【2019】船釣り初心者の為の入門情報まとめ!持ち物と基本テクニックを事前にチェック!のイメージ

【2019】船釣り初心者の為の入門情報まとめ!持ち物と基本テクニックを事前にチェック!

船釣り初心者向けの入門情報まとめ!予約方法、服装や当日の流れ、必要な道具を紹介しています。しっかり予習しておけば、初心者一人で出かけてもバッチリ楽しめる!必要な情報、用意する道具をチェックして、初めての船釣りを楽しみましょう!

2019年11月20日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 船釣り初心者向けの入門情報をまとめてチェック!
  2. 船釣り初心者でも楽しめる釣りについて
  3. 船釣り初心者向けに8つのチェックポイントをご紹介!
  4. 1.船釣り初心者チェックポイント:情報集めと予約方法
  5. 2.船釣り初心者チェックポイント:道具とエサの準備について
  6. 3.船釣り初心者チェックポイント:タックル、ライフジャケットの準備について
  7. 4.船釣り初心者チェックポイント:当日の服装!
  8. 5.船釣り初心者チェックポイント:雨の対策!
  9. 6.船釣り初心者チェックポイント:出船までの流れ
  10. 7.船釣り初心者チェックポイント:タナ調整と仕掛けの回収
  11. 8.船釣り初心者チェックポイント:釣れない時間に意識するポイント!
  12. 船釣り初心者も事前の予習でバッチリ楽しめる!

船釣り初心者向けの入門情報をまとめてチェック!

初めての船釣りを楽しもう!

初心者の為の船釣り情報まとめ!料金のイメージや予約方法、用意する道具や服装、釣れない時に試したい簡単なテクニックを紹介しています。沖釣りならではの魚種が魅力!事前に予習して、当日の釣りをスムーズに楽しみましょう!

船釣り初心者でも楽しめる釣りについて

初心者向けの釣りを3つに分けてご紹介!

船釣り

出典: https://www.flickr.com

まずは初心者の方におすすめしやすい船釣りの中から、特に人気の高いものをご紹介!エサ釣り、ルアー釣り、に分けて紹介しています。慣れてから出かけたい釣りについても紹介しているので、どんな釣りから始めるべきなのか悩んでいる方は要チェック!料金が気になる方は、近場のポイントで短時間楽しむプランが多いLT系釣りをチェックです!

①初心者向け:LTアジ、コマセ五目

手軽な船釣りとして多くの方が楽しまれているエサ釣りです。どちらも撒き餌を撒きながら釣るタイプの釣りで、釣果が安定しやすいのがおすすめのポイント。LT系の釣りは釣り場までの距離が近く、6,000円程度と料金を抑えたプランを提供している船宿も多いです。浅場を狙うLTアジならリールは手巻きでOK、沖へ出て、電動リールで深いポイントを攻めたい方にはコマセ五目がおすすめ!沖で楽しむコマセ五目は料金12,000円程度が相場ですが、真鯛、イサキなど美味しい魚種狙える釣りです!

②初心者向け:タイラバ、シーバスジギング

タイラバは近年特に注目度の高い人気の釣りモノ。道具、船宿とも選択肢が非常に豊富で、狙える魚種、釣りのスタイルとも人気が高いです。シーバスジギングは冬でもよく釣れる、手軽で数が出る、というのがおすすめのポイント。タチウオ、ライトジギングなど、同じ道具で遊べる釣りも多いので、いろいろな魚種を遊んでみたい方は是非検討してみてください。こちらは料金一万円前後が相場となっています。

③慣れてから出かけたい釣りについて

独特な動作や船釣りへの理解が必要、という点から「慣れてから出かけたい」とご紹介する釣りがイカ釣り系、キンメとカツオ釣り。イカ釣りとキンメは仕掛けが長く、揺れる船上でトラブルなく仕掛けを投入するための慣れが必要になります。カツオは群れの移動速度が速く、船で追いかけて即投入、コマセを全員で振って足を止める、という流れになるので、こちらも素早く作業できる慣れが必要です。どちらも投入が忙しくなる瞬間があるので、まずは自分のペースで投入、回収ができるタイプの釣りから始めてみてください!

船釣り初心者向けに8つのチェックポイントをご紹介!

事前に知っておきたいポイントをまとめてチェック!

船釣り初心者の方向けに、入門情報を8つご紹介!釣りモノを問わず、始め方や当日の服装、道具の準備に悩む方向けの情報を紹介しています。一歩目を踏み出すところから、という方は情報の集め方と予約の項目をチェック!船釣りは忘れ物があっても戻れない釣りなので、事前の準備が一番大切です!

1.船釣り初心者チェックポイント:情報集めと予約方法

釣具店での情報集めが一番の近道!

まずは情報の集め方をチェック!やってみたい釣りがハッキリと決まっていない、今の時期に釣れるのかわからない、という方には、大手釣具店で船釣り担当の店員さんに相談する方法をおすすめします。時期の釣りモノ、船宿、道具と地域に合った情報を全て持っているので、レベルに合わせて遊びやすい釣りを紹介してくれます。釣具店が近くに無い場合は、釣り新聞や釣り雑誌の船宿紹介ページ、後述する予約サイトから船宿ホームページをチェックです!

予約サイトが便利!

ある程度釣りの経験がある方、やってみたい釣りがハッキリと決まっている方には、予約サイトを使った情報収集と予約がおすすめ。料金やプラン内容はもちろん、リンクされている船宿のホームぺージから釣果情報や出船する魚種の情報を確認できます。予約へ進む場合は、メールだけでなく事前に電話をしておくとスムーズ!電話で確認しておきたい情報は2.3.6の項目で紹介しています!

海釣り・釣り船予約サイト「釣割」

2.船釣り初心者チェックポイント:道具とエサの準備について

エサと仕掛けの用意について

仕掛けは釣り船が向かうポイントによって必要な条件が異なるので、どんなものを用意すればいいのか事前に確認する必要があります。予約時の電話でエサ、仕掛けはどこまで自分で用意する必要があるのか、お願いする場合はどの程度の料金になるのかを確認しておきましょう。カゴ、オモリ、天秤は単価が高く根掛かりでロストする可能性があるので、事前に用意となった場合は号数も確認しておいてください!

クーラーボックスについて

クーラーボックスも船宿によってルールに若干違いがあります。〇〇リットルまでは持ち込みOK、基本的には持ち込みNG、制限なしとさまざまなので、事前に条件を確認をしておきましょう。生簀や船の大型クーラーを共有で使うスタイルの場合は、自前のクーラーは車に積みっぱなしでもOKです。対象魚のサイズによって必要なクーラーのサイズが変わるので、釣具店で相談しながら選ぶのがおすすめ。持ち帰って美味しく食べるためにも、クーラーボックスは船釣りスタート時に購入するものとしてチェックしておいてください。

3.船釣り初心者チェックポイント:タックル、ライフジャケットの準備について

タックルと竿掛けは貸し道具がおすすめ!

予算のかかるタックル、竿掛けはレンタルから始めるのがおすすめ。どんな釣りなのか、どんなものが地域に合っているのかを体験してから、自分に合ったものを選ぶのがスムーズな購入方法です。同じ魚種を狙っていても船宿によって仕掛けの条件が異なる、というケースも多々あるので、気に入った釣りモノ、楽しく遊べる船宿を見つけてから、タックルと竿掛けの購入を検討してみてください。レンタルの料金、用意できる数は船宿次第なので、この部分も予約の電話でチェックです!

ライフジャケットの着用は義務!

ダイワ Wライフジャケット(ウエストタイプ) カモ柄 DF-2207 (自動膨張式ライフジャケット 国土交通省型式承認品 小型船舶用救命胴衣 TYPE A タイプA 桜マーク)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

2018年からライフジャケットの着用義務ルールが拡大され、国土交通省認定の認定を得ている製品、桜マークの付いているライフジャケットが必要になりました。船釣りでは、桜マークかつタイプAというカテゴリーの製品を用意する必要があります。大手メーカー製、船釣り向けのものであればほとんどの製品はこの条件をクリアしていますが、極端に安いノーブランド系のアイテムはNG。魚種を問わず船釣りをする上で必ず必要になるものなので、こちらも事前に自前を購入しておくのがおすすめ!船宿でレンタルする方法もあります!

4.船釣り初心者チェックポイント:当日の服装!

夏は日焼け対策を意識した服装!

船釣りの服装についてです。移動中の水しぶき、船内の床に海水が流れるケースがあるので、上下だけでなく足元も汚れてもいいものを用意するのが絶対。エサや魚の汚れが付くケースもあるので、釣り専用のものを作るのがおすすめです。夏は日焼け対策としてラッシュガードをインナーに短パン、ポロシャツ、帽子とラフにまとめた服装が近年のトレンド。足が濡れても構わない場合は、クロックス系の靴を選択すると快適です。沖は日差しが強いので、真夏は日焼け止めを塗って対策してください!

冬は寒さ対策を意識した服装!

【ダイワ(Daiwa)】DJ-9007 ボアフリースジャケット
楽天で詳細を見る

冬は寒さ対策が必須。どの程度風があるのか、天候の状況は沖に出てみないと分からないので、脱いだり着たりしてある程度調整できるような服装がおすすめです。防寒系のインナーにスウェット等のラフなミドラー、防寒とレインを兼ねるようなアウターを基本に、一枚プラスできるものを持っていくとバッチリ。ソフトシェル系、フリース系を用意しておくと、早朝は4枚、日が出て気温が上がってからは3枚と調整できます。靴は濡れても寒くない、長靴系を選んでおきましょう!

5.船釣り初心者チェックポイント:雨の対策!

雨が降っても出船

強風、高波を伴う場合は出船中止となりますが、雨が降っていても釣りができる範囲と判断した場合は出船になるケースがほとんどです。前日の夜に連絡、急に天候が崩れた場合は当日港で解散、というケースもあります。雨が降っても楽しめるように、タオルは多めに用意して出船に備えておきましょう。予備のタオル、着替えと合わせて、後述する防水系のアウターを車に積んでおくと非常に便利です!

雨対応の釣り向けアウターを用意しておこう!

ダイワ(Daiwa) DR-36008 レインマックス レインスーツ L
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

船釣り用、釣り具メーカーが展開しているアウターは防水性能に優れるものが多く、小雨程度であればほとんど気にならないので、こちらも船釣りを始めるために用意するものの1つとしてチェックしておきましょう。晴れていても移動時の水しぶき対策、船揺れ時の波濡れ対策として活躍します。春秋向け、冬向けとあるので、季節に合ったレインスーツをチェックしてみてください!

6.船釣り初心者チェックポイント:出船までの流れ

集合場所は要確認!

出船までの流れについてです。予約後は何月何日、何時に集合という連絡が来ますが、集合場所については要確認。地方の港で〇〇丸の前に車を止めて、と言われると、暗い時間に知らない港で船を探すことになります。初めてであることを伝えて、大体どのあたり、という部分は確認しておくようにしてください。集合時間30分前について荷物の準備、出船名簿を書いて荷物の積み込み、とできると非常にスムーズ!座る場所はくじ引き、先着順と船によってさまざまですが、初心者の方の席は船長に任せて、船長が見やすい場所、揺れにくい場所としてもらうのがおすすめです!

トイレと買い物、酔い止め忘れずに!

【第(2)類医薬品】アネロン 「ニスキャップ」(6カプセル)【アネロン】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

トイレと朝食、飲み物の購入は港に向かう道中でコンビニによるとスムーズ。集合時間30分前到着を目標に出発する場合は、10分ほど買い物時間を作って予定を組むのがおすすめです。トイレは船内にも用意されている場合がほとんどですが、揺れがあるので使いにくいです。酔い止めは製品によって推奨されている服用のタイミングが異なるので、ベストな時間が釣行時間になるように調整して飲んでください!

7.船釣り初心者チェックポイント:タナ調整と仕掛けの回収

タナ調整が釣果アップのポイント!

岸釣りに比べて水深のある沖釣りは、どの水深に仕掛けを流すのかが非常に重要!仕掛け投入後はラインの色やリールの表示を参考に、タナ調整を行いましょう。ポイント到着後、船長から投入の合図、水深と狙うタナのアナウンスがあるので、慣れないうちはアナウンスに集中、聞き終わってからゆっくり仕掛けを投入とするのがおすすめです。

仕掛け回収のコツ!

仕掛けを手元に回収する動作は、船釣りへの慣れが必要になる最初のポイント。船の高さをイメージできず、巻きすぎてしまう方が多いです。竿を竿掛けに掛けて、仕掛けの一番重い部分、カゴやオモリが海面に見える程度のところまでラインを回収、竿掛けのホールドはそのまま竿を立てて、重い部分をエサカゴや船べりにおいてから、糸を手繰って仕掛けを回収とするとトラブルが少ないです。魚が掛かっている場合もこの手順でOK、魚を海面で逃さないためにも、この手順はスムーズに行えるようイメージしておきましょう!

8.船釣り初心者チェックポイント:釣れない時間に意識するポイント!

エサがない時間を減らす

釣れない時にチェックしておきたいポイントもご紹介!1つ目は「エサが無い時間を減らす」です。船釣りは手元に魚のアタリが伝わるケースが少なく、竿を動かせない小さな魚のエサ取り、外道が掛かるアタリを認識できないことも多いです。エサが無い、劣化している状態で釣りを続けるのは釣れない原因に繋がるポイントなので、釣れないと感じているときも、マメにコマセを入れなおす、エサを付けなおすのが釣果アップのポイントです。基本的なことですが、釣れない時間、雨風で釣りにくい時は集中力が低下しがち!分かりにくい場合は時間を決めて、定期的に仕掛けの上げ下げをしてみてください!

誘いは複数のパターンを試す

誘いはエサ釣り、ルアーとも非常に重要なポイント。釣れない時は、同じ誘いを繰り返すよりも複数のパターンを試してみるのがおすすめです。糸を張って竿を大きく上げる、戻す、これだけでも誘いになるので、初心者の方も是非試してみてください。潮の流れや船の動きだけに任せず、釣れない時間を打破しましょう!

船釣り初心者も事前の予習でバッチリ楽しめる!

しっかり準備して当日に備えよう!

しっかり準備しておけば、初心者の方が一人で出かけてもバッチリ楽しめる船釣り。岸からの釣りでは狙えない大型、沖釣りならではの魚種を楽しむことができます。雨に対応できるアウターがあれば、服装はラフなものでOK!しっかり準備して、初めての沖釣りを満喫してください!

船釣りが気になる方はこちらもチェック!

船釣りが気になる方は、下記のリンクをチェック!2019年新作クーラーボックス 、シマノ「インフィックス」とダイワとシマノのおすすめ厳選40選をご紹介します。クーラーボックス、ライフジャケットの道具関連は事前の用意がおすすめ!是非こちらも合わせてチェックしてみてください!

Thumbシマノ「インフィックス」!大手メーカー製のハイコスパクーラーボックスをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
インフィックスは、シマノの入門向け中型クーラーボックスです。サイズ、保冷力とも入門には十分な...
Thumb釣りクーラーボックス決定版|ダイワとシマノのおすすめ厳選40選! | 暮らし~の[クラシーノ]
シマノとダイワを中心におすすめの釣りクーラーボックスについての説明と40点の商品のまとめです...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ