腐葉土の作り方とは?簡単に手作りできる落ち葉を使った方法などをご紹介!のイメージ

腐葉土の作り方とは?簡単に手作りできる落ち葉を使った方法などをご紹介!

腐葉土の作り方をご存知でしょうか?畑作りやガーデニングによく使われている腐葉土ですが、購入して使っている方が多いですよね。でも実は腐葉土の作り方は難しくないので誰でもチャレンジすることが出来るんです。今回はそんな腐葉土の作り方についてまとめます!

2018年06月02日更新

T・S
T・S
元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 腐葉土の作り方は?
  2. 腐葉土と堆肥の違い
  3. 腐葉土の良し悪しは?
  4. 腐葉土の作り方①枯れ葉・落ち葉を集める
  5. 腐葉土の作り方②容器を用意する
  6. 腐葉土の作り方③発酵を促すものを投入
  7. 腐葉土の作り方④発酵中の管理
  8. 腐葉土の作り方⑤完成の見極め
  9. 腐葉土の作り方⑥庭がある場合は簡単
  10. 腐葉土の使い方
  11. 腐葉土は販売されている
  12. 堆肥の作り方①原材料
  13. 堆肥の作り方②発酵作業
  14. 腐葉土の作り方に関してのTwitter
  15. まとめ~腐葉土の作り方~

腐葉土の作り方は?

畑・ガーデニングに欠かせない腐葉土

mwmwzzzzさんの投稿
29090730 186894382087723 427914790065668096 n

腐葉土とは、その名前の通り葉が発酵・腐敗して出来た土のことです。園芸用腐葉土はホームセンターなどに行くとよく販売されていますよね。園芸用腐葉土は畑作りやガーデニングによく使われており、すくすくと植物を成長させるのに欠かせないものです。少量であればそんなに大した金額ではありませんが、大量に使う場合はいくつも園芸用腐葉土を買うことになりますので、お財布を圧迫することもあります。

腐葉土は作れる!

zomotsさんの投稿
29418180 595503604130874 8465581115388723200 n

そんな腐葉土ですが、実は腐葉土は誰でも作ることが出来ます。手作りの園芸用腐葉土となれば、最初は作り方も分からずとまどいながら作ることになりますが、慣れてくればとても簡単。今回はそんな腐葉土の作り方から、腐葉土と堆肥の違い、腐葉土の効果などについてもまとめましたので、是非参考にチャレンジしてみて下さい。手作り腐葉土を使うとガーデニングなどもより楽しくなりますよ!

腐葉土と堆肥の違い

腐葉土と堆肥は原材料に違いがある

remio_123さんの投稿
29088926 235889130290619 2863475376510730240 n

まず、よく誤解・勘違いされがちな「腐葉土と堆肥の違い」についてです。腐葉土も堆肥もガーデニングなどによく使われていますが、原材料が違います。腐葉土は主に広葉樹の落ち葉が積み重なって発酵して出来た土のことですが、堆肥は落ち葉などに加え、その他の有機物も混ざって出来た土のことです。落ち葉だけで出来ているのか、それ以外のものも混ざっているのかの違いがありますね。

腐葉土と堆肥、どっちがいいの?

kousoyoku_enさんの投稿
29417749 218393242244878 2290378773306015744 n

腐葉土と堆肥の違いが分かったところで、「腐葉土と堆肥はどっちが効果が高いの?」と思いますよね。これはどっちが良い悪いということではなく、使い方や期待する効果で違ってきます。腐葉土は保水性や排水性・保肥性などを増すために混ぜて使われますが、堆肥はその効果に加えて微生物の数を増やしたりする効果があります。また、堆肥には腐葉土よりも栄養がありますね。栄養を加えることなく、保水性などだけを高めたい場合には腐葉土を使うのが一般的です。

腐葉土の良し悪しは?

良い腐葉土は大地の香り

takehiro_doiさんの投稿
29402144 195450141060116 4180813383169212416 n

良い腐葉土の判断基準として、臭いがあります。後述しますが、販売されている腐葉土にも粗悪なものがありますので、臭いで判断するのはとても大切。良い腐葉土はしっかり発酵・熟成されているため、嫌な臭いがせず、大地の良い香りがします。逆に、しっかりと発酵されていない腐葉土はすっぱかったり、嫌な臭いがします。販売されているものでもそういったものがありますので、臭いの違いを嗅ぎ分けましょう。

落ち葉の形が残っている?

asano0307さんの投稿
29094317 1339542459478729 7204309951114641408 n

腐葉土の良し悪しの判断基準としてもう一つあるのが、葉の形・崩れ具合です。しっかり発酵された腐葉土は分解が進んでいるので、落ち葉の形がしっかり崩れています。ですので、見た目が土のように変わっていくのですね。逆に、発酵が不完全な腐葉土は枯れ葉の形がかなり残っていたり、また黒ずんだ葉が沢山あります。この二つの判断基準で腐葉土の良し悪しを見てみましょう。

腐葉土の作り方①枯れ葉・落ち葉を集める

腐葉土に向いている葉は?

ponchon967さんの投稿
15623707 1283714868354245 6803387896632967168 n

園芸用腐葉土を作ってみたいと思ったら、まずは枯れ葉・落ち葉を集めるところからです。腐葉土は基本的に広葉樹の枯れ葉を使いますので、クヌギやナラ、ケヤキやポプラなどの葉を集めましょう。公園などでも沢山拾うことが出来ますので、出来るだけいっぱいとってきます。広葉樹の葉は腐敗が進みやすいので、お近くに広葉樹が沢山ある方はラッキーですね!

腐葉土に向いていない葉は?

umemomo_japanさんの投稿
29415601 568295710216298 2814696071425425408 n

腐葉土に向いていない葉は、主に針葉樹です。針葉樹の葉は広葉樹の葉と違いがあり、腐敗が進みにくいのであまりおすすめではありません。水分が多い・腐りにくい葉も作りにくいですね。サクラやヒノキ・スギ・マツ・イチョウなどの葉は腐りにくいので、最初は作りやすい葉から園芸用腐葉土作りを始めていきましょう。腐葉土作りになれてくると、枯れ葉集めがとても楽しくなってきますよ。

腐葉土の作り方②容器を用意する

堆肥枠を使う

出典: https://item.rakuten.co.jp

腐葉土を発酵させる為の容器を用意しましょう。ホームセンターやネットショップなどで、上記のような堆肥枠が販売されています。堆肥枠ではなくても、コンポストや何か別の容器でも構いません。ふたも必要になりますので、ふたも合わせて用意しましょう。大きな堆肥枠は結構値段が高いので、お財布と相談しながらどんな容器にするかを考えたいですね。容器さえ用意してしまえば、あとは簡単です。

落ち葉の入れられる容器なら何でもOK

zomotsさんの投稿
29418180 595503604130874 8465581115388723200 n

値段の高い堆肥枠やコンポストなどを用意しなくても腐葉土を作ることは出来ます。要は葉がちゃんと腐敗していくための入れ物になってくれればいいだけですので、木の枠をDIYで作ったりしてもいいのです。枯れ葉を沢山集めても、腐葉土となった後はかなり容積が小さくなってしまいますので、沢山作りたい方は大きい枠を作ると良いですね。

腐葉土の作り方③発酵を促すものを投入

ミミズ・米ぬかを入れる

出典: https://item.rakuten.co.jp

容器に枯葉を入れたら、発酵・熟成を進めてくれるミミズをいれましょう。ご存知の方も多いと思いますが、ミミズは良い土を作ってくれる強い味方です。ミミズはネットショップでも販売していますので、ミミズが近くにいない方は購入しましょう。ミミズの代わりに米ぬかを入れても発酵・熟成します。米ぬかを使う場合は、腐葉土と米ぬかを順番に堆積させましょう。

ピートモスを入れる

出典: https://item.rakuten.co.jp

腐葉土とミミズが入った容器の中に、ピートモスやおが屑などを入れると発酵・熟成が早くなります。ピートモスとは、主にコケ類を原料とした、植物を細かく砕いて乾燥させた土のこと。水分の吸収力が高く、10~30倍もの保水性を持っています。このピートモスなどを入れることにより発酵・熟成が早くなりますので入れることをおすすめします。

腐葉土の作り方④発酵中の管理

週に一回は混ぜる

polaris.hayaさんの投稿
27877724 146483179356593 5544260122903052288 n

枯れ葉やミミズ、ピートモスなどをいれたら、あとは発酵・熟成していくのを待つだけです。ですが、ただ放っておくのではなく、効率よく発酵・熟成させる為に管理をしましょう。週に一回、または二週間に一回くらいのペースで中身をかき混ぜることで、腐葉土の中に新鮮な空気が入り、状態が良くなります。ただ放っておくスタイルの方もいますが、混ぜてあげた方が上手くいきますのでおすすめです。

水を足す

zmn791さんの投稿
27575233 148522979196609 2796032364055101440 n

腐葉土になる過程では発熱が起こります。これは発酵・熟成することにより熱が出てくるのですが、熱が出ることにより水分が抜けて乾燥してしまいます。ですので、定期的に土を混ぜるなど管理をする際に、水分が抜けていると感じたら水を入れましょう。湿り気を常にキープすることで発酵・熟成がスムーズに進んでいきます。もちろん、乾燥していなければそのままで構いません。

腐葉土の作り方⑤完成の見極め

完成までは二か月~

定期的に管理をしたら、あとは完成を待つだけです。腐葉土が完成するまでの期間は早くて二か月、色々重なって遅くなると一年間ほどかかることもあります。投入したミミズや米ぬか、また枯れ葉の種類、管理などによって変わってくる部分ですね。どれくらいで完成するかは技量により差が出てきますので、経験を重ねて腐葉土作りマスターになりましょう!

葉の具合で判断

inafukunouenさんの投稿
27878393 223594998214273 4099429370727235584 n

「ある程度の期間が経ったけど、完成しているのかが分からない」と思った時は、先述した「良い腐葉土の条件」を確認しましょう。良い腐葉土は臭いが良く、かつ葉が崩れており、しっかりと土の状態になっています。まだ変な臭いがする、または葉の形がしっかりと残っており、ただの腐った葉のようになっているなら、まだ発酵・熟成させる必要がありますね。

腐葉土の作り方⑥庭がある場合は簡単

庭に穴を掘って落ち葉を入れる

naoko_bearさんの投稿
29715641 357585238067446 4199371172351049728 n

容器に枯れ葉を入れて作る方法を書かせて頂きましたが、家にお庭がある場合はとても簡単に腐葉土を作ることが出来ます。まず、お庭の空いているスペースにある程度大きな穴を掘って、腐葉土作りに向いている枯れ葉を入れていきましょう。この際、枯葉の間に米ぬかの層を作るのがおすすめです。ミミズなどを入れなくても作ることが出来ますので、米ぬかを用意しましょう。

土をかけてシートで覆う

momotarofarmさんの投稿
28750930 1622059624508025 8663117639268171776 n

大きな穴に枯葉と米ぬかを入れたら、ビニールシートや画像のようなブルーシート類をかけて雨よけをします。そしてこのまま放置しておくだけで発酵・熟成が進み、園芸用腐葉土が完成します。お庭がある場合はとっても簡単なので、是非チャレンジしてみて下さいね。米ぬかがなくても作ることが出来ますが、米ぬかを入れた方が早く完成しますのでおすすめです。

腐葉土の使い方

使い方①用土に混ぜて使う

ravi_no_omiseさんの投稿
28752659 908976089263384 6937019215568175104 n

簡単な腐葉土の手作り方法を紹介させて頂きましたが、使い方があまり分からないという方もいるのではないでしょうか。腐葉土の使い方は基本的には園芸用、または畑に撒く用に作られており、先述した「保水性・排水性・保肥性」を上げる為に用土に混ぜて使います。作ろうとしている植物・野菜によってどれくらい腐葉土を混ぜれば効果的なのかは変わってきますので、作りたいものに合わせて混ぜる量を変えましょう。

使い方②表面に敷いてマルチに

shima.sa.toさんの投稿
25039108 314045099113979 4102150305523695616 n

腐葉土の使い方は土に混ぜるだけではなく、植物周り・土の表面にかけて使う使い方も効果的です。この使い方の目的は土の保温、つまり防寒対策ですね。防寒対策によく使われるのが、畑でよく見かける穴の空いた黒いマルチシートですが、土を覆えば防寒効果は生まれますので、腐葉土でも防寒することが出来るのです。それに加えて、嫌な病原菌が増えるのを防いでくれる効果も期待出来ます。

腐葉土は販売されている

粗悪品もあるけど販売されている

suzuki_sibyouさんの投稿
29715810 447286679038565 7631890408041086976 n

園芸用腐葉土の簡単な作り方を紹介させて頂きましたが、説明を見てあまり作りたくないと思われた方、作れないと思われた方は、ホームセンターなどで購入するのがおすすめです。ただし、少し先述しましたが粗悪品も混じっていることがあります。販売されている腐葉土をよく見て、葉が大きく残っていないか、臭いがおかしくないかなどしっかりチェックしましょう。使い方や効果の違いなどはありませんので、お手軽さを求める方は購入した方が手間がかかりませんね。

カブトムシ腐葉土と間違えないように

tomifukuenさんの投稿
28435373 956413431194529 2673088242307301376 n

腐葉土と言えばカブトムシにもよく使われていますよね。ホームセンターにはカブトムシの幼虫専用の腐葉土も販売されています。その際はパッケージに書かれていますので、念のためにチェックしておきましょう。逆に、園芸用の腐葉土をカブトムシに使うことも危険な場合があります。園芸用腐葉土には殺虫剤が混ざっていることがありますので、カブトムシの幼虫が死んでしまうかもしれません。

堆肥の作り方①原材料

堆肥に出来る、向いているもの

yaoya_maeshikaさんの投稿
29716963 214751899275509 5159637619633553408 n

今回は手作り腐葉土の簡単な作り方を書かせて頂きましたが、合わせて堆肥の作り方も見ていきましょう。堆肥の作り方も基本的には同じですので、腐葉土作りに慣れた方なら簡単に作ることが出来ます。腐葉土は枯れ葉だけを使いましたが、堆肥は枯れ葉や、乾燥した雑草や芝、野菜、卵の殻、魚の骨、コーヒーカスなども入れて作ります。家庭で出る生ゴミをごちゃまぜにして堆肥にするイメージですね。

堆肥に出来ない、向いていないもの

ohisamasenseiさんの投稿
30087941 2116374838595950 7464326210357559296 n

家庭で出る生ゴミを堆肥に出来るのが堆肥の大きなメリットですが、堆肥作りに向かないものもあります。例えばお肉や動物系の骨、あさりなどの貝殻類、調理済みの食品などがそれにあたります。お肉も堆肥に出来たら嬉しいのですが、向かないのでやめておきましょう。また、調理された食品も向きませんので入れないようにしましょう。

堆肥の作り方②発酵作業

堆肥枠やコンポスターで

hayase550726さんの投稿
29095625 1019258061563302 8013035469564542976 n

まずは枯葉のように枠を用意します。そこに落ち葉などの堆肥作りに使える原材料をいれていきましょう。先述しましたが、堆肥枠は購入すると結構な金額になることもしばしばですので、DIYで作ってしまうのがおすすめです。枠の中に落ち葉などの原材料を入れたら、ミミズなどを投入してブルーシートをかけておけば数か月で堆肥が出来上がります。

生ゴミ処理機で

yoursnishiyamaさんの投稿
29401057 842068019312263 1045561581498269696 n

現代らしい生ゴミ処理機での堆肥作りもおすすめです。生ゴミ処理機を使えば特に細かく管理する必要がなくなりますので、手間を省きたい方にはとても良いですね。本体価格と電気代がかかるというデメリットがありますが、お手軽に堆肥を作りたい方におすすめです。

ペットボトルで

chikayo.sdrさんの投稿
29716476 233002010584097 1177074021267668992 n

大きな枠を作るほどの堆肥を作りたい訳ではない方におすすめなのが、ペットボトルを使ったやり方です。2リットルペットボトルを用意して、底から三分の一くらいでカットしましょう。切り取ったペットボトルの底部分に、キャップのついた上部部分を、キャップを外してから下を向くように立てて入れて、その中に腐葉土を敷き、堆肥の原材料を入れていきます。あとはガーゼなどで蓋をし、ときどき混ぜることで発酵・熟成が進んでいきます。お手軽でおすすめですよ。

腐葉土の作り方に関してのTwitter

腐葉土の作り方を覚えるとハマる!

こちらのツイートでは、、腐葉土作りをとても楽しんでいる様子が書かれています。手作り腐葉土を作るなんて、とても趣きがありますよね。手作り腐葉土作りの醍醐味である落ち葉集めも、やってみるととても楽しいもの。是非チャレンジしてみて下さい。

それなら買った方が

園芸用に手作り腐葉土を作る方法を紹介させて頂きましたが、手作りだから効果があるという訳ではありません。ツイートの方は手作り堆肥を作っていますが、この場合だと確かに購入した方が良さそうですよね。使い方なども考えて、手作りするかどうかを考えてみましょう!

まとめ~腐葉土の作り方~

usacchi729さんの投稿
26151151 928923367264258 8944265034528194560 n

今回の「腐葉土の作り方とは?簡単に手作りできる落ち葉を使った方法などをご紹介!」はいかがでしたでしょうか? 腐葉土を手作りするなんて大変そうに思う方も多いかもしれませんが、実は結構簡単に作れるんですね。腐葉土は使い方が広くて効果も高いので、是非チャレンジしてみて下さい。慣れればどんどん上手になり、コツが掴めてきますよ!堆肥との違いも解説させて頂きましたが、腐葉土作りが出来れば堆肥作りも出来ますので、合わせてチャレンジしてみて下さい。

ガーデニングが気になる方はこちらもチェック!

今回は腐葉土の作り方についてまとめさせて頂きましたが、当サイト「暮らし~の」には他にも沢山のガーデニングに関する記事があります。下記に一部を用意させて頂きましたので、気になる方は是非見てみて下さい。

Thumb自宅でできる「炭」の作り方とは?手軽な材料と簡単なやり方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
炭は作り方の原理を知れば自宅で作ることができます。必要な材料も比較的手に入りやすいものが多い...
Thumbナツメグの健康に嬉しい4つの効果・効能とは?過剰摂取には注意しよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
ナツメグにはさまざまな健康効果があります。しかし、その反面で過剰摂取によってさまざまな症状を...
Thumb芝生に生える雑草の種類と駆除・対策方法!上手な手入れでもう生えない? | 暮らし~の[クラシーノ]
芝生に生える雑草の種類と対策の記事です。全く雑草の生えない庭にするのは難しいですが、手入れを...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ