【初めてでもできる!】自分だけのオリジナルステッカーの作り方をご紹介!のイメージ

【初めてでもできる!】自分だけのオリジナルステッカーの作り方をご紹介!

市販のステッカーに飽きたら、自分だけのオリジナルステッカーを作ってみてはいかがでしょうか?作り方も簡単で、初心者でも手軽に作ることが出来ます。自分で作ったデザインがステッカーになったらとても楽しくなります。そんなオリジナルステッカーの作り方を紹介します。

2019年11月26日更新

bambi
bambi
2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. オリジナルステッカーを作ろう
  2. まずはデザインを考える
  3. オリジナルステッカーを作る前に準備する物
  4. ステッカーの大きさによって使える材料も変わってくる
  5. オリジナルステッカーの作り方①
  6. オリジナルステッカーの作り方②
  7. オリジナルステッカーの作り方③
  8. オリジナルステッカーの作り方④
  9. オリジナルステッカーの作り方⑤
  10. まとめ

オリジナルステッカーを作ろう

自分のデザインした物がオリジナルステッカーになったらと思ったことがありませんか?オリジナルのステッカーを作れば、いろいろな物に貼れてそれだけでオリジナリティを出すことが出来ます。車に貼ったりも出来るので、自分でキッズインカ―のステッカーを作ってみるのも良いでしょう。その他にも作ったステッカーを貼ってオリジナルノートを作ったり、いつものマグカップなどに貼るだけでも自分だけの作品になります。プリントするだけの作り方もあるので、多めに作っておくのもおすすめです。

大きさも自分で決められる

オリジナルステッカーは大きさも自分で決めることが出来ます。ステッカーを張りたい場所に合わせた大きさに作ることが出来るので、市販ではなかなか手に入らない大きいサイズの物を作ることも出来るのです。また、自分のお店のオリジナルロゴをデザインしたステッカーも簡単に作ることも出来ます。材料も100均などで揃えられる物を使ったりと手軽に始められるのも魅力です。そんな自作のオリジナルステッカーを簡単に作ってみてはいかがでしょうか?

まずはデザインを考える

まずは、オリジナルステッカーの作り方を紹介する前に、ステッカ―のデザインを考えます。自分で自作のデザインを考えるのいいですね。または使いたいロゴやキャラクターがある場合はそれを用意しておきます。最近は、手書き以外にもパソコンを使って簡単にオリジナルデザインを作ることも出来るので、手書きに自信がない人でもパソコンを使えば、手軽にステッカーのデザインを決めることが出来ると思います。デザインをする際はプリントする大きさにあわせてデザインするのがポイント。パソコンなどを使えば、大きいデザインにしたりサイズも自由自在に調整できます。

デザインをパソコンに保存しておくのがおすすめ

手書きでデザインを決めた人もステッカー作りはパソコンから印刷して使うことが多いので、イラストなどのデータをパソコンに保存しておくのが良いでしょう。パソコンに保存しておけばプリンターでステッカーの量産も可能。さまざまな場所に貼ることができます。自分のオリジナルのデザインを考えて持ち物に貼っておくのもおすすめです。最近は調味料など自宅にある物にオリジナルでステッカーを貼るのも人気がありますよ。

オリジナルステッカーを作る前に準備する物

オリジナルステッカーを作る前に準備したおきたい物を紹介します。まずは、ロゴのデザインですが、最近はパソコン以外でもスマホのアプリでデザインを作ることも出来ます。実際には自分のやりやすいどちらの方法でも良いでしょう。そしてステッカーを印刷するプリンターを準備しましょう。プリンターがない場合は、最近はコンビニで印刷することも出来るので大丈夫です。自宅にプリンターがない場合は、それに合わせた作り方をしてみるのがおすすめです。作り方さえ覚えれば誰でも簡単に作れるのも人気の理由ではないでしょうか?

シール用意を用意する

ステッカーを作る際に準備したいのが、印刷するシール用紙です。シール用紙にステッカーのデザインを印刷することで、簡単に量産出来るのでとても便利。シール用紙は100均などでも購入することが出来るので、オリジナルステッカーを作る際の必須アイテムです。サイズは作りたいステッカーの大きさに合わせて準備して下さい。また、ステッカー専用のフィルムも販売しているのでそちらを使っても良いでしょう。

ステッカーの大きさによって使える材料も変わってくる

作るステッカーの大きさによっても作り方や材料が変わって来ます。比較的大きいステッカーを作りたいなら、A4サイズまでならシール用紙を使った作り方が出来ますが、それ以上になるとカッティングシートなどを使った作り方をしてみるのも良いでしょう。これから紹介する作り方によっては、セロハンテープの大きさまでしか作れないステッカーの作り方もあるので、大きさやデザイン、材料などに合わせて作り方を決めるのもおすすめです。

オリジナルステッカーの作り方①

100均の材料を使った作り方

初めての人なども手軽に始められるのが、100均の材料を使ったステッカー作りではないでしょうか?用意するのはステッカーにするデザインと100均で購入出来る、ラベル用紙とラミネートフィルムです。手順はまず、パソコンでステッカーにしたいデザインを決めます。デザインを決めたら、ラベル用紙にプリントします。その際にラベル用紙の裏表を間違えないようにしましょう。上手にプリントが出来たら、上からラミネートフィルムを貼るのがおすすめです。

ラミネートフィルムを貼ると綺麗な仕上がり

プリントしたラベル用紙にラミネートフィルムを貼ることで、より光沢があり水などにも強いステッカーになります。最後の手順としてラミネートを貼ったら、ステッカーのデザインに合わせてカットして行きましょう。綺麗にカットすることで仕上がりもまるで、購入したようなステッカーになります。初心者でも手軽な材料でチャレンジしやすい作り方です。材料も100均で購入出来るので、コスパも良いステッカー作りだと思います。

オリジナルステッカーの作り方②

スマホでの作り方

より簡単な作り方としてスマホを使ったステッカーシールの作り方を紹介します。スマホでステッカーにしたいデザインを決めます。スマホでデザインする際のメリットとしてはやはりどこでも手軽にデザインを決められることでしょう。そして自宅にパソコンやプリンターがない人でも手軽に作れるのも魅力です。実際にスマホでデザインしたステッカーはコンビニなどのコピー機を使って印刷することも出来ます。

プリンターがなくでも安心

コンビニでステッカーのデザインを印刷する際は、普通用紙での印刷になるので、その後の手順でステッカーに加工して行きます。まずは、プリントしたデザインをカットします。そしたらデザインに合わせた大きさの両面テープに貼って行きます。この際大きいステッカーを作りたい際は両面テープの大きさを考えてから作って下さい。両面テープに貼ったらステッカーに合わせてテープをカットして完成です。シール感覚で作れるステッカーなので、持ち物などに貼って楽しむのもおすすめです。

オリジナルステッカーの作り方③

透明ステッカーの作り方

透明なステッカーも手軽な材料を使って自作することが出来ます。まず用意するのは、クッキングシートとはさみとセロハンテープと水を入れる容器です。セロハンテープな大きい物を用意するのが良いでしょう。まずは、ステッカーにしたいロゴなどを普通の印刷用紙にプリントしておきます。そしたらロゴに合わせてカットし、ロゴが隠れるようにセロハンテープを貼ります。この際にしっかり定規などでこすってロゴとセロハンテープに隙間がなくなるようにしましょう。

水を平な容器に入れておく

この透明ステッカーの作り方は通常の手順と違うのが、平な容器に水を入れておくことです。先ほどのロゴを水に浸します。水に浸して余分な紙の部分が溶けたら、乾かします。次の手順はクッキングシートにセロハンテープを貼り、その上に先ほどのロゴを貼り完成です。意外なアイデアで簡単にオリジナルの透明ステッカーを作れるのでおすすめです。

オリジナルステッカーの作り方④

ホログラムステッカーの作り方

自作でホログラムステッカーを作ってみてはいかがでしょうか?光によって立体的に見えるホログラムステッカーはいつものステッカーと一味違う仕上がりを楽しめると思います。手順はまずホログラムシートを透明の台紙などに貼り、ステッカーにしたい文字を印刷した物を貼り付けます。貼り付けた文字に合わせてカットして行きましょう。気に抜いたホログラムシートは、最初にあったホログラムシートの台紙に貼って行きます。最後の手順として大きいセロハンテープを一気に上から貼ったら完成です。

文字やロゴが目立ちやすい

市販のホログラムシートを使うだけで、文字やロゴが目立つステッカーを自作することが出来ます。自作でステッカーを作る際は、使う材料などを工夫しても面白いステッカーを作ることが出来るので、いろいろな物をステッカーにしてみてはいかがでしょうか?文字なども事前におしゃれなデザインなどをプリントしておきて切り抜けるので、とても簡単です。

オリジナルステッカーの作り方⑤

カッティングシートを使った作り方

車などに貼るオリジナルステッカーを作りたい場合は、カッティングシートを使った手順をするのがおすすめです。カッティングシートは屋外用を使うと安心です。まずは、ステッカ―にしたい文字やロゴをプリントしておきましょう。そしたら、工作用紙にロゴや文字とカッティングシートを重ねて貼ります。文字やロゴをカッターでなぞって切り抜いて行きます。カッティングシートはいろいろなカラーが揃っているので、使いたいカラーを選んでみて下さい。

カッティングシートを使えば屋外でも使えるステッカーに

屋外用のカッティングシートなどを使えば、屋外でも安心して使えるステッカーを自作で仕上げることが出来ます。この手順を参考にすれば、どんなデザインでも自分で車に貼るステッカーも作れるのです。カッティングシートは大きいので、大きさも自分で決めやすいです。ぜひ自作のステッカーを車などに貼って楽しんでみてはいかがでしょうか?アウトドア用品などに貼るのもいいでしょう。屋外用のシートを使えば、長期間使用できるのでおすすめです。

まとめ

オリジナルステッカーの作り方はいかがでしたか?大きいサイズなどオリジナルにとんだステッカーを作れるのも手作りの魅力です。また、プリントする素材によっても仕上がりや作り方も変わってくるので、デザインに合わせていろいろな作り方をしてみるのも良いでしょう。オリジナルステッカーが簡単に作ることが出来るので、自分だけのオリジナルロゴなどを作っていろいろな物に貼ってみるのもおすすめです。自作のステッカーを貼るだけで、自分だけのオリジナル作品になるので楽しいと思います。ぜひオリジナルステッカーを作ってみて下さい。

ステッカーが気になる方はこちらもチェック!

ステッカーは貼るだけで、いろいろな物をオリジナルにカスタマイズすることが出来ます。そんなステッカーの魅力が詰まった記事をチェックしてみましょう。

Thumbステッカーを自作!手先に自信がなくても簡単に作れる方法を紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
自分で作ってみようというDIYの精神で自作ステッカー作りを楽しむ人が増えています。自宅にある...
Thumb車に貼るかっこいいステッカー12選!おしゃれな貼り方実例含めてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
愛車へかっこいいステッカーを貼ることで、愛車をカスタマイズできます。カー専用のステッカーに留...
Thumbスーツケースへのステッカーの貼り方術8選!おしゃれなステッカーはどこで買う? | 暮らし~の[クラシーノ]
旅行に行く時はスーツケースを使用する機会が多いと思います。そのスーツケースを自分でおしゃれに...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ