チェーンリングの正しい交換方法!交換時期や調整、外し方まで徹底解説!のイメージ

チェーンリングの正しい交換方法!交換時期や調整、外し方まで徹底解説!

チェーンリングの交換方法をご存知でしょうか?チェーンリング交換をする際には、クランクを外さなければいけませんし、工具も必要ですので初心者には難しく感じるかもしれません。今回はそんなチェーンリングの交換方法、交換時期、外し方などを解説します。

2018年10月18日更新

SS
SS
皆さんが読みやすい記事を書けるように、心掛けていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. チェーンリングの交換方法は?
  2. チェーンリングとは?
  3. チェーンリングを交換する理由
  4. チェーンリング交換に必要なもの①
  5. チェーンリング交換に必要なもの②
  6. チェーンリング交換に必要なもの③
  7. チェーンリングの交換①クランクを外す
  8. チェーンリングの交換②リングを外す
  9. チェーンリングの交換③リングを付ける
  10. チェーンリングの交換④クランクを付ける
  11. チェーンがたるんだ場合は?
  12. クランクが外れにくい時は?
  13. チェーンリング交換の様子を動画で確認
  14. チェーンリング交換が不安な場合
  15. まとめ:チェーンリングの交換方法

チェーンリングの交換方法は?

t.kurimoto1140さんの投稿
20634922 131854847424432 7072109406044815360 n

ロードバイクなど、自転車に乗っている方であれば、チェーンリングの交換を自分でやってみたいと一度は思ったことがあるのではないでしょうか?自転車ショップに行けばプロの方にやってもらえますが、費用もかかりますし、自宅でささっと出来たら良いですよね。今回はチェーンリングの交換方法を解説しましたので、是非参考にしてご自分でやってみましょう。

チェーンリングとは?

リング状の部位

rockwell9977さんの投稿
26067108 162395711189922 3755386843751776256 n

チェーンリングとは、チェーンが引っかかっているギザギザした輪の部分になります。上記画像のチェーンリングは一枚だけですが、二枚あるタイプもあります。このチェーンリングはロードバイクなどでとても重要なパーツであり、高品質のものは、より走りやすくなります。このリングが交換時期を超えていると走行に支障が出てしまうんです。

チェーンリングは二種類ある

atsushi.kuota.trekさんの投稿
18512994 1849996835323596 3741835856860676096 n

ロードバイクなどをよく見てみると、二枚のリングが付いていたりします。それぞれ名前があり、外側のチェーンリングをアウターリング、内側のチェーンリングをインナーリングと言います。インナーリングの方が小さく、アウターリングの方が大きくなっていて、このどちらを使うかで走り心地が変わってきます。交換の際は、どちらか一方だけ交換することも出来ます。

チェーンリングを交換する理由

脚力により適したチェーンリングがある

yoshi._freedomさんの投稿
20225920 1254376018004960 3636402428447817728 n

チェーンリングを交換する理由はさまざまです。まず、自分により合ったリングに交換したいというのも理由の一つです。ロードバイクなどを購入した際に、元々チェーンリングはついていますが、大体の自転車には50×34Tあたりのものが付いてきます。これは一般的なものではありますが、体格によっては合わないこともあるのです。大きいものに変えれば脚力は必要となるもののスピードが上がります。適切なものに交換しましょう。

チェーンリングが壊れてしまう場合も

yuki09200208さんの投稿
16123557 247133675727171 894472444570501120 n

チェーンリングの交換理由として、交換時期前なのに壊れてしまうという場合も少なくありません。チェーンリングはいろいろな素材で作られていますが、曲がってしまったり、歯が欠けてしまうこともあります。そのまま乗り続けるのはもちろん危険なので、すぐに交換・調整をしましょう。緊急であればお店にお願いした方が良いですが、時間がある場合はご自分で交換してみましょう。

チェーンリング交換の時期

kei___allezさんの投稿
12407450 996037300432870 1327371286 n

最も多いケースが、チェーンリングの交換時期が来てしまった場合です。チェーンリングの交換時期は大体1万~2万㎞ほど走ると来ると言われているのですが、1万㎞と2万㎞ではかなり違いがありますよね?実は、これは走り方によって交換時期が早まってしまうことがあるからなのです。普通にロードバイクを楽しんでいるだけの方は2万㎞が目安となりますが、かなりパワフルな走り方をしている方は1万㎞が交換時期の目安となります。

チェーンリング交換費用を抑える方法?

tomukanoaさんの投稿
23967018 1948277345493668 6671193824078856192 n

チェーンリングの交換時期が来てしまったら、当然ですが交換費用がかかってしまいます。リングには高いものも安いものもありますが、出来れば費用を抑えたいところですよね。この費用を抑える小技として、「普段はインナーリングで走る」という方法があります。インナーリングの方がアウターリングより安い場合が多いので、特に問題ない限りはインナーリングを使った方が安上がりとなるのです。少しでも費用を抑えたい方は是非やってみて下さい。

チェーンリング交換に必要なもの①

5㎜の六角レンチ

まず用意するのが「5㎜の六角レンチ」です。チェーンリング交換に当たっては他にもいろいろな工具を使いますが、一番使うのはこの5㎜の六角レンチとなっています。お家にあればあるものを使って問題ありませんが、ある程度力をかける必要がありますので、上記ツイートで紹介されているY型レンチの方がおすすめです。Y型のものは非常に握りやすく、手も痛くなりません。余裕があれば購入しておきましょう。

トルクスレンチ

次に用意するのが「T30トルクスレンチ」です。自転車はよくいたずらをされてしまうものですので、その対策として「星型ネジ」が採用されており、シマノなどのものはこのT30トルクスレンチを使うことで取り外しが出来ます。年式によっては6角レンチのものもありますので、ご自分の自転車を見てみてどちらか確認しておきましょう。

ペグスパナ

レンチとセットで用意するのが「ペグスパナ」です。こちらはナットを押さえておく為のもので、ペグスパナが無くては上手く締め付けられません。シンプルな工具で価格も安価ですので、レンチを購入する際に一緒に購入しましょう。自転車ショップに行くとほぼ置いてあります。

シマノのホローテック2/4本アームクランクの場合

シマノ コッタレスクランク専用工具 [TL-FC10] BB取り外し Y13009010
Amazonで詳細を見る

様々なタイプがあり、シマノのホローテック2/4本アームクランクの場合はボルトが裏側に隠れています。その場合はクランクアームを外すことになりますので、クランクボルト取り外し工具も用意しましょう。こちらも価格は安価ですので気軽に購入出来ます。ここまでご紹介した四つの工具が、チェーンリング交換の為の基本的な工具です。

チェーンリング交換に必要なもの②

マイナスドライバー

yagichan_autoさんの投稿
27574402 1826683834072364 1524782551938367488 n

何かとあった方がいいものとしてマイナスドライバーがあります。実際に回す為に用意するというより、何かを外す時など、マイナスドライバーが役に立つのです。特殊なものを用意する必要はありませんので、既に持っている方はそれを使いましょう。出来れば細いものよりも、握りやすくて太いものがおすすめです。

ハンマー

inafukuyaさんの投稿
26863468 1759200127721210 7004137923633217536 n

マイナスドライバーと同じく、出来れば持っておきたいのがハンマーです。外そうとしても固くて中々外れない際に、軽く叩くだけですので、仰々しいハンマーは必要ありません。通常のハンマーは鉄などで出来ていますが、それだとリングなどを傷つけてしまいますので、当たる部分がゴムやプラスチックになっているものを選びましょう。ホームセンターで購入出来ます。

チェーンリング交換に必要なもの③

グリス

シマノ プレミアムグリス チューブ入り 100g Y04110200
Amazonで詳細を見る

交換する際に、ボルトやチェーン部分など何かとグリスを付けることになりますので、持っていない方はグリスも用意しましょう。おすすめは「シマノ プレミアムグリス」です。こちらは定番メーカーであるシマノが販売しているもので、安心して使用することが出来ます。自転車ショップでも販売していますが、ネットショップでも販売されていますのでチェックしてみて下さい。

ウエス・クリーナー

KURE(呉工業) 自転車専用パーツクリーナーマルチ No.1603
Amazonで詳細を見る

もう一つ持っておきたいのが、自転車用のクリーナーです。せっかくいろいろと取り外してチェーンリング交換をするのですから、ついでに綺麗に掃除をしてしまいましょう。どのクリーナーでも綺麗になりますが、おすすめはKUREのクリーナーです。価格も安価ですので気軽に購入出来ますね。また、汚れても良い布が必要になりますが、無い方はウエスも購入しておきましょう。

チェーンリングの交換①クランクを外す

クランク取り付けボルトの外し方

ryu.ryu0202さんの投稿
25010018 157578484863607 8058020622015397888 n

クランクを外さないとチェーンリングを交換出来ない場合は、まずクランクを外していきましょう。クランクにはクランクボルトとクランク取り付けボルトがあります。外し方は簡単で、上記画像の右下にあるボルトが取り付けボルトとなっており、5㎜の6角レンチを使って外せます。緩めてからクランク基部についている「脱落防止爪」を起こしましょう。この爪は非常に大切ですので無くさないようにして下さい。

クランクの外し方

photograph_yutaさんの投稿
38009104 743084392750046 3606440912684580864 n

クランク取り付けボルトを外したら、次はクランクボルトを外します。先述して紹介した取り外しの工具を使いましょう。外し方は、左回りに緩めていき、外れたら引っ張るだけです。特に危険な作業ではありませんが、傷つけたりすることのないよう慎重に行いましょう。

SHIMANOは年式によって違いがある

manaka12050316さんの投稿
37897493 1974586226164732 3848139067690582016 n

先述しましたが、シマノの製品は年式によって違いがあります。5本アームと呼ばれるものはクランクを外さずにチェーンリングを交換出来たのですが、4本アームのものからクランクを外さなければ交換出来ないようになったのです。ご自分のロードバイクの年式までは分からないかもしれませんが、アームを見ればクランクを外す必要があるかどうかが分かりますので確認してみましょう。

チェーンリングの交換②リングを外す

チェーンの外し方

ryusuke_kiyotaさんの投稿
11420822 1678926645687218 523242061 n

クランクを外したら、次はチェーンを外していきます。外し方はとても簡単で、ゴムハンマーなどを使って軽く叩けば簡単に外れます。チェーンは汚れている場合がほとんどですので、作業する際は軍手などをすると良いでしょう。チェーンの周辺は鉄製品ばかりですので、怪我をしないよう注意して作業を行って下さい。

ボルトを外してリングを外してしまう

cycle_shop_veraileさんの投稿
36944503 471080566670593 2622857066477256704 n

チェーンが外れたら、いよいよリングを外していきます。リングはボルトで固定されていますので、ボルトを外して下さい。その際、ウエスなどでリングを覆ってから緩めていきましょう。一気に緩めた際にリングが手に当たって怪我をするケースがよくあります。想像以上にリングの歯は鋭く、怪我をするかもしれませんのでウエスを添えておきましょう。また、泥などが詰まっていてレンチがしっかり入っていない状態で回すと破損することがありますので、汚れを取り除いてから行いましょう。

リングは交換時に掃除

kenji.y_111さんの投稿
38081846 1759266077527601 8113332726976741376 n

外してみると分かるのですが、普段から綺麗に保っているつもりでも、細かいところが案外汚れていたりします。交換してしまうものは綺麗にする必要はありませんが、そのまま使うものは綺麗に掃除をしておきましょう。先述して紹介したクリーナーとウエスを使い、細かいところまで掃除します。掃除が終わったら乾燥させましょう。

チェーンリングの交換③リングを付ける

チェーンリングを付ける位置

circles_jpさんの投稿
12080412 837293876391517 2096575917 n

掃除が終わったら、新しいチェーンリングを付けていきます。付ける際に注意したいのが向きです。画像のシマノのリングは表裏が分かりやすいデザインとなっていますが、パッと見で分かりにくいものもありますのでよく確認をします。また、リングには取り付け位置マークがあり、そのマークの場所にクランクが来るように設置します。この位置も大切ですので、一つ一つ確認しながら進めて行ってください。

付ける時は対角線上に

ボルトを締める際は対角線上に締め付けていきます。5本のボルトがあれば、星型に締めつけていく形になりますね。上、左下、右上、左上、右下などのように、あっちこっちにいくような形で締めていきます。このように締めるのには理由があります。一つずつしっかり締めてしまうと緩みが出て、しっかり締まらない場合があるのです。各部分を徐々に徐々に締めていきましょう。

ボルトを締める際の強度

kazeoke0404さんの投稿
37875099 297308084168470 3089949032093581312 n

ボルトを締める強さですが、締め付けトルクは12~14nmです。といっても、人力で行っていると中々強さは分かりませんよね。ただ、あまりにも強く締め付けるとリングが内側に曲がってしまうことがありますので、変形しない程度にしっかり締め付けるというイメージで大丈夫です。感覚的には、結構しっかりと締めるような感じになります。

トルクレンチがあると便利

rontadahiさんの投稿
37888145 1646715425450296 6296623451247476736 n

人力で締める際の感覚などを書きましたが、どれくらいが適切なのかが分からないと不安ですよね。そんな方におすすめしたいのがトルクレンチです。トルクレンチとは、設定した強さで止めることが出来るレンチで、持っておくと非常に便利な工具です。六角レンチと比べると価格は高いのですが、持っておくと自転車以外でも使えることが多々あります。

チェーンリングの交換④クランクを付ける

取り付けてクランクボルトを締める

tomukanoaさんの投稿
23967018 1948277345493668 6671193824078856192 n

チェーンリングを無事に付けられた後は、クランクを付けていきましょう。軸の部分に薄くグリスを塗って、奥まで挿します。左右とも差し込んだらボルトを締めていくのですが、この時の強さは0.5~1.5nmと、指の力で締められる程度で大丈夫です。ある程度締め付けて、少し動かした時にガタガタしないくらいにしましょう。

クランク取り付けボルトを締める

最初に外したクランク取り付けボルトを付けていきましょう。このボルトも汚れていることがありますので、汚れていたら先に掃除しておきます。ボルトは片方ずつ締めるのではなく、交互に均等に締めていきましょう。強さは12~14nmで、かなりしっかり締めます。ボルトを付けたら、外しておいた脱落防止の爪を付けます。これを忘れると危険ですので、必ず付けて下さい。

チェーンを噛ませて完成

shikine_fumihiroさんの投稿
37090923 488952708199595 8330763255903420416 n

最後に、外しておいたチェーンをリングに噛ませて完成です。噛ませる時は、リングの歯にチェーンを引っ掛けて、クランクを回しながら合わせていくと簡単にはまります。この際、チェーンとリングの間に指を挟んで怪我をする可能性がありますので、手の位置には十分注意して下さい。怪我防止の為にも軍手をしておくと安心です。

チェーンがたるんだ場合は?

フロントディレイラーの位置調整

mahimahi244さんの投稿
30922505 206436089965174 5174884349807427584 n

元々ついていたリングより歯数の少ないものに交換した場合、チェーンが少したるんでしまうはずです。その場合はフロントディレイラーの位置を少し低い位置に調整しましょう。逆に、歯数を増やした場合は位置を高く調整します。チェーンの長さが足りない場合はチェーンを新たに購入して交換することになりますので、歯数の違うものに交換する場合はご注意下さい。

チェーンカッターで長さ調整

PWT チェーンカッター CT-03R 【シングルスピード・ 7~11速対応】
Amazonで詳細を見る

あまりにもたるんでいる場合は、チェーンカッターを使って長さの調整をします。チェーンカッターはチェーンを切る訳ではなく、チェーンを分解するものです。チェーンは一つ一つ連なっているのですが、チェーンカッターを使って外し、好みの長さで接合出来ます。歯数が大きく減る場合は用意しておきましょう。

短くしすぎに要注意!

hisashi_tazukeさんの投稿
20067192 110059589647375 1416215785969287168 n

よくあるケースで、チェーンカッターを使って調整をしようとしたら、間違えて短くしすぎてしまうことがあります。こうなると困った状況になり、チェーンを新しく買うことになる場合もあります。チェーンは交換時期が早いものですので、ついでに交換するのも悪くはないのですが、出来ればそんな事態は避けたいですよね。なんとなくで作業を進めず、慎重に調整していきましょう。

クランクが外れにくい時は?

veloequipさんの投稿
37372732 255644331912868 4520454547918815232 n

クランクはボルト類を外すと簡単に外れますが、引っ張っても中々抜けない時もあります。そんな時は、軸の部分を反対側から叩いてみましょう。ゴムハンマーで優しく叩くと抜けてくれるはずです。また、チェーンが引っかかって抜けにくい場合もありますので、その時はチェーンを落とすと簡単に外すことが出来ます。

チェーンリング交換の様子を動画で確認

チェーンリング交換動画①

こちらの動画では、最初から最後まで丁寧に外し方・交換方法が解説されています。ボルトを緩めるところからしっかり解説していますので、動画通りに進めることで、誰でも正しく交換出来るはずです。ペグスパナの使い方もよく分かりますね。今回説明させて頂いた内容を参考にしつつ、動画も是非見てみて下さい。

チェーンリング交換動画②

こちらは、チェーンリングが曲がってしまったので、ご自分で交換される様子が撮影されています。最初から最後まで撮影されており、どんな部分で躓くのかも分かりますので非常に参考になる動画となっています。最終的に、歯数を少なくした為にチェーンがたるんでしまっており、この方は他の動画でチェーンカッターを使って調整しています。

チェーンリング交換が不安な場合

不安な場合はショップへ

ryuki______addictさんの投稿
36957279 213335682705366 2535231401402302464 n

今回、外し方・交換方法を最初から最後まで解説させて頂きましたが、ロードバイクの知識がまだあまり無い初心者の方は、説明を見てもご自分で出来るか心配かもしれません。もし心配なら、自転車ショップの方にお願いするのをおすすめします。走行距離も少なく、本当にたまにしか交換しないのであれば、専用工具を用意する代金もかかりませんのでお得だったりもします。

自分で出来れば整備が出来るようになる

ren1932さんの投稿
16229399 253466335109758 7522996747816140800 n

「ロードバイクは持っているけど走行距離も多く無い」という場合はショップにお願いした方が安上がりになることもあるのですが、ご自分でロードバイクを調整・交換出来るようになると、いざという時にすぐに対応する力がつきます。多少の失敗はあるかもしれませんが、もしこれから長い間ロードバイクを楽しんでいくのであれば、知識はあるに越したことはありません。是非挑戦してみて下さい。

まとめ:チェーンリングの交換方法

masa99takaさんの投稿
36734208 658596034496436 2112581313528594432 n

「チェーンリングの正しい交換方法!交換時期や調整、外し方まで徹底解説!」はいかがでしたでしょうか?用意するもんから外し方・交換方法・調整方法まで解説させて頂きましたが、案外簡単そうだと感じた方も多いかもしれません。やってみると意外と簡単ですので、是非挑戦してみて下さいね。ご自分で整備出来ると、更にロードバイクに愛着が湧きますのでおすすめです。

チェーンリングが気になる方はこちらもチェック!

今回はチェーンリングの交換について解説させて頂きましたが、他にも自転車・ロードバイクに関する記事が沢山あります。気になる方は是非見てみて下さい。

Thumbシマノロードバイクホイールのインプレ比較から考えるおすすめとは? | 暮らし~の[クラシーノ]
ロードバイクの走行性能を上げるには、より性能のよいホイールが欠かせません。そんな高性能なもの...
ThumbシマノのアルテグラR8000シリーズ特集!新型の実力はいかに! | 暮らし~の[クラシーノ]
シマノのアルテグラR8000シリーズはデュラエースに次いでセカンドグレードで今回のモデルチェ...
Thumbシマノの新型「クラリス R2000」の性能と評価とは?モデルチェンジで何が変わる? | 暮らし~の[クラシーノ]
シマノのクラリスR2000は2017年のモデルチェンジにて一新された新型です。新型と言っても...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ