ルイガノのロード・クロスバイクの評判は?'18最新モデル含めて徹底解説!のイメージ

ルイガノのロード・クロスバイクの評判は?'18最新モデル含めて徹底解説!

どちらかというと人気がないルイガノのロード&クロスバイク。ルイガノのロード・クロスバイクの評判はなぜ低いのでしょうか?ここではルイガノの評判、性能、デザインなどから乗るべきか、乗らないべきかを検証します。ロード&クロスの購入を検討されている方は必見です。

2018年10月18日更新

山口 徳成
山口 徳成
キャンプや登山、自転車にフィッシングなどのアウトドアギア・ファッション関連が得意分野。実践経験と最新情報の調査によって商品の比較やリアルな口コミまで、商品の魅力を読者にわかりやすく届けられるようにライティングを行なっています。少しでもアウトドアライフの役に立つ情報を発信できれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. LOUISGARNEAU(ルイガノ)とは
  2. ルイガノのロードバイクの評判
  3. ルイガノのクロスバイクの評判
  4. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:1
  5. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:2
  6. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:3
  7. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:4
  8. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:5
  9. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:6
  10. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:7
  11. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:8
  12. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:9
  13. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:10
  14. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:11
  15. ルイガノおすすめロード・クロスバイク:12
  16. 最後に

LOUISGARNEAU(ルイガノ)とは

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノは、カナダにあるメーカーです。かつて自転車のトラックレーサーだった創始者であるルイガノーによって、創立した自転車用品メーカーです。元はサイクルウェアの販売からスタートし、その後自転車用ヘルメットを制作。本拠地であるカナダをはじめ北米市場で大きな成功を収めました。
 

出典: http://www.louisgarneausports.com

日本におけるルイガノは、街の自転車屋さんでお馴染みの「サイクルベースあさひ」が商標使用許可を得て、有限会社アキコーポレーションが日本国内向けにプロダクトデザインを2017年まで行っていました。2018年からはサイクルベースあさひが総販売代理店となり、街乗りに最適な「ルイガノ」と、スポーツラインの「ガノー」の2つのブランドでラインナップしています。

ルイガノのロードバイクの評判

あんまり良くないロードバイクの評判

出典: http://www.louisgarneausports.com

最近では弱虫ペダル等に代表される自転車乗りをモチーフとした漫画やアニメで、ロードバイクに乗るサイクリストも爆発的に増えました。数あるロードバイクメーカーの中でも、サイクリスト達の間でルイガノの評判は決して良くはありません。
 

ルイガノロードは知名度が低い?

出典: https://www.amazon.co.jp

弱虫ペダル「真波山岳(まなみさんがく)」

箱根学園2年生。愛車はLOOK。主人公のライバル選手。

例えば「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道が乗るロードバイクは、スイスの老舗自転車メーカーBMC、同じく総北高校の仲間たちの乗る自転車メーカーも、SCOTT(スイスのメーカー)、PINARELLO(イタリアのメーカー)などヨーロッパメーカーや、TREKやSPECIALIZEDなどアメリカメーカーばかり。いまひとつ知名度が低いのかもしれません。ルイガノが弱虫ペダルに登場するのはわずかで「真波山岳(まなみさんがく)」が委員長と行ったレンタルサイクル屋で借りた自転車がルイガノ。弱虫ペダルでは残念ながらほんのちょっとしか登場していません。
 

ルイガノロードはライセンス生産されているから?

出典: http://www.louisgarneausports.com

先述しましたがルイガノは、日本のアキコーポレーションがプロダクトデザインをしていました。つまりカナダ本国で作られているロードバイクでは無いから、評判が低いとも言われています。日本でデザイン設計され、生産されている自転車はルイガノばかりではありません。クラシカルな自転車で人気のラレーも日本の大阪の自転車メーカーがライセンス生産しています。日本でライセンス生産されているからと言う理由で、評判が良くないのはどうにもかわいそうな気がします。
 

本来の自転車メーカーではないから?

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノはもともとサイクリングアパレルを生産しており、自転車の販売生産は近年になってからなので、良い自転車では無いだろうと言う評判も聴きます。ですが異業種から自転車業界に入ってくるメーカーは何もルイガノばかりではありません。GIANTは1969年に起こった台風被害に遭い、うなぎの養殖から自転車業界に参戦していますし、LOOKや、SCOTTは、スキー用品のゴーグルの生産からスタートしています。ルイガノが本来自転車メーカーでは無いから、と言う理由で、評判が低いのはどうにも筋が違う気がしますね。
 

ルイガノロードは評判どおりなのか?

出典: http://www.louisgarneausports.com

ではやはり評判の低いルイガノの自転車は乗るべきではないのでしょうか。ルイガノの得意とするのは軽量のアルミフレームを利用し、初心者の方でも扱いやすく、手に届く値段の自転車を販売することです。確かにベテランになってくるとルイガノのアルミフレームでは物足りなくなると思います。しかしながら他メーカーのエントリーモデルの自転車と比較しても、決して劣るものではありません。

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノのロードバイクは、ほとんどがアルミフレームです。しなやかなアルミフレームは、スピードよりも乗り心地の良さに注目です。しかしながら、これからロードバイクに乗ろうと言う初心者の方や、カジュアルにロードバイクを楽しみたいという方にはぴったりです。特に街乗りには最適です。

ルイガノのクロスバイクの評判

ロードと打って変わり評判の良いクロス

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノのクロスバイクの評判はどうなのでしょうか。実はロードバイクと打って変わり、クロスバイクの評判は悪くありません。特にこれからスポーツバイクを始めようとする、初心者の方の評判が良いのが特徴です。ファッション性に優れている為、普段着で乗る街乗りにこそおすすめ。カジュアルに自転車を楽しみたい方にぴったりなクロスバイクなのです。

ルイガノのクロスバイクの良さ

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノのクロスバイクの良さは、カジュアルなデザインとコストパフォーマンスの良さです。60,000円程度の価格帯ながら、他のメーカーと比較しても性能は劣ることなく、むしろ性能は高い方です。その上普段のファッションにも合わせやすいカジュアルデザイン、街乗りをメインとしたクロスバイクを求めている方には、ちょうど良いモデルばかり。さらに2018年モデルは、街中にこそふさわしいアーバンライドをコンセプトにしており、おしゃれなクロスバイクをお探しの方にこそふさわしいクロスバイクになっています。

出典: http://www.louisgarneausports.com

2018年はロードバイクをルイガノではなくガノーに譲り、ロードバイクのラインナップはありません。ここでは2017年モデルの中から、エントリーモデルとしてぴったりなルイガノのロードバイクに、2018年モデルからは、おすすめのクロスバイクをご紹介します。

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:1

CTR COMP

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノ2017年最上級モデルであるCTR COMPは、しなやかで軽いアルミフレームを採用し、街乗りの楽しさから、ロングライドまで楽しむことができるロードバイクです。車体重量も10kg以下と軽量で、走行性能も高くシマノ製ロード用コンポを搭載。カラーリングもおしゃれな3色展開。「弱虫ペダル」に影響され、これからロードバイクに乗ろうという、サイクリスト初心者の方にもちょうど良いスペックを持つルイガノのロードバイクです。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:2

CTR

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノ2017年モデルCTRは、最上級モデルであるCTR COMPのコンポのグレード下げることにより、お求めやすい価格になったサイクリストのエントリーモデルとしてぴったりなロードバイク。街乗りはもちろん、ロングライドも楽しめる一台に仕上がっています。走行性能も高く車体重量も10kg以下と軽量で、スピードに乗った走りも楽しめます。カラーリングは2種類。都会的で洗練された色合いは、普段着のままサイクリングを楽しみたい方におすすめです。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:3

CLR

出典: http://www.louisgarneausports.com

「弱虫ペダル」に影響され、これからロードバイクが欲しいという方に。100,000円以下のアルミフレームロードバイクとしては、かなりおすすめの1台。ルイガノ2017年モデルCLRは、走行性能も高い上位モデルと同じアルミフレームを使用し、その分初心者サイクリストに合わせたコンポを採用することにより、グッとお求めやすい価格になっています。サイズは5種類、カラーリングも3種類あり、乗りやすいロードバイクをお探しの方におすすめの1台です。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:4

CR07

出典: http://www.louisgarneausports.com

足つきの良いロードバイクは、ストップアンドゴーの多い街中にこそ、威力を発揮します。ルイガノの2017年モデルCR07は、トップチューブの後ろ側を低くしたデザインなので、足つき性に優れたロードバイク。初心者サイクリストにも、高い走行性能と乗りやすさだけでなく、自転車本来が持つスピード感や、乗り心地の良さ、ハンドリングのしやすさなどが体感できる設計になっています。車体重量が10kg程度。さらに価格は80,000円程度と、「弱虫ペダル」に影響され、これからロードバイクが欲しいという初心者サイクリストにぴったりです。

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:5

WR

出典: http://www.louisgarneausports.com

レディースサイクリストの方は、ロードバイクの性能はもちろんですが、デザイン性も気になるところですよね。ルイガノのロードバイクは、実は男性サイクリストにはあまり評判が良くないのですが、女性サイクリストには評判が良いのです。その理由は色使いなどのカジュアルなデザインの良さにあります。ルイガノ2017年モデルWRは、おしゃれなレディースサイクリストにピッタリな1台。黒とピンクを基調としたおしゃれなデザイン。もちろんスペックもしっかりとしています。コンポはシマノ製105、しなやかで軽量な(10kg)アルミフレーム、ホイールもシマノ製の中グレードホイールを採用。15万円程度で、街乗りからロングライドまで、ロードバイクの楽しさが10分楽しめる1台です。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:6

WSR

出典: http://www.louisgarneausports.com

「弱虫ペダル」に影響され、ロードバイクが欲しいという女性に。シマノ2017年モデルWSRは、上位モデルと同じ軽量でしなやかなフレームにカーボンフォークを採用し、コンポをグレードダウンすることによってお求めやすくなった初心者レディースサイクリストにおすすめの1台。走行性能の良いキビキビとした走りと、ロングライドも楽しめるコスパの良いロードバイクです。カラーリングは2色展開で、どちらもおしゃれな色合い。10万円程度で手に入るコスパの良いロードバイクです。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:7

WCR

出典: http://www.louisgarneausports.com

「弱虫ペダル」に影響され、これからロードバイクが欲しいという方に。レディースサイクリストにぴったりなロードバイクは、ルイガノ2017年モデルWCR。90,000円程度のお値段ながら、街乗りからロングライドまでロードバイクの楽しさが十分に味わえ、おしゃれな女性にピッタリなカラーリング。走行性能の高いシマノ製クラリスを搭載し、キビキビとしたスピード感あふれる走りも楽しめます。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:8

LGS-L9

出典: https://item.rakuten.co.jp

「弱虫ペダル」に影響され、これからスポーツバイクが欲しいという初心者サイクリストにおすすめのクロスバイク。ルイガノ2018年モデルLGS-L9 は、60,000円程度とお求めやすい価格でありながら、しなやかで軽量なアルミフレームのクロスバイク。シマノ製ALTUSを装備し、カジュアルなデザインで街中でのキビキビとした走り、スムーズな操作感などスポーツバイクの楽しさが体感できる1台に仕上がっています。もちろんちょっとしたサイクリングにも。サイクリストエントリーモデルとしてふさわしい、カジュアルスタイルのクロスバイクです。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:9

LGS-L8

出典: https://item.rakuten.co.jp

おしゃれでポップなカラーリングが魅力的なルイガノ2018年モデルLGS-L8 。32Cの太めのタイヤを履いていることで、街中の段差も気にならない乗り心地の良さと安定感があるクロスバイクです。また小柄な女性でも乗りやすいサイズ(370mm)をラインナップ。そして街中にも映えるカジュアルで、ビビットなカラーリング展開(7色展開)で、おしゃれにカジュアルスタイルを楽しみたいサイクリストにおすすめです。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:10

LGS-R9.2

出典: https://item.rakuten.co.jp

2018年からはラインナップにロードバイクが無くなりました。そのかわりと言えば変ですが、ロードバイクにかなり近いクロスバイクをラインナップしています。「弱虫ペダル」に影響され、これからスポーツバイクが欲しいという方に。ルイガノ2018年モデルLGS-R9.2も、もちろんカジュアルでおしゃれなデザイン。軽量なアルミフレーム、カーボン製フォーク、シマノ製ロード用コンポ、ロードと同じ700Cタイヤと高い走行性能を持ち、街乗りからロングライドまで楽しめるカジュアルな1台に仕上がっています。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:11

LGS-M9

出典: http://www.louisgarneausports.com

ルイガノ2018年モデルLGS-M9は、マウンテンバイクに近いカジュアルスタイルのクロスバイクです。オンオフ問わず走れる27.5インチのオールラウンドタイヤに、フロントサスペンション、油圧ディスクブレーキなど走行性能にも優れています。街中にも映えるビビットなカラーリングで、カジュアルに自転車ライフを楽しみたい方におすすめです。価格も70,000円以下と、スポーツ自転車エントリーモデルとしてもおすすめです。
 

ルイガノおすすめロード・クロスバイク:12

LGS-T9.0

出典: https://item.rakuten.co.jp

2017年まではツーリングバイクも3種類ほどラインナップしていましたが、2018年になるとわずか1種類のみになってしまいました。2017年モデルGMT Vの後継機である2018年LGS-T9.0は、ルイガノの中でも数少ないクロモリフレームを採用し、長距離サイクリングから日本一周などの長期旅行生も可能にしている自転車です。2017年モデルとほとんど変更点はありません。八の字を描いた特殊なハンドルと、米式バルブ、シマノ製コンポ(DEORE LX (30 SPEED))など長距離走行に最適な性能を持っています。
 

最後に

louisgarneau.japanさんの投稿
38039107 225065041683348 3229254977784381440 n

いかがでしたでしょうか。ここではルイガノのロード&クロスバイクの評判や、ルイガノのおすすめモデルを2018年の最新モデルはもちろん、2017年モデルまでおすすめモデルをご紹介しました。弱虫ペダルに憧れて自転車ライフを始めてみようと思う方、ルイガノの自転車はカジュアルな見た目ですが、決して走行性能に劣っているわけではないので、コスパの良い自転車として非常におすすめです。ぜひあなたもルイガノ自転車で、楽しい自転車ライフを送ってくださいね。
 

ルイガノが気になる方はコチラもチェック

Thumbおしゃれなクロスバイクならルイガノ!最新から定番までまとめてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
皆さんがクロスバイクに求めるものとは何でしょうか。ここではおしゃれを求める方におすすめするル...
Thumbルイガノの子供向け自転車おすすめ11選!安心安全な自転車デビューを! | 暮らし~の[クラシーノ]
お子さんをお持ちのお母さん、お父さん、子供向け自転車を選ぶときどのような事にこだわって選んで...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ