【初心者必見】アレカヤシの育て方は?種まきから越冬攻略まで徹底ガイド!のイメージ

【初心者必見】アレカヤシの育て方は?種まきから越冬攻略まで徹底ガイド!

アレカヤシは観葉植物としても人気の植物です。華やかでインテリアとしても人気があります。そんなアレカヤシの育て方を詳しく紹介して行きます。気になる越冬の攻略法もチェックしましょう。上手に育てていつまでも緑綺麗なアレカヤシを楽しんでみて下さい。

2019年11月27日更新

bambi
bambi
2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. アレカヤシとは
  2. アレカヤシはどんな環境が適しているの?
  3. 鉢植えのアレカヤシの育て方
  4. 庭植えのアレカヤシの育て方
  5. アレカヤシの水やり方法
  6. アレカヤシにおすすめの肥料
  7. アレカヤシを株分けしてみよう
  8. アレカヤシの植え替えはどうするの?
  9. アレカヤシの越冬のやり方
  10. まとめ

アレカヤシとは

アレカヤシと聞いてもすぐには思い浮かばない人も多いかと思います。アレカヤシとはマダガスカル原産のヤシの種類で、マダガスカルなどでは10m近くにまで成長します。しかしアレカヤシは日本では観葉植物として人の背丈ほどで販売されていることが多いのが特徴です。その特徴は、放射線状に伸びる葉や木々が魅力で、よく店舗などでも使用されることが多いです。アレカヤシはボリュームがあるので、自宅などにグリーンが欲しい際にもおすすめの観葉植物でしょう。

黄色い実をつけることも

アレカヤシはヤシの一種なので、ココナッツのような小さな黄色い実をつけるのも特徴です。とくにヤシの一種なので、暖かい地域などで栽培されることが多く、沖縄などでは街路樹として使われることもあります。アレカヤシは暖かい場所を好むので、その栽培方法は温度などを調整してあげることも大切になって来ます。では、そんなアレカヤシの上手な育て方を見て行きましょう。

アレカヤシはどんな環境が適しているの?

アレカヤシは、暖かい南国が原産の植物なので、温かい場所を好みます。しかし夏場の直射日光などがアレカヤシに当たりすぎると、葉が焼けてしまうので、適度に遮光がある場所が良いでしょう。アレカヤシはコツを掴めば栽培しやすく、観葉植物として室内で楽しむのがおすすめです。その場合も、アレカヤシを日当たりの良い場所に置いてあげるとすくすくと育ちます。アレカヤシは温度が10度以下になると成長が悪くなってしまうので、寒い環境でアレカヤシを栽培する場合は注意が必要でしょう。

根腐れしやすいので注意

アレカヤシを栽培する際には根腐れにも注意が必要です。アレカヤシを水はけの悪い環境に植えると特に根腐れを起こしやすくなるので、アレカヤシには水はけの良い土を使用するのがおすすめです。アレカヤシは日当たりの良い場所であれば、庭植えも可能でしょう。アレカヤシは室内屋外関係なく栽培することが出来るので、アレカヤシに適した環境を探してみて下さい。

鉢植えのアレカヤシの育て方

鉢植えのアレカヤシの育て方を紹介します。鉢植えのアレカヤシの場合は、季節によって場所などを変更出来るいうメリットがあります。鉢植えのアレカヤシを家の中で育てる際は、日当たりの良い場所が良いでしょう。しかし先ほど紹介したように、アレカヤシは直射日光が当たる場所だと葉焼けの心配があるので、日光がきつい時期はカーテンなどで程よく遮光してあげるアレカヤシの育て方がおすすめです。アレカヤシの場合は種まきから育てるのではなく、苗から育てるのが一般的なので、適した大きさのアレカヤシの苗を選んでみて下さい。

エアコンの風にも注意

鉢植えのアレカヤシを室内で栽培する際は、エアコンの風にも注意が必要です。その理由は、エアコンの風が直接当たることで、アレカヤシの葉が傷んでしまうからです。特に夏場や冬場など室内でエアコンを使う際は、アレカヤシを置く場所を確認してみて下さい。いくら寒いのが苦手はアレカヤシでも直接の風は余計に成長を妨げるので気を付けましょう。また、鉢植えのアレカヤシを屋外で育てる場合も外の気温が20度を下回ったら室内に入れてあげるのがおすすめです。

庭植えのアレカヤシの育て方

庭植えのアレカヤシも基本的な育て方は鉢植えのアレカヤシと同じです。庭植えの場合もアレカヤシの場合は種まきからではなく、苗からになることが多いでしょう。ただし、アレカヤシの庭植えの場合は季節に合わせて場所を移動することが出来ないので、植える場所に注意が必要です。特に熱い夏場など直射日光が気になる際は、アレカヤシに遮光ネットをかけてあげると良いでしょう。アレカヤシにかける遮光ネットやホームセンターや100均などでも購入することが出来ます。ひと手間かけて遮光ネットをしてあげるだけでアレカヤシが葉焼けするのを防ぐことが出来ます。

アレカヤシの水やり方法

アレカヤシは気温によって水やりの方法を変える必要があります。春から秋にかけては特にアレカヤシが成長する季節なので、多めに水を与えるのが良いでしょう。アレカヤシの水やりの目安は表面の土が乾いて来たら水をたっぷりあげます。逆に温度が15度以下と寒くなってくるとアレカヤシはあまり成長しなくなります。その為、アレカヤシの水やりのタイミングも少なくなるのです。冬場のアレカヤシの水やりの目安は表面の土が乾いてから3日後程に水やりをするのです。

なぜ3日後に水やりをするの?

なぜアレカヤシの土の表面が乾いてから3日後に水やりをするのでしょうか?それは、アレカヤシをある程度乾燥させることで、アレカヤシの樹液の濃度を高めるからです。樹液の濃度が高まることで、アレカヤシが越冬しやすくなるのです。また、アレカヤシに水やりをする際は葉の部分にも霧吹きで水をかけてあげると良いでしょう。また、アレカヤシの葉にホコリが積もっていたら拭き取ってあげましょう。季節や温度によってアレカヤシの水やりの方法を変えるだけで、いつまでも元気なアレカヤシを楽しめます。

アレカヤシにおすすめの肥料

アレカヤシを元気に育てる為にも肥料を上げたいと思っている人も多いでしょう。しかしアレカヤシは肥料もあげるタイミングも大事です。アレカヤシの場合は水やりと同じく、春から夏にかけての成長期に肥料をあげるのがおすすめです。肥料でもある養分が足りなくなるとアレカヤシの葉にツヤがなくなったり、アレカヤシの葉の変色が見えるようになるでしょう。そしたら、アレカヤシに肥料をあげるタイミングです。アレカヤシは種まきから育てなくてもしっかり肥料を上げることで成長を促してくれます。

どんな肥料が良いの?

では、アレカヤシにはどんな肥料を使えば良いのでしょうか?アレカヤシにおすすめの肥料は液体の肥料です。液肥を10日に1度程適した濃度の物を与えたり、化学肥料の置き肥をしてゆっくり肥料をアレキヤシに与えるのが良いでしょう。また、冬に肥料を与えるとアレキヤシが肥料焼けを起こすこともあるので、注意しましょう。肥料は適した時期に適した分量を与えることで、効率よくアレキヤシの成長を助けてくれるのです。

アレカヤシを株分けしてみよう

アレカヤシをしっかり育てて成長してきたら、株分けをすることも出来ます。アレカヤシは種まきをしないので、株分けが種まきの役割を果たします。アレカヤシは大きくなりすぎると風通しが悪くなり、病気になる原因にもあるので定期的に剪定してあげるのがおすすめです。また、大きくなったアレカヤシは株分けをして数を増やすことが可能なのです。まず、アレカヤシを鉢などから取り出し、根に気をつけて株を分けます。その際、アレカヤシの根を切らないように注意しましょう。

新しい鉢に植える

株分けしたアレキヤシは新しい鉢などに植えてたっぷり水を与えます。そして株分けしたアレカヤシを日当たりの良い場所に置いてあげると株分けしたアレカヤシがすくすく成長して行きます。アレカヤシを株分けをする際は、植え替えのタイミングと合わせて行うのも良いでしょう。

アレカヤシの植え替えはどうするの?

アレカヤシを栽培していると植え替えが必要になって来ます。特に鉢植えでアレカヤシを栽培しているには大切な作業になります。上手に育てるとアレカヤシはどんどん成長するので、その分鉢が小さくなって来てしまうということも多いです。だいたい目安は1年から2年に1度植え替えするのが良いでしょう。植え方をする時期はアレカヤシが1番成長する5月から7月が良いとされています。アレカヤシを植え替えする際は今使っている鉢よりも一回り大きい鉢を用意しましょう。アレカヤシの鉢を大きくすることで、根も張りやすくなりアレカヤシが成長しやすくなります。

植え替え方法

植え替えをする際はアレカヤシに合う土を用意するのも必要です。アレカヤシの土は園芸店などで購入できる観葉植物用の土もおすすめです。または、赤玉土や腐葉土をブレンドして自分でアレカヤシに適した土を用意するのも良いでしょう。鉢から出したアレカヤシは根を傷つけないように注意しながら土を落として行きます。その際、水はけを良くするために、アレカヤシの鉢の底に軽石などを置くと良いでしょう。アレカヤシの植え替えが終わったら、水をたっぷりあげ、日当たりの良い場所に置いて栽培して行きます。

アレカヤシの越冬のやり方

寒さに弱いアレカヤシを栽培していると気になるのがアレカヤシの越冬の方法です。寒く日当たりが悪くなる冬はアレカヤシを栽培する植えで注意が必要な時期になります。鉢植えで室内でアレカヤシを栽培している場合は、日当たりの良い窓の近くなどに置いてあげるのが良いでしょう。また、室内は10度以上の温度にしておくのがおすすめです。夜などでも暖房を上手に使って温度を調整してあげるのがアレカヤシの越冬のやり方です。また。アレカヤシは水やりも冬は少なめが良いでしょう。

越冬の時期は暖房や乾燥に注意

部屋を暖房で暖かく保つことで、アレカヤシは冬でも丈夫に育ちます。また、過度な乾燥はアレカヤシに良くないので、加湿器なども取り入れるのがおすすめの越冬のやり方です。また、寒さに弱いアレカヤシは年中暖かい地域では庭植えでの栽培でも越冬出来ますが、寒い地域の場合は、庭植えがおすすめ出来ません。庭植えでアレカヤシを育てたい場合も鉢植えにして冬場は室内など温かい場所に移動できる方が良いでしょう。

まとめ

アレカヤシの栽培方法はいかがでしたか?アレカヤシは種まきから育てるのではなく、苗から育てる場合が多いです。基本となるアレカヤシの苗を購入して育てることで、株分けなどをして種まきのように数を増やして行く方法がおすすめです。アレカヤシは寒さが苦手なので、庭植えをする際も鉢植えにして冬場は室内に入れて育てるのが良いでしょう。正しいアレカヤシの越冬方法などを理解すれば、いつまでも綺麗な緑を楽しめる観葉植物でもあるので、ぜひ正しい方法で栽培してみて下さい。

アレカヤシが気になる方はこちらの記事もチェック!

アレカヤシが気になる人はこちらの記事もチェックしてみましょう。上手な育て方をしてアレカヤシを楽しんで下さい。

Thumbアレカヤシの育て方と剪定方法!植え替えの時期や冬越しのコツをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
アレカヤシは生育旺盛で元気な印象の観葉植物です。花言葉は「勝利」や「元気」というとてもポジテ...
Thumbアレカヤシ育て方!なぜ枯れる?その理由と失敗しない育て方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ヤシ類の観葉植物の中でも人気筆頭なのが、アレカヤシです。人気の秘密は、なんといっても美しい見...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ