検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

スワンズサングラス4選|登山やスポーツでおすすめ商品のご紹介!

優れた耐衝撃性や撥水性、軽量性などが魅力のスワンズサングラス。日本人の顔に最もフィットしたデザインで、登山やテニスなどのスポーツから、日常的な使用まで、どんなシーンにもぴったりのスワンズサングラスの中から、特におすすめの4選をご紹介します!
2020年8月27日
mi2016

目次

スワンズサングラスとは?

出典: https://shops.aeonsquare.net/shop/goods/goods.aspx?goods=A103-27829043

スワンズサングラスとは、山本光学株式会社がSWANSというブランド名で販売しているアイウェアのことで、スポーツ用のサングラスとして国内でも人気が高いです。ゴルフや登山、自転車などのスポーツのジャンルに合わせてさまざまなタイプのサングラスが販売されており、多くのアスリートたちも愛用しています。

出典: http://mounten-f.com/?p=1737

2016年4月1日からSWANSと女子ゴルフ大江香織プロとアドバイザリー契約が結ばれています。


スワンズサングラスの4つの特長

1.耐衝撃性のペトロイドレンズ

出典: http://www.swans.co.jp/product/sunglass/#FEAT

スワンズサングラスに使用されているペトロイドレンズ

スワンズサングラスの大きな特徴の1つに、ペトロイドレンズが使用されています。レンズの素材はポリカーボネートというプラスチックで出来ており、極めて高い耐衝撃性を発揮します。ガラスの10倍以上という、優れた耐衝撃性を備えているため、スポーツにおけるあらゆる危険やアクシデントから身を守ってくれます。また、ペトロイドレンズは耐熱性や耐寒性、難燃性や軽量性にも優れており、また優れた光学性能も備えています。そのため、太陽に近い場所から、極寒での活動も問題なくサポートしてくれます。この特長から、登山やスキーなどのスポーツはもちろん、どのような環境下でも使用出来ておすすめです。

2.紫外線を99.9%以上カット


出典: http://www.shigaisen.com/

長時間強い日差しに晒されると、肌だけでなく目にも紫外線によるダメージを負ってしまいます。

紫外線と聞くと、皮膚にダメージを与える印象がありますが、実は目にも有害なダメージを与えているんです。サングラスなどで目を保護しないまま長時間強い日差しの下にいると、激痛を伴う炎症や、時には眼の障害の原因にもなってしまいます。それは夏の日差しはもちろん、冬場のスキー場でも同じことです。スワンズサングラスで使用されているUVカットレンズでは、有害となる紫外線をなんと99.9%以上もカットしてくれます。また、サングラスの紫外線カットには決まった寿命もありません。そのため、レンズの破損などの問題がない限りはレンズの紫外線カットの効果は持続しますので、安心して使い続けることが出来ます。

3.撥水コートで雨でも快適に使用できる

出典: http://glasspark.net/blog/post-402/

スワンズサングラスには、独自の特殊表面コーティングが施されています。撥水性と防汚性などに優れており、塵や埃、水滴などを弾くため、いつでもクリアな視界で快適に使用することが出来ます。また、仮に雨などの水滴が付着した場合にも、レンズの表面に水膜が広がらないため、視界が歪みません。さらに指紋や水垢も付きにくく、仮に付着しても簡単に除去が可能です。スポーツやレジャーで急に天候が荒れたり、砂埃で視界が見えにくい環境下でも、他のサングラスに比べると抜群の使いやすさが特長です。


4.日本人に最もフィットするデザイン性能

出典: http://www.netprice.co.jp/netprice/library/goods/603301/

made in Japanならではの、日本人に最もフィットするデザインのスワンズサングラス。日本人ならば「とにかくおすすめ」の一言に尽きます。

スワンズサングラスの国内販売モデルはすべて、日本人の頭の形に最もフィットしたデザインで作られています。多数の日本人の頭部形状データを基に、研究と開発を重ねて設計された結果、日本人に最も快適な装着感と使用感を実現させました。装着した際のフィット感はもちろん、紫外線や風、埃などの侵入を防ぎ、レンズ内側への映り込みも低減されています。レジャーやスポーツ時の装着以外にも、ファッションとしても積極的に使用をおすすめします。ただ性能の良いサングラスは国内外に多く産出していますが、日本産で、日本人向けのアイウェアとしてはぜひとも使用してみたいところです。

登山やスポーツにおすすめのスワンズサングラス4選!

登山やスポーツ時におすすめのスワンズサングラスをご紹介していきます!スポーツのジャンルごとに、自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。

1.登山やトレッキングなどのアウトドア向け!AIRLESS SERIES

エアレス・シリーズは、登山やトレッキング、アウトドアをする人に最もおすすめのスワンズサングラスです。シリーズのタイプは「ビーンズ」「ウェーブ」「リーフ」の3種類に分かれており、それぞれに適した特性を持ち合わせています。

エアレス・ビーンズタイプ

エアレス・ビーンズの特徴として、眼の上下左右を大きく覆うレンズの形と、紫外線をしっかりとカットしてくれます。ノーズパットの調整が可能なため、フィット感も自在に調整できます。また、レンズの大きさの割に重さは僅か16g程度なので、長時間の装着も可能です。大きなレンズは紫外線を防ぐため、目元のしみ予防にも最適です。

>良いです (投稿:2016/08/16、Vernalさん) サングラスは買うたび失敗してきましたがこれはとてもいいです。頭ブンブン振ってもずれないし、鼻ぺちゃな私でも全くずれ落ちずに装着できます。 あと、真っ黒くないので視界が大きく妨げられません。つけてる方がうんと楽です。運転中光が真正面からきたときはさすがにこのレンズの色なのでまぶしいと思いましたが、あえて外してみたらその何倍もしんどかった…良い買い物でした。

エアレス・ウェーブタイプ

エアレス・ウエーブの特徴は、ねじれに強く、優れたホールド性を併せ持つところです。ウェーブタイプのすべての商品が軽量化されているため、長時間の装着が可能です。また調光レンズモデルでは、紫外線の量に応じて自動的にレンズの色の濃さが変化するため、軽登山やアウトドアでの長時間の活動も問題なく行えます。

初めてのスポーツグラス サングラスをかけてランニングするのは、初めてでしたが、こんなに目が楽なのか、もっと早く買うんだったと思いました。 目が疲れないと、ランニング自体も凄く楽にかんじました。 軽くてかけて走っても違和感がなく、良い感じでした。

エアレス・リーフフィット

エアレス・リーフの特徴は何といっても、極限にまで追及された軽さにあります。その軽さは14g程度と、スワンズサングラスの中でも圧倒的に軽量化されたタイプです。そのため、もちろん長時間の装着が可能です。また、偏光レンズモデルでは、水面や窓面、また車や建物など光の反射による見えにくさを軽減させ、クリアな視界を保ちます。スポーツ用と普段かけ用の、どちらでも気軽に使用できるためおすすめです。

気休め花粉防止兼ジョグ&ウォーク用 装着感がとても軽いです。 ホールド性も良く、軽いジョギングくらいではズレてきません。これは頭のサイズによって、個人差があると思いますが。 思ったほど暗くなく、8カーブのレンズのおかげで、視界も良好です。 間違いなくスポーツサングラスなのですが、”いかにも”なデザイン過ぎなくて良いと思います。

2.テニスなどのボールスポーツにおすすめ!STRIX SERIES

STRIX H-1101 MAW ストリックス・エイチ ミラーレンズモデル

ベースボールやテニスなど、激しく動き回るスポーツの時にはストリックスシリーズがおすすめです。激しい動きにもズレることのない圧倒的なホールド感は、安心して運動に励むことが出来ます。また、直射光を見ることが多いスポーツのため、暗めの透過率の低いレンズが特徴的です。撥水レンズモデルやミラーレンズモデル、またカラーレンズモデルなどさまざまなタイプがあるので、自分に合ったレンズのタイプを探してみるのも良いでしょう。

3.ゴルフにおすすめのスワンズサングラス!

LI SIN-0168 MBK LION SIN 偏光レンズモデル

絶妙なフィット感と戦闘的なスタイルは、アスリートにも人気が高くおすすめです。

ゴルフを楽しむ人には、LION SINか、LUNAのサングラスがおすすめです。LION SINでは鼻とテンプルの両方が調節可能で、レンズ交換機能も付いているのが特徴です。確かなホールド感に加え、上下左右の視界がしっかりと確保できるため、飛ばしたボールを目で追いかけやすい構造になっています。LUNAは女性向けのタイプで、柔らかなフォルムの中にスポーツとしての機能が詰まっており、スポーツから普段がけまで、さまざまなシーンで活用出来る作りになっています。

4.フィッシングに最適なDAY OFFサングラス!

VC-DF-1701 DAY OFFサングラス ミラーレンズモデル

DF(DAY OFF)は休日をテーマに作られたスワンズサングラスです。

DFはSWANSの中でも新しいライフスタイルを追求したサングラスで、普段がけはもちろん、どんなシーンにも似合うスタイリングが特徴的です。デザイン性も魅力ですが、機能性はスポーツモデルさながらで、紫外線の侵入や風や異物の巻込みを防ぎます。フィッシングでは長時間水面を直視するため、反射光を抑える偏光レンズの使用が一般的とされています。

サングラスを選ぶ際の2つのポイント

出典: http://communitypark.jp/?p=173

1.どのシーンで自分がサングラスを使うかを考える

一口にスポーツといっても、登山からフィッシングまでさまざまなジャンルがあります。激しく動き回るスポーツなのか、太陽光を集中して見るスポーツなのかで、自分に向いたサングラスのタイプが変わってきます。サングラスを選ぶ際は、自分がどのスポーツをどんなシーンで行うかをきちんと考えた上で選びましょう。

2.自分の顔に合ったサングラスを選ぶ

サングラスを選ぶ際には、自分の顔に合ったものを選ぶようにしましょう。かけた時に鼻と側頭部にしっかりとフィットしているか、レンズの上下左右のバランスは取れているか、また頬とサングラスの隙間が適正かなどをしっかりと試しがけをして確認するようにしましょう。

まとめ

スワンズサングラスは、登山やスポーツなど、さまざまなシーンに合わせて多くのタイプが販売されています。そのほとんどに高い衝撃性や耐熱・耐寒性・撥水性などが備わっており、また日本人の顔に最もフィットするようにデザインされています。それらの中から自分が使うシーンに最も合ったサングラスを選ぶようにしましょう。