量コンパクトなので気軽にバックパックに入れられます。 ファイントラックが送る120gの守り神と言えるでしょう。 サイズ:奥行75(天長部90cm)×間口120×高さ95cm、7×5×9cm(収納時) 重量:120g 素材:ナイロン100% PU防水透湿コーティング

出典: https://www.finetrack.com/products/zelt/

⑨ ファイントラック ツェルト1                  価格 17,280円

ファイントラック|ツエルト1 (ツェルト 1〜2人用) FAG0122

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

成人2人が座って待避・休憩できるサイズに設計したツェルトです。また、簡易テントとしての機能も備え、横幅が220cmと居住性も高いため、テント代わりとしても積極的に使えます。 しっかりとテンションを掛けて張ることができ、広い居住空間を確保することができます。ファイントラックの定番ツェルトの一つです。 サイズ:奥行200(天頂部120cm)×間口80×高さ90cm、9.5×4.5×14cm(収納時) 重量:230g 素材:15dリップストップナイロン100%(ポリウレタン防水透湿コーティング)

⑩ アライテント スーパーライト・ツェルト1             価格 9,608円

アライテント|スーパーライト・ツェルト 1

出典: Amazon

重量わずか280gの軽量タイプのツェルトです。別売りの「ポールセット」などを利用して軽量テントとしても使用できます。 本体にはウレタンコーティング加工を施してありますので、多少の雨でも大丈夫です。ポールとベンチレーターも干渉しないようになっています。 床は紐で合わせるスタンダードなタイプです。 サイズ:間口90×奥行200×高さ90cm、10×10cm(収納時) 重量:280g 素材:28dnリップストップナイロンPUコーティング

⑪ ファイントラック ツエルトIIロング 2~3人用           価格 23,760円

ファイントラック|FAG0123 ツエルト2ロングOG(オレンジ)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

成人2人が余裕を持って寝ることを可能にし、座って待避・休憩する場合は4~5人が被ることができます。 より積極的にテント代わりとして使用できるツエルトで、ファイントラック ツエルトⅡの横幅を20cm長くして居住性をさらに高めています。 ただし、テントとは基本的に異なりますので、使い方には注意を要します。 サイズ:220×100×95cm、10×5×19cm(収納時) 重量:340g 素材:15dリップストップナイロン100%(ポリウレタン防水透湿コーティング)

   動画によるファイントラック ツエルトⅡの詳細

⑫ アライテント スーパーライト・ツェルト2ロング         価格 14,904円

アライテント| スーパーライト・ツェルト2ロング

出典: Amazon

別売りの「ポールセット」等を利用して軽量テントとしても使用でき、本体にはウレタンコーティング加工を施してあるので、多少の雨でも大丈夫となっています。床は紐で合わせるスタンダードなタイプです。 軽量タイプのツェルトであり、ザックの片隅に入れておいて強風時、雨や雪の時の休憩、やむをえないビバークの時などに使用します。 サイズ:130×210×110cm、17×10×8cm(収納時) 17×10cm 重量:395g 素材:28dnリップストップナイロンPUコーティング

ツェルトの付属品

アライテント|ライペン・ツェルト用フライシート

出典: Amazon
出典: Amazon

使い方はシートの代わりに地面に敷いたり、小屋掛けの屋根にしたり、雪洞の入口やくるまっても良しと、実にいろいろな使い方ができます。ある意味では究極のシェルターといっても良いでしょう。 重量:350g 素材:30dnリップストップナイロンPUコーティング                 付属品:張網6本

アライテント|ツェルト張網セット

出典: Amazon
出典: Amazon

ツェルトをより一層、効果的に使うために必要なロープのセットです。 ストックなどで設営する際には必需品です。捨て縄と言い、補助的に余分なロープが必要なケースが必ずあります。緊急時に必ず役にたつおすすめの必携品です。 4m×2本、自在4個付 重量 50g

ユニフレーム|ちびペグ(10本セット) 681527

出典: Amazon

軽量コンパクトで、設営時の仮留めやフラップ押さえなどに気軽に使えます。 サイズ : 全長:80mm 材質 : アルミニウム 重量 : 約5g(1本)

ツェルトの使い方(後編)

ツェルトのたたみ方

メンテナンス

アライテント|リペアシート リップ(フライシート、ツェルト用)

テントのグランドシートや、フライシートなどの防水加工を施された部分の補修に使用する、シール状のシートです。素材はテントに使用している布地を使用しています。 *ゴアテックスファブリックスや、防水加工の施されていないテント本体には使用できません。             サイズ:7.5×50cm(1枚)  

アライテント| 塗る撥水剤

出典: Amazon

雨・風・日光・摩擦などで撥水力は低下してきます。補修は必須となります。同じ容量でスプレータイプの約10倍の面積に撥水加工を行えます。 容量は100mlでフライシートなどにちょうど良い使いきりサイズです。 フッ素系の撥水剤で、ゴアテックス(R)などの防水透湿素材にも使用できます。(製造コロンブス)

まとめ

出典: http://image.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88+%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1&ei=UTF-8&xargs=3&b=41

厳しい自然状況の中で、あるいは、長いツーリングの後で、ほんの少しだけホッとする空間を作るのがツェルトのシェルターです。ツェルトを上手に活用するためには、自然の仕組みとツェルトの使い方・張り方を良く知っておく必要がありますね。 価格についてはショップによって大差がありますので目安として表記しました。  最後までご覧いただきありがとうございました。