カンパニョーロ「シロッコ」シリーズのインプレ!35やC17のスペックとは?のイメージ

カンパニョーロ「シロッコ」シリーズのインプレ!35やC17のスペックとは?

ロードバイクで人気のモデル、カンパニョーロのシロッコをご紹介! 初心者から熟練者まで広く愛されるその理由や特徴、インプレなどを見ていきましょう。ロードバイクに興味を持ち始めた人も、ある程度経験がある人も、ぜひカンパニョーロのシロッコに一度触れてみてください。

2018年10月18日更新

水城たんぽぽ
水城たんぽぽ
よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. カンパニョーロについて
  2. カンパニョーロ シロッコ35とは?
  3. シロッコにおける35とC17の違いって?
  4. カンパニョーロ シロッコ35の特徴
  5. カンパニョーロ シロッコC17 の特徴
  6. カンパニョーロ シロッコ35のインプレ
  7. カンパニョーロ シロッコC17のインプレ
  8. カンパニョーロ ゾンダと比較すると?
  9. カンパニョーロ シロッコを実際に購入した人の口コミは?
  10. まとめ

カンパニョーロについて

イタリアの大手自転車部品メーカー

yamaneko.kazさんの投稿
28432882 155506228423767 7509330514067587072 n

カンパニョーロというのは、元々自転車の競技者でもあったトゥーリョ・カンパニョーロという方が1933年に創業した、イタリアの自転車部品メーカーのことです。かなりの大手で、特にロードレーサー用の部品については日本におけるシマノやアメリカのSRAMとも並ぶほど。競技者としての経験から生み出される自転車部品は優れたものが多く、特にレバーをひねるだけで車輪の着脱が可能な「クイックリリース」はカンパニョーロの代表的な発明なんですよ。

特徴は「高級感」

milk626teaさんの投稿
22710140 309622389444458 6098651641022513152 n

日本で自転車部品のメーカーとなると代表に挙げられるのはシマノですが、カンパニョーロはそのシマノとも頻繁に比較されることが多いようです。単純な人気度を競うとどうしても知名度の関係でシマノに票が流れがちですが、カンパニョーロを好んで使うという人もかなりの比率でいるんですよ。シマノとの主な違いとして挙げられる点は「高級感」でしょうか。外見の良さや高級感はある程度ロードに慣れた人ならこだわりたいポイントのひとつ。一定数以上の人気を集める理由はここにあります。

カンパニョーロ シロッコ35とは?

初心者にも人気のロードバイク用ホイール

ryoppui_0927さんの投稿
21980865 1869067773409748 2711152428622807040 n

カンパニョーロのシロッコ35は初心者にも人気の高いロード用ホイールです。ほとんどの人がロードバイクの部品買い替えとなると最初に経験するのがホイールの買い替えなのですが、初心者の人が初めて買い替えるホイールに選ばれやすいのがこのシロッコ35なんですよ。モデルとしてはエントリーグレード扱いの物で、リムハイトが高いホイールのため見た目の印象がとても良くなることが人気の理由なんですね。

2018年にC17化も

シロッコ35は2018年にC17へとモデルチェンジをしました。35とは重量やリムの幅等いろいろな点が異なっており、長所や短所も35と違う部分があるので実際買う時には注意が必要になります。走行感の違いから、主に坂道が苦手な人にはC17よりも35のほうがおすすめなようですね。反対にある程度脚力に自信があるなら巡行性能の高いC17のほうを選んだ方が気持ちのいい走りを体感することができるのでおすすめですよ。

シロッコにおける35とC17の違いって?

リム幅の差によるメリット多数

zakimiya3さんの投稿
12346105 1082664875097992 904719955 n

2018年のモデルチェンジ前後で見たシロッコ35とC17における一番の違いは、やはり先ほども触れたようにリムの幅です。35と比べて2㎜のワイドリム化によるメリットはまず「25㎜タイヤとの相性」が良くなることです。相性がいいタイヤに帰ると乗り心地や反応性が良くなる点や、ワイドリム化によるリム剛性が高くなる事などメリットは数多く挙げられますね。

カンパニョーロ シロッコ35の特徴

ホイールとしてはエントリーからミドルグレード向け

sadakatakenichiさんの投稿
21690067 2055098844724111 5356877142229516288 n

自転車のパーツは全体的に軽量で丈夫なものが良しとされるため、ホイールでもよく重視されるのはやはりその重量です。カタログスペックを確認してみると、シロッコ35はフロント重量が788g、リア重量が1004gとなっており、合計重量は1792gとされています。ほかのホイールと比較した際には「軽量ホイールよりは重いが、初期付属品よりは軽量である」という評価になります。重量スペックに特化させたものほどの軽量モデルではありませんが、エントリーグレードとしては十分に優秀といえるスペックですよ。

最大の特徴は高いリムハイト

yagi_sculturaさんの投稿
21373551 1175962039216251 8251032853115043840 n

シロッコ35の最大の特徴は何といってもリムハイトが高いこと。その高さは35㎜もあり、実際に購入した方のインプレや評価でも大抵の場合は乗る前からリムハイトの存在感に触れているものが殆どです。もちろんリムハイトが高いことによる効果は外見だけではなく、前方からの空気抵抗を抑えてくれるというものがあるため、走りにスピードを求めるのなら最適のホイールと言えるでしょう。しかし高いリムハイトはメリットばかりではなく、ペダルの漕ぎ出しが重くなるというデメリットもあるため、そこは注意しておいた方がよさそうです。

カンパニョーロ シロッコC17 の特徴

シロッコ35と比較して2㎜のワイドリム化

baoh44さんの投稿
12338831 1495106280792951 32079524 n

シロッコC17の特徴はやはり何といってもそのワイドリムでしょう。35と比較した際に2㎜ほどリム幅がワイドになっています。効果としては「横方向に強い力が加わるコーナリング時にもタイヤがよじれにくく、タイヤの脱落も防げる」と紹介されていますね。ワイドリムには、公式に紹介されている効果以外にも乗り心地やホイールの反応性など、実際に乗った人のインプレでは複数の利点を挙げられており全体的に高評価となっています。

ワイドリム化でありながら軽量化?

merckx_76さんの投稿
1170286 307485249375693 476803171 n

ワイド化したリムだけでなく、重量についてもC17はよく注目されることが多いです。リム幅がワイドになったぶん、当然ながらホイールそのものは大きくなっているはずなのですが、公式に発表されているシロッコC17の重量は1654gとのことで、シロッコ35よりむしろ軽くなっているんだとか。リム幅が広くなったことで剛性をカバーできるためリムそのものを薄くしているのか、素材が軽いものになっているのか、詳細は定かではありませんが外見にリム幅以外の大きな変化は見受けられず、それでも軽いことは事実なようです。

カンパニョーロ シロッコ35のインプレ

丈夫だが漕ぎ出しは気になる

speciale0458さんの投稿
19120798 191240321404377 9020443340448989184 n
インパクト大!カンパニョーロ シロッコ35のインプレと評価 | ロードバイクホイールのレビューとインプレ。カンパニョーロなど

こちらのインプレではカンパニョーロのシロッコについて、「安いこと」「その代わりに重いこと」というメリットとデメリットがはっきりと述べられていますね。丈夫で安く、いいホイールではあるのですが、軽量であることに特化したホイールや良いグレードの物に慣れたベテランのロードバイク乗りにとってはその重さは非常に気になるようです。丈夫さと走行性の良さを取るか、軽量で走りやすいものを選ぶかは購入前によく考える必要があるかもしれません。

速度が出始めれば爽快

speciale0458さんの投稿
18444113 1192094440913311 7880098797164953600 n
低価格帯 セミディープホイール カンパ シロッコ(Scirocco)購入で羽田空港まで行ってみた | Fertile-soil

こちらのインプレでは、もともと乗っていたものと比較して漕ぎ出しにそれ程の重さを感じなかったと述べています。やはり乗り方や好みなど、人それぞれな面があるようです。記事内でも紹介した通り、高速走行を考えて作られたモデルのため空気抵抗が少なく、漕ぎ出しはともかくスピードに乗り始めた時の爽快感はとにかく良いとのこと。見た目のごつさやリムハイトが高いことによる外見のイメージは評価が高く、見た目にこだわりたい人にも強くお勧めできるモデルですね。

カンパニョーロ シロッコC17のインプレ

スピードを求める人向け

maimai_gohanさんの投稿
12965860 1012279672155176 320221856 n
「シロッコよ、お前もか‥‥」カンパホイールにC17ワイドリム化の波。 | 十三峠十三分切り

元々がシロッコ35をワイドリム化させたものであるため、全体的な評価や注意点などは似たようなところも多いです。軽量ホイールや良いグレードのホイールに慣れた人にはあまり向きませんが、多少の重量なら特に気にならず、スピードが欲しいという人にこそおすすめのホイールであることは間違いないといえるでしょう。ワイドリム化のおかげで平地や下り坂を走る時の気持ちよさが際立っているのは特にオススメできるポイントですよ。

ロングライド向けの安定性も良し

souj787さんの投稿
14310808 892330567565957 1604247809215692800 n
SCIROCCO C17 | 『ママちゃりに抜かれたら退部』崖っ淵貧脚オヤジ

漕ぎ出しの重さが予想していたよりもいくらか軽いと感じる人もいるようです。やはり空力性能的な面で優れているおかげか、シロッコはロングライド向けであるとの評価もされておりました。ワイドリム化について公式で発表されている通り、タイヤの安定性に優れているためコーナーでもしっかりと曲がれるのはよい点ですね。またラチェット音が非常に静かで驚いたという感想もあったので、そういった点が気になる人にもおすすめですね。

カンパニョーロ ゾンダと比較すると?

特徴も長所も異なるホイールをチェック

toms_cyclingさんの投稿
30086276 2067244343550392 5934287378658099200 n

カンパニョーロのホイールでシロッコについて調べると同時によく名前が挙げられるのが、同じカンパニョーロのゾンダというホイールです。どちらも低価格であり、どちらかのグレードが劣っているというわけでもなく、購入する際どちらがいいのか、と迷う人もかなり多いとのこと。実際シロッコのほうが適している場面や、ゾンダのホイールをおすすめするケースもそれぞれあり特徴も異なるものなので、違いを見て買うホイールを選ぶ方がよさそうですね。

わかりやすい違いはリムハイトの差

94atsushiさんの投稿
29400550 432046093891195 8873095850180476928 n

ゾンダとシロッコの違いで最もわかりやすいのはやはり外見です。シロッコが高さ35㎜のセミディープリムであるのに対して、ゾンダのほうは25㎜のローハイトリム。そのためシロッコと比較してゾンダはリムが軽く、漕ぎ出しが楽であるというのが特徴となっております。シロッコがスピードに乗り始めてからの爽快感を長所とするなら、ゾンダの長所は漕ぎ出しの軽さとオールラウンダーな扱いやすさであると言えるでしょう。

結局どっちがおすすめ?

masa0343さんの投稿
38876756 287838181768279 8532481952647741440 n

総合的な評価やカタログスペックでの比較を考えていくと、結論としてゾンダはオールラウンダー、シロッコはスピードと格好良さを重視する人向けとなります。ゾンダのほうはプロ選手でも練習に使う人が多いとのことで、上り坂でも安定して走ることができる点が魅力のようですね。対するシロッコは決してオールラウンダーとは言い難いですが、その代わり平坦なコース中心であればスピードに乗りやすく、またスピードさえ出始めればリムの重さも慣性として働くためこぎ続けることも楽に感じられるでしょう。どちらを選ぶか迷う時は、自分が走るコースを考えてから決めてみるのもありですよ。

カンパニョーロ シロッコを実際に購入した人の口コミは?

yamaneko.kazさんの投稿
16906389 386873828357923 1638339571689193472 n
カンパの35mmミドルハイトリムがとにかく目立ちます。
自転車のルックス&雰囲気がガラリと変わり、とてもヤル気にさせてくれるホイールかと思います。
値段も手頃で、完成車付属のホイールから最初に履き替える方にお勧めします。

重いですのです。
通勤やトレーニングには良いかもです。
横風の影響受けやすいです。
安いので購入しやすいです。
レースではもたつきます。
ヒルクライムには向きません。

購入者のレビューでもやはり目立つのは、メリットとして外見とスピード。反対にデメリットで目立つのはどうしても重さであるようです。自分のお気に入りのロードバイクの外見をオシャレにしたり、どこまでもスピードと爽快感を求めた走りをしたいのであればシロッコを購入してまず間違いはないでしょう。エントリーグレードとして扱われているだけあって値段控えめな点も喜ばれる点ですね。反対に重量がどうしても難点なようで、通勤や平坦な道でのトレーニングには適してもヒルクライムのような起伏が激しいところに使うのは向きません。

まとめ

出典: https://www.amazon.co.jp

カンパニョーロのエントリーグレード、シロッコは手ごろでオススメのホイールです。もしこれからロードバイクを始めたいと考えている方や、乗り始めてホイールの買い替えをしてみたいなと考えている場合にはぜひご検討ください。お試しで買って後悔することはまずないと言えるでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ