キャンプや登山におすすめ!MSRのおすすめテント11選!気になる口コミもご紹介!のイメージ

キャンプや登山におすすめ!MSRのおすすめテント11選!気になる口コミもご紹介!

登山向けのテントとしてもキャンプツーリング向けのテントとしても人気があるMSRからおすすめのテントを11種類紹介します。MSRのテントはそれぞれ特徴的な構造をしているので、使用目的やキャンプをする時期などを考えて選んでくださいね。

2020年03月18日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. MSRのテントとは
  2. テントの選び方1
  3. テントの選び方2
  4. MSRおすすめテント1
  5. MSRおすすめテント2
  6. MSRおすすめテント3
  7. MSRおすすめテント4
  8. MSRおすすめテント5
  9. MSRおすすめテント6
  10. MSRおすすめテント7
  11. MSRおすすめテント8
  12. MSRおすすめテント9
  13. MSRおすすめテント10
  14. MSRおすすめテント11
  15. MSRのテントのまとめ

MSRのテントとは

キャンプでも使える評判のいいテント

Photo by funpy

MSRとはアメリカに本社がある登山向けのアイテムを製造販売している人気ブランドです。山岳テントとも呼ばれる登山向けのテントは一般的なキャンプ用のテントと比較すると快適さは下がります。しかしMSRのテントは、キャンプでも使いやすい作りになっていますよ。例えばただのドームテントではなく短いフレームを追加して見た目以上にゆったり使えたり、フライシートとインナーの間に荷物置きとなる前室が確保されています。

ライトで持ち運びやすい

Photo by Tim Gage

登山向けのテントをキャンプで使うメリットは持ち運びやすさと、丈夫さとなります。収納サイズが小さかったり、フライシート、フレームが別々に収納できるテントなどがあります。また山岳という風の強い場所でも使われるテントなので丈夫にできていますよ。MSRは金属でも繊維強化プラスチックでもない第三のフレームを使っていて金属のように頑丈で反発力のある独自素材を採用しています。それによりシンプルな構造でも丈夫です。

テントの選び方1

サイズで選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp

MSRのテントの特徴としては同じ製品でもソロ用の小型のものから4人まで使えるやや大きなものまで揃っています。使用人数に合わせて選びましょう。基本的な作りは同じですが、ハバシリーズは使用人数(サイズ)で製品名が異なり、少し分かりにくいですが大きな違いはありません。ソロでも二人用を使ったほうがゆったり使えるのは同じです。また高さにも注目してくださいね。MSRは登山用テントが多く、低いテントが多いです。

使用目的で選ぶ

Photo byStockSnap

従来は登山向けのテントしかありませんでしたが、2020年の新作にはキャンプでより使いやすいファミリー向けのテントもあります。キャンプでしか使わないならファミリー向けのテントのほうが使いやすいでしょう。新作のファミリーテントは高さもあり、中で立って着替えもできますよ。逆に登山でも活用したいという場合はハバシリーズなど従来からあるライトなテントを選んだほうがいいでしょう。使用目的に合わせて検討してくださいね。

テントの選び方2

前室の広さ(機能)で選ぶ

Photo byyongxinz

テントには荷物置き場として利用できる前室があります。前室はフライシートとインナーの間にできるスペースなので製品によって広さが異なります。前室を重視する方は広いものを選ぶようにしましょう。持ち運びやすさを重視する方は狭いほうがライトになります。基本的に荷物が多くなりやすいキャンプだと前室が広いほうがいいですが、車の中にギアを収納したりタープの下に入れたりと前室が小さくても工夫すると大丈夫です。

寒さに強いかで選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp

MSRには3シーズン向け、冬、雪上でも使える4シーズン向けに分かれています。寒い時期に使うなら、寒さに強いテントを選んでください。3シーズン向けテントは、インナーの一部がメッシュになっているので寒いですよ。寒い日でもコンパクトなテントが多いのでストーブの導入は難しいです。買う時に寒い時期に使うなら4シーズンと決めておき、機能にあった使い方をしましょう。寒いときは大きなシェルターの中に設営するといいですよ。

MSRおすすめテント1

エリクサー2

【国内正規品】 エムエスアール テント エリクサー2 テント 2人用 MSR ELIXIR 2 2018 37411
楽天で詳細を見る

MSRのキャンプでも登山でも使いやすいベストセラーのテントの1つがエリクサー2です。2人用なので、エリクサー2となっていて、ソロでゆったり使える1.27×2.13mのインナーサイズとなっています。ポールをクロスするだけのドーム型ではなく天井部分に短いポールを使っているのでエリクサー2は前室も広く奥行きは約70cmもありますよ。出入り口は前後にあり後ろにも同サイズの前室があるので非常に広く活用できます。

丈夫

エリクサー2はMSRのテントの中でも丈夫な種類になります。例えば生地が他のテントよりも厚かったり、耐水圧が1500mmと他のテント比べると少し高めになっていますよ。MSRのテントで迷ったらエリクサー2はおすすめです。エリクサー2にはグランドシート(フットプリント)も付属していてコスパも評価が高いです。

口コミ・評判

出典: https://www.amazon.co.jp

エリクサー2のような3シーズンはメッシュになっているので寒いという声がありますが、季節や場所を選ぶと大丈夫です。それ以上に設営のしやすさが高く評価されていて評判のいいテントですよ。

ここ最近の酷暑でキャンプ地も日中は涼しくありません。素早く設営する事が1日の寿命を伸ばします。そんなこの子は、なんと軽量で簡単な設営なんでしょう!
個人的には最短記録の設営時間。(ワンタッチテントは除きますが)
軽いわ組み立てやすいわでタイトル通り、汗をかく暇無いくらい。
勿論撤収もです。

MSRおすすめテント2

ゾイック2

エムエスアール ゾイック2 37002 (MSR)
楽天で詳細を見る

エリクサー2と同じような3シーズン向けのテントです。エリクサー2と同じように、使用人数が2人なのでゾイック2です。インナーサイズは1.37×2.23mと少し広めです。前後に出入り口がるのも同じですが、エリクサー2との大きな違いはインナーがほぼメッシュになっていて非常にライトなギアとなっています。ウルトラライトギアのようにバックパックに入れて持ち運べる約2.2kgです。

フライシートには新しい撥水加工

出典: https://www.amazon.co.jp

フライシートに使われている撥水加工は新しい方法が採用されていて、従来の撥水加工よりも長持ちしますよ。縫い目からの雨漏りを防ぐシームテープを使わなくても染み込まない緻密な裁縫になっていて、テントの軽量化に貢献しています。またシームテープがなくても水が染み込まない精密な縫い方です。

口コミ・評判

エリクサー2と比べると非常に軽いです。軽くて、同社の人気テントハバシリーズと比べても広くて使いやすいと評価されています。ライトな軽いギアがほしいという方におすすめのテントです。注意点としてはエリクサー以外のテントはグランドシートが別売りになっている点です。

・サブポールのお陰で中は広い
・インナーはメッシュのため3シーズン用
・ハバNXより広い
・前室が広いため荷物が結構置ける
・設営は簡単

MSRおすすめテント3

ハバ NX

エムエスアール ハバ NX MSR Hubba NX テント 1人用 3シーズン <2020 春夏>
楽天で詳細を見る

MSRといえば、ハバシリーズと言われているような同社の代表的なテントでロングセラーの製品です。ハバNXはソロ用で2019~2020年に仕様がアップグレードされて、ポールがMSR独自素材のサイクロンポールになり風に強く、フレームが曲がりにくくなっていますよ。フライシートも新しい撥水加工に切り替わっていて従来のハバシリーズよりも3倍長持ちし、独特な形状をしていますが設営も簡単ですよ。

ソロ用でも広い前室

出典: https://www.amazon.co.jp

一般的なキャンプ用のテントと比べると少し特殊な作りになっていて、天井部分にポールがあるため広い作りになっていますよ。ハバNXだけではなく他のテントでもMSRは同様の構造をしています。またハバNXはソロ用ですが前室が広く最大で高さが90cm、奥行き70cmもあるので大型のバックパックもおけますよ。フライシートの色は一色だけです。

口コミ・評判

3シーズン向けということでフライシートにスカートはなく、インナーはメッシュになっています。その分ライトで使い勝手がいいと評価されていますよ。形状が独特ですが、設営がしやすいにように工夫されていて、扱いやすことから高く評価さているソロ用テントです。冬に使うには寒いですが、雪の中でもつ使えるという口コミもあります。

小さい、軽い、強い 設営にも時間を取らない
でも高い いや だから高いのかなー
バイクのサイドバッグに入っちまう
ちきしょー 品質も使い勝手も良いじゃねえか

MSRおすすめテント4

ハバハバ NX

エムエスアール MSR ハバハバ NX [2019年アップデート版]
楽天で詳細を見る

ハバNXの基本的な作りをそのままにインナーを広くしたソロ~2人用のモデルです。前述したように名前が変わるだけでサイズ以外に大きな仕様変更はありません。ハバNXと同様に2019年に仕様変更され、同社独自素材のサイクロンポールが使われフライシートには経年劣化しにくい新しい防水加工が施されています。使用人数がソロからソロ~2人用になったことで出入り口、前室が2箇所になっていますよ。

バランスのとれたテント

出典: https://www.amazon.co.jp

ウルトラライトというほど軽いというわけではありませんが、登山でも使われるライトなテントです。ソロキャンプで使うには広さもあり使いやすいと高く評価されていますよ。重さは2人ようでも1.7kgとなります。ハバシリーズは耐水圧が1200mmと少し低いのでタープを使うなど工夫して使うといいでしょう。

口コミ・評判

非常に人気のあるモデルがソロ~2人用のハバハバです。日本だけではなく世界でも高く評価されていますよ。登山からキャンプまで使えて、フライシートの防水加工は耐久性が増していて使い勝手が抜群にいいです。メッシュを使っているのは同じで冬に使うと寒いので注意してくださいね。

軽く収納時はコンパクト、張るのも簡単です。登山用に買いましたが、普通のキャンプでもいい感じです。
ほとんどタープの下にいるのでテントは小さくても問題ないです。

MSRおすすめテント5

フリーライト2

エムエスアール フリーライト2 MSR FREELITE2 テント キャンプ 軽量 37009<2020 春夏>
楽天で詳細を見る

ペグで固定しなくても設営できる自立する自立型でなおかつ、フライシートの付いているダブルウォールテントの中では最も軽いテントです。2人用で約1.3kgと非常に軽いですが、使い勝手は他のテントと同じです。特別にインナーが狭かったりフライシートが小さいハーフフライというわけではありません。インナーの大きさは1.27×2.13mあり、前室の奥行きは70cm以上、出入り口も2箇所と快適な作りのままです。

使う場所・季節に注意

出典: https://www.amazon.co.jp

フリーライトシリーズのインナーはメッシュを部分が多いので標高の高い場所や冬に使うと寒いでしょう。使うシリーズや場所を考えて使うようにしてくださいね。それ以外では素材がアップグレードされたこともあり非常に使いやすく評判のいいテントです。

口コミ・評判

前述したように非常に軽い分、フリーライトはメッシュになっているので冬に使うと寒いという声も多いので注意してくださいね。3シーズン向けではありますが、早春と晩秋には使いにくいという評価が多いです。

MSRおすすめテント6

カーボンリフレックス2

エムエスアール カーボンリフレックス 2 2人用 <2020 春夏>
楽天で詳細を見る

MSRらしさが光るテントの1つです。軽量かつ強度のあるカーボン(炭素繊維)をポールにしている非常に軽いテントでウルトラライトと呼べるギアとなるでしょう。重さは1kg未満となります。先程紹介したフリーライトと比べるとペグで固定しないと設営できない非自立型となります。通常のキャンプではあまり気にすることはありませんが、登山などでは岩場でペグが打てないという場合に設営しにくいテントとなります。

驚異の軽さ

高さが少し低くなっていますが、横幅や奥行きは他のテントと同じ1.27×2.13mです。前室の奥行きは60cmと少しだけ短いです。2人用なので出入り口は2箇所、前室も2箇所と大きな仕様変更はなく、他のテントと同じように快適に使えますよ。総重量で1kg未満ということで非常に軽い分、メッシュ部分も多く、冬に使うと寒いです。

口コミ・評判

軽さがセールスポイントのテントなので軽さに関する口コミがります。2人用のテント、フライシートがあるダブルウォールテントで1kg未満という部分が高く評価されていますよ。

MSRおすすめテント7

ハバ ツアー2

MSR ハバツアー2 MSR37420 テント HUBBA TOUR 2
楽天で詳細を見る

MSRのテントの中では前室が最も広い構造になっているのがハバシリーズです。高さはありませんがツールームテントのような使い方も可能ですよ。自己責任のもとで天気が悪いときは前室部分で簡単な料理も可能です。ソロから2人用のテントですがインナーサイズは1.32×2.23mと他のテントと比べると少しゆったりめに作られていて前室の広さは2.32m²になり奥行きは最大で1.47mにもなりますよ。

自転車も収納できる広さ

出典: https://www.amazon.co.jp

インナーを装着している状態でも自転車が収納できる広さがあります。また吊り下げ式のインナーなのでインナーだけ取り外すと広いシェルターとしても使えますよ。フライシートの外にポールがくる構造なので雨の日の設営も簡単です。広い前室があるので登山よりキャンプに向きますよ。

口コミ・評判

非常に広い荷物置き場があるためバイクツーリングの方に高く評価されているテントです。バイクだけではなく収納サイズが48×17cm、重さが2.4kgと自転車でのキャンプでも使えるといわれていますよ。

バイクツーリングで使用しています。巨大な前室なのにこの軽さ、デザインの素晴らしさは他のテントには無い魅力があります。台風の豪風と大雨にも使用しましたがビクともしませんでした。

MSRおすすめテント8

リモート2

MSR Remote 2 [リモート2][テント][2人用][山岳テント]
楽天で詳細を見る

冬でも寒くない4シーズン向けのテントです。前述してきた3シーズン向けと比べると、インナーのメッシュになる部分が出入り口部分だけとなり、冬の寒い風も中に入ってこない作りになっています。ロープを取り付けるループがたくさんありますが、通常のキャンプなら全てのループを使わなくても、ポールの交差箇所がおおいので風に強く丈夫です。冬にも対応しているということで入口部分はフライシートにスカートが付いていますよ。

前室が広い

たんなる4シーズン用のテントではなく、他社のキャンプ用テントと同じ作りになっていて、前室用にサブポールを使う構造です。そのため正面にある前室は広く奥行きは最大で約1mにもなりますよ。後ろにも少し小さいですが前室があり2人分の荷物もきちんと片付けられる仕様です。

MSRおすすめテント9

アクセス2

出典: https://www.amazon.co.jp

MSRの4シーズン用テントですが、リモートと比べると軽量化されている違いがあります。軽くても冬でも使えるようにメッシュ部分は少なく重さは1.8kgとなります。他のテントも同じですが、アクセス1よりも2がおすすめなのは出入り口が2つあり、前後に荷物置き場となる前室があり便利です。ソロ用だと出入り口が1箇所になり荷物を前室に置くと出入りしにくくなります。前室の奥行きは他のテント同じで70cm以上と広いです。

出入り口が2つあると夏でも使いやすい

4シーズン向けは1人で利用するときもソロ用ではなく2人用がおすすめです。前述した出入りのしやすさ以外でも、前後に出入り口があるのでともにメッシュにしたり開放することでインナーの中を風が吹き抜けてくれるので、蒸し暑くなりにくいですよ。

口コミ・評判

アクセス2は全体的に高い評価となっています。軽量で登山でも使いやすく、4シーズン向けなので寒さにも強く、出入り口が2箇所あるので夏でも使いやすいです。耐水圧は1200mmと少し雨に弱いので、大雨の日はタープなどを上手く活用するといいでしょう。耐水圧は少し低く感じるかもしれませんが、撥水加工はアップグレードされて従来のものより3倍長持ちするため長く使うと評価が変わると言われています。

MSRおすすめテント10

ゾイック4

MSRの新製品の1つで前述したゾイックの4人用です。大きさは2.28×2.28cmの長方形となり左右の短編に出入り口があります。前室の広さは左右共に奥行きが1mとなります。キャンプ用のテントと比べると小さめですが高さは1.27mもあり少し開放感のある構造です。軽くて持ち運びしやすい大きなテントがほしいという方におすすめです。

4人用でも軽い

インナーの形が変わっていても素材に大きな違いはなくボトム(底)以外はメッシュのインナーです。そのため4人用のテントでも3.2kgと非常に軽いですよ。収納サイズも56×15cmと4人用のテントとしてはコンパクトでバイクでも持ち運びできるサイズとなります。もともとインナーが広く使いやすいことから高く評価されていたテントが4人用になったということで信頼できるテントです。

MSRおすすめテント11

ハビチュード4

MSRの新作で初のファミリーキャンプ向けの大型テントです。同社初のファミリー用ということで、評判になっていますよ。4人用のテントは先程紹介したゾイック4をはじめいろいろな種類がありますが、キャンプで使いやすい背の高いテントはハビチュードシリーズだけになります。サイスは2.41×2.41となり高さは最大で185cmにもなりますよ。日本人の平均身長が172cm前後と言われているのでかなりゆとりがあり開放感抜群のテントです。

MSRの「キャンプ用」テント

前述してきたテントは4人用のものでも山岳テントとなるので一般的なキャンプ用のテントと比べると高さが低いです。ハビチュードはMSR初のキャンプ向けのテントということで厚めの生地を使い、アルミ合金のポールになっていて高さがあり快適に過ごせます。また、背が高くてもMSRの技術が詰まっていて、風に強い構造なので安心して使えます。設営も色分けされていて簡単にでき小さなライトも付属していてキャンプにおすすめです。

MSRのテントのまとめ

登山でもキャンプでも使いやすいテントが多い

いろいろな口コミがありますが、総じて評価が高いテントが多いです。もともと山岳テントということで登山で使うものが多いですが、居住性が高いのでキャンプでも使いやすいものが多いですよ。また新作としてキャンプ向けの背の高いテントも発売されます。3シーズン向けと4シーズンではインナーの素材が違うのでいつ使うのかよく考えて買ってくださいね。風通しを考えるとソロでも出入り口が2箇所ある2人用以上がおすすめです。

テントが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはテントに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumb【2020最新】口コミで人気のコットンテント11選!サイズ別でおすすめはコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は評判の良いおすすめのコットンテントをサイズ別で紹介します。夏・冬でも快適に使う事ができ...
Thumb2020最新!人気ブランドのおすすめテント13選!おしゃれx機能的商品はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
毎年、各ブランドの最新テントが出揃うと、キャンプ場が賑やかになります。買い替え予定があり最新...
Thumb【2020最新】おすすめベルテント8選!口コミもコスパも優秀なのはどれ? | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は2020年最新版のベルテントのおすすめを紹介していきます。ポリコットンやコットンをテン...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ