初心者や子供連れの家族必見!スキーへ行くとき必要な持ち物リストのイメージ

初心者や子供連れの家族必見!スキーへ行くとき必要な持ち物リスト

独身時代から始めたスキーは家族もできてファミリースキーを楽しみ、スキー歴40年記者が書いたスキー初心者への必見記事です。スキー板やスキー靴、ゴーグルとスキー手袋など持ち物はデザインや形状も変わり良くなりましたが厳しい冬山相手に楽しむには持ち物の準備が必要です。

2018年06月01日更新

林 茂雄
林 茂雄
毎週がGWのライターです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スキーを楽しむ
  2. スキーを始める
  3. どれぐらいで滑れる?
  4. スキーの必需品と準備品
  5. 購入とレンタルの選択
  6. スキー場選びと準備時期
  7. スキー場の交通手段
  8. スキー旅行の計画
  9. 必要持ち物リスト
  10. まとめ

スキーを楽しむ

スキーは標高1500メートル前後の冬山をゲレンデスキー用に整備された積雪斜面をスキー板を履いて滑降するスポーツです。標高差数百メートルを数分で滑降するスリリングで楽しく爽快!すばらしい景観も楽しめる。ただは転倒や衝突の危険リスク、気象変化の注意と行くまでの事前準備が必要です。

爽快感と素敵な景観

skishopjiroさんの投稿
29094778 165198660809036 116699514177323008 n

ゲレンデリフトに乗り、登りついた標高から斜面コースを一気に滑り降りる爽快さは日常を忘れるほど楽しい時間を過ごせます。スキーは大人や男性や女性に限らず子供も解放感を味わえて楽しめる遊びです。

アフタースキーに温泉

上高地や乗鞍岳の最寄り平湯温泉は徒歩の場所にスキー場が有りスキーの後には大人も子供も温泉が楽しめます。

freedom.yk.821さんの投稿
20482681 816400858542081 1825864732960096256 n

7月の岐阜県、平湯温泉スキー場

オフシーズンは設備やコースメンテナンス時期、温泉は楽しめます。

夏のオフ期間のスキー場は積雪は無くシーズンに備えて安全確保にゲレンデ整備や滑走コース手入れがされシーズンは安心してスキーが楽しめるように準備されます。

安心なスキー場の安全管理

スキー中に転倒や衝突事故もありスキー場にスキー管理センターが有れば安心です。

cokabooさんの投稿
17332797 263134117472308 1452607782602670080 n

気の合う仲間や家族と楽しむ

スキー場は厳寒地で動けば寒く無いのですが、スキー初心者で「動けず動かず」は寒くて辛くなります。先ずは練習で体を動かすこと必要、初心者はボーゲンで滑降できるようになればスキーが楽しくなります。

1月の兵庫県、東鉢伏スキー場

気の合った仲間とスキーを楽しみました。

子連れの家族スキーは子供もスノーボードで楽しめます。

ゲレンデ食堂があり便利

コンビニは有りませんがスキー場のゲレンデ食堂で食事が取れます。

uzuhaさんの投稿
26071374 610683229263161 588480815281733632 n

体力消耗が激しいので腹ごなしはリッチに焼き肉ランチもあり女性も喜ぶ食事も楽しめます。

indie_meiさんの投稿
16110428 1862494297331028 6834712300008505344 n

ゲレンデ食堂は豊富なメニューがあり美味しいカレーは大人と子供の定番です。

夜も滑れるナイタースキー

女性は少ないですが大人は寒い夜のナイタースキーも滑ります、ボーゲンが出きるようになった初心者スキーヤーも多く、スキー場の寒さも忘れるほどスキーを楽しめるようになったと思います。

baku3さんの投稿
10914399 1533502320249717 1474328734 n

スキーを始める

先ずは必要な道具3点のスキー板にスキー靴とストックがあれば一応は滑れます。

スキーに必要な持ち物は?

スキーを始めるにはスキー道具が必要です。必需品のスキー板にスキー靴とストックがあれば雪面斜面を滑れますがスキーを快適に楽しむには防寒用の服装が大事で、男性用と女性用スキーウェアーがあり準備が必要です。

スキーに必要な持ち物をA必需品に表記しました、事前チェックシートの参考にしてください。

持ち物は何から検討する?

スキー板(金具取付け含む)にスキー靴とストックの道具が無いとスキーは出来ません。シーズンに入る時期にスポーツ店で3点セットや手袋とゴーグル含めた5点セット等で販売されおり、スキー持ち物は先ずスキー道具から検討しましょう。

crea_magazineさんの投稿
12501799 226588197728807 2022715301 n

服装はスキーウェアーだけでなく防寒対策用品のスキー帽と手袋が必要、降雪時の見通し対策と紫外線予防にゴーグルも準備しましょう。 降雪時は滑走中に雪で前が見えなくなりゴーグルが必要、手袋と帽子は防寒だけでなく転倒時の怪我予防にもなり大事です。

基礎体力の準備

manceradiegoさんの投稿
29414774 210745109685886 414483894755131392 n

スポーツなので基礎体力が必要です。大人は日常で歩く走る習慣も大事、反射動作も敏捷にこしたことは無いので日常に簡単で体に負担の軽い運動を始め生活習慣に取り入れてスキーシーズンに備えます。

体力とバランス感覚のトレーニング

galenrunさんの投稿
29402771 356272414780240 4995059188724924416 n

山歩きの必要ありませんが、毎日歩くことが大事です。歩き方も腰あたりに重心を意識して上半身が遅れない感じで歩くといいと思います。スキーで滑る板に体が遅れない感じの重心イメージするといいと思います。

持久力と反射動作のトレーニング

体力を使いますのでフットワーク体操なり歩くなどで体を動かすことが必要です。またスキーは必ず転倒し怪我の恐れも有りますので予防対策に普段から体を動かすことを生活習慣にするといいと思います。

harutabi7さんの投稿
29400614 179553099515042 740014176381960192 n

テニスのラリーボールを打ち返す反射動作とボールを打つ下半身の荷重移動の動作はスキーの谷足と山足の荷重切り替えイメージトレーニングにいいと思います。

どれぐらいで滑れる?

スキーのボーゲンは初心者が体重移動の感覚を覚え滑る技術で初めてのスキーで学び1日6時間程度の滑走練習を目安に、緩斜面コースを「滑る・曲がる・止まる」の基本スキーが出来てスキー板の扱いにも慣れてスキーが楽しくなると思います。

mami_s_nさんの投稿
28752695 146394422850235 7633613961237102592 n

足膝を閉じる感じでスキートップを狭めスキー板を八の字姿勢に雪面を抑える感覚で制動しスピードや方向をコントロールし緩斜面を滑ります。

初心者はボーゲンスキーから始まる

先ずはスキーを履いてゲレンデを歩き上りスキー板に慣れることから始め、ゲレンデ緩斜面でスキー板を八の字姿勢で滑るボーゲンを覚えます。

emi_half58さんの投稿
16123866 1843561525926023 8638742140790243328 n

ボーゲンスキーで「滑る・曲がる・止まる」ができれば方向移動のキックターンを覚え次はリフトに挑戦しゲレンデリフトを使ってスキーが楽しめます。

選択肢のスキースクール

初心者はスキーの練習で上達が進まず、教えるのも教えられるのもお互いに手間がかかるのでスキースクールの選択もいいと思います。

tamakoshi_skiさんの投稿
26871892 555407618191027 7020068150607609856 n

スキースクールは同じスキーレベルの人を、指導プロが教えますので正しい基礎を学べ練習が出来て上達が早いです。

スキーの必需品と準備品

スキー板(金具付き)とスキー靴にストックは山の積雪斜面を滑る道具の必需品、厳寒のスキー場を楽しく快適に過ごすのにも防寒の服装も大事な必需品です。スキー場では「有ると安心」な準備品の検討し用意しましょう。

必需品と準備品の持ち物

A必需品にB準備品を加えたシートで事前チェックシートとして参考にしてください。

スキー持ち物3点セット

シーズン時期にスポーツ店で販売される3点セットのスキー板(金具付き)とストック、スキー靴が無いとスキーが出来ません!必ず必要なスキー道具です。

takasaijoさんの投稿
23101243 907070702781625 5428387995520598016 n

スキー持ち物に必要なゴーグルと防寒用品

スキーを楽しむには防寒の服装準備とゴーグルが必要、防寒用品のスキー帽とスキー手袋も必要です。

hiroko_29さんの投稿
24127187 1782493492044009 7959645212144304128 n

厳寒の冬山は防寒対策にスキー手袋とスキー帽、降雪時スキーの視界確保と紫外線対策にゴーグルの準備がしましょう。

服装はスキーウェアーが必要

40年前の初心者はジャージかGパンでも滑ってましたが必ず転倒し浸み込み下着まで濡れて冷えます。快適にスキーを楽しむには服装が大事、防寒・防水スキーウエアーが必要であわせて下着類の準備も検討します。

26apinさんの投稿
15875784 284167988664704 4014199885086588928 n

スキー道具3点にスキーウェアー類をひと揃えを準備すれば一人で十万円ほどかかり、安い買い物ではないことが分かります。

購入とレンタルの選択

約十万円程かけてスキー3点セットとウェアー類を購入するか?スキー場でレンタルを選択するか?私的に初心者は費用軽減でスキー道具は持ち運び手間いらずのレンタルがおすすめです。

レンタルスキーの選択

3点セットのスキー道具とウェアー類を揃えてお金をかけるより初心者はスキーシーズンをスポット期間(今年だけとか)で検討した方が良いと思います。購入すると、スキー場まで重いスキー道具を持って移動する労力やシーズンオフ期のスキー道具の手入れと保管方法を考える必要もあり手間がかかります。

kurumayamajodelさんの投稿
26155444 1964410827153928 5531815072910802944 n

レンタルスキーは整備手入れされたブランドメーカー品の豊富な品揃えで安心して利用できます。 注意:レンタル例で、正確なレンタル料は行かれるスキー場で確認してください。

スキー道具購入の選択

初めにスキー道具を友人などから貰ったスキーで始めて上手くなり、それから新しくスキー道具が欲しくなり購入を検討する購入者も多いです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

スキー5点セット

スキーセットはネット通販でも購入が可能です。

初心者おすすめセット例です。スキー板は手入れをすれば1シーズン10日スキーすれば10年(100日)が買換え目安、スキー靴は樹脂部の経年劣化で破損することも有り5年ぐらいが耐久年数と思います。

miyazi_dayoさんの投稿
25017921 776782125838579 681839114940579840 n

パラレルスキーで滑れる初中級者はレンタルスキーでは物足らず市販3点セットにも目もくれずお気に入りブランドメーカーのスキー板と靴、服装もブランドウェアーを店回りして購入する女性や大人の人が多いようです。

スキー場選びと準備時期

夏の乗鞍岳の大雪渓で夏スキーが出来ますが、一般スキーはウィンタースポーツで冬の季節です。スキー道具の準備は11月ぐらいからで12月入ればスキー場の検討も始めます。

スキーはウィンターシーズン

mtake1984さんの投稿
29095460 161902117855175 7640407916599574528 n

12月末から1月~2月の大寒前後の時期は積雪の雪も軽く滑りやすい時期です。快晴日は空気も澄んで景観もすばらしくスキー場で楽しい時間を過ごせると思います。

ke_go55さんの投稿
28433414 912596025581548 6084737377207582720 n

12月ぐらいからスキー場の検討を始めますが、初心者や子供連れ家族スキーは緩斜面ゲレンデで初心者コースのあるスキー場を選びます。フラットな中緩斜面コースはボーゲンスキーでもこなせる気持ちの良い斜面で子供も女性も楽しめると思います。

子供連れや初心者向けスキー場

saiki.naomiさんの投稿
28752642 150190845676843 8116648123901673472 n

初心者や子供を連れた家族向けスキー場は、緩斜面コース(緩い斜度10度程度)でファミリーゲレンデのあるスキー場がいいです。ゲレンデコースが横に広がり長さが300~500メートル程の短いゲレンデコースで見渡せば目視で家族が認識できる広さのスキー場がおすすめです。

hitoharico215さんの投稿
28436113 284303832101232 2840378781854597120 n

リフトが乗れない初心者や子供は歩いて登り滑ることから覚えます、歩く滑るに慣れるとリフトに挑戦ですが子供連れは親と一緒に乗るのでペアーリフト(2~3人)のあるスキー場探しも必要です。写真はペアーリフトがあり緩斜面コースのスキー場です。

スキー場の交通手段

スキー場には行くには列車か、バスで行くかマイカーで行く方法ですが日帰りか宿泊かで選択肢が変わります。スキーは午前中から滑り出し午後には早じまいなので日帰りコースはマイカー選択で、宿泊はツアーの夜行バスか夜行列車が選択肢、マイカーも選択肢になると思います。

スキーバスの利用

vacationclub_busさんの投稿
27881184 1382818475158197 2053044975087648768 n

バスツァーの窓口は旅行会社が便利、夜行バスでスキー場に朝早く到着するコースで、バス発着は電車交通便の良い都心ターミナル駅近くがメインです。スキー道具をレンタル選択でも宿泊は荷物量も多くバス発着場所までの行き帰りキャリーバッグの労力も想定しましょう。

スキー列車の利用

tyty_duduさんの投稿
15876359 251041728653011 8034202915235168256 n

旅行会社パンフレットのスキー列車ツァーが便利で、ツァーなのでスキーレンタル組はスキーバッグだけを持って出発駅待合で合流し現地スキー場に行きます。

マイカーで行く場合

maruyasu27さんの投稿
26263253 165149707461540 4806294456942723072 n

マイカーでスキー場に行くので荷物を持つ必要もなく手軽なのですが、私的には積雪路面を走る・タイヤチェーンの装備・道路状況と天候の悪化の渋滞があり、すべて自己責任で車を走破しないとスキー場に行けませんので初心者にはおすすめしませんが、マイカーは重くかさばる荷物を持って移動する必要の無い便利さと子供連れの家族の場合は荷物も多くバスや列車では子供連れの移動が難しいことでマイカー選択も多いです。

スキー旅行の計画

ゲレンデ積雪情報の確認

スキー場に積雪が無いと出来ないので全国スキー場の積雪情報が新聞掲載される12中旬頃から準備します。

出典: http://weather.asahi.com

スキー場情報

朝日新聞のデジタル情報です。

行きたいスキー場の決める

スキー場積雪情報で滑走可能を確認し初心者・子供連れ向きのスキー場を決めます。スキー場は交通手段も並行して考えます。初心者や子供連れはスキー場までの移動時間が長時間かかる場所は避けてツァーバスや列車は6時間程度に、マイカーも4時間以上かかるとスキー場の行き返り移動に運転者も同乗者も疲れますので避けましょう。

love.lisa.blackpinkさんの投稿
17265627 1453043678047245 5731945980375334912 n

緩斜面でゲレンデコースに広がりのあるスキー場は子供連れや初心者に優しいスキー場です。ゲレンデ食堂の食事メニューと価格情報も確認しておきます。

必要持ち物リスト

スキー持ち物のA必需品・B準備品とC準備品

スキー道具・ウェァー類は重くかさばりますのでA必需品はスキーに必要なものですが、B・C準備品は優先順位で絞り込み省けばいいと思います。宿泊スキーに比べ日帰りスキーは生活品が減るのですがそれでも荷物量は多く「かさ張る、重い」を優先順位を決めて省き持ち物を検討すればいいと思います。

まとめ

スキー持ち物の準備

スキーは自然相手に遊ぶスポーツ、開放感を味わえ素晴らしい冬山の景観と日常を忘れるほどに大人や子供、女性も楽しめるます。特に初心者は必要な持ち物のスキー道具(スキー板、スキー靴、ストック)を検討(購入かレンタル)し事前準備をしましょう。

kenichi_kuroyanagiさんの投稿
27576652 2041747992728900 1603795209857007616 n

スキー場の防寒対策

スキー道具(スキー板、靴、ストック)の準備できれば防寒に大事な服装のスキーウェアーを検討し、紫外線予防のゴーグル、スキー手袋とスキー帽は防寒対策用品でスキー転倒時の怪我を防ぐ役割もあり大事な持ち物です。防寒対策をおろそかにすると快適なスキーが楽しめません。

anemone5febさんの投稿
25015640 1571520152935120 1357305030989840384 n

準備でスキーは楽しくなる

単独スキーヤーも、友達仲間や家族で行くスキーも皆初めは初心者です。先ず必要な持ち物のリストを作り「重い嵩張るもの」から優先順位を決め絞り込み荷物を減らし事前に準備します。服装は耐寒防水の良品質のスキーウェアーを、ゴーグルと帽子や手袋の防寒用品も忘れずに用意すればスキー場で快適に過ごせて楽しめます。

__yukinkoさんの投稿
28157393 1887890587890835 4775941480680259584 n

ゲレンデ食堂前の大人や子供、女性スキーヤーは初心者もスキーを楽しみくつろいでいます。山麓からの冬山景観の素晴らしさは下界に下り日常生活に戻ってからも忘れられない思い出になると思います。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ