セルフビルドの意味とは?DIYで自分で家を建てる際の費用や実例をご紹介!のイメージ

セルフビルドの意味とは?DIYで自分で家を建てる際の費用や実例をご紹介!

家を建てることは一生に何度もあることではない大きな買い物でしょう。自分の家は自分で建てたいという人が選ぶセルフビルドという選択。このセルフビルドで自分で家を建てる意味とはどこにあるのでしょうか。自分で家を建てるのにかかる意味や費用をご紹介しましょう。

2018年06月02日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. セルフビルド・自分で家を建てたい!
  2. セルフビルドの意味
  3. セルフビルドのDIY/向いている人
  4. セルフビルドのDIY/ハーフビルド
  5. セルフビルドのDIY/自分で作る費用の差
  6. セルフビルドのDIY/費用~基礎~
  7. セルフビルドのDIY/費用~刻み~
  8. セルフビルドのDIY/費用~棟上げ~
  9. セルフビルドのDIY/費用~その他~
  10. セルフビルドのDIY/トータル費用
  11. セルフビルドのDIY/資格
  12. セルフビルドのDIY/ミニハウス
  13. セルフビルドのDIY/ミニハウスデザイン例
  14. セルフビルドのDIY/期間
  15. セルフビルドのDIYの注意点
  16. まとめ

セルフビルド・自分で家を建てたい!

suzukihouse.1974さんの投稿
28433803 761135127416510 8833705253409914880 n

セルフビルドはロマン

自分で家を建てたいとおもう人は多いでしょう。しかし、時間がない、難しそう、家族から反対されたなどなかなか自分で家を建てる決心を実行できない人もいるのではないでしょうか。自分の住む家ならば自分で思う通りに自分の力で作る・・・一生の住処ともなるかも知れない家に対するロマンですね。今日はDIYで作る家つくりの実例を交えつつ、注文住宅との費用の差なども見ていきましょう。

セルフビルドの意味

jadey_huffさんの投稿
31236283 2007353379514308 329397641978839040 n

セルフビルドとは

セルフビルドとは文字通り「家を自分で建てる」という意味。現代日本では家は職人さんや建築会社にお願いして建てるものとなっていますが、その昔は自分たちの力で建てた家に住んでいました。しかし、今でも自分の力で建てた家に住んでいる国はまだまだあります。家は建ててもらうものという概念を越えて、「自分が求める家を自分で建てる」のがセルフビルドの意味となります。

ハーフビルドとミニハウス

自分で家を建てたいと思って本やネットなどで調べてみると、セルフビルドだけでなく「ハーフビルド」や「ミニハウス」などの単語が出てくるでしょう。しかし、そのハードルの高さを下げるためにハーフビルドやミニハウスというセルフビルドのお助け方法が存在し、大きな意味をもってきます。セルフビルドのハードルが高すぎると感じる人はハーフビルドやミニハウスという選択肢も考慮に入れてみましょう。

セルフビルドのDIY/向いている人

kilsarnhouseさんの投稿
31108455 1704278659609817 634472622167425024 n

初心者でもできる

セルフビルドというと「難しそう」「初心者には無理」と思う人も多いでしょうが、実際に工務店などにセルフビルドの相談をする人は20代から60代まで幅広い層に渡ります。もちろん、全ての人が建築の経験があるわけではありません。今までドライバーすら握ったことがないという女性の方まで夫のセルフビルドの手伝いとして平日や休日大工をされています。そんな初心者でもセルフビルドのDIY住宅を作ることは可能です。

時間がかかっても良い

普段建築とは無関係な主婦でも出来るセルフビルド。しかし、プロとは違い家を建てるのに充てる時間は休日であったり、平日の自由な数時間と限られてきます。家が完成するまで「多少の時間がかかっても良い」と思える人はセルフビルドに向いています。その逆に「少しでも早く家を建てたい」と思う人は残念ながらセルフビルドには不向きでしょう。

sally.landさんの投稿
31165827 440128639749526 3624881895935836160 n

理解者は多い方が良い

いくらこれまで建築とは無縁な人でもできるセルフビルドでも、力が必要な作業もあります。一人で行うには限度があります。セルフビルドで自分の家を建てたいと思ったら、その意見にまず家族への賛同が必要になってきます。兄弟や友人など、セルフビルドに対して理解があり強力してくれる人は多い方が良いでしょう。

セルフビルドのDIY/ハーフビルド

the_old_work_shopさんの投稿
31028462 175882986463094 778944073485516800 n

セルフビルドのハードルを下げよう

自分で家を建てたいけれど「家の設計ができない」、「建材をどこで確保して良いのかわからない」「最後まで自分の力だけで作ることができるか自信がない」。そんな人におすすめのセルフビルドの方法がハーフビルドです。

ハーフビルドの特徴

セルフビルドの中でもフルセルフビルドと呼ばれるものは、設計から電気・水回り工事の依頼、基礎工事から家を建てるところまですべてを自分でおこなうものです。このどうしても自分では出来ずに専門業者に依頼する設計、電気・水回り工事、基礎工事、棟上げまでを建築会社が行い、自分で選んだ建材でその後をDIYで行うのがハーフビルドです。

me_him_and_the_dogさんの投稿
31375881 384599915353504 8065935404928335872 n

ハーフビルドの利点

自分で家を建てたいという気持ちはあっても、いざ始めてみると「時間が取れずに思ったように家を作ることができない」「自分では無理だと判断した」など途中で挫折してしまうこともあります。だからといってたくさんの費用をかけて集めた建材や用意した土地をそのまま無駄にするのは、非常にもったいないですね。ハーフビルドではもし何かの理由で家を建てるのを断念したあとに、ハーフビルドを依頼した業者に続きを仕上げてもらうという選択肢を選ぶこともできます。

セルフビルドのDIY/自分で作る費用の差

blackoakltdさんの投稿
30926865 653437311659749 6536846701599129600 n

すべて自分で建てる

セルフビルドの選択肢で、設計から基礎工事、内装まですべて自分で作るのがフルセルフビルドです。費用面では中間マージンが発生しないので、この方法が一番費用がかからない方法といえるでしょう。

専門家の助けを借りる

フルセルフビルドであっても、どうしても専門家でないとできないものがあります。それが「電気工事」「水回りの工事」の2つです。こればかりは免許が必要となってきますので両方の免許を持っていない人がやろうとしても無理が出てきます。多少費用がかかっても仕方がないので、専門の職人さんに工事を依頼してある程度初心者で作業ができるところまで作ってもらうのがハーフビルド。フルセルフビルドよりは費用はかかりますが、注文住宅よりはコストが安くすみます。

geeedoさんの投稿
30884603 652208308458949 5160812924549201920 n

実際の費用の差は?

だいたいの費用の差は上記のように考えればよいですが、実際どのくらいコストが安く抑えられるのか。実際のセルフビルドを行った人を参考に費用を次章から詳しくご紹介していきましょう。

セルフビルドのDIY/費用~基礎~

chiichie7さんの投稿
31846876 2008048512783000 9043698024261353472 n

自分で

基礎工事とは家の土台を作る工事のことです。必要な材料は生コンクリートと型枠。セルフビルドの場合はこの生コン代と型枠代金のみかかるので、基礎の費用は45万~50万円程度(約18坪の土地の場合)です。

業者に

ハーフビルドにして18坪の住宅の基礎工事をお願いしようとした場合、100万程度の見積もりがあがってきました。これも140万円程度のものを無理をいって値切った結果なのでだいたい費用的には100万~140万円程度と見てよいでしょう。

shiroyagoさんの投稿
31033975 400691790403183 8954040788115783680 n

差額は

セルフビルドとハーフビルド(または注文住宅)での基礎工事の差額は55万円~95万円程度になるでしょう。

セルフビルドのDIY/費用~刻み~

osakana2017さんの投稿
29739138 234565947103384 1038012034014248960 n

自分で

刻みとは木材(柱など)を組み合わせて家の骨組みを作るための仕口や継手の作業です。この作業は工具があれば自分で行うことができ、もちろん自分でおこなうなら費用(作業代)は0円です。

業者に

刻み作業を業者に依頼した場合、税込で130,000円程度の費用がかかります。これはほとんどが職人さんの手数料と考えてよいでしょう。家を建てるのに必要な柱や梁の数は少ない量ではありません。自分でやればもちろんタダですがその時間はかなりかかるもの。プロに仕事をしてもらうのですから決してこの費用が高いものとはいえないでしょう。

tomino_koumutenさんの投稿
30078781 798478127008648 1026835713066270720 n

差額は

自分でおこなえば0円ですので、プロとの差額は130,000円程度となります。工具がなく、木材の墨付けもしたことがない、蚤も使えないという人は工具を新しく買うこと、作業の効率化を考えるとこの作業はプロに依頼してしまってもそれほど差は出ないでしょう。

セルフビルドのDIY/費用~棟上げ~

__ie_cube__さんの投稿
30087085 440502053045000 4918403900916105216 n

自分で

家の骨組みを組み上げるのが棟上げ作業です。上棟式(建前)など職人さんが屋根からお餅やお菓子を撒いておこなう式を体験した人もいるでしょう。あそこまでするのが棟上げ作業です。重い木材を建てる作業ですので一人でやるには無理があり、2人以上の人と持ち上げるような重機が必要となるでしょう。基本的に人足を雇う、重機レンタルを使用するなどしなければ棟上げにかかる費用は0円です。

業者に

業者にこの棟上げを依頼すると100,000円程度といわれています。もちろん、平屋や2階建ての差も出てくるでしょう。大工仕事で人数が必要となってくるのがこの棟上げ作業ですので、職人への手当(日当)が多くかかる仕事となっています。

f_manabu3262さんの投稿
30086779 1997824330470799 8156239845400772608 n

差額は

業者に依頼するのと自分で行うのとでは100,000円ほどの差がでます。このほとんどが人足代金です。ハーフビルドではこの棟上げ作業まで行われた家の骨組みが業者から施主へ引き渡しになるので、ここまでの費用はハーフビルドとセルフビルドの差ともいえるでしょう。

セルフビルドのDIY/費用~その他~

ryuu0904さんの投稿
30915383 562013540837844 5395277968081682432 n

自分で

その他セルフビルドでかかる費用として、足場レンタル代金というのがあります。自分で足場を買ってもあとで置き場も困るしそうそう使用しないので無駄になってしまいます。セルフビルドで家を建てたいと思っても足場はレンタルするのがよいでしょう。一例として1ヶ月の足場レンタル代金として15,000円程度からあります。

業者に

家を建てるために業者に足場台として請求されるのは60日で97,000円程度です。これを超えると延長料金として日に400~500円の料金を請求されます。もちろん、これは足場の架設・撤去も含まれます。足場架設・撤去作業は職人の中でも危険が伴う鳶職が行う作業なので大工はおこないません。危険なだけに鳶の日給は高いです。これは仕方のないこと。セルフビルドでも安全のためにはプロにしてもらうことも考慮してみてください。

y.a.n.1109さんの投稿
30867884 172584770115838 8097767701071527936 n

差額は

業者の費用が60日(2ヶ月)なのでセルフビルドは30,000円程度となります。業者に依頼した時との費用の差は67,000円程度となります。この費用の差は「安全」の意味もあります。

セルフビルドのDIY/トータル費用

montanelivingさんの投稿
30890691 455617031540443 9153495916836028416 n

棟上げまでにかかるセルフビルドと業者に依頼した場合(ハーフビルド)の費用の差を見てきました。この他、セルフビルドに掛かる費用としてはまとめたものは次のようになります。 ①基礎など構造部分の費用:170万円程度 ②建材、建具にかかる費用:330万円程度(家の間取りにもよる) ③電気・水回りの施設費用:350万円程度(トイレとバスは1つずつ) ④建築確認申請手数料などのその他の費用:13万円程度 トータルでセルフビルドで18坪の平屋を建てたいと思ったら863万円程度の費用がかかることになります。

セルフビルドはお得じゃないのか?

18坪の家のセルフビルドにかかる費用を見てきました。ネットで検索するとローコスト住宅では同じくらいの費用で建て売り住宅を購入することが可能です。自分の手間を考えたらコストが高いと感じることもあるでしょう。しかし、セルフビルドは作る手間を惜しまなければ家のために購入した木材の端切れで家具などを自作することができます。例としてキッチンの物入れなどです。上の水回りの施設にはシステムキッチンで計算してありますので、水道工事はやってもらい家具は他は自分で作るのならもっとコストの削減が可能です。

セルフビルドのDIY/資格

ooi_tomohiroさんの投稿
31310885 2124763071137734 6297758374880608256 n

水回り

セルフビルドでどうしても資格がないとできない作業があります。そのひとつが水回りの工事です。公共の水道から家まで配管をつなぐには公共の指定業者でなくてはできません。給排水工事、ボイラー工事、トイレの工事など諸々で100万円ほどかかります。

電気配線

電気の配線工事も電気工事士の資格が必要です。それだけでなく、ガスや電話線の配線も専門の業者でなくてはできません。これらの配線作業は専門の業者に依頼することになります。電柱からの引き込み工事に28万円ほどかかります。

shing_takemotoさんの投稿
31229996 161189707883987 5684991821642465280 n

建築士

住宅ではその大きさによっては建築士がおこなわなければいけないと建築法で決まっています。建築士の設計と工事監理が必要になるのは100平米以上の住宅です。坪でいうと30坪程度です。大きな家を建てたいというときは、初心者でも施工はできるが、設計や工事監理は建築士の資格を持つ人がおこなう必要があります。建築士を無料で依頼できるサービスがあります。

建築家紹介センター | 建物を建てたい方に建築家を紹介・一級建築士が運営する建築家紹介サイト

セルフビルドのDIY/ミニハウス

sankyofrontierさんの投稿
29738067 160392661454409 4877547161224478720 n

ミニハウスの意味

大きな家を自分で作るには費用もかかるしあまりセルフビルドの意味がないかも・・・と感じる人も多いでしょう。そこで注目されているのがミニハウスの存在です。離れのちょっとしたアトリエや子供の勉強部屋、趣味の部屋として簡単に作ることができるのがミニハウスです。

spacecreate1119さんの投稿
29092958 397204234024179 875376998497648640 n

プレハブとユニットハウス

ミニハウスといえば、プレハブやユニットハウスでしょう。この2つ同じように見えても実は大きな違いがあります。ユニットハウスはある程度間取りが決まっており組み立てるだけになっている材料がトラックで現地に届けられます。プレハブ建築ではユニットハウスよりもその間取りも自分の意見を入れることができます。簡単に作りたいという人はユニットハウスの方が楽ですが、自分の好きなように建てるというセルフビルドの意味としてはプレハブの方が向いているでしょう。

セルフビルドのDIY/ミニハウスデザイン例

移動可能

cal.spirit_10さんの投稿
27573627 917081328454549 409945269669462016 n

季節ごとにあちこちに移動しながらミニハウスと共に移住する人もいます。老後はこんなナチュラルなかわいいミニハウスと一緒にあちこち好きな土地に移住してみてはいかがでしょうか。

自分の好みで

cal.spirit_10さんの投稿
27576434 187566731840902 3747986623690702848 n

家族と住む家をすべて自分の好きなテイストにするのが難しくても、ミニハウスなら思い切り自分の趣味の家を作ることができます。白い壁、ブルーのドアが素敵な小さなかわいいミニハウス。

小屋

naoki_mukai_さんの投稿
26331616 168312980447705 2897764995242655744 n

庭に小屋が欲しいということで選んだのがミニハウスなのだそうです。ガーデニングのひとつとしてミニハウスを建てるなんてちょっとリッチな趣味であこがれますね。

トレーラーハウス

aikodesignworksさんの投稿
26070535 2052325484985916 416836265523019776 n

車で引っ張って移動するトレーラーハウス。ミニハウスにはこんな使い方もあります。

セルフビルドのDIY/期間

hiro.westriverさんの投稿
18299782 814409048706579 507302647737352192 n

セルフビルドには実際どのくらいの期間がかかるものなのでしょうか。ハーフビルドの目安ですが、業者のアドバイスを受けながら9ヶ月ほどの作業時間を目安としています。作業は平日は奥さんが一人でできる作業を数時間行い、休日には夫婦2人で作業をした場合の目安時間です。

セルフビルドのDIYの注意点

architect.studio.takaさんの投稿
30085417 1019941411510406 8896663791727542272 n

建築確認申請

セルフビルドでも人が住む住宅を作るには建築確認申請を行わなければいけません。これには必ず申請手数料が必要となります。建築確認申請は個人でもおこなうことができます。申請手数料費用は30,000円ほどとなります。

頭金など

セルフビルドでもハーフビルドでもまず頭金が必要となってきます。セルフビルドを建てたいと思った場合、うまく説明できず住宅ローンが借りられない場合もあります。ハーフビルドを利用する場合でも最低50万、材料によっては前払いが必要な場合もあり、その費用も初めに必要になってきます。その費用として頭金50万円プラス100~200万円ほどの費用をあらかじめ用意できるとよいでしょう。

garages_aki_jpさんの投稿
31086465 1962784930699056 5684868757944532992 n

期間・時間

セルフビルドで自分で建てる場合、それにかかる時間は自分でどのくらい作業に時間をかけられるかによってきます。ハーフビルドで棟上げまでをやってもらい引き渡されるまでは1ヶ月から1ヶ月半くらいの時間がかかります。しかし、日本には梅雨の時期があり、この時期は雨のため建築作業ができませんので季節によってはハーフビルドの納期までの時間がかかると予想しておきましょう。

まとめ

rhjbarchitectsさんの投稿
30944411 181021035789658 5998062132560658432 n

セルフビルドにもすべて自分で行うフルセルフビルド、専門家の技や資格が必要な作業、安全性から職人に任せた方が良い棟上げまでの作業を業者が行いそのあとをセルフビルドするハーフビルド、ユニットハウスやプレハブなどのミニハウスとセルフビルドにも色々なやり方があり、それぞれの意味があります。自分でぜんぶ1から建てたいと思う人もいるでしょうが、そこまでこだわらないという人なら「どんな家が必要なのか」、「費用の削減に繋がるのか」など考慮して自分にあったセルフビルドの方法を選ぶことが重要です。

DIYが気になる人はこちらをチェック!

セルフビルド以外にも、自宅のリフォームなどDIY情報が気になる人は以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

Thumbキッチン周りのタイルを使ったおしゃれなデザイン施工例11選!DIYの参考にも! | 暮らし~の[クラシーノ]
タイルでおしゃれにリフォームしたキッチン周りのデザイン施工例を見れば、きっと真似したくなるは...
Thumbインナーバルコニーとは?メリット・デメリットから費用、使い方まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
インナーバルコニーは、建物内部にある屋根付きのバルコニーです。天候を気にせず洗濯物を干せるな...
Thumbレンガのサイズまとめ!種類や寸法、活用別のおすすめレンガもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
レンガはDIYをもっとおしゃれにするアイテムです。積み上げるだけで雰囲気が出るレンガは、DI...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ