シュラフカバーおすすめ15選!寝心地が変わる。必要性と選び方の紹介!

シュラフカバーおすすめ15選!寝心地が変わる。必要性と選び方の紹介!

シュラフカバーは、アウトドアなどで野外で寝るときに、必要な道具です。
シュラフカバーは、寝袋であるシュラフをカバーするだけでなく、使用することで様々な効果があります。
今回は、シュラフカバーの必要性や選び方、おすすめのシュラフカバーについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.シュラフカバーとは
  2. 2.シュラフカバーの必要性
  3. 3.①シュラフカバーで、保温効果をあげる
  4. 4.②結露によって、シュラフが濡れるのを防ぐ
  5. 5.シュラフカバーの選び方のポイント
  6. 6.①防水と透湿性に優れた素材のシュラフカバーを選ぶ
  7. 7.②使用する季節に合ったシュラフカバーを選ぶ
  8. 8.③持っているシュラフに合うサイズのシュラフカバーを選ぶ
  9. 9.シュラフカバーのおすすめ15選
  10. 10.1.【イスカ(ISUKA)】ゴアテックスシュラフカバーウルトラライトワイド
  11. 11.2.【イスカ(ISUKA)】ゴアテックス シュラフカバー ウルトラライト
  12. 12.3.【イスカ(ISUKA)】ウェザーテック シュラフカバー スーパーライト ネイビーブルー
  13. 13.4.【イスカ(ISUKA)】ウェザーテックシュラフカバースーパーライト
  14. 14.5.【モンベル(mont-bell)】ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー ワイド バルサム
  15. 15.6.【モンベル(mont-bell)】ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー ワイド&ロング バルサム
  16. 16.7.【モンベル(mont-bell)】B-DRTC.SジップS/Bカバー
  17. 17.8.【ノルディスク(NORDISK)】シュラフカバー 106005
  18. 18.9.【ラフマ(Lafuma)】封筒型 シュラフカバー カラー モスグリーン
  19. 19.10.【アライテント(ARAI TENT)】GTXシュラフカバー
  20. 20.11.【ラブ(Rab)】シュラフカバー タープ ツェルト シェルター ビバーク ストーム ビヴィ オリーブ
  21. 21.12.【ヘリテイジ】ゴアテックスシュラフカバー
  22. 22.13.【ファイントラック(finetrack)】エバーブレススリーピングバッグカバー
  23. 23.15.【マムート(MAMMUT)】寝袋シュラフカバー Ultralight Bivi
  24. 24.シュラフカバーで、野外でも快適に睡眠をとろう!

シュラフカバーとは

登山では、寝袋のことをシュラフと呼ばれています。 シュラフという言葉は、ドイツ語が語源です。 シュラフは、テント内で快適な睡眠をするために必要な道具です。 シュラフはキャンプだけでなく、防災用品としても使用されています。 シュラフの保温効果を高めたいときや、結露によって濡れるのを防ぐために使うのが、シュラフカバーです。 シュラフカバーを使うことで、様々なメリットがあります。 シュラフカバーの必要性と選び方について、ご紹介します。

シュラフカバーの必要性

そもそもシュラフカバーって必要なの?そんな疑問を抱いている方に以下に簡単にまとめてみました!

①シュラフカバーで、保温効果をあげる

山は標高が高いため、キャンプなどで野外で寝る場合は、天気予報で知る最低気温よりも低い可能性があります。 特に海に近い場所は、風が強いこともあり、より寒く感じることもあります。 そこで役に立つのが、シュラフカバー。 シュラフカバーをシュラフにつけると、保温効果を高めることができます。

②結露によって、シュラフが濡れるのを防ぐ

テント内に人がいると、呼吸や皮膚から出す水蒸気や、お湯を沸かすことで外よりも温度が上がり、結露ができます。 冬の深夜の気温が氷点下になると、テント本体の生地に結露が凍りつきます。 その凍った結露が、日中に温度が上がることで水に変わり、シュラフを濡らしてしまいます。 積雪が多い場所では、テントの出入り口近くに、雪が入り込んでしまうため、積雪する時期にテントで泊まる場合は、シュラフカバーは必ずあるといいですね。

シュラフカバーの選び方のポイント

①防水と透湿性に優れた素材のシュラフカバーを選ぶ

シュラフカバーは、使われている素材や機能は様々です。 シュラフカバーの中でも、特におすすめしたいのが、ゴアテックスという防水透湿素材が使われているシュラフカバーです。 ゴアテックスは、他の素材と比べて、防水性と透湿性が高いです。 防水性と透湿性が高いだけでなく、丈夫で長い年数使用することができます。 シュラフカバーによっては、シームシーリングといって、縫い目にシリコン系のテープで覆う処理をされているものもあります。

②使用する季節に合ったシュラフカバーを選ぶ

積雪期にシュラフカバーを仕様するなら、ゴアテックスの3レイヤーがおすすめです。 シュラフカバーには、2層構造の2レイヤーと、3層構造の3レイヤーがあります。 ゴアテックスの3レイヤーは、表生地と裏生地の間に、ゴアテックスメンブレンがあります。 裏地で保護されるので、耐久性も期待できます。 また、3レイヤーのシュラフカバーは、単体で使用できるものもあります。 夏にシュラフカバーを使用する場合は、軽量でコンパクトなシュラフカバーがおすすめです。

③持っているシュラフに合うサイズのシュラフカバーを選ぶ

冬向けのシュラフは、横幅が大きくダウンも多いため、シュラフカバーも大きめのものを選ぶ必要があります。 シュラフのロフト(寝袋の膨らみ)を押さえつけてしまうと保温効果が低下してしまうので、シュラフより小さいシュラフカバーを選ばないように、サイズの確認は重要です。

シュラフカバーのおすすめ15選

ここからは、おすすめしたいシュラフカバーをご紹介します。 人気メーカーのものを中心に、防水と透湿性に優れたシュラフカバーを集めました。 寝袋であるシュラフの効果を高めるためにも、参考にしていただけたら嬉しいです。

1.【イスカ(ISUKA)】ゴアテックスシュラフカバーウルトラライトワイド

イスカ|ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト ワイド ネイビーブルー

Amazon
楽天21,000円

価格は、¥23,220程度(2018年9月29日現在) 軽量のシュラフカバー。 15デニールナイロンをベースとしている3レイヤーのゴアテックス素材です。 ワイド設計のため、ゆったりとしたシュラフカバーなので、冬期用のシュラフにも最適です。

2.【イスカ(ISUKA)】ゴアテックス シュラフカバー ウルトラライト

イスカ| ゴアテックス シュラフカバー ウルトラライト ネイビーブルー 200721

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天20,115円

価格は、¥21,060程度(2018年9月29日現在) イスカのウルトラライドのワイドと同じく、3レイヤーのゴアテックス素材です。 フードは立体裁断で、圧迫感を押さえているシュラフカバー。 サイドのジッパーは、60㎝あるためシュラフの出し入れが楽にできます。 重量は、約380g程。

3.【イスカ(ISUKA)】ウェザーテック シュラフカバー スーパーライト ネイビーブルー

イスカ|ウェザーテック シュラフカバー スーパーライト ネイビーブルー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

価格は、¥10,800程度(2018年9月29日現在) 40デニールの3層構造素材のシュラフカバー。 裏地には、トリコットという、伸縮性に優れている生地を使用されています。 縫い目の裏は、専用のシームテープで処理されているので、防水性にも期待できます。 単体としての使用にもおすすめです。

4.【イスカ(ISUKA)】ウェザーテックシュラフカバースーパーライト

イスカ|シュラフ カバー ウェザーテックシュラフカバースーパーライト

楽天

価格は、¥10,800程度(2018年9月29日現在) 3レイヤーのシュラフカバー。 透湿防水素材です。 平均重量は、約410g。 サイズは、84㎝×209㎝です。

5.【モンベル(mont-bell)】ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー ワイド バルサム

モンベル|ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー ワイド バルサム

出典: Amazon
Amazon
楽天

価格は、¥12,343程度(2016年12月24日現在) 重量が約180gという、とても軽いシュラフカバーです。 軽いだけでなく防水性も高く、通気性にも優れています。 2レイヤーのシュラフカバーです。

6.【モンベル(mont-bell)】ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー ワイド&ロング バルサム

価格は、¥15,942程度(2016年12月24日現在) ブリーズドライテックU.Lスリーピングバックカバーワイドと比べて、重量があります。 長さは最大長250㎝×最大幅94㎝なので、冬期用のサイズが大きい寝袋(シュラフ)にも最適です。

7.【モンベル(mont-bell)】B-DRTC.SジップS/Bカバー

価格は、¥13,886程度(2016年12月24日現在) アクアテクトRジッパーが使用されているので、防水性が高く、ジッパー部分からの浸水を防ぎます。 フラップがない分、コンパクトサイズで軽量です。 単体としても使用できるシュラフカバーです。

8.【ノルディスク(NORDISK)】シュラフカバー 106005

ノルディスク| シュラフカバー 106005

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

価格は、¥11,880程度(2018年9月29日現在) ノルディスクは、コットンテントが有名なアウトドアブランドです。 ハイセンスなデザインが人気のブランドです。 このシュラフカバーは、綿100%です。 サイズは、220㎝×75㎝×65㎝。 重量は、約985㎝です。

9.【ラフマ(Lafuma)】封筒型 シュラフカバー カラー モスグリーン

価格は、¥3,980程度(2016年12月24日現在) シュラフカバー内の湿気を、ファスナーで調節できます。 重量は、約270gなので、軽量でコンパクトなシュラフカバーです。 ラフマとは、1930年に設立されたフランスのアウトドアブランドです。

10.【アライテント(ARAI TENT)】GTXシュラフカバー

価格は、¥20,520程度(2016年12月24日現在) 大きいサイズなので、体格の大きい方や、ロフトを無駄にしたくないとお考えの方に、おすすめのシュラフカバーです。 アライテントの縫製品は、主に日本国内で製造されています。

11.【ラブ(Rab)】シュラフカバー タープ ツェルト シェルター ビバーク ストーム ビヴィ オリーブ

ラブ|シュラフカバー タープ ツェルト シェルター ビバーク

出典: Amazon
Amazon
楽天

価格は、¥29,160程度(2018年9月29日現在) 頭側にジップがついていますので、そこから入れます。 70デニールのシュラフカバーです。 耐水圧3,000mmほどで、パッキングサイズは、13㎝×25㎝です。

12.【ヘリテイジ】ゴアテックスシュラフカバー

ヘリテイジ|ゴアテックスシュラフカバーL

楽天

価格は、¥18,176程度(2016年12月24日現在) 縫い目にシームシーリング(シリコン系のテープなどで覆うこと)がされているので、防水性が高いです。 胸元にファスナーがついてあるので、楽に出入りできます。 ショートタイプのものもあります。

13.【ファイントラック(finetrack)】エバーブレススリーピングバッグカバー

ファイントラック |エバーブレススリーピングバッグカバー

出典: Amazon
Amazon
楽天

価格は、¥20,790程度(2018年9月29日現在) 3レイヤーですが、コンパクトで軽量なシュラフカバーです。 軽量でコンパクトでありながら、防水性や透湿性にも優れています。

14. オクトス(oxtos)NEWシュラフカバーライト

オクトス|NEWシュラフカバーライト

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

価格は、¥6,980程度(2018年9月29日現在) 背面部分に、耐水圧が10,000mmの生地が使用されていたり、縫い目をシームテープで加工されるなど、防水性に期待できるシュラフカバーです。 上面には、透湿性の高い素材を使用されています。

15.【マムート(MAMMUT)】寝袋シュラフカバー Ultralight Bivi

価格は、¥16,000程度(2016年12月24日現在) マムートのシュラフカバーです。 マムートは、スイスの登山用品製造ブランドです。 マムートとは、ドイツ語で『マンモス』という意味です。

シュラフカバーで、野外でも快適に睡眠をとろう!

シュラフカバーのおすすめ15選でした。 野外で快適に睡眠をとるためにも、シュラフカバーは、なくてはならない道具です。 3レイヤーのシュラフカバーで、単体で使えるものや、機能性に優れていて軽量でコンパクトなものなど、シュラフカバーはコストパフォーマンスに期待できるものもあります。 アウトドアをより楽しむためには、しっかり睡眠をとって、体力をつけることも大切ですよね。 ぜひ、お気に入りのシュラフカバーを見つけてみてくださいね。

moko06
ライター

moko06


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking