【車中泊】初心者さんも安心!おすすめの駐車場所10選!禁止場所についてものイメージ

【車中泊】初心者さんも安心!おすすめの駐車場所10選!禁止場所についても

車中泊を行う際に場所選びに困ったことはありませんか?車中泊を行うことが可能なポイントはどこにでもあるわけではありません。中には車中泊が禁止されている駐車場もあるのです。この記事ではそんな車中泊を行うことが可能なおすすめの場所や禁止場所について紹介します。

2020年02月05日更新

海龍
海龍
旅行好き、キャンプ好き、ウィンタースポーツが大好きでお役に立てる情報を発信いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 適切な場所で車中泊を行おう
  2. 車中泊で守るべきマナー
  3. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.1
  4. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.2
  5. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.3
  6. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.4
  7. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.5
  8. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.6
  9. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.7
  10. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.8
  11. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.9
  12. 初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.10
  13. 意外と知られていない駐車禁止場所.1
  14. 意外と知られていない駐車禁止場所.2
  15. 車中泊は安全に留意

適切な場所で車中泊を行おう

車中泊を行う際には安全性などを考えなければなりません。中には車中泊ができない場所もあるため、車中泊ができるポイントについても把握する必要があります。この記事では車中泊を行う際の注意点や車中泊ができる場所、車中泊ができない駐車場などを紹介します。車中泊初心者の人は是非参考にしてください。

車中泊で守るべきマナー

昔は車中泊ができた駐車場でも現在はできなくなっているポイントがあります。その原因は車中泊を行う人のマナーの悪さが原因です。そのため車中泊を行う際には必ずマナーを守らなければなりません。ここでは車中泊で守るべき、マナーを紹介します。初心者の人は特に参考にしてください。

周辺の環境に配慮する

車中泊を行う際には周辺の環境への配慮が必要です。道の駅や公園の駐車場は周辺に住宅街がある可能性があります。そのため、夜中に騒がない、ことは当然ですが、集団で宴会を行うなど周辺の人に迷惑をかけるような行為は避けましょう。

ゴミは持ち帰る

ゴミを持ち帰ることは車中泊を行う上では必ず守らなければならないマナーの一つです。駐車場にゴミ箱常設してある場所ではゴミを廃棄できますが、できる限り持ち帰って、自宅で処分しましょう。また、大量のゴミを処分する際には常設してあるゴミ箱に捨てるのではなく、必ず自宅へ持ち帰るようにしましょう。

アイドリングストップ

夏場や冬場はエンジンをかけて、エアコンを効かせたくなりますが、車中泊では基本的にエンジンはかけたままにしてはいけません。特に周辺に閑静な住宅街がある場所などでは周りに迷惑をかけるため必ずアイドリングストップする必要があります。そのため、夏場は窓を開けて冬場は窓を閉めて、布団や毛布などを準備しましょう。また、夏場は虫対策の道具が必要不可欠です。

車外でバーベキューなどは禁止

オートキャンプ場のテントサイトで車中泊を行う場合を除き、駐車場では車外にテーブルセットを出して、食事や休憩を行うことはマナー違反です。これは以前車中泊ができた場所でも現在ではできなくなってしまった原因の一つです。駐車場で車中泊を行う際は、車外にテーブルセットを出したりせずに基本的に車内で過ごしましょう。

連泊

オートキャンプ場やRVパークでの連泊は料金を支払えばできますが、SAやPAなどでは連泊はできません。連泊をすると、施設や施設の利用者に迷惑が掛かってしまう上、ゴミの大量に出てしまいます。連続で車中泊を行う場合は、駐車場を変更しましょう。

施設に近い駐車位置での車中泊

施設から近い場所で車中泊を行うことも避けましょう。施設に近い場所に車両を駐車してしまうと、利用者に対して迷惑がかかってしまいます。そのため、施設から近い場所に車両を停めるのではなく、なるべく離れた場所に車両を停めましょう。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.1

道の駅の駐車場

車中泊の定番中の定番といえば道の駅です。道の駅とはもともと、運転手が休憩するための場所として作られた施設なので、運転の疲れを癒すために多くの運転手が訪れるポイントです。道の駅は車中泊を行う場所としてはおすすめです。しかし、車中泊が可能だと謳ってはいません。あくまでも休憩を行うことが可能な施設であるということを忘れないようにしましょう。

道の駅の駐車場にはトイレなどもある

道の駅の駐車場にはトイレやお食事処、場所によっては温泉や銭湯もあります。そのため、非常に快適な車中泊を楽しむことが可能ですが、中には禁止している場所があります。その理由というのも、車中泊を行う人のマナーの悪さが原因です。車中泊を禁止している場所での車中泊は特に厳しく注意されることがあるため、そういった場所での車中泊は避けましょう。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.2

SA

SAは高速道路上に30kmごとに整備されている休憩スペースです。駐車場はもちろんトイレやお土産ショップなどがあります。最近では、子供の遊具や温泉などがあるSAも増えてきており、休憩場所という枠に収まらず、観光スポットとなっているSAもあります。また、人通りや車通りが多い場所でもあるので、安全面も高いポイントです。

車中泊はできるが車中泊を行うための場所ではない

SAは道の駅と同様になりますが、車中泊が行えると謳っていません。ただ、車中泊が禁止されていないだけなのです。そのため、車中泊を行う際には、利用者の迷惑にならない場所に車両を停めることはもちろん、長期間の滞在は行わないようにしましょう。また、SAは休憩の場所なので、10時間以上の駐車は禁止されています。そのため、長時間の駐車はやめましょう。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.3

PA

PAもSAと同様に高速道路上に設置されている休憩エリアです。PAはSAと異なり、高速道路上に15kmおきに整備されており、トイレなどの休憩に最低限の施設しかありません。SAと比較すると駐車場も狭めで利用者も少なめなので、車中泊が行いやすいポイントでもあります。しかし人通りが全くないわけではないため、安全性も高い駐車場ともいえます。

SAと同様に車中泊用の場所ではない

パーキングエリアはSAと同様に車中泊をするための駐車場ではありません。そのため、車中泊は長時間の休憩の延長、という感覚で車中泊を行うようにするようにしましょう。また、車外にテーブルや椅子などを出すようなキャンプ行為は禁止なので、車内での仮眠を行う程度にとどめておきましょう。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.4

公園の駐車場

24時間開放されている公園は車中泊が可能なポイントの一つです。SAやPAと比較すると車通りや人通りが少ないため、車中泊がしやすポイントでもあります。場所によっては水道がある公園やトイレもある公園もあるため、快適に車中泊が行えます。しかし、清潔さや安全面に関してはSAやPAに劣るところもあり、トイレの紙が無かったり、汚れている場所もあります。

防犯対策を万全に

24時間駐車場が解放されている公園の駐車場はSAやPAと比較すると、人通りや車通りが少ない傾向にあります。そのため、防犯対策は万全にしておかなければ、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるため、安全面は比較的低めです。睡眠をとるとき以外でも常に車の施錠は忘れずに行いましょう。また、周辺が住宅街となっていることもあるため、周辺の環境には配慮しましょう。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.5

RVパーク

車中泊ができる場所の中でも特に人気の場所がRVパークです。RVパークは車中泊公認の駐車場で、有料ですがトイレはもちろん、電源設備も整備されているため、快適な車中泊を行うことが可能です。また、人通りもあるため、安全面が高いポイントでもあります。しかし、キャンプ場ではないため、車外にテントを設営したり、テーブルやチェアなどを準備することはできません。

最も快適に車中泊ができる

RVパークは非常に快適な車中泊が可能な駐車場ですが、その数は全国に146か所と多くありません。そのため、RVパークがない都道府県もあります。しかし、車中泊が現在よりもさらに人気が高まると、全国に整備されることも考えられます。地元にRVパークが整備されたら、車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.6

オートキャンプ場

キャンプ場の中でもオートキャンプ場は車中泊ができるポイントです。オートキャンプ場とはテントサイトの間近まで自家用車を乗り入れることができるキャンプ場のことです。自家用車を近くまで乗り入れられるため、普通にキャンプを行う人にとっては荷物が多くても気軽にキャンプを楽しむことができるため非常に人気があります。周辺も自然に囲まれているため、自然を満喫したい人にはおすすめです。

テントサイトに車中泊

オートキャンプ場で車中泊を行う際にはテントサイトで、車中泊を行います。キャンプ場にはトイレや炊事場などの設備が整っており、快適な車中泊を行うことができます。また、人目を気にせずに車中泊ができる場所でもあります。しかし、決してトラブルに遭うことは無い、とは言い切れないため、防犯対策には注意が必要です。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.7

海水浴場の駐車場

海水浴場は、海水浴のシーズンは有料の駐車場が多く、夜間には閉鎖されることもありますが、シーズン以外であれば一部開放されている駐車場があります。そのため、車中泊が可能なポイントです。中には、トイレなどの施設も開放されている駐車場もあるため、一度検索してみてはいかがでしょうか。

全ての海水浴場の駐車場で車中泊ができるわけではない

注意しなければならないことは、すべての海水浴場の駐車場がシーズン以外でも開放されているわけではありません。中には開放されていない駐車場もあります。また、駐車場は開放されていてもトイレなどの施設が閉鎖されていることもあるため、快適性は劣る場所ともいえます。さらに、若者の溜まり場ともなっている駐車場もあるため、注意しなければなりません。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.8

駅の駐車場

ローカル線の駅の駐車場や小さな無人駅の駐車場では車中泊を行うことができます。駅の中にはトイレを使用することができる駅もあるため、比較的快適に車中泊を行える駐車場でもあります。周辺に住宅街がある場所もあるため、迷惑にならないように配慮が必要ですが、人気が全くない駐車場よりは安全性が高い場所といえます。

終電後に車中泊しよう

ローカル線の駅の駐車場で車中泊を行う際には、当然のことではありますが、人が少なくなった、終電後に行う必要があります。ローカル線の駅の駐車場でも、学生の迎えなどで多くの車が停まっていることもあります。そのため、そんな人の迷惑にならないためにも、電車が運行されている間に車中泊を行うことは避けるべきです。また、周辺は住宅街であることが多いため、騒音などで周辺の迷惑ならないようにしなければなりません。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.9

コインランドリーの駐車場

24時間営業されているコインランドリーの駐車場は車中泊が可能なポイントの一つです。トイレなどの施設はありませんが、洗濯を行える、というメリットがあります。しかし、他の方が使用することもあるため、車中泊を行う場所については配慮する必要があります。また、深夜などは人気が少なくなることもあるため、防犯対策をしっかりと行いましょう。

大通りに面していることが多い

コインランドリーは大通りに面していることが多く、比較的安全に車中泊が行えます。また、洗濯ができる、ということもうれしいポイントの一つで、洗濯が必要な車中泊をすることがある人にはおすすめの駐車場です。しかし、コインランドリーの料金は店舗ごとに違うため、あらかじめ調べておくことをすすめします。

初心者の車中泊にもおすすめの駐車場所.10

コンビニの駐車場

コンビニの駐車場でも車中泊が行えます。コンビニは食料は日用品などを購入することができるため、比較的快適な車中泊が可能です。また、通りに面しているコンビニが多い、ということもあり、安全面に関しては比較的高いといえます。しかし、コンビニは24時間営業しているため、利用者に配慮しなければなりません。車両を駐車する場所には気をつけましょう。

やむを得ない時以外は車中泊をしない

コンビニの駐車場は利用者だけではなくトラックの運転手など多くの人が利用する場所です。そのため、車中泊はやむを得ない時を除いて行わないことをおすすめします。一応車中泊は禁止されてはいませんが、他の利用者の迷惑を考えると、意図的に車中泊は行わないようにしましょう。また、コンビニにはゴミ箱がありますが、極力利用せずにゴミはなるべく持ち帰るようにしましょう。

意外と知られていない駐車禁止場所.1

道の駅の駐車場

矛盾を感じる人もいると思いますが、すべての道の駅が車中泊が可能ということではありません。中には着んしされている場所もあるのです。現地まで行って実は車中泊が禁止されていた道の駅でした、となるのはショックが大きいので、事前に調べてから行くことをおすすめします。

職務質問されることもある

道の駅で車中泊をしていると警察官に職務質問をされる可能性があります。人気がない場所では特に職務質問をされやすくなります。しかし、特に何もなければ、軽い所持品検査などで終わるため、抵抗せずに素直に受けましょう。

意外と知られていない駐車禁止場所.2

河川敷

河川敷などは車中泊の場所としては最適だと思われますが、実は車中泊ができません。その理由は自然災害に巻き込まれる可能性があるからです。また、人通りが特に少ないと、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性もあり、安全面でも非常に低いため禁止されているのです。

短時間なら車中泊も可能になることも

河川敷での車中泊では悪天候やダムの放流などで水位が急激に上昇することもあるため、車中泊は基本的に禁止されていますが、短時間の車中泊なら河川敷でも車中泊可能です。しかし、夜間就寝することは非常に危険ですので、日中から夜間までなど短時間で行い、危険を感じたらすぐさま離れましょう。

車中泊は安全に留意

車中泊を行う際には何よりも安全に留意しなければなりません。そのため、まずは安全に車中泊ができる場所を探すようにしましょう。また、車中泊を行う上ではゴミを出さない、周辺の環境に配慮する、などの注意事項は遵守しなければなりません。さらに、車中泊をしてはいけない場所では決して車中泊を行ってはいけません。そういった点に配慮して車中泊を楽しみましょう。

快適な車中泊に興味がある人はこちらもチェック

快適な車中泊を行いたい、という人はこちらの記事もチェックしてみてください。車中泊を快適に過ごせる初心者にもおすすめのグッズについて詳細に掲載されています。是非参考にしてください。また、快適なベッドの作り方の記事も掲載するので是非参考にしてください。

Thumb初心者さんも必見!車中泊に便利なおすすめ快適グッズ12選!必需品も! | 暮らし~の[クラシーノ]
最近では車中泊キャンプ専用の駐車場であるRVパークが増えてきており、車中泊キャンプをする人も...
Thumb【DIY】車中泊ベッドの作り方!おしゃれ×快適な改造方法と実例もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプなどのアウトドアが好きな方は、車中泊ベッドを作って快適に眠れたら素敵ですね。でも、車...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ