Twitter
Facebook
LINE

キャンプの服装はどんな風が良いの?ファッションと荷物のおすすめ紹介!

キャンプの服装はどんな風が良いの?ファッションと荷物のおすすめ紹介!

writemk

キャンプといえばBBQです!キャンプにつきもののバーベキューをもっと楽しく、もっと快適にしていただくためのファッション情報をまとめてみました!もちろんただファッショナブルなだけではなく必要な機能も備えたアイテムもたくさんご紹介します!

キャンプはファッションから楽しみたい!というあなたのために!!

最近は趣味としてアウトドアを楽しむ男性、女性が増えましたよね。 特に意外なことに「山ガール」と呼ばれるように若い世代の女性にも、アウトドアを楽しむ女性がかなり多くなっています。 女性が・・・となるとやはり進化するのが服装、ファッションの分野です。 今までは言ってしまえばありきたりなデザインの、いかにも”安心して安全にアウトドアを楽しめます”といった機能面ばかりが重視されたアウトドアファッションが多かったのですが、ファッションの面からもアウトドアを楽しめるような時代になっています。 ボトムもトップスも、シューズやアウターにいたるまで、ファッションにこだわる男性女性の心をがっちりつかんでしまう魅力をもつアイテムがかなり多くなってきていますから、ファッションを楽しみたいということでアウトドアを楽しむようになったという方も多いのかもしれません。 ですがファッションとはあくまで服装です。 シーズンに合わせたアイテムをチョイスすること、もしくはコーディネイトをシーズンにあわせたものにすることで、自然の中でのキャンプ、というイベントをより快適に楽しむことができます。 どんな服装がシーズンに合っているのか、また注意すべきポイントは何かをこれから簡単にまとめて行きたいと思います。

シーズンに合わせたファッションでより快適で楽しいキャンプを楽しみましょう!

春夏の時期、また秋冬の時期にはシーズンごとに適した服装があります。 特に、キャンプというと自然の中で家ではない屋外に宿泊する、ということになるわけですから、暑さにも寒さにも対応しておくことが重要ですよね。 そのうえでもシーズンごとに気を付けておくべきポイントというものもありますから、快適に楽しいキャンプをするためにも覚えておいていただければと思います。

春~夏の時期のキャンプの服装を見てみよう(女性編)

女性といえども、キャンプというと適度にスポーティーで動きやすい服装かどうか、ということも気にしておきたいポイントです。 かわいらしさや女性らしさというのも気になりますが、時折、キャンプなのにヒールの高いサンダルできてしまった女性にドン引きしてしまったという男性のコメントも目にしますよね。 そのようなことはないように、春夏に適した女性のキャンプファッションについてみていきましょう。 春夏というと日中は暖かい、もしくは熱い時期ですが夕方以降になると場所によってはひんやりとして感じるほど気温差がある場合もあります。 ですから、ウインドブレーカーや薄手のパーカーなどは用意したうえで、シーズンにあった動きやすいファッションを心掛けるとよいです。 ・日焼け対策(UVカット素材のもの、日焼け止め、冷感タイプの長袖パーカーや長袖シャツなど) ・虫刺され対策(虫よけスプレーはもちろんですが、山の中などではかなり厄介な存在ですから露出を減らすことも対策になります) というポイントに気を付けて、足元は怪我を防ぎ動きやすさも重視したスニーカーがおすすめですが、夏場のそれほどアクティブではないようなポイントでのキャンプであればサンダルを履いておくと水にもすぐには入れるということで便利でもあります。 ”ヘリーハンセン” UVカット機能付き!夏でも涼しいロングスリーブTシャツ!

”コロンビア” UVカット機能と防汚・撥水機能付きのショートパンツ!レギンスと合わせてオールシーズン使えます!

”コロンビア” 汗をかいても雨が降っても快適に過ごさせてくれるハットでしっかりUVカット!

”キャラバン” キャラバンシューズは女性の為に歩きやすさを追求した登山もできる本格的なシューズ。カラーバリエーションも豊富でかわいらしさも!



このようなアイテムは一つそろえておくと、コーディネイトも楽で安心して春夏のキャンプを楽しむことができますね。

春~夏の時期のキャンプの服装を見てみよう(男性編)

女性以上に動くことも、汚れてしまうことも想定に入れておきたい男性の春夏の時期のキャンプでは、ファッションもそれにあわせてしっかりと対策しておくことをおすすめします。 男性の場合、女性以上に日焼けを気にしないことから、日焼け対策は考えてもいないという方も多くいらっしゃると思いますが、日焼け対策をすることは、長時間外で強い紫外線を浴びることになるキャンプには欠かせないものなのです。 日焼けだけではなく熱中症などの体調不良になってしまうことがないように、しっかり対策をしておくことで元気に快適に、キャンプを楽しんでいただくことができます。 女性同様に、日焼け対策と虫刺され対策をしておくことは必須と考えておいたほうが良いでしょう。 また、お出かけになる場所によってはスニーカーでしっかりと足元を守っておくことも大切になってきますよね。 ”GRAMICCI × ADAM ET ROPE” 細身でタウンユースもできるアウトドアにはもってこいのパンツは1本あれば重宝すること間違いありません!

”ティンバーランド” メンズのシューズはかなり豊富な取り揃え!タウンユースもできるおしゃれなレザータイプもあれば男らしさ前回のアウトドアルックなタイプもあります!

”BOHNAM(ボーナム)” メンズらしいカラーとコーディネイトしやすいモダンなデザインでキャンプももちろん街でも大活躍ですね。急に冷え込む夏の山の夜もこれ一枚で快適です。

”GOHEMP” こんなおしゃれな差し色にもなる柄物ショートパンツならシンプルなトップスでも映えるおしゃれなコーディネイトが簡単に!レギンスを履いて寒さ対策もできますね

秋~冬の時期のキャンプの服装を見てみよう(女性編)

秋冬、まだ秋の初めのころというのは日中は日差しが当たると暑いという日もありますが、夕方を過ぎればひんやりしてきます。 せっかくキャンプにいって楽しもうと思ったのに寒くてそれどころじゃない!なんてことになるともったいないですよね。 山や川のある自然あふれるエリアでは1日を通して温度差がかなり大きくなることも想定に入れて服装を選ぶことでより楽しいキャンプになるのです。 ”NORTH FACE” ドットショットジャケットはカラーバリエーションも豊富で、軽くて持ち運びにも便利です。さっと小さくたたんで持ち歩くこともできますししっかりした撥水加工もされているので急な雨でも安心です

”mont-bell” 言わずと知れたアウトドアファッションメーカーですが、動きやすさ、温かさ、撥水加工とキャンプにうれしいポイントがしっかり搭載されたかわいくて機能的なスカートです

”HALISON” マルチボーダーサポートパイルは日本製の安心の品質ですがアウトドアでも元気に明るいカラーでワンポイント追加してくれます。レギンスの上やタイツの上から履くことで歩いても疲れにくく冷えを防止してくれます。

”LOGOS” キャンプに欠かせないUVカット機能はもちろん、長袖なのに吸汗速乾で快適なキャンプが楽しめます!ジップをすべて上げればハイネックにもなるので寒さ対策もしやすいアイテムですね。

秋~冬の時期のキャンプの服装を見てみよう(男性編)

寒さも出てくるこの時期、動くとはいえ男性だって寒いものは寒い! 色々とやらないといけないことも多い男性だからこそ、寒さに負けている場合じゃない!ということで温かいアイテムをしっかり投入してこの時期のキャンプをより楽しいものにする努力も必要です! ファッションに興味の強い方も多くなってきている今、男性のキャンプ(アウトドア)ファッションもかなりいろいろなデザインのものがすぐれた機能性で販売されていますよね! 最近はメンズアイテムでもかなりカラフルな色使いものものも多くなってきていますから、ダークカラーだけに限らずいろいろなコーディネイトが楽しめます。 ”ECWCS” ナイロンマウンテンパーカーはデザインがいろいろとあって、好みに合わせて選ぶことができ、お値段もお手頃でミリタリーレプリカということでデザイン重視の男性にも満足の一品ですね。

”MILLET” DUAL MONT ダウンジャケットはとにかく優れた発熱・撥水機能を兼ね備えたヒートブリッドダウンを採用した本格的なダウンジャケットですが、デザインにもこだわりのアイテムです。

”GRAMICCI” ナローパンツ コーデュロイは秋冬にもってこいのコーデュロイでファッション性も高くウエストはボタンではなくゴムということで動きやすさも抜群です!

気軽にBBQを楽しむために!こんなファッションもおすすめです!

バーベキューを思いっきり楽しむぞ!!と思うとどうしても洋服が汚れてしまうことにもなりますよね。 外で食事の準備をする、しかも炭火なども使ったりすると気が付けば洋服に汚れがついてしまうこともあります。 それだけではなく、寒さや暑さの対策もしながら、動きやすい服装で、汚れも落としやすい素材のファッションを、となるとやはり気になるのがアウトドアファッションです。 キャンプを心おきなく楽しむための服装として、こんなファッションアイテムもおすすめです!

ナイロンパーカー

なんといっても汚れが落ちやすい!ということと撥水加工、UVカット、防汚加工のされたものも販売されていますから、希望する機能のあるものを探していただくことができます。 ナイロンなので洗濯も簡単ですし、持ち運びも、カバンに小さくたたんで持ち運ぶことができますから、温度管理用に一枚忍ばせておくというのもおすすめです。

ユニクロ ウルトラライトダウンジャケット

昼間は暖かいけれど夕方になると急激に冷え込む時期の寒さ対策というのは簡単ではありません。 そんな時にも、寒くなることを見越してまずは着こんでおく、なんていうのもなんだか不毛ですよね。 ですが、このアイテムなら小さくまとめて収納することができて、荷物に入れても重くなくかさばりませんから、一つ持っておくとせっかくのキャンプで風邪をひいた!なんていうことも避けられますね。 生地表面には撥水加工も施されており、収納ポーチもついているのでこれで5990円というのはかなり安いともいえそうですね。 気軽に自宅で洗濯できる、というのも見逃せないポイントです。

ナイロンラップスカート

動きやすいというとどうしてもパンツスタイルに偏ってしまいますよね。 ショートパンツとレギンスやタイツという組み合わせも定番ですが、女性だからこそ身に着けられる”スカート”というアイテムであってもバーベキューをしっかり楽しむことはできます。 ナイロン素材のものなら、気軽に自宅でも洗濯できてしまうので汚れても洗うことができますし、それだけではなくラップ式、だからこそ動きやすさも損なうことなく、活動的にキャンプを楽しむことができるのではないでしょうか。 タイツやレギンス、ソックスを組み合わせてファッション性も寒さ対策も自在に調整することができますね。 中には真冬でも暖かく過ごせるような素材で作られたナイロン製のラップスカートもありますから、季節を問わず楽しんでいただくことができます。

ダウンパンツ

男性だって寒さ対策はばっちり、にしておきたいですよね。 女性よりも動くことが追求されるシーンも多くなる男性だって、寒くては動くのも嫌になって今います。 そこでおすすめしたいのが、ダウン素材のパンツです。 暖かさは抜群、しかも動きやすく、汚れてもすぐに洗うことができるものもあり、中には撥水加工も施されたものもあったりと機能性にも優れたアイテムです。

トレッキングシューズ

気分から「アウトドアを楽しんでいる!」という気持ちにさせてくれるアイテムですが、バーベキューとなると火を扱うことも多く、足元の怪我を防ぐ、という目的においても理にかなったアイテムです。 丈夫な素材で作られていること、靴底が厚いという特徴、しっかりとしたつくりで山歩きでも対応できるということでバーベキューだけでなく山が好きという方にとってもかなり便利な一側になるのではないでしょうか。 バーベキューでは炭の落下などでやけどをしてしまうこともありますから、できればサンダルなど露出の多いアイテムは場所を選んで使用しておきたいですね。

サファリハット

首にひもがついていて、つばも大きいという特徴は、外で長時間過ごすことも多いバーベキューでは、紫外線対策は季節を問わずしておきたいものです。 アウトドアメーカーからも販売されていることが多いサファリハットの中には、UVカットだけではなく撥水加工がされているものもあります。 自然の多いエリアでは天候の移り変わりが多い時期もあります。 急な雨でも慌てることなく過ごせるこんなアイテムがあれば、日焼け対策だけではなく、突然の雨、また日差しによる熱中症予防などにも役に立ちます。

服装だけじゃ足りない部分を補うために シーズンにあわせたキャンプグッズでより快適なキャンプを楽しみましょう!

服装をいかにばっちり整えたとしても、外で過ごすことになるキャンプには、他にもしておくべき対策や、あると便利なアイテムというものもたくさんあります。 中には特別「アウトドアには欠かせない」というアイテムではなくても、経験者の方の声から「こんなものも用意しておいてよかった」というアイテムもあるようですから、いろいろとご紹介してみたいと思います。

NITEIZE(ナイトアイズ) ギアータイ 6インチ 2個入 レッド GT6-2PK-10

外で過ごす、ということで家の中なら当たり前にできることもできないこともありますが、そんな時に「これがあってよかった!」とおっしゃる方が多かったのがこのアイテムです。 アマゾンで959円というお手頃価格ですから、ちょっと試しに買ってみようかと手を出しやすいアイテムですね。 ドリンクホルダーにしたり、ランプをつりさげる補助に使ったり、曲げたりねじったりと形を自在に変えることができるので、いろいろな使い道があるのだそうです。

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結氷点下パック

かなり心強い保冷効果が期待できるアイテムだそうで、なんとクーラーボックスに入れた魚が凍ってしまった、という方もいらっしゃるようです。 冷蔵庫がない場所で過ごすことになるキャンプにおいて、このようにしっかりと冷却できる保冷剤、一つ予備に用意しておけばかなり安心感もありそうです。 アマゾンで見るとお値段1058円とかなりお手頃価格でありながらも、とても実用性に富んだ商品ということで口コミもかなり良いようです。

出典: http://www.logos.ne.jp/products/info/945

コールマン ハンギングドライネット

そのものの画像だけみると、これはいったい何に使うのか、ドライフルーツや野菜のために用意しておくべきものなのだろうか?と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。 これ、実は口コミを参考にするとキャンプだからこそ便利なアイテムだったのです。 というのも、キャンプをした後、使い捨てではない食器をお使いになっている方も多いと思いますが、家と違って洗った食器を乾燥させておく場所がなくて困ることも多いと思います。 ですがこのコールマンのハンギングドライネットがあれば、洗った後の食器もしっかり乾燥させることができるのです。 湿ったままでは不衛生ですし、かといっていちいち拭くのも面倒、ということもありますが、これならそんなお悩みは一挙解決! そしてもちろん、ご自宅でもキャンプ中でもフルーツや野菜を乾燥させて保存食にする、というときにも活躍してくれる一品です。アマゾンでは1590円で販売されているかなりお得感のある商品です。

ハンギングドライネット

ロゴス アルミスノコ

こちらもアマゾンではたったの1100円という低価格のアイテムですが、見るだけだと何に使うのか悩んでしまう方も多いかもしれませんね。 実はこれ、キャンプだからこそうれしいアイテムなのです。 例えばテントの中で靴を脱ぐ場所がほしいと思ったことはありませんか?外に靴を放置しておくというのはなんだか落ち着きませんが、これがあればテントの中に靴を脱いでおいておくことができます。 そしてそれだけではないのがこの商品の人気の所以でしょう。 外でシャワーをすると、足元の水が跳ねて洗っているのに汚れてしまった・・・なんていう鼬ごっこのような状態になることもありますよね。 ですが、アルミで作られたこのアイテムを足元においてシャワーをすれば、再び足が汚れてしまうなんていうことにはならずに済みます。 もちろんお子様の水遊び後のお着換えなどは外で行うことも多いと思いますが、そんなときの足場としても便利です。 小さくて軽いので持ち運びがしやすいというのもおすすめのポイントです。

出典: http://store.shopping.yahoo.co.jp/okumanekoya/b0078s4j5y.html?sc_e=slga_pla

新聞紙

これはもはや定番となっていることもありますが、初心者の方にとっては当たり前ではないこのアイテム。 新聞紙があれば、火を起こすときにも使うことができますし、それだけではなく野菜を包んで置いたり、洗った野菜の水切りに使ったり、揚げ物などの調理をしたときに油を吸い取って捨てたり、いろいろなことに使うことができます。 汚れてしまったものを持ち帰るのに適当な袋がない!!なんていうときにも新聞さえあれば慌てずに持ち帰ることもできますね!

うちわ

暑くもないのにうちわなんて・・と思うかもしれませんね。 もちろん原始的な暑さ対策としても有能な”うちわ”ですが、実はそれだけではないのです。 火を起こすときにこれを使えば素早く火おこしすることもできます。

ウェットティッシュ

忘れてしまう方も多いアイテムですが、あると本当に便利です! 特に小さいお子様がいたりすると食事をするときでも、遊んでいるときでも、すぐ近くに水場はないけれど手をきれいにしたい・・ということも多いと思いますが、そんな時にさっと拭いてきれいにすることができますよね。 汚れてしまった調理器具をさっと拭いておいておく、なんていうこともできます。

簡単に身に着けられるバッグ

大きな荷物になりやすいキャンプですが、簡単に身に着けられるサイズのバッグも用意しておくのは鉄則中の鉄則です。 小さなカバンで、貴重品はもちろんスマホや小物類などいつでもさっと出したいものを持ち歩いておくととても便利です。 もちろん貴重品を置いたままテントを離れるということもあり得ませんから、ぜひ覚えておいてください。

トイレットペーパー

キャンプ場によってはトイレットペーパーがついていない!なんていうこともあります。 そんな時でも慌てないで済ませられるためにも、1ロール持っておくことをお勧めします。

簡易的な枕

厚みのあるタオルをたたんで枕とすることもできますが、寝袋で寝る場合に忘れがちなのが枕の存在です。 普段から使っている方にとって枕がないというのは結構寝づらいものです。 また、地べたにテントを張って寝袋を置いたとしても地面の固さを感じながら就寝というのはとても落ち着きませんが、持ち運びに便利な簡易枕でも持っていくととても快適になりますよ。

自然とふれあうキャンプだからこそ ファッションで気を付けておくべきポイントとは?

ファッション性というのは気になってしまう方にはとても重要な問題だと思います。 幸い最近はファッション性を損なわずに機能性を高めた商品も多くなっていますから、それほど気になることも少ないかもしれません。 ですが、最後にまとめて申し上げるなら、「虫刺され対策」「寒さ対策」「紫外線対策」は確実に対策しておくことは必須です!! 男性も女性同様に、しっかりと対策をすることでより快適で楽しいキャンプを楽しんでいただくことができるでしょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

ライトショアジギングにツインパワーSWは必要なの・・・?

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

今は21アルテグラよりストラディックSWを買うべき!?

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

新型グランデージアトラスを開封して喜ぶ動画

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

決死の渡船!三宅島三本嶽でカンパチを獲る!!【4K】

【この動画は緊急事態宣言前に撮影されたものです】 ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いし...

慣れれば5分!ペンケースの簡単な作り方♪余った布ですぐ作れます

今回はペンケースの作り方をご紹介しました。端切れで制作できますので余っている生地があれば簡単に手作りのペンケースを作れます!作業時間の目安はミシンになれている方なら5分くらいです♪布端だけロックミシン...