大量発生する小さい蛾「メイガ」の駆除・対策方法!発生源はどこにある?のイメージ

大量発生する小さい蛾「メイガ」の駆除・対策方法!発生源はどこにある?

人間の生活を脅かす小さい蛾、メイガについてまとめました。メイガは小さい蛾ですが、1度発生すると厄介な害虫です。駆除方法や、発生させないための対策、また、生態についてもご紹介していますので、駆除や対策をしっかりして、メイガの被害を最小限で食い止めましょう!

2018年06月01日更新

Peco[REFLECTION]
Peco[REFLECTION]
ガーデニング、アウトドアが得意で、プライベートでも初心者の悩みや相談を受けています。知って得するウンチクを交えながら、子供でもわかるように、かみ砕いて説明するのが得意です(*☌ᴗ☌)。*゚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 小さい蛾「メイガ」とは
  2. メイガの生態
  3. メイガの発生源
  4. メイガが活動する季節
  5. 食品害虫のノシメマダラメイガ
  6. ノシメマダラメイガを食べたらどうなる?
  7. ノシメマダラメイガの駆除方法
  8. ノシメマダラメイガの発生対策
  9. 畑や花壇に発生するメイガ
  10. 畑や花壇に発生するメイガの駆除方法
  11. 畑や花壇に発生するメイガの発生対策
  12. 小さい蛾でも油断禁物!

小さい蛾「メイガ」とは

メイガとは、鱗翅目(りんしもく)メイガ科に分類される昆虫の総称です。チョウや一般的な蛾に比べて小さい蛾は、メイガであることがほとんどで、羽を下向きの屋根のように広げたまま物に留まるという特徴があります。

s._.k._.nさんの投稿
28158859 2156532821233534 1304477706343153664 n

メイガは、日本だけでも600種類以上の種が存在すると言われています。大部分は夜行性ですが、一部は昼飛性であったり、色や柄、形、生態が異なる、さまさまな種類が存在しています。

s._.k._.nさんの投稿
21433806 1917367131868823 2989980717636648960 n

メイガの生態

メイガは、1年の間に4~5回卵を産むといわれています。卵は、幼虫のえさになりそうなものの周囲に産みつけられ、数日で孵化し、幼虫になります。メイガが幼虫でいる期間は、22~45日で、その間にいろいろと人間を困らせる行動をとります。

shinobu_shionekoさんの投稿
21147690 310846599382868 1158201170464866304 n

その後、幼虫は蛹(さなぎ)になります。蛹は、1週間程度で成虫となったあと、2週間程度で寿命を迎えます。その2週間の間は、基本的に餌は食べず、ひたすら交尾し、産卵します。その結果、小さな体ではありますが、一生に200個近くの卵を産み付けます。

masa.mochiさんの投稿
21433796 351107808682440 3987075886712094720 n

メイガの発生源

屋外の発生源

メイガの野外での発生源は、市街地の場合、精米所や食品貯蔵庫、農園などが多いと言われています。また、自然が多い場所では、鳥の巣や蜂の巣などもメイガの発生源になります。ただ、メイガの発生源についてはまだ研究途上なため、「どうしてこんなところに?」というような場所に、メイガが多量発生することもあります。

naoto_66さんの投稿
1208406 512482412231048 1790425830 n

部屋の中の発生源

メイガは、部屋中のあらゆる場所を発生源として大量発生します。基本的に、メイガは幼虫の餌となりうるものがある場所に卵を産むので、米などの穀物類、小麦粉、お菓子、ドッグフードなど、食品がある場所、つまりキッチンがメイガの発生源になることがほとんどです。

yu_akashiさんの投稿
29089729 187022025409300 2104816141506445312 n

メイガが活動する季節

メイガは暖かい季節が好き

メイガは、暖かい季節が好きなので、自然環境下では、春から秋にかけて成虫が活動します。気温が低い日が続くと、成虫は見かけなくなりますが、幼虫の状態のまま越冬していることもあります。

tnkhrkさんの投稿
1172171 755533111140520 1023004796 n

部屋の中ならメイガは越冬可能

メイガは暖かい季節が好きなので、冬になると、屋外で成虫を見かけることはなくなります。しかし、冬も暖房が効いている部屋の中では、メイガは1年中発生することができます。メイガは1cm程度の小さい蛾なので、部屋に侵入していても気づかれないことも多く、部屋の住人に知られないまま、そっと部屋の中で繁殖していることもよくあります。

haconoriさんの投稿
26864704 1893053487674510 7762002456543756288 n

食品害虫のノシメマダラメイガ

メイガの仲間には、人間や動物の食料を食べる、「食品害虫」とされる種類もいます。その中でも有名なのが、「ノシメマダラメイガ」と呼ばれる種類で、メイガの中でも特に小さい蛾です。

salvia1127さんの投稿
20213878 113867595927751 8097690434609872896 n

ノシメマダラメイガが食品害虫と呼ばれるのは、幼虫時代にいろいろな食品を食べるからです。 ノシメマダラメイガの幼虫は、米などの穀類や小麦粉、調味料をはじめ、ドライフルーツやコーヒー豆、さらにはクッキーやチョコレートなどのお菓子、ペットフードなど、あらゆる食品を食べ、成長します。

ayumi.aiさんの投稿
28435788 1670572772992130 8363241652566884352 n

幼虫は最初はとても小さいので、なかなか食害に気づけません。しかし、シメマダラメイガの幼虫が成長したり、大量発生してしまうと、米の場合、みるみるうちに嵩が減ってしまいます。「米が減っている・・・?」と思って、米びつを見ると、ノシメマダラメイガの幼虫がうごめいていることもあるので、予防や対策をしっかり行うようにしましょう。

ノシメマダラメイガを食べたらどうなる?

ノシメマダラメイガは、あらゆる食品に発生するとなると、もし、ノシメマダラメイガの幼虫を誤って食べてしまった場合、どうなってしまうのか気になりますよね。 しかし、安心してください!ノシメマダラメイガの幼虫にも成虫にも毒はないので、食べてしまっても腹痛を起こすなどの健康被害はありません。また、メイガは病気を媒介することもありませんので、食べてしまっても、気にしないようにしましょう。

comfort1996さんの投稿
28435947 2073952239503454 8329947856362274816 n

ノシメマダラメイガの駆除方法

ノシメマダラメイガの駆除方法1.天日干し

ノシメマダラメイガの幼虫が米に発生した場合は、天日干しをして駆除しましょう。新聞紙やビニールシートなどに米を広げ、しばらく置いておくと、ノシメマダラメイガが這い出していなくなります。もし可能でしたら、這い出したところを捕まえ、退治しましょう。そうすることで、今後の繁殖を防ぐことができます。 ノシメマダラメイガがいなくなった米は、通常通り食べることができますが、気になる方は、再度精米をするのもおすすめですよ。

aotsuki_shizukuさんの投稿
13651807 1487970411228411 1918558527 n

ノシメマダラメイガの駆除方法2.水洗い

米が残り少ない場合などは、水洗いして、炊いてしまうのもおすすめです。水洗いすると、ノシメマダラメイガの幼虫は水面に浮いてきます。幼虫が浮いてくるたびに捕まえて退治すれば、いつも通り米を炊いて、食べることができます。ただ、水洗いでノシメマダラメイガの幼虫を駆除した場合は、いつもより少し丁寧に米を洗い、幼虫が残っていないかしっかり確認してから、炊飯するようにしてくださいね。

ishiharayouchienさんの投稿
27878431 535026483550064 6448865658045202432 n

ノシメマダラメイガの駆除方法3.捕殺

ノシメマダラメイガの幼虫が、まだ大量発生に至っていない場合は、1匹1匹捕獲して退治する方法も確実でおすすめです。割りばしを使うと、滑らず上手に捕獲できますよ。退治する方法は、つかんだ際にそのまま箸でつぶしてもよいですが、気持ち悪いという方は、屋外に連れて行って、殺虫剤をかけて退治するのもおすすめですよ。

fare_miyagi_makiさんの投稿
20347191 362943740789836 9064488629501427712 n

ノシメマダラメイガの駆除方法4.廃棄

虫を見るのも苦手!という人におすすめな駆除方法は、破棄です。また、大量発生してどうしようもない時も、破棄がおすすめです。ノシメマダラメイガが発生した食品を破棄する際は、食品から幼虫が出てこないようにしっかりと封をしてから、捨てるようにしましょう。

swailifeさんの投稿
28752993 144734736348666 8452971718472892416 n

ノシメマダラメイガの発生対策

ノシメマダラメイガの発生対策1.食品の保存に気を遣う

ノシメマダラメイガは、小さな隙間さえあれば、どこからでも侵入します。また、薄いビニール袋などは、噛み切って侵入してしまうこともあります。そのため、食品を保存する際は、厚めのビニール袋や保存容器を使用し、しっかりと封をして、ノシメマダラメイガの入り口をつくらないようにすることが大切です。

冷蔵庫も効果あり

また、冷蔵庫で保存できるものは、冷蔵庫に入れておくことも、ノシメマダラメイガ対策に効果があります。さすがのノシメマダラメイガも、冷蔵庫には簡単に侵入することができない上、寒さに弱いので、被害を未然に防ぐことができます。

michiko_omoteさんの投稿
28764022 1640422932732085 12698388638203904 n

ノシメマダラメイガの発生対策2.唐辛子やにんにくの力を利用する

米にノシメマダラメイガが発生すること防ぐには、唐辛子やニンニクの力を借りるのがおすすめです。唐辛子の場合は、米10kgに対して5本、にんにくは皮付きのまま1つ、米の上に載せておくだけで効果があります。ただ、その際もできるだけ密封容器や、しっかりとふたを閉められる米びつに入れておくようにしましょう。

o_ka_sa_nさんの投稿
28763383 1655505754563782 5613492350014717952 n

また、にんにくを使用した場合は、まれに青カビが生えることがあるので、時々様子を見て、青カビが生えたら、新しいにんにくに交換するようにしましょう。にんにくのにおいが、米に移ることがありますが、米を研いだり、炊飯することでにおいは取れるので、安心してくださいね。

nokkunさんの投稿
28433894 250883035452989 5710666032331358208 n

ノシメマダラメイガの発生対策3.対策グッズを利用する

米に害虫が発生することを防ぐための対策グッズも販売されています。スーパーマーケットの米売り場や、ドラッグストアなどでも販売されていて、比較的安価で取り扱いも簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね。

majoli_moさんの投稿
21294763 1420522674664319 175495060954021888 n

畑や花壇に発生するメイガ

ノシメマダラメイガ以外にもやっかいなメイガがいる

メイガには、畑や花壇に発生して、農作物に被害を及ぼす種類もいます。畑や花壇の場合、大量発生すると、あっという間に被害が拡大してしまうので、メイガの成虫を見かけたり、幼虫を見つけたら早めに対策を講じる必要があります。畑や花壇に発生するメイガはたくさんいますが、その中でも特によく大量発生することで知られているメイガを2種類ご紹介します。

アワノメイガ

アワノメイガは、トウモロコシの天敵とも呼ばれているほど、甚大な被害をもたらすメイガです。アワノメイガの成虫は、トウモロコシの雄穂に産卵するのですが、孵化した幼虫はそこからトウモロコシの実の中に侵入し、実をどんどん食べてしまうのです。実を食べつくすと、茎の中も食い荒らし、実や茎の中すべてが、アワノメイガのフンでいっぱいになっていた・・・ということもよくあります。

yamastagram06rさんの投稿
13649404 527174990807796 1860025254 n

シロイチモジマダラメイガ

シロイチモジマダラメイガは、枝豆に発生するメイガで、幼虫がさやの中に入り、豆を食べてしまいます。シロイチモジマダラメイガが、枝豆の栽培を始めると、100%と言ってよいほど発生するため、枝豆のを栽培する際は、大量発生しないように前もって対策をしておく必要があります。

kenji3158さんの投稿
22709281 121538245207628 8016763312198909952 n

畑や花壇に発生するメイガの駆除方法

畑や花壇に発生するメイガの駆除方法1.捕殺

畑や花壇に発生するメイガも、基本的に小さい蛾なので、成虫になって捕獲して退治するのは、なかなか難しいです。そのため、幼虫でいる間に見つけ、捕殺するようにしましょう。ただ、幼虫も小さいため、畑や花壇が広い場合は見つけることも難しいです。そういった場合は、次にご紹介する薬剤を使用した駆除方法を試してみてくださいね。

kiiroisekaiさんの投稿
26356088 1542921859137955 5827238810613710848 n

畑や花壇に発生するメイガの駆除方法2.薬剤散布

畑や花壇に発生するメイガの幼虫は、農作物を食べるだけでなく、葉を巻いて住処をつくったりするため、大量発生すると、畑が散々な状態になってしまいます。最悪の場合、野菜や果物が食べられない状態にまでなることもあるので、捕殺では追いつけないほど大量発生した場合は、薬剤を散布しましょう。使用する薬剤は、スミチオン乳剤やオルトラン水和剤などが有効です。

satoshi_s_0426さんの投稿
13707002 1022062581224022 1521447733 n

畑や花壇に発生するメイガの発生対策

畑や花壇に発生するメイガの発生対策1.早めに薬剤散布をする

トウモロコシや枝豆など、メイガの発生しやすい植物を栽培する場合や、メイガが発生したことがある畑や花壇の場合、メイガの被害が確認される前から、定期的に薬剤を散布することで、発生を防ぐことができます。 メイガは小さい蛾な上、夜行性のものが多いため、飛来してきていてもなかなか気づけません。また、幼虫が実や茎の中に侵入すると、薬剤も効きにくくなります。ぜひ、早めに対策をしてくださいね。

usagi.worksさんの投稿
26382496 170801763532689 6242222588022489088 n

畑や花壇に発生するメイガの発生対策2.早めに破棄

メイガが茎や実に入り込むと、駆除が難しいため、入り込んだ箇所がわかる場合は、早めにその部分を破棄することも効果的です。その際は、メイガが再び畑に戻らないよう、退治するか、袋に入れてしっかり封をしてから、破棄してくださいね。

u.yukkyさんの投稿
20184303 881406315349696 7314707163425800192 n

小さい蛾でも油断禁物!

d_nerii96さんの投稿
19985832 1696452257331118 6410973390680621056 n

メイガは、とても小さい蛾ではありますが、人間の生活を脅かすほどの「破壊力」を持っていて驚きますよね。部屋に侵入してきた場合も、小さい蛾だからと放置するのではなく、産卵し繁殖する前に、退治するようにしましょう。また、1度でも被害を受けた場合は、また同じ被害にあわないよう、しっかり対策もするようにしましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ