シマノ「バスワン」シリーズでバス釣りデビュー!その特徴とインプレを解説!のイメージ

シマノ「バスワン」シリーズでバス釣りデビュー!その特徴とインプレを解説!

釣具メーカーシマノが発売しているバスワンというシリーズをご存知ですか?バス釣り初心者の入門用として作られてはいますが、その性能はその価格帯からは想像できないほど高いものがあります。今回はシマノのバスワンについてまとめてみました。

2018年10月17日更新

duksyuuki
duksyuuki
海辺に生まれ育ったせいで小さなころから釣りをずっとやってきました。最近ではオリジナルのルアーやフィッシングウェアを作ったりしています。これまで習得した知識と経験で記事を書いていこうと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. シマノバスワンとは?
  2. シマノバスワンはどんな人が使いやすいのか
  3. シマノバスワンシリーズ入門!バスワンXT ロッド
  4. シマノバスワンXTの使い心地
  5. シマノバスワンシリーズ入門!バスワンR ロッド
  6. シマノバスワンRの使い心地
  7. シマノバスワンシリーズ入門!バスワンXT ベイトール
  8. バスワンXTベイトリールの使い心地
  9. シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー①
  10. シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー②
  11. シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー③
  12. シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー④
  13. シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー⑤
  14. シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー⑥
  15. シマノバスワンのまとめ

シマノバスワンとは?

名門シマノの傑作

バスワンシリーズは釣り具大手メーカーシマノが発売したバス釣りに特化したロッドとリールのタックルシリーズです。シマノは自動車部品メーカーでありながら、釣り具用品のシェアをダイワと争うほどの一大釣り具メーカーに成長しました。釣り師たちの間でもファンも多く、海釣りから渓流釣りまで幅広くスピニングリールからルアーまで展開しています。

nemoto0710さんの投稿
32307802 173386250013597 4080168972140412928 n

シマノでロッド・リールを展開

  バスワンはそんな大手メーカーのバス釣りに特化したスピニング、ベイトリール用のロッドとリールのシリーズです。値段がリーズナブルでインプレもよい、特に初心者におすすめしたいシリーズです。ベテランの方々からの評価も高く、気軽な使いやすさだけでいえばシマノでも上位に入るシリーズではないでしょうか。

kagoyafriends_さんの投稿
33020036 322450188287685 4397493551244509184 n

シマノバスワンはどんな人が使いやすいのか

初心者の入門用としてもOK

いきなり高いロッドやリールを購入しても初心者では使いこなせないばかりか、よくわからずに釣りをしていて破損する恐れもあります。なので値段の抑えられたこのシリーズは初心者にうってつけなのです。インプレは何万もするロッドやリールには劣りますが、ノーブランドの安物ロッドやスピニング、ベイトリールと比べると雲泥の差があります。

shotakusudaさんの投稿
31375878 161742921163880 8746189857325318144 n

インプレが秀逸

初心者向けに作られたバスワンシリーズですが、初心者でも扱いやすいということは実はすごい事なんです。誰がやっても扱えるロッドというのは基準が難しく、メーカーの努力なしでは作れません。おそらく何人もの釣り初心者の方にモニタリングして作られたのでしょう。インプレも値段のわりには高性能という評価が多いです。

kenshiro187さんの投稿
30856594 2037103226504209 5601389282498445312 n

シマノバスワンシリーズ入門!バスワンXT ロッド

どんなロッド?

バスワンXTといえばシマノが開発した初心者用のバスロッドです。初心者様に握りやすいグリップのコルクで作られていてこれぞバス釣りの王道ロッド、といった見た目です。2018年のモデルではこのグリップの部分が改良され、スタイリッシュに、かつ軽量化も図られたロッドです。スピニングも使用できますし、ベイトを搭載できるモデルも発売されています。

riku1455さんの投稿
28428635 395954694208985 2673888094066835456 n

インプレ

インプレで多かったのは性能もさることながら見た目の改良です。2018年から唯一の欠点と言われた見た目の改良がおこなわれました。初心者の扱いやすさに重点を置いたためビジュアルはいまいちでしたが、改良されてコルクの部分が改善されました。リールシート部分がポイズンアドレナという素材が使われており、かなりゴージャスな仕様に仕上がっています。一見バスワンとわからないほど一新されました。

alowz.plさんの投稿
28434047 154472958575102 6743990796736790528 n

シマノバスワンXTの使い心地

飛距離

飛距離はベイトかスピニングかで変わってくると思います。飛距離を求めたいのであればスピニングロッドにスピニングリールがおすすめです。大きく飛距離が違ってくることはないですが、向かい風などがある場合ノ-サミングだとバックラッシュしますので、指で押さえなければなりません。その分飛 距離は落ちてしまいます。他にもラインの太さや使うルアーなどにもよりますが、安定して飛距離が出るのはスピニングタックルだと思います。

評価

1万円以下で手に入るロッドとして文句なしです。3000円ぐらいのよくわからないメーカーのものを買うならこちらを強くおすすめします。強度もあり扱いやすい。今年からデザイン性も向上し、重量も10%ほど軽くなりました。長く使える安いロッドで、初心者の方はまずこのロッドを使い倒してから次のロッドに目を向けてみてはいかがでしょうか。

mr.smile0418さんの投稿
26871071 766477670204516 1218647290353287168 n

シマノバスワンシリーズ入門!バスワンR ロッド

どんなロッド?

こちらのモデルも初心者用に作られた、スピニングとベイトの両モデルが存在するロッドです。しなりもよく飛距離ものびるためバスワンRは同価格帯のほかのメーカーのロッドと比べてよく使われているかたが多いです。21gまでのルアーを投げられることも大きな利点です。また色がブルーという特徴的な色をしているので、周囲との差がでておしゃれです。

yuyu.styleさんの投稿
23967640 308934706277410 1538549704533475328 n

インプレ

バスワンRは強度がこの価格のロッドとしては高いです。40cmぐらいのバスなら楽々水面からぶち抜くことができます。何万円もするようなロッドではこんなことはやる人は少ないかと思います。インプレの評価も強度のことが多く上がっています。たいていのフィールドであればこのバスワンRロッド一本で事足りるかと思います。長さがやや短いですが、シーバス、太刀魚ぐらいなら余裕であげれます。

seijisga_bassさんの投稿
22639338 362817507472795 6395433580528402432 n

シマノバスワンRの使い心地

飛距離

バスワンRの飛距離はよくしなるだけあってよく飛ぶ方だと思います。グリップが握りやすくなっているので 、初心者の方でもしっかり振りかぶってキャストができます。ただバスワンRは2ピースのためしっかりつなぎ目をはめておかないと先っぽがすっぽ抜けて飛んでいることがあります。 ルアーの耐荷重は一応20 gほどとなっていますが、30g ほどのルアーでも普通に投げることができます。
 

koseki_fishing_lifeさんの投稿
20589739 141402946444583 341310489688539136 n

評価

評価はやはりその耐久性に集まっています。1万円以下のルアーロッドでありながら俺に効くそこそこの大きさのバスもタモを使わずに引き上げることはできるので、3000円のルアーロッドを買うよりはバスワンR一本買っといた方が コスパも優れています。バスワンRは握り心地もよく、値段を大きくこえたそのインプレ性能は確実に評価に値するものであるのは間違いありません。
 

haru.com0215さんの投稿
19985960 1778767669082935 7267480549147541504 n

シマノバスワンシリーズ入門!バスワンXT ベイトール

どんなベイトリール?

バスワンXTは2011年から発売されている シマノ定番バスベイトリールです。2017年モデルチェンジが大幅に行われ より使いやすくなりました。 バスワンXTは1万円以下とは思えない性能を誇り 元々海釣りでも使えオールラウンドのベイトリールとして活躍してきましたが、 空に海水水に強くなるように錆びにくいベアリングなのが搭載され  バスワン XT のインプレ性能を大きく引き上げて帰ってきました。

 

satoonamiさんの投稿
18298617 1541412322535710 3907458772276084736 n

インプレ

インプレとしてはその凡庸性の高さが挙げられます。ベイトリールでは苦手と言われていた軽いワームなどのルアーでも綺麗にキャストすることができます。キャストに自信のない初心者であってもストレスなく 釣りが楽しめるのがこのバスワン XTの特徴です。 そしてベテランからのインプレも非常に高いのがこのバスワン XT ならではこそです。
 

ruuu3939さんの投稿
15801991 1864683163776615 4395206257821089792 n

バスワンXTベイトリールの使い心地

飛距離

バスワン XT は遠心ブレーキシステムにSVSを採用しています。SVSはフルキャストした時でも立ち上がりが非常にスムーズなのでバックラッシュのリスクが低減される ので飛距離を稼ぐことができます。そしてルアーは伸びやかな弾道を描き 狙っているポイントまで飛んでいきます。バスワンRとの相性も良く、お互いの性能がうまく かみあうようにキャストすればかなりの勢いでルアーは飛んでいきます。
 

namafishingさんの投稿
14717337 1101565609959056 3588618971659632640 n

評価

ブレーキングに非常に良い評価が上がっています。やはり一万円以下のリールでSVSが搭載されているれいるがなかなかありません。全ての基本性能平均を大幅に上回っているのでカスタムリールのベースとしても最適です。上級者のアングラーは中古リールを買ってきて自分でカスタムして使用しています。バス釣りに慣れてきたらそういったカスタムリールを作るのも楽しみのひとつになってきます。
 

namafishingさんの投稿
14718430 995915523887901 1826435658667786240 n

シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー①

バス釣りの準備

バスロッドとリールが手に入ったら実際にバス釣りに行く準備をしてみましょう。釣りに必要なのはロッドとリール、 ラインとバスを釣るための  ルアーです。これだけあれば最低限の釣りはできます。ロットとリールとすでにラインが巻いてあるセットのモノも打っています。初心者の方は何も考えずにそちらを購入しても良いかと思います。
 

atsushi09210さんの投稿
33838319 2076373309040118 7511289212428091392 n

リールにラインを巻く

ベイトリールのラインの巻き方を説明します。ままずリールをロッドにセットします。ラインの先端を一番手前のガイドに通します。そしてそのままレベルワインダーに通して プールに一回巻きつけてむすんで固定します。 ラインがあっている状態でスプールを巻いていきます。 濡れた布などで湿らせながら巻いていけばすんなりと馴染んできます。ラインを巻くときにはドラグノブを回してドラグを締めておいてください。
 

yglabo_masaさんの投稿
34792549 2135349070079920 6668216449670053888 n

シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー②

バスワンXT・Rにあったルアーを用意

バスワンと言ってもロッドの長さや硬さによって使用できるルアーの重さが違ってきます。大体平均して5gから20gぐらいであればどのロットでも支障なく使えることができると思います。ベイトリールを使用する場合は軽すぎるとバックラッシュの元になるので、できることなら重さのあるルアーを使用してください。

 

k.maa1017さんの投稿
34116618 344583546070867 919389478294913024 n

重すぎるルアーはリールの破損に

適合サイズの 重さを超えたルアーを使用するとロットの破損につながるおそれがあります。周りにいる釣り人の迷惑にもなりかねないので、適合ルアーサイズは守るようにしてください。バスワンシリーズは強度には定評がありますが、もし適合ルアーサイズを超えるものを使用する場合は周りに十分気をつけて自己責任で行ってください。
 

yasu_seaさんの投稿
33559579 243067523118088 2398520513606451200 n

シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー③

仕掛けの作り方

仕掛けの作り方はとても簡単です。ロッドにリールをセットして、ガイドにラインを通したらサルカンなどをつけてルアー取り付けるだけです。 ワームを使う場合はシンカーの場所色々変えてみたり、一番下にシンカーをつけるなどのダウンショットリグと呼ばれるやり方もありますが今回は一般的なルアーを使用した説明をします。

d.d4809さんの投稿
33690212 339586043239114 6795578812865183744 n

池に行ってみよう

溜池や野池をはじめ、釣りのできる場所は日本にはたくさんあります。海や渓流を合わせたらほとんどどこの地域でも何かしらの釣りはできます。道具を揃えて仕掛けの作り方を覚えたら是非近くのフィールドでためしに釣りをして見てください。その際には釣り禁止の看板などが立っていたら避けるようにしてください。
 

tinyartanyさんの投稿
34650424 1067097893456511 5778854144303431680 n

シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー④

ベイトリールの使い方

ベイトロッドのトリガー2人差し指をかけてスプールに巻いてある ラインを親指で押さえるように握ってください。次にクラッチを切って、スプールからギアを外してスプールをフリーにします。 指でラインを抑えながら行ってください。押さえていないとラインが勝手に出てしまいます。ロッドをキャストする時に、大体胸の高さにロッドが来たら指を話します。
 

outa.0225さんの投稿
33473020 627083754308789 6392472509815455744 n

ベイトリールはバックラッシュに注意

バックラッシュとはベイトリールで起きる現象で、ラインがスプール付近でぐちゃぐちゃに絡まってしまうことを言います。軽いルアーなどを使用した時によく起こる現象です。バックラッシュは上級者でも起こり得る現象なのでベイトリールとは切手は切れないトラブルですが、何回も投げて上達するうちにバックラッシュの回数は減っていくと思います。
 

シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー⑤

スピニングリールとの相性

バスワンシリーズにはスピニングリール用のロッドとベイトリール用のロッドの2種類が発発売されています。スピニングリールを使用する場合はやはりスピニングリール用のロッド使った方がトラブルが少なく済みます。
 

naoki.oyamaさんの投稿
34378505 229710987761113 647398107201404928 n

スピニングとベイトリールどっちがよい?

スピニングリールとベイトリールどちらが良いかというのはよく議論されることですが、正直自分の使いたいほうを使えばいいと思います。スピニングリールは飛距離が伸びることと扱いやすいことがメリットです。ベイトリールは狙ったところに正確にルアーを投げ込むことを得意としていまし、糸よれが少ないという利点もあります。しかしバックラッシュと言う特有のトラブルも抱えているため、デザインや使い勝手など自分が気に入った方を使用してください。
 

niwayama923さんの投稿
34184484 458481001247168 6333007575205806080 n

シマノバスワンでバス釣り入門!あなたも釣りデビュー⑥

XT・Rでバスを釣れ!

初心者のバス釣り入門用として人気の高いバスワンシリーズですが、実際にバスが釣れたときのその性能に多くの人は驚くかと思います。1万円以下でありながらその強靭なボディと感度の良さはこの価格帯のバスロッドの中では頭がひとつ抜けています。是非バスワンシリーズを持って池に出かけてください。バスは木の茂みを、障害物の陰に隠れていたりします。そういったポイントを見つけたらガンガン攻めてみてください。

 

taiga13さんの投稿
34756607 2127572067479433 4551356923512881152 n

バスワンは海でも使える

バスワンシリーズは海でも使用することができます。シーバスや太刀魚のルアー釣りなど多くの場面で活用できます。普通にぶっこみ釣りやその短さから落とし込み釣り、穴釣りなどその可能性は膨大なものを秘めています。タコ釣りや柔らかいものならエギングにも使えます。バス釣りだけにこだわらず色々なフィールドで色々なターゲットを仕留めてみてください。
 

weeds_spirits_staffさんの投稿
33984594 179650309541844 86234662606733312 n

シマノバスワンのまとめ

安くて高評価

いかがでしたでしょうか、バス釣りの入門用として思えないぐらいの高評価を得ているバスワンシリーズです。これから釣りを始めようとしている方はぜひこのバスワンではじめてみてください。飛距離も伸び、この価格帯でここまでの評価を得ているロッドリールは他にはないかと思います。
 

jerkbaiterさんの投稿
34139388 202809183680377 7662300722116952064 n

スピニング、ベイトの両方に対応したロッド

バスワンシリーズはスピニング用にもベイト用にも発売されているので、 自分のこだわりを持っている方でも活躍できるシリーズです。高価なロッドを持っているけど、障害物が色々あって傷をつけたくないかたや、第二のロッドが欲しい方は是非ともこのバスワンシリーズを使ってみてください。あなたのバス釣りライフをど今より盛り上げてくれることは間違いありません。
 

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ