ボルダリング用チョークの種類別おすすめ4選!特徴比較もご紹介!のイメージ

ボルダリング用チョークの種類別おすすめ4選!特徴比較もご紹介!

ボルダリング チョークには、さまざまなおすすめの種類があります。それぞれのおすすめの種類により、特長や使い方が違ってきますので、どういう物があるかを詳しく見ていくと良いでしょう。そうすれば、ボルダリング チョークの事をより知る事ができます。

2018年05月31日更新

すく
すく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ボルダリング用チョークとは
  2. ボルダリング用チョークの種類別おすすめ4選
  3. ボルダリング用チョークの選び方
  4. ボルダリング用チョークの使い方
  5. ボルダリング用チョークのマナー
  6. ボルダリング用チョークの特徴の比較
  7. ボルダリング用チョークがある事で何が起こるか
  8. ボルダリング用チョークまとめ

ボルダリング用チョークとは

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークとは、基本的に炭酸マグネシウムから作られており、手に付ける白い粉になっています。実際に、ボルダリング用チョークを手に付ける事で、手指が汗などで滑らなくなり、登山をする時にはかなり役立ってきます。そのため、登山に行く事がある人は、なるべくボルダリング用チョークを持っていきましょう。

ボルダリング用チョークの種類別おすすめ4選

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークにも種類があり、それぞれが持っている特徴なども違っていますので、一つずつ見ていきたいです。自分の手に合うかどうかは、実際に使ってみなければ分からないですが、ボルダリング用チョークの特徴などを見て、予備知識を増やしていくと適切でしょう。そうすれば、どのボルダリング用チョークが合っているかをすぐに発見でき、登山の際には、かなり大きな効果を発揮します。

ボルダリング用チョークの種類別おすすめ1つ目

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークの種類別おすすめの1つ目は、液体タイプです。液体タイプ位関しては、ほとんどが炭酸マグネシウムをアルコールに溶かした物になっています。液状ですから、 手に、炭酸マグネシウムが馴染みやすくなっており、かなり効果を期待できます。その他には、粉末タイプよりも、液体タイプの方が粉の飛散が無いですので、使用できる幅が広がります。したがって、液体タイプは、簡単に手に馴染み、広範囲で使えるようになっています。

ボルダリング用チョークの種類別おすすめ2つ目

ボルダリング用チョークの種類別おすすめの2つ目は、粉末タイプです。チョークバッグに入れておけば、クライミングをしている際でも、簡単に手に付ける事が可能になっています。特に粉末タイプは、クライミングの際に使われる事がかなり多いです。そのため、クライミングを何回も行っている人や好きな人からすれば、ボルダリング用チョークと言うと、粉末タイプになります。

ボルダリング用チョークの種類別おすすめ3つ目

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークの種類別おすすめの3つ目は、ブロックタイプです。ブロックタイプは固形状になっており、自分自身の手で潰す事で、粉末状にして、使用する物です。その後の使い方としては、粉末タイプとほとんど同じですから、粉末タイプを参考にすると良いでしょう。その他には、ブロックですから、携帯性にとても優れていて、持ち運びがしやすい利点があります。

ボルダリング用チョークの種類別おすすめ4つ目

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークの種類別おすすめの4つ目は、チョークボールタイプです。チョークボールタイプとは、粉末タイプのチョークを、ボール状の袋の中に、入れてきた物になっています。特に、チョークボールタイプの特徴としては、周囲に、チョークが、飛散する量が極めて少ない事です。この特徴は、クライミングジムのような所だと、かなり合っています。そのため、クライミングジムなどで、クライミングの練習をする際には、チョークボールタイプを持っていくようにしましょう。

ボルダリング用チョークの選び方

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークの選び方は、その人がどういうタイプを望むかにもよりますので、それぞれで違ってきます。そうは言っても、ボルダリング用チョークのタイプの中で屋内のクライミングジムでは使用できない物が中にはありますから、ボルダリング用チョークのタイプが限られてくる場合があります。その際には、限られたボルダリング用チョークのタイプの中から選ぶようにしましょう。適切な判断をして、ボルダリング用チョークのタイプを選ばなければ、周りの人達に迷惑をかける可能性がありますため、注意しましょう。

ボルダリング用チョークの使い方

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークの使い方については、それぞれの種類によって、違っていますので、自分が何を使うかで分けるようにしましょう。液体タイプとチョークボールタイプ、ブロックタイプ、粉末タイプで、詳しく使い方を見れば、異なっている所の方が多いですから、今の内から確認しておきましょう。クライミングなどを実際にする前に使い方を理解していなければ、正しく使う事ができない可能性がありますから、充分に気を付けましょう。

ボルダリング用チョークのマナー

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークを使用する際には、マナーがありますから、しっかりと守るようにしましょう。マナーを守る事ができなければ、周りの人に迷惑をかける事に繋がり、ボルダリング用チョークの評価が下がる場合も出てきますので、充分に気を付けるようにすると適当です。それぞれの人のマナー次第で、ボルダリング用チョークが与える影響などが違ってきますので。マナーは特に重要になってきます。

ボルダリング用チョークのマナー一つ目

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークのマナーの一つ目は、粉末タイプの物を、屋内のクライミングジムなどでは使用しないようにする事です。粉末タイプでは、粉が蔓延してしまい、周りの人達にかかってしまう可能性があります。よって、屋内にあるクライミングジムなどの際には、液体タイプを使用するようにすれば適当です。液体タイプだと、粉末タイプのように飛散しないですので、かなり安心です。

ボルダリング用チョークのマナー二つ目

ボルダリング用チョークのマナーの二つ目は、粉末などをクライミングの岩に付けた時には、ちゃんとふき取るようにする事です。今後誰かが、その岩を触る可能性が充分にあり、その際にボルダリング用チョークが付いていると支障をきたしますので、綺麗になるまでふき取りましょう。少し付いたとしても、面倒だとは思わずに、意識的に行動に移す事が大切になっています。

ボルダリング用チョークの特徴の比較

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークのどのタイプが良いかを見比べる時には、それぞれの特徴を比較してみると良いでしょう。特徴はそのタイプの良さを出している所で、その部分を比較の対象にすると、どのタイプのボルダリング用チョークが最も良いかが見えてきます。もし、ボルダリング用チョークを購入する時に、どのタイプにするかで悩んでいる人がいれば、実際に特徴の比較をしてみましょう。

ボルダリング用チョークの特徴の比較1

ボルダリング用チョークの液体タイプと粉末タイプの特徴を比較してみれば、液体タイプは屋内のクライミングで活用でき、粉末タイプの方はクライミングをしている最中に、手軽に使えるようになっています。ボルダリング用チョークの、それぞれのタイプで、生かす事ができる場所は異なってきますが、その場所ならば本当に力を発揮する事が可能ですから、そこで上手く使っていきましょう。

ボルダリング用チョークの特徴の比較2

次は、ボルダリング用チョークの固形タイプとチョークボールタイプの特徴を比較します。固形タイプは小さく、持ち運びが非常に携帯性に優れており、チョークボールタイプの方はチョークがあまり周りに蔓延しないですので、屋内でクライミングをする時には適している物になっています。ボルダリング用チョークのそれぞれのタイプの良さを見ると、改めて、どういう場面で活用できるかが理解でき、とても役に立ってきます。

ボルダリング用チョークがある事で何が起こるか

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークがある事で得られる事は、やはりクライミングがしやすくなる部分です。手指が汗で滑らなくなる事は、岩を掴めなく、下に落ちる可能性が極めて低くなり、自分自身の身体を守れるようになります。クライミングをしていると、下に落ちる事を怖いと感じる人が多いですので、そういう人達はボルダリング用チョークを積極的に使ってみると良いでしょう。

ボルダリング用チョークまとめ

出典: https://www.amazon.co.jp

ボルダリング用チョークは、改めて言うと、炭酸マグネシウムから作られている物で、粉末タイプ、液体タイプ、チョークボールタイプ、ブロックタイプなどの、さまざまなタイプがあります。それらのタイプは、特長や使い場面が異なっていますので、事前に理解しておくと良いでしょう。実際にクライミングなどに行く際に、かなり役に立ってきて、自分自身を助けてくれる物になり得ます。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ