クロスバイクはブルホーンバーで変わる?ハンドルの特徴と効果を解説!のイメージ

クロスバイクはブルホーンバーで変わる?ハンドルの特徴と効果を解説!

自転車のハンドルにはいろいろな種類がありますが、スポーティーで街乗りでも快適なブルホーンバーをご存じですか。もともと競技用のハンドルで、クロスバイクのフラットハンドルと交換することで乗り味が一変します。ここではブルホーンバーの特徴と効果をお伝えします。

2018年10月16日更新

くまみん
くまみん
みなさまのお役に立つアウトドア情報をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ブルホーンバーとは?
  2. ブルホーンバーの特徴と効果① 適度な前傾姿勢でスピードが出しやすい
  3. ブルホーンバーの特徴と効果② 坂道が登りやすい
  4. ブルホーンバーの特徴と効果③ 手首や腕が疲れにくい
  5. ブルホーンバーの特徴と効果④ お尻が痛くなりにくい
  6. ブルホーンバーの特徴と効果⑤ 空気抵抗が小さい
  7. ブルホーンバーの特徴と効果⑥ コンパクトで持ち運びや駐輪がしやすい
  8. ブルホーンバーの特徴と効果⑦ スタイルが個性的
  9. クロスバイクのブルホーン化① ドロップハンドル用のSTIレバーを取り付ける
  10. クロスバイクのブルホーン化② エアロブレーキレバーとシフターを組み合わせる
  11. クロスバイクのブルホーン化③ バーエンドコントローラーと補助ブレーキを組み合わせる
  12. クロスバイクのブルホーン化④ ギドネットレバーを付ける
  13. クロスバイクのブルホーン化⑤ ブレーキレバーとシフターを流用するエビホーン
  14. クロスバイクのブルホーン化⑥ エビホーンと反対に取り付けるカニホーン
  15. クロスバイクのブルホーン化⑦ ブレーキレバーとシフターを中央に寄せて取り付ける
  16. ブルホーンバーの種類① スタンダードタイプ
  17. ブルホーンバーの種類② フラットタイプ
  18. ブルホーンバーの種類③ なで肩タイプ
  19. ブルホーンバーの種類④ エアロタイプ
  20. まとめ

ブルホーンバーとは?

もともとはタイムトライアルなど競技用のハンドル

ブルホーンバーとは、「ブルホーン」つまり「牛の角」のような形をした自転車のハンドルです。ドロップハンドルよりも軽量で空気抵抗も小さくすることができるため、タイムトライアルやトライアスロンで使われる競技用自転車に多く採用されています。競技では、ハンドル中央に取り付けるエアロバーと組み合わせて付けられ、巡行ではエアロバー、旋回や登坂ではブルホーンバーが使われます。

pedal_na_trilhaさんの投稿
21480444 1561967910526636 5092332351074074624 n

メッセンジャーなどプロも愛用

ブルホーンバーは見た目のいかつさとは違って扱いやすく、街乗り用としても人気があります。フラットハンドルより姿勢が前傾になり、ペダルに力を伝えやすいため、変速機のないシングルスピードと呼ばれる自転車や、タイヤの小さなミニベロと呼ばれる小径車にもよく使われています。フラットハンドルより幅が短く、また取り付け方法にもよりますが、ドロップハンドルよりブレーキがかけやすいという利点もあり、交通量の多い都市部を走るメッセンジャーにも愛用者が多くいます。

wesos3さんの投稿
22638654 697813010389031 1586245848931500032 n

ブルホーンバーの特徴と効果① 適度な前傾姿勢でスピードが出しやすい

シングルスピードやミニベロだけでなく、ブルホーンバーは街乗り用のクロスバイクにも取り付けることができます。クロスバイクのフラットハンドルをブルホーンバーに変えることで得られる効果はいくつかありますが、はっきり体感できるのは、スピードが出しやすくなることです。ブルホーンバーは、ハンドルの端が牛の角のように前に向かっているため、角の部分を握ると乗車姿勢が前傾となり、スピードが出しやすくなるのです。とはいえ、ドロップハンドルのいわゆる「下ハン」ほどではなく、交通量の多い道でも安心して乗れる自然な前傾姿勢なので、街乗りにおすすめです。

yuk__iさんの投稿
20759651 109293643095186 8883271795935805440 n

ブルホーンバーの特徴と効果② 坂道が登りやすい

フラットハンドルはもともとマウンテンバイク用のもので、未舗装路などでハンドルをとられないよう、ハンドルの幅を広くとり、手を横向きにしてハンドルを押さえ込むような形で握ります。これをブルホーンバーに変えて、ハンドルを握る手の向きを横向きから縦向きに変えると、脇が締まって全身の力がペダルに伝わりやすくなります。明らかに効果が体感でき、坂道を登るのもぐっと楽になります。

deccasportswearさんの投稿
30076420 167527763881173 3613934355010813952 n

ブルホーンバーの特徴と効果③ 手首や腕が疲れにくい

脇を締めたまま肘を曲げて自然な動きで両手を持ち上げると、手のひらは下ではなく内側に向きます。ブルホーンバーは、この自然な形でハンドルを握るため、自転車に長時間乗っても、手首や腕がつかれにくいというメリットがあります。またハンドルの先端に近い部分だけでなく、手前の部分や、角の根本の曲がっている部分など、握る位置をいろいろ変えることができるので、ロングライドが楽になります。これが、手のひらが下を向きっぱなしのフラットハンドルだと、長時間乗っていると手首が痛くなったり、腕がつかれやすくなったりします。普段使いの街乗りでは、あまり気になりませんが、数時間乗るようなツーリングでは、ブルホーンバーの快適性が効果としてはっきり感じられるのでおすすめです。

etsu_o5さんの投稿
22352571 196429034233774 2514107772988030976 n

ブルホーンバーの特徴と効果④ お尻が痛くなりにくい

フラットハンドルの付いたクロスバイクでは、アップライトな乗車姿勢となるため、サドルにかかる体重の割合が大きくなります。そのため、長時間乗っていると、どうしてもお尻が痛くなりやすいのですが、ブルホーンバーの場合、適度な前傾姿勢によって、サドルにかかる体重がハンドルに分散されるので、フラットハンドルに比べて、お尻が痛くなりにくいというメリットがあります。

ブルホーンバーの特徴と効果⑤ 空気抵抗が小さい

ブルホーンバーによる前傾姿勢は、空気抵抗を減らすメリットもあります。競技などでの高速走行でないと、このメリットは実感しにくいのですが、向かい風のなかを走行するときは、前傾姿勢による空気抵抗の軽減をはっきり感じることができます。海辺を走るツーリングで向かい風が強い時などは、アップライトなポジションのクロスバイクではすぐに疲れてしまいます。ドロップハンドルの「下ハン」ほどではありませんが、クロスバイクのフラットハンドルをブルホーンバーに変えることで、向かい風には格段に強くなります。

camomilavulgarさんの投稿
25005482 399077643861595 8303938092763447296 n

ブルホーンバーの特徴と効果⑥ コンパクトで持ち運びや駐輪がしやすい

幅の広いフラットハンドルの場合、集合住宅や駅前などの駐輪場に自転車を停める際、隣の自転車に当たってしまって出し入れがしにくいことがあります。ブルホーンバーならハンドルの幅が短く、形状もシンプルなので、狭い駐輪場にも停めやすいのでおすすめです。スポーツ自転車の場合、盗難対策などで自宅の屋内やベランダなどに保管することも多いので、玄関を出入りする時やマンションのエレベーターや階段を運ぶ時などにも、ハンドルがコンパクトだと、あちこちぶつからずに便利です。

wesos3さんの投稿
17818140 1403671876362024 6215371277121617920 n

ブルホーンバーの特徴と効果⑦ スタイルが個性的

クロスバイクをよりスポーティーな乗り味に変えてくれるブルホーンバーですが、もともと競技用に開発されたハンドルだけあって、見た目にもフラットハンドルのカジュアルな印象が一変し、スポーティーでパワフルな印象になります。またブルホーンバーの形状にもいろいろあり、ブレーキレバーや変速機のシフターをどう付けるかによっても印象が大きく変わるので、自分の好みに合ったスタイルを見つける楽しみもあります。

4utalow.mさんの投稿
12747578 222618451415421 1736385771 n

クロスバイクのブルホーン化① ドロップハンドル用のSTIレバーを取り付ける

ブレーキレバーとシフターが一体で抜群の操作性

フラットハンドルが付いたクロスバイクをブルホーン化するには、ブレーキレバーと変速機のシフターをどのように取り付けるかによって、いくつかの方法があります。スタイルや操作性が大きく変わってくるので、使い方や好みに合った方法を選択するとよいでしょう。操作性を重視する方には、ロードバイクのドロップハンドルに使われるSTIレバーを付ける方法がおすすめです。ブレーキとシフターが一体化したレバーで、ブレーキから手を放さずに変速できます。ドロップハンドルより握りやすい位置に付けることができるため、手の小さい女性でもブレーキの操作がしやすくなり、街乗りでも安心です。

k.kamekunさんの投稿
19120735 144594842757563 909475375220785152 n

ミニVブレーキへの交換などが必要

ただし、クロスバイクとロードバイクでは、ブレーキや変速機などのコンポーネントと呼ばれる部品一式が異なります。STIレバーを使用するためには、クロスバイクに付いているVブレーキを、アーム部の短いミニVブレーキやカンチブレーキに変更するなど対応が必要になります。またクロスバイクとロードバイクでは、変速関連のパーツも異なるため調整はシビアになります。技術に自信のない方は、部品代と工賃で対応してくれる専門店もあるので、相談するとよいでしょう。

cycly_3196さんの投稿
25017924 1892500991065937 1952675849987686400 n

クロスバイクのブルホーン化② エアロブレーキレバーとシフターを組み合わせる

ブレーキレバーの近くにサムシフターを付ける

タイムトライアルやトライアスロンなど競技で使われるブルホーンバーには、先端にエアロブレーキレバーが付いていて、中央部に突き出たエアロバーの先端にバーエンドコントローラーというシフターがついています。クロスバイクにブルホーンバーを取り付ける際、競技用の自転車と同様に、エアロブレーキレバーをバーの先端に付け、変速レバーを別な方法で付けるやり方があります。変速レバーの付け方はいろいろありますが、サムシフターという変速レバーをブレーキに近い部分につけるとハンドルから手を放さずに変速することができます。

amonyuannさんの投稿
11821118 700185353445509 1243086347 n

Wシフトレバーをコラムにつける

ステムという部品を介してハンドルを固定するパイプをコラムといいます。このコラムに付くマウントを用いてWシフトレバーをつける方法もあります。この場合、ハンドルから手を離さないと変速できないため、頻繁に変速する乗り方には不向きですが、ハンドルの見た目はすっきりとまとまります。またエアロブレーキレバーもSTIレバーと同様にロードバイクのコンポーネントに対応しているため、ブレーキを変えるなどの対応が必要です。

bun_chan89さんの投稿
26278580 147061466008759 959062812762570752 n

クロスバイクのブルホーン化③ バーエンドコントローラーと補助ブレーキを組み合わせる

競技用のタイムトライアルバイクでは、エアロバーの先端にバーエンドコントローラーというシフターが付いていて、これをブルホーンバーの先端に付ける方法もあります。ブレーキレバーの付け方はいろいろありますが、入門用のロードバイクやシングルスピードバイクに付けられることの多い補助ブレーキをシフターの近くに付けると操作しやすいでしょう。この場合も、ミニVブレーキやカンチブレーキに変えるなどの対応が必要です。

r_hijetさんの投稿
18580476 1692429427440202 8438016908636192768 n

クロスバイクのブルホーン化④ ギドネットレバーを付ける

クラシカルなデザインが好みの方には、ブルホーンバーの形状に合わせて、大きく湾曲したギドネットレバーという選択もあります。もともと旅行用のランドナーなどに使われることの多いブレーキレバーで、レバーを引ける手の置き場所が広くなるため、見た目だけでなく機能的にも便利です。やはりVブレーキには対応していないため、ミニVブレーキやカンチブレーキに交換するなど対応が必要です。シフターはバーエンドやコラム、ハンドル手前部分など、好みで付けることができます。

jun_tategamiさんの投稿
21827216 698729646990297 3926634706036064256 n

クロスバイクのブルホーン化⑤ ブレーキレバーとシフターを流用するエビホーン

いま乗っているクロスバイクの操作性が気に入っている方におすすめ

ここまでに紹介したクロスバイクをブルホーン化する方法は、クロスバイクに採用されているコンポーネントがロードバイクのコンポーネントと異なるため、ブレーキを変更する必要があったり、変速の調整がシビアになったりと、少々ハードルが高い面がありますが、ここからは、そうした手間がかからない方法を紹介します。特に、いま乗っているクロスバイクのシフターの操作性が気に入っている場合は、同じものがそのまま使えるので、おすすめの取り付け方法です。

velespit_bisikletさんの投稿
24327496 899014586928337 1656378619015987200 n

ハンドルの太さを選べば、後は簡単なエビホーン

クロスバイクに付いているブレーキレバーやシフターを、そのままブルホーンバーの先端部分に取り付けることで、簡単にクロスバイクをブルホーン化する方法があります。ケーブルとワイヤーは長くする必要があり、エビの触覚のように見えるため、エビホーンとも呼ばれる方法です。見た目は好みが分かれるところですが、ブレーキとシフターの操作性がよいのが特長です。ただし、通常のブルホーンバーはフラットハンドルよりもステムにつける部分の太さ(クランプ径)と握る部分の太さ(にぎり径)が太いので、エビホーン仕様にする場合は、元のフラットハンドルと同じにぎり径(22.2ミリが標準)のものを選ぶことが必要です。

kawasprojectさんの投稿
23596213 1106471146123013 5900975320252547072 n

クロスバイクのブルホーン化⑥ エビホーンと反対に取り付けるカニホーン

元のフラットハンドルと同じにぎり径のブルホーンバーを用いて、ブレーキレバーとシフターをエビホーンとは逆向きに取り付ける方法もあります。ブレーキレバーがハンドル前方に向かって開いている形が、カニのハサミのように見えるため、カニホーンとも呼ばれます。ケーブルやワイヤーの長さも変えずにそのまま使えることが多いので、簡単にカスタムできますが、逆向きに付くためブレーキレバーやシフターの操作はしにくくなります。

クロスバイクのブルホーン化⑦ ブレーキレバーとシフターを中央に寄せて取り付ける

ブレーキレバーとシフターはそのまま流用し、ハンドル中央に寄せて取り付ける方法もあります。エビホーン、カニホーンと同様に、元のクロスバイクと同じにぎり径のブルホーンバーを使用し、ケーブルとワイヤーは適切な長さにカットします。ハンドル幅が広めのブルホーンバーにしないと、グリップするスペースが狭くなってしまうことがあるので注意が必要です。簡単にカスタムできるメリットはありますが、ブルホーンバーの角の部分を握ったままブレーキレバーとシフターの操作はできないので、街乗りでは主に手元部分を横に持って、必要なときに角の部分を持つといった乗り方になります。

smilegang2354さんの投稿
14723625 349566638715507 3522149005519749120 n

ブルホーンバーの種類① スタンダードタイプ

ブルホーンバーと一口に言っても、さまざま種類があります。もっとも標準的なタイプは、ステムに付くハンドル中央部から角の根本までが緩やかに下がっているか、またはその部分がフラットで、バーの先端で上向きに角度がついているものです。気負わないスタイルでカジュアルなクロスバイクにも合わせやすい種類のブルホーンバーです。

opendistributionさんの投稿
26869309 334785623677973 4430847369617080320 n

おすすめブルホーンバー(スタンダードタイプ)その1

プロファイルデザイン エアウィング OS ブルホーンバー (31.8) 400mm(C-C)

・ダブルバテッドアルミ ・クランプ径:31.8mm ・サイズ:400mm(C-C)、420mm(C-C) ・重量:230-250g(カタログ値)

Amazonで詳細を見る

PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)は、トライアスロンなど競技用のさまざまな種類のブルホーンハンドル、ドロップハンドル、エアロバーなどで高いシェアを持つアメリカのブランドです。このブルホーンバーは、ケーブルを通す穴が開いていて、バーエンドに付けるブレーキレバーないしシフターのケーブルをハンドルのパイプ内部に通すことができる設計になっています。

おすすめブルホーンバー(スタンダードタイプ)その2

NITTO (ニットー) 日東 RB-018 SSB アルミ ブルホーンバー31.8 380mm シルバー 66RB018SSB380

・材質:アルミ合金 ・ハンドル幅(C-C):380mm ・クランプ径:31.8mm ・バー径:24.0mm ・ドロップ:0mm ・リーチ:154mm ・参考重量:235~245g ・カラー:シルバー

Amazonで詳細を見る

NITTO(日東)は、ハンドルやシートポストなどの金属パイプのパーツ類で、日本を代表するブランドです。厳しい品質管理で知られ、信頼性の高い製品を送り出しています。ブルホーンバーだけでもさまざまな種類のラインナップがあり、ハンドル中央部から角にかけてフラットなこのハンドルは、無理のないポジションでの街乗りに向いています。

faithgearfixieさんの投稿
21107804 112831922762742 1832611409322573824 n

ブルホーンバーの種類② フラットタイプ

標準タイプのブルホーンバーは、バーの先端が上を向いているのに対し、この種類のブルホーンバーはバーの先端がまっすぐで、中央部から角にかけてもフラットないし緩やかな下がり方です。クラシカルなデザインのミニベロやシンプルなデザインのシングルギアに合わせることが多いブルホーンバーです。ブレーキレバーやシフターはバーの先端ではなく、中央部やコラムに付けることで、スッキリとした印象にまとめることができます。

kouji0329さんの投稿
22430295 186775118559677 7205524254333337600 n

おすすめブルホーンバー(フラットタイプ)その1

ニットー(NITTO) RB006 ハンドルバー (ショートブルホーンバー)

・クランプ径:25.4mm ・バー径:22.2mm ・材質:アルミ ・仕上げ:アルマイト ・カラー:シルバー ・ドロップ:12mm ・リーチ:137mm ・重量:280-300g

Amazonで詳細を見る

NITTO(日東)のフラットタイプのブルホーンバーで、クランプ径とにぎり径(バー径)が、多くのクロスバイクに付いているフラットハンドルと同じ太さです。そのため、このハンドルでクロスバイクをブルホーン化する際は、もともと付いていたブレーキレバーとシフターを利用することができます。

おすすめブルホーンバー(フラットタイプ)その2

DEDA デダ クロノネロチーム エアロバー 400mm(外-外) ブルホーン

・ハンドル幅:400mm(外-外) ・ハンドルクランプ径:31.75mm

Amazonで詳細を見る

DEDA(デダ)は、イタリアのパイプメーカーで多くの有名ブランドにフレーム素材を供給しているDEDACCHAI(デダチャイ)の自転車パーツブランドです。このクロノネロチーム エアロバーは段差がないフラットなタイプで、ハンドルの裏側にケーブルを通す穴が開いています。

opendistributionさんの投稿
14482323 1187687957954074 8975964044951289856 n

ブルホーンバーの種類③ なで肩タイプ

スタンダードタイプのブルホーンバーも、ハンドル中央部から角の部分にかけては、ゆるやかに下がっているものが少なくありませんが、この「なで肩」のタイプは、さらにドロップが大きく、ぐっと下がった種類になります。そのため、ステムの高さが同じでも、スタンダードタイプのものに比べ、より深い前傾のポジションを取ることができます。先端部にブレーキレバーやシフターをまとめることが多く、そうすることで操作性も良く、ルックスもスポーティーで個性的なスタイルに仕上がります。

longedge_japanさんの投稿
17333521 1400479666662561 5319706807327784960 n

おすすめブルホーンバー( なで肩タイプ)その1

日東(NITTO) ハンドルバー RB-021 26.0mm

・アルミ合金 ・幅:380、400、420mm ・バークランプ径:26.0mm ・ドロップ:60mm ・リーチ:167mm ・重量:265~275g ・カラー:シルバー

Amazonで詳細を見る

中央部からのドロップが6センチと大きく、「なで肩」になっているタイプのNITTO(日東)のブルホーンバーです。より深い前傾姿勢をとることができ、スタンダードなタイプやフラットなタイプと比べ、ブルホーンバーの効果が際立ちます。

おすすめブルホーンバー(なで肩タイプ)その2

SOMA(ソーマ) エルトロ パシュートバー CP/380mm(C-C) 380 380.0

・カラー CP ・ハンドル幅 380mm(C-C) ・素材 タンゲクロモリ ・リーチ/ドロップ 220/70mm ・クランプ径 26.0mm

Amazonで詳細を見る

SOMA(ソーマ)は、80年代テイストのクロモリフレームで知られる米サンフランシスコ発祥の自転車ブランドです。ほとんどのブルホーンバーがアルミ製である中、このブルホーンバーにはクロモリ(鉄)が採用されています。

lallanさんの投稿
18645932 1480798815303599 9144906635079057408 n

ブルホーンバーの種類④ エアロタイプ

トライアスロンやタイムトライアルなどの競技で使用する種類のブルホーンバーです。カジュアルなクロスバイクに付けるには、ハンドルの個性が強い面もあり、好みは分かれるところですが、あえて攻めたカスタムをしたい方は、選択肢に入れるとよいでしょう。この種類のブルホーンバーには、グローブをはめてバーテープ巻かずに乗る人も多いようです。巻いてもバーの先端部分だけにすると、競技用としての個性が際立ちます。

rideinjapanさんの投稿
29738690 1985267798401396 2865854655248728064 n

おすすめブルホーンバー(エアロタイプ)その1

cinelli(チネリ) ハンドルバー マッシュブルホーン 31.8/40 ブラック 603035-318400

・サイズC-C(cm):40 ・クランプ径(mm):31.8 ・重 量:290g ・素 材:アルミ 6061 T6 ハイドロフォーミング

Amazonで詳細を見る

イタリアの3大ロードバイクブランドにも数えられる老舗ながら、斬新なデザイン性で熱烈なファンをつかんでいるCinelli(チネリ)が、米サンフランシスコを拠点に街乗りピストの文化をけん引してきたMASH(マッシュ)とコラボして生み出したブルホーンバーです。スタイリッシュなデザインと浅めのドロップで、街乗りでも快適に使うことができます。

おすすめブルホーンバー(エアロタイプ)その2

PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン) T2 WING アルミ ブルホーンバー(31.8) 181760002 420mm(C-C)

・アルミ製 ・ハンドルクランプ:31.8㎜ ・ハンドル幅:420㎜(c-c) ・重量:250-265g

Amazonで詳細を見る

競技用ハンドルのラインナップが充実しているPROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)のエアロタイプのブルホーンバーです。手前の部分が偏平になっていて、機能もルックスもレーシーです。中央部からのドロップはなく、またどこを持っても持ちやすい設計であるため、競技用ながら街乗りでも使いやすいブルホーンバーです。

aragingerさんの投稿
15043668 1823491101264456 6335002879572574208 n

まとめ

ブルホーンバーの種類やパーツの選択でさまざまなルックスの自転車ができる

機能もスタイルもスポーティーなブルホーンバーにはさまざまな種類があり、またブレーキレバーやシフターの付け方にもいくつもの方法があります。ハンドルはいわば自転車の顔のようなパーツなので、クロスバイクをカスタムする時も、どんなブルホーンバーを選ぶのか、パーツの付け方をどのようにするのかによって、ポジションや操作性などの機能はもちろん、自転車のルックスも大きく変わります。

cosy_cyclingさんの投稿
22802314 1728061623925564 996299577923469312 n

フラットハンドルとドロップハンドルの「いいとこ取り」ができる

自転車は乗車姿勢が変わると乗り味がまったく変わってきます。ブルホーンバーは見た目がユニークで、いかつい印象もありますが、フラットハンドルの手軽さはそのままに、自然な前傾姿勢でスピードもパワーもアップします。角の部分をにぎると、ドロップハンドルのブラケット部分を持った時に近いポジションになります。「下ハン」のポジションは取れませんが、その分、ブレーキレバーが握りやすくなるなどのメリットもあります。街乗り用のクロスバイクをカスタムするには、ちょうどよい選択ともいえるでしょう。

brotures_osakaさんの投稿
28752219 2029478463973960 5849266353550131200 n

あなただけの一台で素敵なサイクルライフを

いろいろなカスタムに挑戦しながら、パーツの機能や整備について学んでいくのも楽しいものです。もちろん、安全に関わるので自分でやり切れないカスタムは、専門店に相談しましょう。自転車は手をかければかけただけ、乗り込めば乗り込むだけ愛着がわいてきます。手をかけたオリジナルの一台で、健康的で素敵なサイクルライフを楽しんでください。

hiroki.kasagiさんの投稿
20478713 1642617959116825 57769547809161216 n

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ