ダイビングペンシルおすすめ17選!青物攻略で重要なルアー選びや使い方も解説!のイメージ

ダイビングペンシルおすすめ17選!青物攻略で重要なルアー選びや使い方も解説!

ショアを問わず青物を狙う際に、強烈にアピールすることで知られるダイビングペンシル。ここではダイビングペンシルの選び方や、動かし方を動画を交えてご紹介します。また数あるダイビングペンシルの中から厳選したおすすめダイビングペンシルもご紹介します。

2018年08月19日更新

山口 徳成
山口 徳成
キャンプや登山、自転車にフィッシングなどのアウトドアギア・ファッション関連が得意分野。実践経験と最新情報の調査によって商品の比較やリアルな口コミまで、商品の魅力を読者にわかりやすく届けられるようにライティングを行なっています。少しでもアウトドアライフの役に立つ情報を発信できれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ダイビングペンシルとは
  2. ダイビングペンシルの選び方
  3. ダイビングペンシルの使い方について
  4. おすすめダイビングペンシル:1
  5. おすすめダイビングペンシル:2
  6. おすすめダイビングペンシル:3
  7. おすすめダイビングペンシル:4
  8. おすすめダイビングペンシル:5
  9. おすすめダイビングペンシル:6
  10. おすすめダイビングペンシル:7
  11. おすすめダイビングペンシル:8
  12. おすすめダイビングペンシル:9
  13. おすすめダイビングペンシル:10
  14. おすすめダイビングペンシル:10
  15. おすすめダイビングペンシル:11
  16. おすすめダイビングペンシル:12
  17. おすすめダイビングペンシル:13
  18. おすすめダイビングペンシル:14
  19. おすすめダイビングペンシル:15
  20. おすすめダイビングペンシル:16
  21. おすすめダイビングペンシル:17
  22. 最後に

ダイビングペンシルとは

f_naosmith_cさんの投稿
38056652 212970452704882 4909725051911143424 n

ダイビングペンシルは、青物をターゲットにしたルアーゲームに欠かせません。似たようなルアーも数多くあるため、他のルアーとの違いがいまひとつわかりにくいかもしれません。特徴的な点は、波が荒い状態でもしっかりとアクションが行えるルアーで、オン・オフショアどちらでも使えるため多くのアングラー達が使用しています。ここではダイビングペンシルについてご説明します。

ダイビングペンシルの選び方

shinichi_matsubaraさんの投稿
36575648 214449625927248 6613212362583310336 n

ダイビングペンシルを選び方で、注意するべき事はどのようなポイントでしょうか。ここではダイビングペンシルの選び方についてご紹介します。

ダイビングペンシルの選び方ー素材で選ぶ

出典: http://www.carpenter.ne.jp

ダイビングペンシルに使われている素材は大きく分けて3種類ほどあります。1つはウッド製。ウッド製のダイビングペンシルは、昔も今も多くの人がオフショアで愛用し、素晴らしい実績をあげている人気も高いルアーです。値段が高い、重量やバランスにばらつきが出ると言う弱点がありますが、飛距離、浮力やスイム、アクションのキレが素晴らしく集魚力に優れた上です。
 

出典: https://www.amazon.co.jp

もう一つは発泡ウレタン製。発泡ウレタン製の欠点は強度。激しく打ち付けるとぽきっと折れてしまうことがあります。しかしながら水辺絡みが良く、ボディ内部に浸水の恐れがない点が優れています。
 

出典: https://www.amazon.co.jp

最も一般的な樹脂製。現在では技術も上がり強度も、少なかった浮力を克服し、価格も落ち着いているため最も人気の高いルアーといえます。飛距離も良く大物にも対応し、ショア、オフショアどちらでも使えるようになりました。
 

ダイビングペンシルの選び方ータイプで選ぶ

takuya.s0222さんの投稿
36148054 215239509310928 4792653705235136512 n

ダイビングペンシルは、ルアーの種類について言えばトップウォーター、フローティングルアーになります。そのためキャスティングの際、飛距離が稼げないと言うデメリットがあります。しかしながらダイビングペンシルは、派手なアクションでターゲットである青物に強烈にアピールすることができます。そのため選び方の1つにアクションで選ぶという方法があります。初心者の方はシンキングペンシルに近いダイビングペンシルを選ぶと操作しやすく、飛距離もある程度出るのでおすすめです。
 

出典: http://www.hammer-head.jp

もう一つの選び方は、スケーティングしやすいタイプで選ぶ方法です。こちらは初心者が使うとミスダイブ(ルアーが水に潜らず水面から飛び出してしまうこと)する可能性が高いのが特徴です。しかしながら派手なアクションで、強烈に青物にアピールする特徴があります。オン・オフショア問わず使えるので人気のルアーです。
 

ダイビングペンシルの選び方ー大きさで選ぶ

junichiro_gotoさんの投稿
35359871 1160694637404391 8724523843261038592 n

ダイビングペンシルの選び方で、最もわかりやすい選び方は、ボディの大きさで選ぶ選び方です。ボディが太めのダイビングペンシルは、大きく派手なアクションになりやすいため、広範囲の青物を集めやすい特徴があります。逆にボディが細いタイプのダイビングペンシルは、自然なアクションで魚にアピールします。
 

出典: http://www.hammer-head.jp

ここでご紹介した選び方は、ダイビングペンシルを大まかに種類別に分けた選び方になります。そのため海の状態や、オン・オフショアで使い場合、ターゲットである青物の食いつきにより、使い分けることが重要です。できれば、ボディの大きいタイプと、ボディが小さいタイプ、シンキングペンシルに近いタイプと3種類用意しておくと状況に対応しやすくなるでしょう。
 

ダイビングペンシルの使い方について

fishing.kyousukeさんの投稿
35137312 2097194193893469 2985652322610184192 n

ダイビングペンシルの使い方、ルアーの動かし方のポイントとはどういったものなのでしょうか。ここではダイビングペンシルの、主なアクション、動かし方とミスダイブを防ぐためのコツをご紹介します。
 

基本的な動かし方は同じ

noboru_7258さんの投稿
32366462 220377325412734 8532167672710823936 n

基本的には、ペンシルタイプのルアーや、ミノー、トップウォータープラグ等とアクションは同じです。重心がセンターにあるダイビングペンシルでは、だだ巻きでも安定してアクションを発生させることができます。このだだ巻きのスピードに、強弱をつけることによって水面に潜らせたり、水面を暴れさせたりするアクションが可能です。
 

基本的な動かし方:ジャークアクション

基本的なダイビングペンシルのアクションは、ジャークになります。ロッドを下方向や横方向に煽りながら、リールを巻いて行きルアーにアクションをつける方法です。この時ダイビングペンシルはくねくねとS字を書くアクションをするのが特徴です。この時力加減に注意しながら行いましょう。

基本的な動かし方:トゥイッチ

一般的なルアーアクション、トゥイッチもダイビングペンシルではよく使います。竿先をちょんちょんと動かすことで、ダイビングペンシルを左右にスライドさせるアクションです。
 

基本的な動かし方:重要なステイ

ルアーアクションを一旦停止させる、ステイもダイビングペンシルの動かし方で非常に重要です。フローティングタイプのルアーであるダイビングペンシルは、ステイすることで水面に浮上します。この時ルアーの顔だけ出す位のタイミングを掴むことが重要です。
 

kimnori06さんの投稿
29417667 277330852805572 4284468484668129280 n

ダイビングペンシルの動かし方は上記の3つのアクションの組み合わせになります。ここからは、より実践的なダイビングペンシルの動かし方についてご説明します。
 

ダイビングペンシルの動かし方①

ジャーク&ステイ

最も基本的なダイビングペンシルのジャークアクション。ペンシルが浮き上がるように、糸フケを作るようなステイが重要です。ダイビングペンシルが直立するようにすることが、ミスダイブを防ぐコツです。これはターゲットである青物にアピールする集魚効果も高くなるので、しっかりと練習しておきましょう。
 

ダイビングペンシルの動かし方②

ほうき引き

まずはジャークしながら、リールを巻いていく通称ほうき引きと呼ばれるアクションです。ジャーク1回に付き、リールを半回転程度。これにトゥイッチを入れて変化をつけるか、ジャークの幅で変化をつけるとよりターゲットである青物にアピールできます。簡単なアクションですのですぐにマスターできるでしょう。
 

ダイビングペンシルの使い方①

スイベルの使い方

ダイビングペンシルの使い方で、スイベルのウェイトを利用して、アクションに変化をつけたり、スムーズな動きを実現させたりする使い方があります。またウェイトのあるスイベルを取り付けることで、バランスがセンターよりになる為、アクションさせやすくなる利点もあります。スイベルを使った使い方の注意点は、大きなスイベルは、フロントフックと絡む場合がありますので注意が必要な点です。
 

shinichi_matsubaraさんの投稿
38072561 248412899119378 6236128768163840000 n

結束は直接ラインを結束するのではなく、スイベルを使用しましょう。スナップでは強度が心配。そこで一般的な連結は「ショックリーダー」+「スイベル」+「スプリットリング」+「ダイビングペンシル」の順で結束することをおすすめします。

フックの使い方

ダイビングペンシルはフックが別売のものが多いのが特徴です。ダイビングペンシルの使い方でこのフックのサイズを変更して使う使い方があります。フック自体のウェイトにより、飛距離を稼いだりルアーのアクションを安定させたり、またシングルフックを使うことで、糸からみを防止したりする使い方があります。
 

hacchi.8888さんの投稿
29401753 2511202322438194 2812032624766222336 n

それでは、ここからおすすめのダイビングペンシルをご紹介します。

おすすめダイビングペンシル:1

シマノ オシアペンシル

シマノ(SHIMANO) ペンシル オシアペンシル 別注 平政 190mm 70g スケイワシ 21T OT-190J ルアー
Amazonで詳細を見る

ヒラマサをターゲットにしたシマノのオシアペンシルは、AR-C重心移動システムのおかげで飛距離も充分、しかもアクションもしやすいルアーです。ダイビングペンシルの中でも扱いやすいルアーで、初心者の方にもおすすめです。ヒラマサ以外でもブリや、マグロなどにも有効です。もちろんオフショアでも使えます。
 

おすすめダイビングペンシル:2

シマノ コルトスナイパーロックウォーク

シマノ(SHIMANO) ペンシルベイト コルトスナイパー ロックウォーク 110mm 23g メッキマイワシ 01T OT-111Q ルアー
Amazonで詳細を見る

ショアの中でも一番過酷で、パフォーマンスを発揮しにくい磯場からでも、常に最高のパフォーマンスを発揮でき、ダイビングやスケーティングといった誘い出し要素を持つルアーです。青物狙いのダイビングアクションとスケーティングアクションを、小刻みなトゥイッチやジャークアクションで誰でも簡単に実現。オン・オフショア使えるルアーです。
 

おすすめダイビングペンシル:3

タックルハウス・コンタクトブリット

タックルハウス(TackleHouse) ペンシルベイト コンタクト ブリット 145mm 48g ピンクバック #03 CBP145
Amazonで詳細を見る

安価でコスパも最高クラスで、初心者にも扱いやすいダイビングペンシルです。飛距離こそ出ませんが、操作性もよく、水絡みも良いので適当にひいてもダイビング時にはイレギュラーアクションが出来ます。オフショアのヒラマサ、ブリ、ツナ、大型シイラはもちろん、ショアキャスティングの青物にも対応します。

おすすめダイビングペンシル:4

デュエル ビッグブルーダイブペンシル(F)

デュエル(DUEL) ルアー ビッグブルー ダイブペンシル (F) 190mm MRBB
Amazonで詳細を見る

デュエルのダイビングペンシル、ビックブルーは発泡ウレタンの弱点である強度を克服し、ワニが噛んでも貫通しない硬質発泡ウレタン素材を使用しています。水絡みもよく、アクションにもキレがあり初心者からベテランまで満足するルアーに仕上がっています。ショアからの青物狙いにぴったりなダイビングペンシルです。
 

おすすめダイビングペンシル:5

マリア ラピード

マリア(Maria) ペンシルベイト ラピード F130 130mm 30g ピンクイワシ B08H ルアー
Amazonで詳細を見る

初心者の方でもミスダイブが少ないダイビングペンシルです。オフショアでもショアでも使え、価格も安いのでラフに使えるのも魅力です。同じマリアのローデッドよりも、飛距離があり、同じくおすすめのルアーです。ナチュラルなアクションでターゲットの青物にアピールします。
 

おすすめダイビングペンシル:6

マリア ローデッド

マリア(Maria) ルアー ローデッド LS140 03H ケイムラカタクチ
Amazonで詳細を見る

初心者にも扱いやすいダイビングペンシルです。派手なスライドアクションで、ターゲットである青物に強烈にアピールし、集魚力にも優れているおすすめルアー。オン・オフショアどちらでも使えます。大きめボディのローデッドは、青物の活性が高い時、より魅力を発揮します。樹脂製ダイビングペンシルにもかかわらず、ウッド系のダイビングペンシル並みの浮力があり、泡の量も多いのが特徴です。
 

おすすめダイビングペンシル:7

マリア ローデッドヒラマサSP

マリア ルアー ローデッド F140 ZGCR ヒラマサSP 578-324
Amazonで詳細を見る

激しめのロッドアクションを行っても、水面を滑らずアクションしてくれる、ヒラマサSP。アピール力も高くスプラッシュも出しやすく、泡の量も多いので、ダイビングペンシルのアクションが難しいと感じている初心者の方にもおすすめのルアーです。ヒラマサ以外でももちろん使え、オン・オフショアどちらでも使えます。
 

おすすめダイビングペンシル:8

シマノ オシア・ヘッドディップ

シマノ(SHIMANO) ペンシル オシア ヘッドディップ 140mm 66g アルミカタクチ 37T OT-140P ルアー
Amazonで詳細を見る

圧倒的な飛距離を誇るオシアヘッドディップ。太めのボディで、派手なアクションでターゲットである青物にアピールします。初心者の方でもミスダイブする心配があまりなく、水絡みも良くスプラッシュも出しやすと評判のルアーです。このルアーの使い方の口コミを見ているとシングルフックより、トリプルフックを使っている方が多いようです。オン・オフショアどちらでも使えます。

おすすめダイビングペンシル:9

FLAPPER(フラッパー)170F-58

FLAPPER(フラッパー)170F-58
詳細はこちら

オフショアから青物を狙うのにおすすめのダイビングペンシル、「フラッパー170F-58」。ローリングアクションとスライドアクションがリーリングのみで可能。初心者にも扱いやすいルアーです。注意点はルアー本来のアクションを崩さないよう、結束部分にローリングスイベルは使用しないこと。ターゲットがトップに出にくい時に非常に効果的なルアーです。
 

おすすめダイビングペンシル:10

ロンジン ジンペン

ロンジン(LONGIN) ジンペン 105mm 015(ピンクダイヤ/ラメ)
詳細はこちら

ショアゲームで使用する青物狙いに、おすすめのダイビングペンシル、ロンジンの「ジンペン」は、飛距離よし、アクションよしとトータルバランスに優れたルアーです。入水後、パニックダート、ダイブ音とスプラッシュで深場の魚に強烈にアピール。初心者にも扱いやすく軽くトゥイッチするだけで、ダイブ、水中でパニックダートアクションを発生します。
 

おすすめダイビングペンシル:10

メロン屋工房・TWZ165F

メロン屋工房 TWZ165F 60g ダイビングペンシル Melon-ya-kobo TWZ165F 60g Diving Pencil
詳細はこちら

メロン工房の樹脂製ダイビングペンシルは、ヒラマサなど青物の誘い出しはもちろんのこと、マグロ類のナブラ打ち、誘い出しもこなします。オフショアキャスティングにおいて最も多用する、樹脂製ダイビングペンシルである利点を最大限に引き出します。アクションこそ地味目であるものの、水絡みの良い操作性、飛距離と、トータルバランスに優れたセッティングに仕上がっています。
 

おすすめダイビングペンシル:11

ダイワ ソルティガ ドラドスライダーII

ダイワ(Daiwa) ペンシルベイト ソルティガ ドラドスライダーII 160F 背黒 ルアー
Amazonで詳細を見る

ダイワのソルティガ ドラドスライダーIIは、ロングジャーク時の飛び出しを抑え、安定したスイムで広範囲に強烈にアピールするダイビングペンシルです。ヘッドをより大きくし、さらに浮力を大きくしたことで、ダイビング時の入水もスムーズ。アクションが生み出す波動は、水深50mまでに潜むターゲットに有効で、深場のターゲットにも水面までしっかり引き出す事ができます。
 

おすすめダイビングペンシル:12

ダイワ ソルティガ ドラドスライダー マイスターエディション 25

ダイワ(Daiwa) ペンシルベイト ソルティガ ドラドスライダー マイスターエディション 25 クマノミ ルアー
Amazonで詳細を見る

ドラドスライダーマイスターは、正に「匠」である西野氏がトップウォーターゲームにかける情熱を注ぎ込み、1つ1つ丁寧に作り上げた最高級ハンドメイドルアーです。飛距離も泳ぎも良くウッドプラグで陥りがちな、ジャーク時の無駄な飛び跳ねを抑え、短いストロークでもしっかり頭を振ってダイブします。口コミの評価もバツグンに高い人気ルアーです。
 

おすすめダイビングペンシル:13

ZERO Lure's ウッドダイビングペンシル

ウッドダイビングペンシル ZERO Lure's 90g ホログラム 
詳細はこちら

お求め安い価格のウッド製ダイビングペンシル。ハンドメイドルアーの中でもコスパ良好なルアーです。オン・オフショアどちらでも使え、ヒラマサ、ブリ・シイラなどの青物の他、マグロ類など大物にも対応。アクションは地味目ですが、扱いやすく初心からベテランまでキャスティングゲームに最適なハンドメイドウッドプラグです。
 

おすすめダイビングペンシル:14

カーペンターガンマ

カーペンター ガンマy
詳細はこちら

今ではなかなか手にいれることができないカーペンターの超人気ダインビングペンシル「ガンマ」。オフショアビッグゲームで大人気のダイビングペンシルで、小西氏によるハンドメイドルアーです。水面下をイレギュラーなS字で泳ぐことで当時としては画期的なアクションで、ターゲットに強烈にアピールするガンマジャークとし有名になりました。もし見つけたら早めにゲットしておくことをおすすめします。
 

おすすめダイビングペンシル:15

カーペンター ブルーフィッシュ

Blue Fish ブルーフィッシュ
詳細はこちら

カーペーンターのルアーは、オフショアでのキャスティングゲームを好むアングラー達の憧れのダイビングペンシル。ガンマと同じく人気を2分する「ブルーフィッシュ」は、他のルアーでは表現できない、独特のアクションが高い集魚力。大型の青物やマグロ類に強烈にアピール、補色スイッチを入れることが出来るルアーです。もちろん小西氏によるハンドメイドルアー。見つけたら早めにゲットしておきたい人気ルアーです。
 

おすすめダイビングペンシル:16

ハンマーヘッド チェリーパイ

【新品】 釣り具 ルアー HAMMER HEAD CHERRY PAI 200 SUS オールパール ヒラマサ ブリ
楽天で詳細を見る

チェリーパイは、ショアから狙う青物用に特化したウッド製のダイビングペンシルです。ウッド製ならではの特性である浮力が強いため、ダイブ時にはダイブ音と泡を出し、水がらみもよく泡をまといながらZ字状の軌道を描くスライドアクションが特徴的。また、耐水性にも優れています。初心者よりはベテランにおすすめのルアーです。
 

おすすめダイビングペンシル:17

ハンマーヘッド チェリー・アシンメトリー

ハンマーヘッド チェリーアシンメトリー200 背黒ブルー
詳細はこちら

「チェリー・アシンメトリー」は左右非対称のボディ設計となっており、「チェリーパイ」のスライドアクションに対して、S字ダートにロールアクションが加わりました。水がらみもよく、左右非対称のボディが生み出す波動がターゲットに効果的に働きます。スライドアクションが不調な時に使いたいルアーです。同じく加圧式を採用し、防水性を高めたウッド製ルアーです。チェリーパイと併せてショアからの大型青物狙いにおすすめです。

最後に

出典: http://www.hammer-head.jp

いかがでしたでしょうか。ここではダイビングペンシルの選び方や、使い方など初心者の方でもわかりやすいようにご紹介しました。これからダイビングペンシルを使って青物を狙おうと言う初心者の方は、まずはショアから樹脂製のダイビングペンシルを使って、始めてみると良いと思います。実はダイビングペンシルは100種類以上もあります。ここでおすすめしたダイビングペンシルは、すべて青物狙いにおすすめのルアーばかりです。その後ここで紹介したその他のダイビングペンシルを揃えて行き、オフショアで大物狙いにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 

ダイビングペンシルが気になる方はこちらもチェック

Thumbダイビングペンシルを使いこなせ!オフショア攻略はこれで解決!? | 暮らし~の[クラシーノ]
ダイビングペンシルとは水面直下を泳ぐオフショア向けに更に進化したトップウォータールアー。今回...
Thumb【ヒラマサ釣り】おすすめルアー6選!タイプ別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ヒラマサのプラッキングルアーについてです。ダイビングペンシルとミノーの特徴、選び方とおすすめ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ