アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス」!軽くなった新作でSWベイトを楽しもう!のイメージ

アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス」!軽くなった新作でSWベイトを楽しもう!

「エラディケーター ベイトフィネス」がモデルチェンジ!2020年新しくなって帰ってきた、アブガルシアのソルト向けベイトフィネスロッドをご紹介します。アジメバルからシーバスまで対応!「エラディケーター ベイトフィネス」でバーサタイルに楽しみましょう!

2020年04月05日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「エラディケーター ベイトフィネス」がリニューアル!
  2. 「エラディケーター ベイトフィネス」とは
  3. 「エラディケーター ベイトフィネス」のターゲット
  4. 「エラディケーター ベイトフィネス」の技術特性もチェック!
  5. 「エラディケーター ベイトフィネス」全4本をチェック!
  6. 1.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-610LT」
  7. 2.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-70LT-ST」
  8. 3.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-74MLS」
  9. 4.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-79LT」
  10. 「エラディケーター ベイトフィネス」でフィネスに楽しもう!

「エラディケーター ベイトフィネス」がリニューアル!

アジング、メバリング対応の新ベイトフィネスロッド!

アブガルシアのソルト向けベイトフィネスロッド「エラディケーター ベイトフィネス」がリニューアル!軽量ルアーへの対応力はそのままに、さらに洗練されたロッドとしてリリースされました。ソルトもベイトフィネスにこだわって遊びたい方は、是非チェックしてみてください!

「エラディケーター ベイトフィネス」とは

アブガルシアの2020年新作ロッド!

エラディケーター ベイトフィネス

出典: https://www.amazon.co.jp

「エラディケーター ベイトフィネス」は、アブガルシアの2020年新作ベイトフィネスロッドです。ソルトゲームロッドのハイエンド、エラディケーターシリーズのアイテムで、定価は39,000円から41,000円。モデルチェンジは5年ぶりで、最新のベイトフィネスリール、釣法の変化に合わせ、新しいマテリアルとロッドデザインを手に入れて帰ってきました。ベイトフィネスと言えばアブガルシア!アジング、メバリングはもちろん、ライトロックフィネスゲームにもおすすめのNEWアイテムです!

「エラディケーター ベイトフィネス」のターゲット

ターゲットを3つに分けてご紹介!

「エラディケーター ベイトフィネス」のターゲットを3つに分けてご紹介。ソルトベイトフィネスと言えばライトロックフィッシュゲームですが、新マテリアルによる強化で軽く強く、メバルからシーバスまで遊べる幅の広さを手に入れました。ソルトのバーサタイルロッドにピッタリ!ベイトリールの特性を活かせる、フォール系やキャストアキュラシーが必要な釣りに投入しましょう!

①アジ/メバル

ソルトで人気の釣りと言えばアジング、メバリング!軽量ルアーに強いベイトフィネスタックルなら、ライトなアジング、メバリングもバッチリ楽しめます。スピニングタックルのように1g未満を快適に、という釣りはまだ難しいところがありますが、2g~であればキャスタビリティは問題ナシ。フォールをクラッチオフで演出できる、太めのフロロを合わせやすい、ボトム系のリグが快適、といったメリットがあるので、自分のスタイルと合わせて検討してみましょう。メタルジグ、ライトワインドといったデイゲーム系との相性は抜群です!

②ライトロックフィッシュ

前作よりもちょっと強めなのが新「エラディケーター ベイトフィネス」。新しいブランクスの製法、マテリアルによって、軽さも強さもパワーアップしています。ライトゲームよりも少し重めの仕掛け、少し大きな魚まで、という釣りも1本で対応可能!最もライトな「610LT」でも、15g、PE1.2号まで対応可能です!

③チヌ/シーバス

15g程度のルアーを快適にキャストできるモデルが追加されて、ターゲットはチヌ、シーバス程度まで拡大。やや強めのタックルで魚種を問わずに遊ぶようなスタイルにもピッタリです。ティップはソフト、バットは強めというベイトフィネスロッドらしいセッティング!メタルルアーによる小型回遊魚狙いまで含め、デイゲーム、ナイトゲームを広く遊べるモデルが揃っています!

「エラディケーター ベイトフィネス」の技術特性もチェック!

搭載されている技術を3つご紹介!

新「エラディケーター ベイトフィネス」の技術特性も簡単にご紹介。見どころはナノアロイ+新製法の組み合わせで、これは旧「エラディケーター ベイトフィネス」には無かった技術特性。強度と軽さがパワーアップしただけでなく、曲がりの面でも強さと感度を両立するようなアクションを手に入れました。新時代の水準に合わせた正統派の進化!最新作らしさはバッチリです!

①TriarchyForce製法

2019年頃から展開がスタートした、アブガルシアの新しいブランクス製法です。カーボンを巻くときの密度、角度を付けずにロッドアクションを作るナチュラルストレートテーパーに、高弾性カーボンを縦横に重ねる新製法の採用で、ロッドの強度が大幅にアップ!軽さと強度両面を高め、性能を大幅に向上させます。比較的新しい技術なので、前作から乗り換えても満足度はバッチリ!基本性能を高めた新しい「エラディケーター ベイトフィネス」が楽しめます!

②ナノカーボンブランクス

こちらは各メーカーのロッドで普及が進む、東レの新しい技術です。高弾性かつ粘って強度の高いカーボンシートを作る新技術で、先ほどご紹介した「TriarchyForce製法」と合わせ、ルアーロッドの基本性能を大幅に引き上げました。対応ルアー、対応魚種とも幅が広く、ロッドデザインの自由度を高めてくれる新技術!ダルさはないのにしっかり曲がるロッドに仕上がります!

③チタンガイド/トルザイトリング

ハイエンドな「エラディケーター ベイトフィネス」は、ガイドもハイエンドなチタンガイド&トルザイトリング仕様。チタンガイドは価格がネックになりやすいパーツですが、軽く強く、錆びにくいハイグレードな仕様が特徴。トルザイトリングもハイグレードなパーツで、薄く糸抜けがいい、軽い、ラインにやさしい、というのがメリットになっています。豪華な仕様でマイクロガイドセッティングでも快適!エラディケーターらしい構成です!

「エラディケーター ベイトフィネス」全4本をチェック!

ラインナップをチェックしてみよう!

「エラディケーター ベイトフィネス」のラインナップは全4本。ソルトのライトバーサタイル、という立ち位置の中で、それぞれ個性が光るラインナップになっています。ライトパワーだけでなくミディアムライトパワーも用意されているので、ちょっと強めのタックルを目指す方にもおすすめ!合わせるライン、リールもイメージしながらチェックしてみてください!

1.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-610LT」

近距離戦向けの万能ロッド

ややショートな仕上げの610、感度やレスポンスを重視した近距離戦向けの1本です。アジング、メバリング向けのジグ単からボトム系、マイクロジグまで、幅広いルアーを扱い切れる感度と強さの融合を目指したモデルで、ベイトリールらしいハイテンポな釣りが楽しめます。ロッドアクションもハイバランスなレギュラーファーストで扱いやすい!特別沖側、大場所、という釣り場でなければ、1本でなんでも遊べます!

EBTC-610LTのスペックをチェック!

対応ルアーは1.5gから15g、スプールの回転が必要な分、スピニングタックルよりもアンダーは若干重めになりますが、上限はかなり自由度が高いスペック。組み合わせるベイトフィネス機のスペック次第ながら、2g未満も十分に扱える内容になっています。ラインはPE0.5号からPE1.2号、ターゲットとなる魚のアベレージをイメージしながら選んでみてください!

EBTC-610LTはこんな釣りにおすすめ!

上限付近、15gに近いウェイトまでキャストすることを考えても、メインラインはPE0.6号程度あれば十分。PEが太いと軽いジグヘッドの落ちが悪くなるので、軽量ジグヘッドメインの方は極細PE、フロロカーボンを検討してみましょう。ルアーはプラグ、ボトム系リグなんでもOK!足元を狙う釣りをメインに、状況に応じてプラグを出していくようなスタイルがおすすめです!

2.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-70LT-ST」

魅力たっぷりのスローテーパーモデル

スピニングの「エラディケーター リアルフィネス」でも展開されている、スローテーパーモデルです。曲がる位置が胴に近く、大きく曲がるのがこのロッドアクションの特徴。口切れ防止、バラシ防止はもちろん、釣って楽しいというのが非常に魅力的です。従来のスローテーパーは感度に劣る部分がありましたが、新素材と新製法でこの弱点を大幅に軽減!曲がりがある分投げやすいので、アキュラシーや快適なベイトキャスティングを求める方にもおすすめです!

EBTC-70LT-STのスペックをチェック!

対応ルアーは1.2gから18g、ラインはMAXPE1.2号まで対応。先ほどご紹介した「610LT」と同じライトパワー、スペック的には近い構成ですが、こちらはスローテーパーというのが比較のポイントになります。ボトムバンプ系やシャクりよりも、巻き系の釣りが得意!ジグヘッド、プラグとも、軽量ルアーをしっかりと弾き飛ばせる曲がりを持っています!

EBTC-70LT-STはこんな釣りにおすすめ!

掛ける釣りにも対応できますが、おすすめは相性のよい巻き系の釣り。メバルをメインに時々アジ、小型回遊魚もミノーや巻き系のメタルジグで、という方におすすめです。釣り味、使い心地が好きでベイトリールを選ぶ方には特におすすめ!快適なキャストと大きな曲がりで、ベイトフィネスの釣りを満喫しましょう!

3.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-74MLS」

ショートソリッドティップ+ハイパワーバットモデル

前作で一番人気だった「Death Xross」ベース、と紹介されている、ショートソリッドティップとハイパワーなバットを組み合わせたモデルです。繊細さのあるティップに強いバットというベイトフィネスロッドらしい組み合わせは、ボトム系の釣りからライトゲームまでを幅広くカバー。強めのやり取りが必要なシチュエーションにピッタリの1本です。ゴロタにテトラ、海藻が気になるエリアにはこの1本です!

EBTC-74MLSのスペックをチェック!

シリーズ中最も先調子なファーストアクション、ソリッドティップにミディアムライトパワーと個性が光るスペック。ルアーは1.5gから20gまでと少し重めまで使用できるセッティングになっています。MLらしくラインもPE1.5号まで対応可能!ちょっと強めの構成ですが、自重75gと非常に軽量です!

EBTC-74MLSはこんな釣りにおすすめ!

ライトロックフィッシュゲームをメインに、グッドサイズのメバル、チヌ、マゴチ等を狙っていく釣りにおすすめ。フロロラインを使って、ストラクチャータイトに釣るスタイルにもマッチします。ライトゲームでサイズを狙っていく方は、是非チェックしてみてください!

4.アブガルシア「エラディケーター ベイトフィネス:EBTC-79LT」

遠投できる長めの1本!

最後は長さがアドバンテージな79モデルをご紹介。パワーはライトクラスの設定で、軽量ジグヘッドをしっかり沖まで飛ばせるセッティング。大場所はもちろん、足場が高いフィールドの釣りも快適です。沖堤防、テトラからの外側狙い等、飛距離が欲しい場合はこのモデルをチェックです!

EBTC-79LTのスペックをチェック!

ルアーは1.5gから15gまで対応可能で、ある程度重さのあるものまで投げられる「エラディケーター ベイトフィネス」らしいスペック。10gクラスのマイクロジグ、メタルバイブといったルアーでの遠投もバッチリ決まります!

EBTC-79LTはこんな釣りにおすすめ!

飛距離が欲しい外向きの釣り全般におすすめ。レスポンスよりもキャストを重視したセッティングは、常夜灯で軽量ジグヘッド、という釣りよりも、外側を重めのリグで攻める釣りに適しています。メタルルアーでアジング、メバリングという方におすすめです!

「エラディケーター ベイトフィネス」でフィネスに楽しもう!

ベイトフィネスでライトゲームを楽しもう!

アジング、メバリングだけでなく、ライトゲームカテゴリーの幅を広げながらバーサタイルに遊べる「エラディケーター ベイトフィネス」。軽量ルアーへの対応力を活かして、さまざまな釣りを楽しめるシリーズに仕上がっています。ソルトライトゲームをバーサタイルに遊ぶならベイトフィネスもアリ!使って楽しいタックルに仕上がるので、こだわり派の方は是非検討してみてください!

ライトゲームが気になる方はこちらもチェック!

ライトゲーム向けのベイトフィネスリールが気になる方は、下記のリンクをチェック!ソルト対応でハイギア、アジングとメバリングにおすすめの「レボ ウルトラキャスト BF8」をご紹介します。ライトロックフィッシュにもバッチリ!ギア比が高いので、使用ルアーも合わせて検討してみてください!

Thumbアブガルシア「レボ ウルトラキャスト BF8」!ソルトフィネスに完全対応! | 暮らし~の[クラシーノ]
「レボ ウルトラキャスト BF8」は、アブガルシアの2020年新作ベイトフィネスリールです。...

あなたへのおすすめ