バイク向けツーリングテントのコンパクト&前室が広いおすすめ商品10選のイメージ

バイク向けツーリングテントのコンパクト&前室が広いおすすめ商品10選

バイクツーリングにおすすめのテントとは、どういうテントでしょうか。ツーリング用テントには、広さや快適さの他に、コンパクト性や設営の容易さなども求められます。そんなバイクツーリング 用のテントの選び方のコツや、おすすめのテントについてご紹介します。

2018年06月01日更新

ironman17
ironman17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 快適キャンプツーリングはテント選びが大切
  2. おすすめバイクツーリング用テント1/1(軽量・コンパクト編)
  3. おすすめバイクツーリング用テント2/10(軽量・コンパクト編)
  4. おすすめバイクツーリング用テント3/10(軽量・コンパクト編)
  5. おすすめバイクツーリング用テント4/10(軽量・コンパクト編)
  6. おすすめバイクツーリング用テント5/10(広い前室編)
  7. おすすめバイクツーリング用テント6/10(広い前室編)
  8. おすすめバイクツーリング用テント7/10(広い前室編)
  9. おすすめバイクツーリング用テント8/10(広い前室編)
  10. おすすめバイクツーリング用テント9/10(ワンタッチ・簡単設営編)
  11. おすすめバイクツーリング用テント10/10(ワンタッチ・簡単設営編)
  12. バイクツーリング用テントの種類
  13. バイクツーリング用テント選びの5つのポイント
  14. バイクツーリング用テントQ&A
  15. テントを選んでバイクツーリングを楽しもう

快適キャンプツーリングはテント選びが大切

takamasuiさんの投稿
13714170 1025223437555012 71906058 n

バイクに道具を積んで旅をするキャンプツーリングでは、テントが家の役割を果たしてくれます。1日の走行で疲れた体を癒し、翌日の走りのために休息を取る寝ぐらとして、また悪天候時には身を守るシェルターとしてなど、バイクの旅にはなくてはならない存在です。それゆえにキャンプツーリングでは、テント選びが非常に重要です。快適な旅の友となるおすすめテントと、テントを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

おすすめバイクツーリング用テント1/1(軽量・コンパクト編)

omoshiroi138さんの投稿
20590184 258862294607131 5395287717657444352 n

アライテント エアライズ1

国産テントメーカーの老舗であるアライテントのソロ用テントです。山岳テントメーカーとして発達した同社の製品らしく、システマティックであることを意識して設計されています。3シーズンテントですが、豊富にあるオプションを利用することで4シーズンまで対応可能で、1年を通してバイクツーリングの旅に利用できます。

出典: https://www.amazon.co.jp

アライテント ARAI TENT エアライズ 1

重量:1360g(本体+フレーム+フライシート)
サイズ:設営時:間口100×奥行205×高さ100cm
収納時:本体29×14φcm、フレーム38cm

おすすめポイント

なんと言っても特筆すべきは、軽量であることです。わずか1360グラムという軽さで、バイクのリヤシートに積んでもほとんど重さを感じることなくパッキング可能です。本体とフレームを別にパッキングできることも、バイク積載時の応用の幅を広げてくれます。

おすすめバイクツーリング用テント2/10(軽量・コンパクト編)

ryoryo7188さんの投稿
11374000 828628347226335 1806281142 n

バンドック ソロ ドーム 1

良質なキャンプグッズを低価格で提供するバンドックのツーリング用ソロテントです。フレームに柔軟なアルミ合金であるジュラルミンを採用することで、軽さと強度を両立させています。

出典: https://www.amazon.co.jp

BUNDOK(バンドック) ソロ ドーム 1 BDK-08

サイズ(約)/フライ:W200xD150xH110cm・インナー/W200xD90xH100cm
収納時サイズ/(約)W38xD15xH15cm
重 量(約)/1.88kg

おすすめポイント

オールメッシュのインナーは、夏場の快適な通気性を確保しています。フライシートには耐水圧3000ミリと、他社のテントと比較しても高い防水性能を誇り、雨の日にも安心してキャンプできます。基本性能の高さと手頃な価格のバランスが取れた、コストパフォーマンスの高いツーリング用テントと言えます。

おすすめバイクツーリング用テント3/10(軽量・コンパクト編)

kenchansfactoryさんの投稿
16124348 369284616779410 7952352585308962816 n

ダンロップ 3シーズン用ツーリングテント

タイヤメーカーのイメージの強いダンロップですが、山岳テントメーカーとしても長い歴史を誇ります。軽量コンパクトであることが常に求められる山岳テントで培ったノウハウが、いかんなく発揮されたツーリング用テントがこのダンロップツーリングテントです。広い開口とメッシュの使用で通気性も良く、高い居住性と収納時のコンパクト性を両立させるなど、ツーリングテントの条件を満たしています。

出典: https://www.amazon.co.jp

DUNLOP(ダンロップ) 3シーズン用ツーリングテント

サイズ:間口210×奥行150×高さ115cm
本体収納サイズ:42cm×20cm
ポール収納サイズ:44cm

おすすめポイント

定評のある吊り下げ式の構造は、風の強い中などでも簡単に短時間での設営を可能にしています。また突風の際にはスクリューフックが外れることにより、フレームやテント本体が破損することを防いでくれます。

おすすめバイクツーリング用テント4/10(軽量・コンパクト編)

snowpeak_officialさんの投稿
28150894 159835411340281 623337275207450624 n

スノーピーク ラゴ1

他の山岳テントと比較しても、群を抜いた軽量化とコンパクトさを追求したテントがスノーピークのラゴ1です。その収納性の高さは、積載能力に限りのあるバイクツーリングにも大いに役立ちます。Xフレームと呼ばれる独特な構造は通気性の高さと耐風性能の高さを両立させ、荒天時の夜でも安心して休息を取れます。

出典: https://www.amazon.co.jp

スノーピーク(snow peak) テント ラゴ1

収納ケースサイズ/本体ケース:Φ14×28cm、フレームケース:Φ6×43cm
重量:1.25kg(本体・フレームのみ)

おすすめポイント

軽量・コンパクトを実現するため前室やテント後部など、ムダな部分を極限まで削ぎ落としたのがこのラゴ1です。そんな中で特筆すべき点が、入口部分に設けられたテント内の土間です。この存在が大切なライディングブーツを夜露や雨から守り、室内でのブーツの着脱も可能にしてくれます。

おすすめバイクツーリング用テント5/10(広い前室編)

tanamasa917さんの投稿
11269891 1590646924550217 1400224283 n

コールマン ツーリングドームST

ソロキャンプからファミリーキャンプまでカバーする、アウトドアギアの総合ブランドであるコールマンが送り出した、バイクツーリング用テントがツーリングドームSTです。広い室内と前後メッシュのおかげで、ツーリングテントとしては抜群の居住性の高さを誇ります。

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマン テント ツーリングドームST

サイズ:使用時/約210×120×100(h)cm、収納時/約直径23×54cm
重量:約4.4kg

おすすめポイント

高い天井と広いスペースを持つ前室は、他社のソロテントと比較してもかなり快適に過ごせます。フレームが用途別に色分けされているなど、設営の簡単さにこだわった配慮なども、さすがコールマンと思わせるものがあります。

おすすめバイクツーリング用テント6/10(広い前室編)

shige511xさんの投稿
12331808 555902864563941 1632023255 n

小川キャンパル ステイシーST-2

国産テントメーカーとして100年の歴史を誇る小川キャンパルのテントです。収容人数も2〜3人用と広く、ソロというよりは2人旅のツーリングなどに向いているモデルです。メッシュの多用とベンチレーションの多さで通気性も良く、広い室内も相まって夏場のキャンプでも快適に過ごせます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ogawa(オガワ) テント ドーム型 ステイシーST-2

重量:幕体/約2.7kg、ポール/約1.2kg
パッキング:約44×21×21cm、フレーム折り寸40cm

おすすめポイント

広い前室で悪天候時でも濡れずに煮炊きや飲食が可能です。吊り下げ式の採用で、パーツの多さにも関わらず設営も比較的簡単にできます。ポールを別に2本追加することで、前室をタープのようにして使用することもできます。

おすすめバイクツーリング用テント7/10(広い前室編)

tentmark2011さんの投稿
15802414 830506750421313 142628124369092608 n

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) テンゲル

アウトドア界の著名人とのコラボモデルなど、こだわりのキャンプギアを発信するテンマクデザインのツーリング用テントがテンゲルです。このテントも、バイクを中心としたライフスタイルエッセイストの小林夕里子氏のブランドであるノマディカとのコラボレーションにより生まれた、ツーリング用テントです。バイク乗りの視点から考えられたさまざまな旅のアイデアが、テントづくりに活かされています。

出典: https://www.amazon.co.jp

テンマクデザイン TenGer テンゲル

サイズ: [インナーサイズ(約)]210×140×(h)140cm [ロングキャノピー(約)]265cm
総重量(約):3,921g
収納サイズ(約): 幅: 50cm φ18cm

おすすめポイント

ロングキャノピーと呼ばれる長い幕体は、テントの前に停めたバイクを使用して固定することを考えて作られています。これによって広い前室が出現し、中でくつろいだり、雨天時のキャノピーとして使用できます。

おすすめバイクツーリング用テント8/10(広い前室編)

mt_miyajiさんの投稿
25012189 319994778406918 6667018463032115200 n

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト1

先にご紹介したエアライズとは全く異なるコンセプトで開発されたのが、ドマドームです。名前の通りソロテントに「土間」ともいうべき広い前室スペースを設けることで、雨の日のキャンプでの調理や食事のスペースとしたり、濡らしたくないライディングギアなどの荷物置き場といった使い方を可能にしてくれます。

出典: https://www.amazon.co.jp

RIPEN(ライペン) ドマドームライト 1

重量:1790g(フライシート+本体+フレーム)
サイズ:主寝室:奥行75×間口200×高さ104cm
入口部分110cm 
収納時:本体32〈43〉×19φcm フレーム 38cm

おすすめポイント

「土間」というユニークなコンセプトの前室を有しながら、テントとしての基本性能はしっかり押さえています。収納は軽量・コンパクトな上に、スリーフレーム構造の簡単設営で耐風性能も十分です。前室である「土間」はペグダウンしなくても自立する構造なので、キャンプ場での設営する場所を選ばないのも便利です。

おすすめバイクツーリング用テント9/10(ワンタッチ・簡単設営編)

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ライダーズワンタッチテント

長距離を移動するバイク旅では、到着後に疲労困憊してテントを設営するのが億劫なときもあります。そんな時の強い味方が、ワンタッチテントです。ドッペルギャンガーのライダースワンタッチテントは、前室やベンチレーションの充実やコンパクトな収納など他社のワンタッチテントと比較して、ライダーに特化したよりバイクツーリング向けのテントに仕上がっています。

出典: https://www.amazon.co.jp

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンタッチテント

組立サイズ(外寸):(約)W2200×D1650×H1200mm
インナーサイズ:(約)W2100×D1200×H1000mm
収納サイズ:(約)560×直径170mm
重量(付属品含む):(約)2.9kg

おすすめポイント

ワンタッチでありながらダブルウォール構造と耐水圧3000ミリのフライシートのおかげで、防水対策も万全です。組み立てはポールを展開した後は、紐を引っ張るだけのまさにワンタッチ設営で、その時間は約30秒と他のワンタッチテントと比較しても群を抜いた簡単さです。撤収も設営と同様にワンタッチでできるので、朝の慌ただしい旅の出発の際も時間を取りません。

おすすめバイクツーリング用テント10/10(ワンタッチ・簡単設営編)

モンベル テント ステラリッジテント 1型

山岳テントとして登山家からも高い評価を得ているステラリッジは、軽量・コンパクトなだけでなく、オートセットアップやスリーブエンドといった独自のシステムにより、ワンタッチテントに迫る素早い設営を可能にしています。山岳テントで培われたテクノロジーは、高い耐候性などツーリングテントとしても十分すぎるほどの性能を備えています。

出典: https://www.amazon.co.jp

モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 1型

サイズ:長さ210cm×幅90cm×高さ55cm、収納サイズ13×13×30cm
重量:約1260g(ペグ等含む総重量約1440g)

おすすめポイント

軽量・コンパクトを追求した山岳テントでありながら、室内の快適性にもこだわっています。天井高は105センチと他の山岳テントと比較しても5センチ程度高く、圧迫感がありません。グランドシートにはフロアの生地が立ち上がったバスタブ構造を採用し、防水性を高めています。煙突型のベンチレーションや入り口のメッシュのおかげで、通気性も抜群です。

バイクツーリング用テントの種類

バイクツーリング用のテントには、その構造や設営方法によりいくつかの分類方法があります。ここでは代表的な3つの分類方法についてご紹介します。

分類法1/3:自立式と非自立式

これはテントの構造による分類法です。自立式テントは、文字どおりテント単体で自立することができる構造のテントです。しくみとしては、テントのポールを幕体の中に通したり、吊り下げることにより、ポールの張力を利用してテントを自立させる方法です。一方、非自立式テントとは、立てたポールに幕体を結びつける方法で、テント単体では自立することができません。テントを自立させるには、張り綱などをペグで地面に固定することが必要となります。

分類法2/3:シングルウォールとダブルウォール

つづいての分類法は、テントを構成する幕体の構造による方法です。シングルウォールテントとは、幕体が一重のテントです。テントを覆うフライシートがないので軽量・コンパクトにできる上に、設営も簡単にできます。デメリットとしては温度差による結露を起こしやすいことが挙げられます。一方、ダブルウォールテントは、テント本体をフライで覆う構造で、雨や風だけでなく、強い日差しからも内部を守る耐候性の高さや、結露を起こしにくいことがメリットです。その分、収納性はシングルウォールに比較すると劣り、設営もやや手間がかかります。

分類法3/3:吊り下げ式とスリーブ式

テントに骨組みとなるポールと、幕体をつなぎとめる方法による分類です。吊り下げ式はフックを使って幕体をポールに吊り下げる方法です。設営と撤収が簡単で、特に強風下で、テントとポールをペグダウンしてから幕体を立ち上げることができるので、比較的容易に立てることができます。一方、スリーブ式は幕体に縫い付けられた袋状のパーツにポールを通します。フックのようにポールから幕体が外れることがないため、強風が吹いても安定しているのが特徴です。

バイクツーリング用テント選びの5つのポイント

テントの中でも、特にツーリング用のテント選びに求められるポイントを、5つにまとめてご紹介します。

ポイント5-1:軽量である

ツーリング用テントには、まず軽量であることが求められます。自分の足で歩くことが前提の山岳用テントに比較すると、エンジンのあるバイクで運ぶので、そこまで重量に対しシビアになる必要はないという意見もあります。でも二輪車という性格上、荷物の重さは走行時のバランスやバイクの挙動に影響します。少なくともテントの重量は3キロ程度に抑えたいものです。

ポイント5-2:コンパクト

fishtail_garageさんの投稿
28753965 673146012856071 5514802896429907968 n

バイクでの旅に使うテントでは、コンパクトさは重さ以上に重要なファクターとなります。バイクの場合、積載能力に限りがありますので、単に収納サイズが小さいというだけではなく、収納時の形状も問題となります。ソロテントの場合、本体とポールは別に収納するものも多く、分けて収納することで、バイクへのパッキングも融通が利くようになったりもします。

ポイント5-3:設営・撤収が容易

hiyoshun2さんの投稿
27576891 328024034370346 218994438188302336 n

単にキャンプ自体を楽しむ旅と異なり、バイクツーリングでは走りを楽しむことも旅の重要な目的となります。そのためキャンプ地には比較的遅い時間に到着することも多く、テントが簡単に設営・撤収できることも大切です。独自のシステムで設営・撤収を簡単にしたものや、ワンタッチテントなどを選択するなどして、暗闇や疲れた状態でも設営できるテントを選びましょう。

ポイント5-4:必要十分なスペース

pretty_gian_ugoさんの投稿
28151966 194203751333597 3486010008229904384 n

山岳テントをはじめとしたソロテントの中には、コンパクトさを追求するあまり居住スペースが極端に狭いものも存在します。しかしバイクの走行で疲れた体を癒すためにも、ゆっくり休める最低限のスペースは必要です。またバイク旅ではライディングのためのヘルメットやジャケット、ブーツなど、キャンプ道具以外の荷物も案外多いものです。これらを夜露にさらすことなく収納するためのスペースを確保するためにも、テントにある程度の広さは必要となります。

ポイント5-5:快適である

teccho1173さんの投稿
12142018 1709480575948394 234563203 n

広さと同様に、ライディングで疲れた体にしっかりとした休息を与えるための快適さも大事です。特にバイクでの旅は比較的夏場に行われることが多く、夜も涼しく眠るための通気性の確保は重要です。開口の数や大きさ、メッシュの有無、ベンチレーションの数などもテントを選ぶ際のポイントとなります。また不意の悪天候でバイクを停めて避難する際の耐水性の高さや耐風性など、悪天候に対する耐候性もテントを選ぶ際の重要な要素となります。

バイクツーリング用テントQ&A

テントのタイプは何がいいの?

maica_618さんの投稿
23823967 149655175657007 281073242649657344 n

前述したとおり、バイクツーリングのテントの場合はコンパクトでありながら、快適で十分なスペースが求められます。また設営・撤収の容易さと、耐候性の高さも重要です。これらのことを総合すると、ツーリング用テントの場合はダブルウォールの自立式で、吊り下げ式のテントがもっともおすすめのタイプと言えます。

前室は必要・不要?

candy3derさんの投稿
27573975 175910443174022 8957611520846462976 n

これはある意味、ツーリングテント選びの永遠のテーマと言えます。広い前室は確かに魅力的だけど、その分収納性がスポイルされるのでは、という意見もあります。でもバイクの積載能力に限りがあるとはいうものの、登山やトレッキングのミニマリストが追求するほどのコンパクトさを要求しているわけではありません。逆にライディングギアなどの収納や悪天候時の調理スペースなどを考えた際、やはり前室を持ったテントが賢い選択と言えます。

ソロだけど何人用を選べばいいの?

k_peaksさんの投稿
19534623 699481880235321 7246381543780777984 n

通常のキャンプでは、実際に就寝する人数プラス一人分の収容人数のテントが最適と言われます。でもツーリングの場合、あくまでテントは寝るためのものと割り切るのであれば、ソロ用と言われる一人用テントで十分と言えます。コンパクト性を考えても、人数プラス一人分のテントはオーバースペックと言わざるをえません。

他のテントで代用可能?

bunmaru03さんの投稿
26285405 396625734126444 1024706345590325248 n

テントに軽量・コンパクトで設営の容易さを追求して行くと、やはり行き着くのはソロ用の山岳テントです。究極のミニマムを追求したテントでは、快適性も犠牲になってしまうためあまりおすすめできませんが、荷物の軽量化やパッキングの容易さを考えると、山岳テントをツーリングテントに流用するのも賢い選択と言えます。

テントを選んでバイクツーリングを楽しもう

yousuke1340さんの投稿
28430254 557671277921874 5312646022827081728 n

ツーリング用テントのおすすめや選び方についてご紹介してきました。キャンプツーリングにおいて家とも言えるテント選びは、ツーリングの成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。ツーリングテント選びのポイントをしっかり押さえた上で、ご自分のツーリングスタイルに合ったテントを賢くチョイスしてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ