バーベキューで活躍するコールマンのコンロはどれ?シーン別のおすすめをご紹介!のイメージ

バーベキューで活躍するコールマンのコンロはどれ?シーン別のおすすめをご紹介!

バーベキューを手軽にするにはコンロがあるととても便利ですね。人数やシーン別で向いているバーベキューコンロの種類は変わってきます。種類が豊富なコールマンならガスや炭と燃料も選べます。釣りやアウトドアにおすすめなコールマンのバーベキューグリルを紹介します。

2019年07月14日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. コールマンについて
  3. はじめてのバーベキュー向き定番サイズコンロ
  4. コールマンのバーベキューコンロ9選1.
  5. 大人数のバーベキュー向き大型コンロ
  6. コールマンのバーベキューコンロ9選2.
  7. コールマンのバーベキューコンロ9選3.
  8. コールマンのバーベキューコンロ9選4.
  9. コールマンのバーベキューコンロ9選5.
  10. コンパクトさが人気のバーベキューコンロ
  11. コールマンのバーベキューコンロ9選6.
  12. コールマンのバーベキューコンロ9選7.
  13. コールマンのバーベキューコンロ9選8.
  14. コールマンのバーベキューコンロ9選9.
  15. まとめ

はじめに

釣りにキャンプに活躍のコールマングリル

釣りやアウトドアなどで焼肉などをしてみんなでいただくバーベキュー。網と簡易的な釜を作っても良いですが専用の道具があればわざわざ焼肉をするのに手作りする手間は必要はありません。便利な道具があるのですから積極的に使用してもっとバーベキューを手軽に楽しみましょう。今回は選択肢が豊富なコールマンのバーベキューコンロの中からキャンプや釣り・焼肉をする人数などシーンに合わせたおすすめ商品を解説します。

コールマンについて

コールマンというメーカー

1900年代ころにガス式ランプの製造・販売からはじまったのがコールマン。現在ではNewell Brands傘下でキャンプマーケットをはじめとするアウトドア用品の製造をおこなっています。

コールマン|Coleman

コールマンのアウトドア道具の特徴

コールマンのキャンプ・アウトドア道具といえば日本でもアウトドア好きな人ならほとんど知っているといっても過言ではないでしょう。歴史が古いメーカーであるということもありますが、品質の良さで安定した道具つくりを続けているせい。堅ろうでコスパの良さが人気です。

コールマンのアウトドア商品ラインナップ

テントやアウトドアワゴン・バッグのような布製品からコンロ・グリルやランタン・テーブルなどのステンレスをはじめとする金属製品。大きな道具から小物まで非常に多くのアウトドア道具を扱っています。

コールマンの代表的な商品

コールマンにはファンの方も多く〇〇ならコールマン製だろうという方も多くいらっしゃいます。コールマンのはじまりともいえるガス式ランタンをはじめとしてどれも代表的な商品といえるのですが、今回のスポットとなっているグリルやコンロもそのひとつ。燃料がガスと炭という2つの中から選べるのが受けています。

コールマンコンロはガスと炭用の2種類

ガスと炭用がそれぞれ存在するコールマンのコンロが人気なのは、どちらの燃料もキャンプでおこなうバーベキューでは便利なものであるからです。ガスは後片付けが簡単で、安定した火力が約束されています。一方炭は灰が出たりと片付けの手間はかかりますが、遠赤外線効果で焼肉がおいしく焼ける約束された燃料です。どちらも持っているという人が多いのは、ガスも炭も選びきれない良さがあるからです。

はじめてのバーベキュー向き定番サイズコンロ

コールマンというメーカーとそのコンロの良さをお話したところで、早速釣りやキャンプ・バーベキューの規模などのシーン別におすすめの焼肉用グリルの紹介をしていきましょう。

家族やごく親しい人とのはじめてのバーベキュー

最初に見ていただくのは比較的少人数用の入門ともいえるコールマングリルです。大人数でのバーベキューはアウトドアクッキングに慣れたバーベキューの猛者もいらっしゃり自分でグリルを用意する必要もなく、家族なごくごく親しい人たちとはじめてバーベキューをするというとき初めてバーベキューコンロを選ぶこととなるでしょう。

キャンプにも使いやすい定番サイズの3-4人用

はじめてのバーベキューということで使用人数は3-4人程度であるのがほとんど。小型で持ち運びしやすいサイズでしょう。ソロではこれほど大きなものは必要ありませんが、自宅の庭で家族でおこなうバーベキューには大活躍してくれそうな大きさです。

釣り後のバーベキューにも小さなサイズがおすすめ

またこの大きさの特徴として川辺や海で釣りをしながら焼いて食べるという目的でも利用しやすいのが特徴。他に荷物もたくさんありあまり大きなものでは持ち運ぶのも大変です。このくらいの小ささがおすすめ。

コールマンのバーベキューコンロ9選1.

片付けやすく錆びにくいステンレス製の少人数バーベキューに向いているグリルはこちら。コールマン クールスパイダーステンレスグリル 170-9309です。

コールマン クールスパイダーステンレスグリル

コールマン クールスパイダーステンレスグリル 170-9309
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

使う時に広げてもサイズは51×52センチで高さ約70センチほど。焼肉を焼きつつおしゃべりをして箸を伸ばすのにちょうどよいサイズと感じるのではないでしょうか。足の高さは調整可能ですので参考までに。

小規模なキャンプや釣りに3~4人用のグリル

出典: https://www.amazon.co.jp

このステンレスグリルを使用しておこなうバーベキューの様子は画像のように串焼き3本で網の6割程度。あとは野菜や釣りでゲットした魚などお好みのものを横で焼くのも可能です。

ステンレスグリルとバッグのセットもおすすめ

コールマン バーベキューコンロ セット クールスパイダーステンレスグリル レッド + BBQキャリーバックM ブラック 170-9367 + VP160509E01 coleman
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

収納したときのサイズは50×34×13センチ程度。丸のまま車に乗せることも可能だけれど、セットでバッグが売られているのでこちらも揃えておけば収納・保存時に便利です。きちんと四角くセットのバッグに収まるので持ち運びにもパーツ紛失も防げます。

ステンレスグリルはセット販売も要チェック

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらのステンレスグリルは炭を燃料とします。炭を起こすとき便利なのがチャコールスターター。はじめて炭に火をつけるという方はこちらのセットがおすすめ!

大人数のバーベキュー向き大型コンロ

大型バーベキューコンロならコールマングリル

大きなサイズといえば燃料は炭が多いですが、コールマンにはガス式のグリルもあります。多人数でやるバーベキューコンロの燃料で悩んでいる方こそ、コールマンのラインナップを覗いて見てはいかがでしょうか。

キャンプや釣りでの人数目安は5-6人用

多人数用とされるのは5-6人用。少ないように感じるかも知れませんが、幅もワイドになりけっこうな量を焼けますので人が多く集まったときの焼肉にも安心です。

シンプル大型がコールマングリルの特徴

形が大きいものはたくさんありますが、デザインがシンプルで焼肉をする網や鉄板部分が大きいものが理想的。形がシンプルなものが多いコールマン製はこのニーズに合うでしょう。

コールマンのバーベキューコンロ9選2.

ガス燃料で焼く大型のバーベキューコンロといえばコールマンのロードトリップグリルLXE-J2がおすすめです。付属品やオプションも揃っており焼肉だけでなく鉄板焼きや魚焼きにも向いています。ガスなので手軽に使えるのもポイント。

コールマン ロードトリップグリルLXE-J2

コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066 【日本正規品】 [5~6人用]
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ご覧のようにキャスターや持ち手がついており移動もラクラク。蓋付き、サイドテーブルにガスだから焼肉だけでなく火力調整でいろいろなキャンプクッキングにも使えます。サイズは約118×46×高さ112センチ。

クロスした脚が釣り場にも安定して使える

出典: https://www.amazon.co.jp

堤防などのコンクリートの足場なら良いですが、下が石でゴロゴロしているという場所での釣りやキャンプには安定した脚がついているものがおすすめ。

ガスや付属品とコンロのセットは便利

出典: https://item.rakuten.co.jp

はじめてこのコンロを買うというときは、ガスや網、鉄板などセットになったものを買えば追加購入の手間がはぶけます。豊富な調理の仕方に対応できるコンロだから、オプションがあった方が調理担当をしている方から便利!と感謝されることうけあいです。

コールマンのバーベキューコンロ9選3.

コールマン クールスパイダープロ/LX

Coleman(コールマン) クールスパイダープロ/LX レッド 2000021953
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サイズは使用時で約80×60センチで高さは70と40センチに調整可能です。同じようなデザインの3-4人用と比べると幅が30センチ奥行きが10センチくらい大きくなっており、かなりたくさんの材料を乗せるこどかできます。

高さがあると渓流釣り&バーベキューにも便利

出典: https://www.amazon.co.jp

石がゴロゴロしており、椅子を設置して座ることが難しい場所でのバーベキュー。立って調理・飲食するのにちょうど良いサイズの道具が活躍します。その他の場所でも低く調整可能だから安心!

椅子とセットで快適焼肉・バーベキューを

出典: https://item.rakuten.co.jp

椅子を用意してバーベキューをするときも道具の高さと椅子の高さが合っていないと非常に食べにくく、いくら良いグリルだからといっても使い方が限られてしまいます。椅子とセットならそんな心配はありません。ゆっくり腰を落ち着かせて色々焼きたい時はこんなセットを。

コールマンのバーベキューコンロ9選4.

コールマン クールスパイダーステンレスグリルG

Coleman(コールマン) クールスパイダーステンレスグリルグランデ+クールスパイダー プロ Lケース【お買い得な2点セット】 レッド 170-9430
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サイズは約80×52×70センチ(高さ調整40センチも可能)でスパイダープロと比較して奥行きがやや狭いことを除きほぼ同じくらいですが、大きな違いは炭用の引き出しが1つになっていること。細かく右と左で分けたい人はスパイダープロも良いですが、何回も引き出しの開け締めする手間を省きたい人にはグランデがおすすめ!

ワイドサイズがキャンプや釣りに大活躍

出典: https://item.rakuten.co.jp

材質はお手入れしやすいステンレス。コールマンはステンレス製がほとんどなので、少し無骨な印象を受ける人も多いでしょうが使っていて飽きが来ない使いやすさが人気です。

ワイドだから鉄板もセットで揃えたい!

出典: https://item.rakuten.co.jp

グランデにはジャストサイズの鉄板が豊富にオプションとして用意されています。網面の2/3くらいを覆うものから、もっと小さなサイズまで。幅が広いコンロなので網焼きと鉄板焼きの好みに合わせてオプションもセットで揃えたいですね。

コールマンのバーベキューコンロ9選5.

コールマン クールスパイダープロL

COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 バーベキューグリル キャンプ用品 クールスパイダープロ/L 2000010394
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらもステンレス製のコールマンのグリル。サイズはグランデとまったく同じでカラーリングも一緒だと分ける理由は?と謎な方もいるでしょう。画像奥に見えるハンドルに注目してください。これによって網の高さが調節可能なので、弱火焼きにも対応できます!

河原での釣りバーベキューにちょうど良いサイズ

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらも網を取り外さなくても燃料補充できる引き出し式で便利。バーベキュー中に火が弱くなったから肉や野菜はあるのに終了では寂しすぎますね。まだ材料が乗っている網ごとおろして炭を入れ替えるのも面倒です。その点コールマンの引き出し式はとても便利ですよ。

クールスパイダープロL用のセットはバッグ付き

出典: https://item.rakuten.co.jp

大きなものだからバッグがセットになるととても持ち運びに重宝します。網や引き出しが可動するので、その固定の意味でもバッグは持っていたいもの。

コンパクトさが人気のバーベキューコンロ

大型グリルだけがコールマンじゃない

コールマンのグリルは5-6人用の大きなものがメインアイテムであるのはなんとなくお気づきの方も多いでしょう。求められる方が多いのはその大きさであることは間違いありませんが、それだけでなくもっと小さく、持ち運びやすくというニーズにもきちんと答えてくれる商品があります。

デザインも面白いものが多いコールマングリル

このラインナップの特徴はデザイン性にも少し変わった面白いものが多いこと。丸い蓋付きのグリルなら蒸し焼きや燻製などにも使えます。

コールマンのグリルとケースセットは持ち運びも楽

形が変わっているだけにちょうど入るバッグやケースを別で探すとほとんど見つかりません。その点でも考えられていて、ちょうど入るおしゃれなケースもセット販売として用意されているのにご注目ください。

コールマンのバーベキューコンロ9選6.

コールマンクールステージ テーブルトップ グリル

コールマン バーベキューグリル フォールディング クールステージ テーブルトップ グリル レッド 2000031236 coleman od
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

コールマンの定番のステンレスコンロの足を短くしただけと思ったらちょっと違います。サイズは約40×28×17.5センチと非常にコンパクト。ソロキャンプ用や庭でちょっとした焼肉を焼くのにも向いています。

アウトドアの道具はコンパクトさも重要

出典: https://www.amazon.co.jp

この製品の特徴はコンパクトに折り畳めること。折りたたんだ時の高さは10センチにも満たないという嬉しい設計です。できるだけキャンプ道具は小さくしたいという人なら、このコンロがおすすめ。

テーブルとセットで使いやすさアップ

出典: https://item.rakuten.co.jp

テーブルの上で使うことを想定して作られているコンロ。他のコールマンのフラットテーブルでも良いのですが、専用のテーブルもあります。こちらとセットで持っていれば上に乗せても焼面をテーブルと同じ高さにしたいときにも使えるので手がとときにくいお子さんとのバーベキューに便利です。

コールマンのバーベキューコンロ9選7.

コールマン パックアウェイグリルII

Coleman(コールマン) パックアウェイグリルII(スカイ) 2000027317ブルー バーベキューコンロ クッキング用品 バーべキュー バーベキューグリル バーベキューグリル卓上式 アウトドアギア
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サイズは直径28.5の高さ21cm。少し小さく2人分くらいの丸いコンロです。こちらは新番でツートンカラーになっていますが、旧版であれば水色の他ベージュや黒など単色のカラーリングもあります。大きさは一緒ですので、お好みで選ぶと良いでしょう。

持ち運びしやすいアウトドア調理道具

出典: https://www.amazon.co.jp

脚部分は着脱可能。取り外してまとめると高さ5センチくらいに収まってしまいます。専用バッグもおしゃれなボーダーに大きくコールマンとロゴが入っていて素敵ですね。

鉄板とセットで焼肉の幅が広がる

出典: https://item.rakuten.co.jp

網もそうですが、鉄板も丸いものだとなかなかちょうど良いものが見つかりません。買う時にはオプションの丸い鉄板も一緒にセットにしておくと焼肉だけでなく焼きそばや他の炒めものにも利用できるでしょう。

コールマンのバーベキューコンロ9選8.

コールマン 携帯 チャコールグリル

バーベキューコンロ コールマン 携帯 チャコールグリル ストーブ コンロ Coleman Fold N Go Charcoal Grill 2000006920
楽天で詳細を見る

これがコンロ?と疑ってしまいそうなコンパクトな形をしたコールマンのグリルです。サイズは33センチ四方の高さ23センチ。中には網がセットされその下に煉炭などを入れることができ、下の穴からチャッカマンなどを利用して火を付けて使います。

手軽な釣りやアウトドアバーベキューに最適

出典: https://item.rakuten.co.jp

横のレバーを操作するとパカッと2つに分かれて画像のようなグリルの形に。小型ですが左右に分かれることで結構たくさんの焼き物料理を作ることができますよ。

一緒にあると便利なアウトドアクッキングセット

出典: https://item.rakuten.co.jp

アウトドアで料理をするときにも道具は家用と同じようなしっかりとしたものを使いたい。そんな方におすすめのセットがキッチンツールとケースです。アウトドア料理好きな方へのプレゼントにも喜ばれるでしょう。

コールマンのバーベキューコンロ9選9.

コールマン ボネスコ LC 3000002580

コールマン ボネスコ LC 3000002580 nocu キャンプ用品 バーベキューグリル BBQ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

炭を入れる部分と灰が落ちて片付け安い引き出し。熱を逃さず広がって使いやすい丸い調理部分に蓋。移動用に大きなタイヤまでついているのがこのボネスコ LC 。利用目安は3人前程度で丸い蓋がついているので燻製にも便利です。

大型でありながら移動も楽なバーベキューコンロ

出典: https://www.amazon.co.jp

形はこのままですが、はじめから必要最低限のサイズに調整されていることから移動を楽にしてくれる持ち手とタイヤがついているだけで十分だと感じるでしょう。

まとめ

コールマンで釣りやアウトドアバーベキューを

出典: https://www.amazon.co.jp

歴史あるアウトドア用品のブランド・コールマンのバーベキューグリルをご紹介してきましたがいかがでしたか?似たようなデザインも多いですが、それぞれサイズが違ったり引き出しの仕様が変わっていたりと個性があることがわかります。自分のニーズや使うシーンにあったコンロ選びの参考にしてくださいね。

コールマンが気になる方はこちらもチェック

その他コールマン製品について気になる方はこちらの記事もご用意しています。是非ご覧いただけますと幸いです。

Thumbコールマンのガソリンランタン明るさや燃焼時間を解説!初心者でも使える? | 暮らし~の[クラシーノ]
コールマンといえばアウトドア好きなら誰もが知る超有名アウトドア用品ブランドです。そんなコール...
Thumbコールマンのワンタッチテントが人気の理由は?設置や収納が簡単なテントをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はコールマンから販売されているワンタッチテントの人気の理由から、コールマンの評判の良い設...
Thumbコールマンのテーブルの種類は?限定モデルなど用途に合わせたおすすめをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はコールマンのテーブルの種類と用途に合わせたおすすめを紹介します。コールマンのテーブルに...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ