メンズ用革紐ブレスレットの作り方!必要な材料から簡単レシピをご紹介!のイメージ

メンズ用革紐ブレスレットの作り方!必要な材料から簡単レシピをご紹介!

メンズ用のアクセサリーといったら、革紐ブレスレットがおしゃれです。革紐ブレスレットは、作り方を知っていれば簡単に作ることができます。今回はメンズ用の革紐ブレスレットの作り方についてまとめていきますので、ぜひ手作りしてみてください。

2020年02月19日更新

ゆー
ゆー
DIYをメインに記事を書かせていただいています!誰にでも分かりやすく、DIY作品の作り方をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. メンズ用の革紐ブレスレットを作るには?
  2. メンズ用革紐ブレスレットに使う材料は?
  3. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピをご紹介!
  4. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ①簡単
  5. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ②パーツ
  6. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ③三つ編み
  7. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ④ナット
  8. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ⑤四つ編み
  9. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ⑥五つ編み
  10. メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ⑦ラップ
  11. メンズ用革紐ブレスレット実例をご紹介!
  12. メンズ用革紐ブレスレット実例①シンプル
  13. メンズ用革紐ブレスレット実例②シルバー
  14. メンズ用革紐ブレスレット実例③その他
  15. まとめ

メンズ用の革紐ブレスレットを作るには?

Photo byStockSnap

男性のアクセサリーと言えば、レザーブレスレットがおしゃれです。お店でブレスレットを買うというのもいいですが、自分で革紐を購入して手作りすれば、自分の好きな色でブレスレットを仕上げることができます。革紐を使ってメンズブレスレットを作る方法を、必要な材料も含めてまとめていきますので、ぜひこの機会に作ってみてください。

メンズ用革紐ブレスレットに使う材料は?

革紐

革紐は、通販サイトなどでも購入することができますが、やはり実際見た方がどんな感じになるかがイメージできるので、気になる方はお店で購入するのがいいでしょう。100均にも革紐が売っているのでそれを使ってもいいですし、パーツ屋さんには有名なところで「パーツクラブ」や「貴和製作所」というところがあるのでそこを利用して気に入った革紐を選んでください。

パーツ

その他に必要になってくるのは、作り方によって異なってきます。革紐だけを結ぶ場合は革紐だけがあればいいですし、編み込みをするのであれば革紐をまとめるワニカンがあると便利です。また、ピューターパーツといって真ん中に穴の開いたパーツを使う場合や、作り方にも出てきますが、マグネットタイプの留め具を利用する場合もあります。これは留め方によって変わってくるので、作り方を参考にパーツを購入してください。

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピをご紹介!

Photo by ndb_photos

それではさっそく、革紐を使ってブレスレットを作る方法についてレシピを挙げていきます。ハンドメイドのブレスレットなので、手作り感が味になります。革紐の編み方は、三つ編み、四つ編みなどミサンガのような編み方もあるので、その中でいいな、と思ったデザインを選んで編んでみてくださいね。革紐の編み方から、留め方も参考に手作りしていきましょう!

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ①簡単

一番簡単なレザー紐のブレスレットレシピとは

始めに紹介するブレスレットは、レザー紐を結ぶだけでできる簡単な上にシンプルなブレスレットです。不器用だと思っている方は、四つ編みやミサンガのように編みこんでいく作り方だと難しそうだと思うかもしれません。でもこの作り方であれば結び目を二か所作るだけですし、レザー紐が一本あればできてしまうので、不器用な方や初めて作る方にもおすすめです。

革紐を結ぶだけのブレスレットの作り方

レザー紐は55cm×22mmのものを用意します。10cmのところでレザー紐を折り返し、輪っかを作ります。留め方についてですが、まずは10cmのところを2,3回巻いていきましょう。巻き終わりは輪っかに通して締めたら、反対側も同じように巻いて結んで余分な部分をカットしたら完成です。一本レザー紐のシンプルなブレスレットです。結び目が動くので、長さ調節が自由にできます。

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ②パーツ

パーツ付きのおしゃれなブレスレットをハンドメイド

次はパーツを付けたタイプの革紐ブレスレットの作り方です。三つの革紐とパーツを使い、ブレスレットを作っていくのですが、マグネットが付いているので取り外しも簡単です。好きなパーツを使って、ブレスレットを作っていきましょう。レザー紐のブレスレットは、何度も使っていくと味が出てくるのがいいですよね。ぜひ、お気に入りのブレスレットを作ってみてください。

パーツ付きの簡単ブレスレットの作り方

次に使う材料は、手首周りに合う革紐を3本と、丸カン、マグネット留め具、カニカン、パーツ、革紐止め金具です。留め方ですが、革紐にボンドを付けて革紐用留め金具に入れたら、ペンチで留めていきます。丸カンを開け、カニカンやパーツに付けていきます。また、マグネット留め具にもマルカンを付け、レザー紐に繋げます。革紐にパーツを通していったら、反対側にも留め金具を留め方を同じように接着させたら完成です。

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ③三つ編み

三つ編みブレスレットをハンドメイドするレシピとは

次は三つ編みで作るブレスレットの作り方です。女性は三つ編みは簡単にできますが、男性の方だと三つ編み自体あまりやったことがないという人が多いかもしれません。編み方は一度覚えてしまえば簡単にできるので、もし自信がないという方は動画を見ながら編んでみてください。革紐の色は一色で作ってもいいですし、三色用意してもいいですね。

三つ編み簡単ブレスレットの作り方

三つ編みの編み方ですが、普通に三つ編みを作っていく方法でOKです。この動画では一枚のレザーを切って使っていますが、三本ある方は三本まとめて縛り、テープで留めてミサンガのように編んでいきます。その場合の留め方については、ワニカンを使えば三本の革紐がしっかり留まるのでそのパーツを利用するといいでしょう。編み方は1:42から始まります。単純な三つ編みですが、おしゃれな革紐ブレスレットがつくれます。

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ④ナット

ナットを入れ込んだブレスレットの作り方とは

次も三つ編みの作り方を利用してブレスレットを作っていくのですが、ナットを使ってアレンジを加えています。材料のナットも、ホームセンターで購入して、ごつごつしたイメージのブレスレットに仕上がっています。この方法を応用して、ナット以外のパーツを入れ込んで作ったりもできそうなので、このアイデアを参考にブレスレットをハンドメイドしてみてください。

ナットを使ったおしゃれなレザー紐ブレスレットの作り方

使う材料は、ナットとレザー紐です。レザー紐を三本切り先を結んでテープで固定しながらミサンガのように三つ編みを作っていきます。ある程度編めたら、編み込む時にナットを一本一本入れて編んでいきます。さらに普通の三つ編みを行ったら、留め方には結び目にカニカンとチェーンを取り付けていけば完成です。三つ編みの編み方にナットを入れていくだけなので簡単に作れます。この留め方についても、ワニカンを使う方法でもOKです。

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ⑤四つ編み

四つ編みブレスレットの作り方が気になる!

次は四つ編みブレスレットの作り方です。革紐を編み込んで作る場合は、ミサンガのようにテープで留めながら編んでいきます。この編み方も、一度作り方を知ってしまえば簡単にできるものです。ただ、三つ編みより一本革紐が多くなるので、工程を間違えないように確かめながら編んでいくといいですね。おしゃれなレザーブレスレットができるので、ぜひ手作りしてみてください。

四つ編みブレスレットの作り方

四つ編みブレスレットで使う材料は、レザー紐二本と、ピューターパーツ(この方はワッシャーを利用しています)です。まずは一本の革紐を机の上に半分に折って固定し、その下を通してもう一本を入れてクロス。ここからミサンガのように四つ編みをしていきます。四つ編みが終わったら四本をピューターパーツに入れて一本だけを使って結び、端をカットして完成です。

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ⑥五つ編み

五つ編みブレスレットの作り方が知りたい!

Photo bystevepb

次は五つ編みです。この編み方も、ミサンガのように先をテーブルなどに固定した上で編んでいきます。小さいころにミサンガを作ったことがあるという人であれば、案外簡単に手作りできるのではないでしょうか。なお、この動画ではワックスコードを使っていますが、レザー紐でも同じように編んでいけます。留め方については異なるので、注意してください。

五つ編みブレスレットの作り方

次は五つ編みの作り方についてです。材料は革紐のみ。片方を固定し、ミサンガのように編んでいきましょう。編み方は動画を見ながら一つ一つ丁寧に編みこんでいけば失敗しないで作れます。この方はワックスコードを使っているのであぶっていますが、革紐はその工程はいりません。また、最後の留め方についてですが、ワニカンを使うと簡単に止まるのでその方法を利用するといいでしょう。

メンズ用革紐ブレスレット簡単レシピ⑦ラップ

人気のラップブレスレットの作り方とは

次も人気のラップブレスレットの作り方です。ラップブレスレットは、一連でもいいのですが長くして二重、三重にするとおしゃれに付けられます。女性はビーズにパールやピンクなどを使って作っていきますが、男性であれば黒や茶色の天然石を利用するといいですね。ラップブレスレットは購入すると高いものですが、自分で作れば安く、しかも好きな色で手作りできます。

ラップブレスレットの作り方

ラップブレスレットで使う材料ですが、革紐、ボタンパーツ、テグス、ビーズです。ボタンパーツに革紐を通して結びます。テグスを2回結び、革紐に固定したら、テグスを交差させながらビーズを通していきます。最後までビーズが編めたら、テグスで最後を結び、革紐も上から結びます。ボタンパーツが通るくらいにもう一度結んだら完成です。

メンズ用革紐ブレスレット実例をご紹介!

では、実際にハンドメイドした手作りのブレスレットを見ていきましょう。自分で手作りする場合、色合いや作り方については、実際のブレスレットを見た方がイメージしやすいものです。今回お見せした動画の作り方のブレスレットを、色んな革紐の色合いを使って手作りしているので、手作りする際の参考にしてみてください。

メンズ用革紐ブレスレット実例①シンプル

材料にはダイソーの革紐を使ってハンドメイド

こちらは、材料に100均の革紐を使って作ったブレスレットです。100均の革紐ですが、十分おしゃれなブレスレットがハンドメイドできているのではないでしょうか。四つ編みでしょうか。濃いめのブラウンの革紐だけを使っていますが、シンプルなのでどんな服装にも合わせられそうですね。始めて作るという方は、100均の材料を使ってもいいかもしれません。

好きな色で四つ編みしてブレスレットを手作り

この方も100均の革紐を使ってハンドメイドしています。色は黒と赤、オレンジを使って四つ編みブレスレットを作っています。ミサンガのように編んで作っていくので、ミサンガを作ったことがあるという方であれば割と簡単に作れるのではないでしょうか。三つ編み、四つ編み、五つ編みとありましたが、編み方によっても印象が変わってきます。

ゆったり編み込む作り方が簡単な三つ編みブレスレットも素敵

これは三つ編みブレスレットですが、ゆったり編んでいるので同じ三つ編みとはいえ、違った印象のブレスレットになっています。同じ編み方でも、きつく編むか、緩く編むかでもここまでイメージが変わるんですね。色合いの違いでも印象の変わったブレスレットがハンドメイドできるので、いろんな色、編み方で試してみたいですね。

編まれた革紐を使って四つ編みしたブレスレット

こちら、とても複雑なブレスレットに見えますが、使っている革紐に、もともと編み込みのされた革紐を使うことでこの複雑な革紐ブレスレットが作られています。革紐の種類も、パーツ屋さんに行くといろんな種類があるので、本格的におしゃれなものをハンドメイドしたいという方は、パーツ屋さんで材料を探した方がいいでしょう。店員さんに聞けば、パーツの使い方や留め方についても教えてくれますよ。

メンズ用革紐ブレスレット実例②シルバー

シルバーと合わせてレザーブレスレットを手作り

男性でレザーブレスレットを作る場合は、シルバーのパーツも組み合わせたいと考える人もいるのではないでしょうか。パーツ屋さんに行けばシルバー調のパーツから、アンティーク風のパーツまでいろんな種類のパーツが手に入ります。好きなパーツを留め具に使ったり、一緒に編み込んで行くとおしゃれなブレスレットになります。

四つ編みブレスレットにシルバーパーツを入れて手作り

パーツをブレスレットに入れる方法には、丸カンを使ってパーツをブレスレットに通す方法もありますし、写真のようにパーツを入れ込みながら編んでいく方法もあります。ハンドメイドですから、選ぶパーツも革紐の色も、編み方も自由に選べます。いろいろ動画や作り方、写真を見ていいな、と思ったものが作れるといいですね。

ロゴパーツを取り付けてブレスレットを手作りするのもおしゃれ

この方は、ロゴ入りのパーツを使ってブレスレットをハンドメイドしています。例えば、四つ編みで作る場合は、初めの工程から革紐にパーツを通しておき、そこからミサンガのようにして編んで行けばいいのでパーツを留めるのも簡単です。好きなロゴのパーツを付けて、お守りのようにするのもいいですね。ぜひ素敵なブレスレットを作ってみてください。

メンズ用革紐ブレスレット実例③その他

チェーンにも巻き付けるとおしゃれに変わる

こちらはブレスレットではないのですが、おしゃれなものを見つけたのに参考までにご紹介します。こちらはチェーンに革紐を巻き付けていっただけのものなのですが、とてもおしゃれにアレンジされています。ブレスレットを作る場合も、チェーンに革紐を巻き付けて手作りするのもいいかもしれません。また、コメントにかいてあるように、チェーンにレザーを巻き付けることでねじれも防げるようです。

ターコイズを入れたブレスレットの編み方も素敵

こちらは途中にターコイズの天然石を入れてブレスレットを手作りしています。ターコイズを使う場合も、穴の大きなものを使えば、革紐に編み込んでいくこともできますね。また写真のようにシルバーの針金を利用して革紐に結び付けて付ける方法もあります。作り方、アレンジの仕方はたくさんあるので、色んな実例を見て参考にしてみてください。

メンズのラップブレスレットがおしゃれ

作り方の最後にあった、ラップブレスです。ラップブレスはやはり、何連にもなっていた方がおしゃれな感じに仕上がるのではないでしょうか。ビーズパーツと革紐には黒を使って、おしゃれなラップブレスが仕上がっています。この作り方であれば、長い物を作るには時間がかかりますが、留め方も簡単ですし、おしゃれなブレスレットが作れます。

まとめ

今回は、革紐を使ったブレスレットの作り方についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。レザーブレスレットは、付けているだけでも人目を引くアイテムでもあると思います。それを自分で作れれば、お気に入りのものが作れることは間違いありません。今回紹介してきた中でいいな、と思ったものを参考に、お気に入りのブレスレットを作ってみてくださいね。

その他ブレスレットが気になる方はこちらもチェック!

ブレスレットの作り方には、他にも組紐ブレスレットやパラコードを使ったブレスレットもあります。今回の記事と合わせて、気になるものを読んでみてください。

Thumb革紐ブレスレットの結び方8つ!おしゃれ×簡単な結び方を動画付きでご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
革紐やビーズを使って作るブレスレット。自分らしさを表現するレザークラフトワークとしてはじめよ...
Thumb組紐でオリジナルブレスレットを!手頃で簡単な可愛い作り方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
組紐は日本古来の伝統工芸ですが、人気アニメに登場したことで興味を持つ人が増えている手芸です。...
Thumbパラコードの編み方種類まとめ!キーホルダーやブレスレットは意外に簡単? | 暮らし~の[クラシーノ]
非常に丈夫なひもパラコード。最近は、パラコードを使って簡単でおしゃれなキーホルダーやブレスレ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ