アブガルシア「エラディケーター ロックスイーパー」!定番シリーズがモデルチェンジ!のイメージ

アブガルシア「エラディケーター ロックスイーパー」!定番シリーズがモデルチェンジ!

「エラディケーター ロックスイーパー」が新作モデルとして登場!最新技術を纏ってモデルチェンジを果たした、元祖ロックフィッシュゲームロッドをまとめてご紹介します。豊富なラインナップが魅力!「エラディケーター ロックスイーパー」でランカーサイズを目指しましょう!

2019年08月14日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「エラディケーター ロックスイーパー」がモデルチェンジ!
  2. 「エラディケーター ロックスイーパー」とは
  3. 「エラディケーター ロックスイーパー」全5本をご紹介!
  4. 1.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSS-77MHF」
  5. 2.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-71EXH」
  6. 3.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-77ML-BF」
  7. 4.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-777H-ML」
  8. 5.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-80EXH」
  9. 「エラディケーター ロックスイーパー」を動画でチェック!
  10. 「エラディケーター ロックスイーパー」でハードに楽しもう!

「エラディケーター ロックスイーパー」がモデルチェンジ!

ロックスイーパーの新作モデルをご紹介!

ロックフィッシュゲーム専用ロッドの元祖!現在も愛用者の多いアブガルシア「ロックスイーパー」の2019年モデルをご紹介します。スピニング、ベイトフィネス、ボート向けにパワーゲーム向けとバラエティーに富んだラインナップ!本格派の1本をお探しの方は、是非チェックしてみてください!

「エラディケーター ロックスイーパー」とは

アブガルシアのロックフィッシュロッド

アイナメ

出典: https://www.photo-ac.com

「エラディケーター ロックスイーパー」は、アブガルシアのロックフィッシュ向けロッドシリーズです。初代「ロックスイーパー」はこのゲームの先駆け的な存在で、道具、メソッドとも十分ではなかった時代に先鋭的な専用ロッドとして展開され元祖ロックフィッシュロッド。必要な要素をガッチリ詰め込んだ強靱なブランクスで、現在も数多くのアングラーから愛されているシリーズです。記念ロッドも作成されてきたシリーズですが、今作はモデルチェンジを行った最新アイテム!新しい技術を惜しみなく投入した、新作のロッドになっています!

新しいブランクスをチェック!

2019年から展開から始まったアブガルシアの新技術「Triarchy Force製法」を解説している動画です。「エラディケーター ロックスイーパー」にも搭載されている技術で、従来のロッドよりも強く、ロッドデザインの自由度が非常に高い点が特徴です。ロックスイーパーはナノアロイテクノロジーを用いた55tのカーボンを採用!粘って高反発ながら軽く高感度と、相反するような特徴をバランスよくまとめた新時代の1本です!

「エラディケーター ロックスイーパー」全5本をご紹介!

全モデルをまとめてチェックしよう!

「エラディケーター ロックスイーパー」のラインナップは全5本!「Triarchy Force製法」の解説で語られていた自由度の高さを活かし、長さ違い、パワー違いだけでなく、性格の異なるモデルが複数揃っている点が大きな特徴です。初代80EXHを継承した剛竿もラインナップ!これから始める方はもちろん、旧作が好きだった方も是非チェックしてみてください!

1.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSS-77MHF」

幅を持たせたバーサタイルスピニング

シリーズ中唯一のスピニングモデル、ベイトでカバーできない範囲を1本でフォローすべくラインナップされたバーサタイルな1本です。スピニングタックルに求められるライトからミドルクラスのウェイトに幅広く対応しつつ、スイミングからボトムまでこなすシャープなアクションデザイン。シャロー攻略はもちろん、ライトリグも入れておきたい上級者の期待にバッチリ応えてくれるロッドです。

77MHFのスペックをチェック!

対応ルアーウェイトは7gから28gですが、公式ホームページの紹介では3gから20gがおすすめ、と紹介されており、若干ライトに寄せて遊べそうなスペックになっています。推奨ラインは0.8号から1.5号、リーダー20lbまでと磯以外でも活躍できそうなセッティング。自重115gと非常に軽いです!

77MHFはこんな釣りにおすすめ!

軽めのルアーで飛距離を出したい、というシチュエーションにはスピニングがおすすめ。小型のワームを入れたい、シャローをライトに釣りたいといったタイミングにおすすめのロッドです。「ロックスイーパー」シリーズの特徴であるパワーにもバッチリ配慮されているようなので、大型が潜むエリアでも遊びやすい!カバーの状況とラインの太さを天秤に掛けながら、スピニングの投入を検討してみましょう!

2.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-71EXH」

繊細さをプラスしたボートロッド

「71EXH」はボート向け、大型を獲れるパワーに繊細さをプラスしたデザインのロッドです。出番の多いボトム系の釣りを快適に楽しめる操作性を持ちながら、細糸使用時のファイトをサポートするカーブとパワーもプラス。公式ホームページではラインを細くすることで潮流や水深に対応できる1本、と紹介されています。強さだけではない、タックルセッティングの幅を広げてくれる1本です。

71EXHのスペックをチェック!

対応ルアーウェイトは10gから40gと幅が広く、年間を通して1本でボートゲームをやりきれるスペック。ラインは推奨ラインは1号から2号、EXH表記のファーストテーパーながら、曲がりもバッチリ楽しめそうです。ボート向けの専用ロッドは選択肢が少ないので、ハイグレードな1本をお探しの方は是非候補として検討してみてください!

71EXHはこんな釣りにおすすめ!

遠投、強引なやり取りができるパワーよりもボート上での操作性を重視したモデルなので、オフショアでのロックフィッシュゲームにおすすめ。遊魚船はもちろん、マイボートやレンタルボートの釣りでも活躍できるシチュエーションがありそうです。対応する船宿はそれほど多くありませんが、数、型とも期待ができるオフショアロックゲーム。「71EXH」で、新しいスタイルに挑戦してみましょう!

3.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-77ML-BF」

ベイトフィネスモデルもラインナップ!

近年流行中のライトスタイルに対応する、ベイトフィネス向けのモデルです。スペック的にはスピニングの「77MHF」に近い内容で、ベイトリールとライトスタイルを両立したい方におすすめ。シリーズ中最もライトなML表記ですが、1.2号程度まで扱えるロッドなので、フィネスなタイプだけでなくライトバーサタイルなリールまで考慮に入れて検討するのがおすすめです!

77ML-BFのスペックをチェック!

適合ルアーは3.5gから14gと港内でのライトゲームまで遊べるスペックながら、PE1.2号まで使える強めのガイドセッティング。フロロを使用する場合もある程度強めの構成で遊べそうです。シリーズ最軽量の自重109gで、ベイトフィネス機との相性もバッチリ!推奨リーダー7lbから14lbとなっているので、このクラスのラインをベースにセッティングを考えてみましょう!

77ML-BFはこんな釣りにおすすめ!

ハードなパワータックルはマッチしない、若干太めのラインが欲しいといったベイトフィネスらしい特性が活きるシチュエーションにおすすめ。港内、小磯の穴打ち、ライトなボートゲームにおすすめです。根掛かり回避能力を重視したロッドデザイン、と紹介されているので、起伏の激しいポイントをブラインドで攻めたい時にもおすすめ!手軽にエントリーできるポイントで遊んでいる方は、是非検討してみてください!

4.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-777H-ML」

対応力重視のテクニカルモデル!

長さ、対応リグウェイト、ロッドアクションを対応力重視で仕上げたテクニカルな1本です。ルアーアクションに幅を出したいシチュエーションはもちろん、1本で複数の釣り場、魚種を遊びきりたい方におすすめ。アクション重視のバーサタイルモデルといったコンセプトは、本格的にロックフィッシュゲームをやりこむためのスタートロッドとしても魅力十分。もちろん大型を獲れるパワーにもバッチリ配慮されています!

777H-MLのスペックをチェック!

対応リグウェイト7gから28g、ラインはMAXPE1.5号と出しどころの多いセッティング。バットはH、ティップはMLの構成で、タフなシチュエーションに強いスペックです。堤防から地磯まで、幅広く遊べる王道スペック!強さよりも扱いやすさ、出番の多さで選びたい方にピッタリのスペックになっています。

777H-MLはこんな釣りにおすすめ!

ボトムからスイミングまでこなせるファーストテーパー+MLティップの構成で、複数のルアーをローテーションしながら遊びたい方におすすめ。グッドサイズをメインに、大型ロックフィッシュまで目指せるパワーも持ち合わせています。複数の釣り場を回るスタイルには「777H-ML」!季節の進行に合わせてポイントを変えながら、複数の魚種を狙っている方にピッタリの1本です!

5.「エラディケーター ロックスイーパー:ERSC-80EXH」

初代80EXHの復刻版モデル

シリーズ内で最も強い、レギュラーファーストテーパーのEXHモデルです。強引なやり取りが必要なカバー周り、大型ロックフィッシュの攻略をメインに活躍するハイパワーモデル。ロックフィッシュゲームらしい、力強さが楽しめる1本です。大型狙いの1本なら「80EXH」で決まり!パワータックルを準備して、ランカーサイズを目指しましょう!

80EXHのスペックをチェック!

ルアーウェイトMAX40g、メインラインはPE2号、リーダーは30lbまで対応と沖磯でも十分なパワースペック。レギュラーに近いややスローなテーパーである点も合わせて、重いリグを投げやすい、大型ロックフィッシュとのファイトを受け止めてくれるようなスペックになっています。ヘビーなリグ、大型ロックフィッシュ向けのパワフルなセッティングです!

80EXHはこんな釣りにおすすめ!

強引なファイトが必要になる起伏が激しいエリアの釣り、海藻が多い釣り場におすすめ。エリアを問わず、ランカーにこだわって楽しんでいる方におすすめの1本です。非常にパワフルなモデルなので、大型のヒット率が高いエリア、釣り方にこだわって遊んでみましょう!

「エラディケーター ロックスイーパー」を動画でチェック!

「エラディケーター ロックスイーパー」の動画を2本ご紹介!

「エラディケーター ロックスイーパー」関連の動画を2本ご紹介。製品の特性解説、実釣動画の2つをチェックしてみましょう!ヘビーモデル「80EXH」で大型のベッコウゾイをゲットする、実釣動画は必見です!

①アブガルシアの解説動画をチェック!

開発に携わっているハンター塩津の解説動画です。動画には他モデルの紹介も含まれていますが、「エラディケーター ロックスイーパー」の解説は動画序盤からスタートします。セールスポイントは何といっても生まれ変わった新ブランクス。ガイドセッティング、カーブと復元力、感度と全てがパワーアップ!リグを跳ねさせて根掛かりを防ぐ、こだわりのティップデザインに注目です!

②実釣動画をチェック!

こちらの動画もハンター塩津氏が登場、新作の80EXHを使った磯のロックフィッシュゲーム動画です。手前に海藻が寄るハードなポイントながら、50UPのベッコウゾイが登場。80EXHの強さもチェックできます。動画後半ではモデルの紹介も行われているので、そちらも要チェックです!

「エラディケーター ロックスイーパー」でハードに楽しもう!

王道ロックフィッシュロッドで快適釣行!

スピニングからベイトフィネスまで、ボトム系リグにスイミング系リグとロックフィッシュゲームに必要なアイテムが綺麗にそろった新「エラディケーター ロックスイーパー」。入門にはちょっと高めのアイテムですが、やりこむための1本としては非常に魅力的なシリーズです。サイズアップを目指す方は要チェック!「エラディケーター ロックスイーパー」で、パワーゲームを満喫しましょう!

アブガルシアが気になる方はこちらもチェック!

アブガルシアが気になる方は、下記のリンクをチェック!日本での展開が正式にスタートしたバークレイ「マックスセント」、「エラディケーター ロックスイーパー」との相性もバッチリのベイトリール「19 レボロケット」、「19 レボビースト」のインプレまとめをご紹介します。「マックスセント」はバス向けながら、ロックフィッシュゲームの各リグに適合。ご紹介した実釣動画内で使われているアイテムも登場します。道具をまとめて揃えたい方は、是非チェックしてみてください!

Thumbバークレイ「マックスセント」!キムケン一押しのストロングワームが日本上陸! | 暮らし~の[クラシーノ]
マックスセントシリーズが日本上陸!2018年限定版からラインナップを拡大して、全9アイテムの...
Thumbアブガルシア「19 レボロケット」インプレまとめ!新作超ハイギア機の巻き心地は? | 暮らし~の[クラシーノ]
「19 レボロケット」のインプレまとめ!アブガルシアの2019年新作ベイトリール、「19 レ...
Thumbアブガルシア「19 レボビースト」インプレまとめ!堅牢ボディで剛性感抜群! | 暮らし~の[クラシーノ]
「19 レボビースト」のインプレまとめ!高剛性ロープロタイプながら、手ごろな価格で注目を集め...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ