アッパーマウントとは?交換方法と効果を解説!へたりや異音は寿命なの?のイメージ

アッパーマウントとは?交換方法と効果を解説!へたりや異音は寿命なの?

アッパーマウントの紹介をします。アッパーマウントの役割とはどのようなものか、交換時期の見つけ方や交換方法、そしてピロアッパーマウントというアッパーマウントの特徴にも触れます。アッパーマウントに詳しくなって愛車を大事に扱いましょう。

2018年06月01日更新

tryyua
tryyua
モータースポーツ(ラリー)と読書、英語とスペイン語学習が趣味です。あと筋トレも。たまにロードバイクに乗って走っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. アッパーマウントとは
  3. アッパーマウントの役割
  4. アッパーマウント交換の重要性
  5. アッパーマウント交換に使う工具
  6. アッパーマウントの交換方法
  7. ピロアッパーマウントとは
  8. ピロアッパーマウントに交換するメリット
  9. ピロアッパーマウントに交換するデメリット
  10. まとめ

はじめに

runawayplusさんの投稿
19436393 279063995899368 1836112116906459136 n

車のサスペンション部品の1つであるアッパーマウント、実際どのような部品でどのような役割を果たしているのか、それを紹介します。アッパーマウントの硬軟時期や交換に必要な工具や交換方法、さらにピロアッパーマウントと呼ばれるアッパーマウントにも触れます。

アッパーマウントとは

サスペンション部品の一部

出典: https://www.rd-tanabe.com

サスペンション一式の写真

アッパーマウントはサスペンション部品の一部です。アッパーマウントの構造はシンプルです。材料に金属とゴムを使用し、ボルトが3本付けられた構造となっています。アッパーマウントはサスペンションの最上部分にあります(そのため部品名がアッパーマウント)。車のボンネットを開けるとタイヤの真上あたりに3本ネジとナットで取り付けられているのがアッパーマウントです。

サスペンションを車体に固定する

s660tuningさんの投稿
27891057 185839838846167 4408149932041568256 n

そのため、アッパーマウントは車体に直接接する部品となります。乗り心地を決めるサスペンションをボディに固定する一部分がこのアッパーマウントとなります。サスペンション全体を見ると、ブラケットはナックルに固定、さらにサスペンションの一部にタイロッドも取り付けます。この構造からわかるように、アッパーマウントが無ければサスペンション一式を車に取り付けられないのです。

carbon.hgさんの投稿
12145152 1675545846010799 1958087166 n

筆者が伝えておきたいことは、もしサスペンションを交換する機会がある、サスペンションを車体構造勉強がてら一度外してみたい、という方がいらっしゃったら、しっかりボルトを締めこんでくださいということです。そこが緩むと重大事故に繋がります、気を付けてください。

アッパーマウントの役割

振動・衝撃を吸収する

afc1338さんの投稿
26183665 1915955685388134 1839672284017590272 n

アッパーマウントは路面から入力された振動や衝撃を吸収する効果を持っています。乗り心地工場にアッパーマウントは一役買っているのです。路面から入力された衝撃・振動は初めにタイヤに伝わります。そこからサスペンションを通して車体に及びます。サスペンションと車体の間にアッパーマウントがある構造ですので、いかに重要な部品であるかわかります。

サスペンションの性能を引き出す

carpit.kyusyuさんの投稿
20837480 1939004509670297 6060723785558917120 n

サスペンションの性能を引き出すこともアッパーマウントの役割になります。アッパーマウントに使われるブッシュの硬さ・軟らかさでサスペンションへの入力が決まります。硬いブッシュを使えばサスペンション本来の性能を発揮させる効果があります。反対に柔らかいブッシュだと十分な効果を発揮できません。入力がブッシュをつぶせるところまで潰してからサスペンションに及ぶのです。

アッパーマウント交換の重要性

乗り心地に関わるパーツ

axis_stylingさんの投稿
28427715 909559289224968 7905343863311564800 n

アッパーマウントは車の乗り心地に関わってきます。アッパーマウントが劣化すると直進安定性が悪化する、ブレーキング時におけるジャダーの発生、といった現象が発生するのです。ちなみに、そのようなへたりが発生すると、異音が聞こえるようになります。運転しずらくなった、異音が聞こえるようになったと、と少しでも感じたら注意しましょう。

スポーツ走行のレベルを高める

classic_car.tbcc93さんの投稿
28158024 781445338723568 2846389365247049728 n

スポーツ走行でサスペンションの性能を最大限に引き出すためにもアッパーマウントは重要部品の1つになります。乗り心地の良い純正のブッシュだと軟らかいためサスペンションに力が伝わりにくく、タイムアップにはあまり効果がありません。サスペンション性能を出し切るために効果のあるアッパーマウントに交換する必要がでてきます。

アッパーマウントの交換時期

toshiofukuzawaさんの投稿
23099215 1871234686525564 4933182638568505344 n

アッパーマウントから異音が出てきて気になるようになった、乗り心地が悪化した、と感じるようになったらアッパーマウント交換時期の目安としましょう。異音は最初は小さい音でも次第に大きい異音となります。異音に気になったら早めに整備工場に相談するようにしてください。

アッパーマウント交換に使う工具

mido_taka_19gsさんの投稿
12353422 585487524932953 1729283918 n

異音が聞こえたりアッパーマウントのへたりを感じてきたのでDIYで交換したい、走行距離が伸びたら時期を見て交換したい、そのような方々のためにアッパーマウント交換に必要な工具を紹介します。

フロアジャッキ

kaminari_engさんの投稿
10246066 285143448313432 1660444860 n

フロアジャッキを使って整備車両を下から持ち上げ、ジャキスタンドをジャッキアップポイントに掛けられるようにします。フロアジャッキを掛ける場所はメンバーであることが多いですが、事前に確認しておきましょう。

ジャッキスタンド

popcornzi_さんの投稿
17076803 1240850592665260 7965311687051968512 n

ジャッキスタンドを車両に4つあるジャッキアップポイントに掛かるように配置します。ジャッキアップすれば車高調の取り付けからオイル系の交換、マフラー交換など大方の交換作業ができるようになります。

メガネレンチ・ソケットレンチ

jest_japanさんの投稿
11918047 739363126195502 780132066 n

アッパーマウントを車体に固定しているナットを緩める・締めるに必要なだけでなく、サスペンションブラケットのボルトの着脱にも必要になります。ABSホース取り外しにも使うので、必ず用意しましょう。ボルト固定の多い構造ということがよくわかります。

インパクトレンチ

nagamasa48さんの投稿
27577127 1520489184715414 4614191814017024000 n

インパクトレンチを使えばボルトをより効率的に緩める・締め付けることができます。サスペンションを車体から取り外す際に大活躍です。構造的にボルトでブラケットなどを固定しているのでそれを手際よく緩める・締め付けるために使用します。タイヤ交換に使えば作業が楽になりますのでぜひ揃えてください。作業性を高めるのに高い効果があります。

スプリングコンプレッサー

アッパーマウントを取り外すと縮んでいるスプリングに力がかからなくなったことで飛び出します。この構造を理解していないと怪我をする可能性が高いです。そこでスプリングコンプレッサーでスプリングを縮め、それからアッパーマウントを取り外します。トーションビームのスプリングを交換する時にも効果がありますので、機会が有ったら揃えても良いでしょう。

アッパーマウントの交換方法

アッパーマウントの交換に必要な工具を紹介したので、ここでは実際のアッパーマウント交換方法を紹介します。

交換手順1:ジャッキアップする

t.m.f.serviceさんの投稿
26152671 317735805407294 401267043434758144 n

まずは整備車両をジャッキアップするところから始まります。ジャッキアップポイントを確認しましょう。どこにフロアジャッキをかけて車両を持ち上げるか、ジャッキスタンドをどこにかけるかわかったら、フロアジャッキで車両を持ち上げ、ジャッキスタンドをかけます。この時、ジャッキスタンドの高さを全て同じにしてください。ジャッキアップポイントにスタンドを置いたら、フロアジャッキをゆっくり下ろしていきます。

交換手順2:タイヤを外す

takamasa.hibiさんの投稿
25008788 174621319796117 5873145246434459648 n

ジャッキアップできたら、次にタイヤを外します。インパクトレンチを持っている方はそのままホイールナットをインパクトレンチで外してください。インパクトレンチを持っていない方は、ジャッキアップする前に十字レンチなどを使ってホイールナットを緩めてください。緩めるだけです。ジャッキアップ完了後に完全に緩めてタイヤを外します。

交換手順3:サスペンションを車体から取り外す

yoshiki.1101さんの投稿
17077486 1583696804991681 472623973687885824 n

タイヤを外し終えたら、サスペンションを車両から取り外します。冒頭で少し紹介したように、車両からサスペンションを外すにはアッパーマウントの取り付け部分(ボルト3-4本)とサスペンションブラケットとナックルの取り付けネジ2本、そしてサスペンション上のABSホース固定部ボルトとタイロッド固定部、これらを外せば取り外すことができます。

j.hatanoさんの投稿
15275656 1166060776804053 9155828951661150208 n

メガネレンチとインパクトレンチがあれば外せます。サイズは8-14のメガネレンチに17mmサイズインパクトレンチがあればよっぽど大丈夫です。最後に外すボルトはアッパーマウント上のナットにしましょう。そうすればサスペンションがいきなり落ちてくる心配はありません。取り外しついでに、他の部品でへたり始めたところがないか、ドラシャのブーツが破れてないか、なども確認しておきましょう。

アッパーマウントを取り外す

k.k_0406さんの投稿
14736342 1761478970778341 2385052239195537408 n

取り外したサスペンションからアッパーマウントを外します。アッパーマウントを固定しているナットをインパクトドライバーで緩めて外してください。スプリングに事前にスプリングコンプレッサーを付けておきましょう。新しいアッパーマウントを付けたら、これまで紹介した手順を再度行い車両に部品を再度取り付けます。無事ジャッキから車を下ろしたら、最後にホイールナットを規定トルクで締め付けてください。

ピロアッパーマウントとは

金属製マウントとベアリングでできたアッパーマウント

ranmaru611さんの投稿
17075836 433284140349718 2076018961312382976 n

ピロアッパーマウントは金属製マウントとベアリングで構成されるアッパーマウントです。車高調式サスペンションに多く採用されています。ブッシュの代わりに使っているベアリングのことをスフェリカルベアリング(ピロボール)といいます。

調整機能が付いたタイプもある

masao_yanagawaさんの投稿
28159063 222073101685724 4115809151928500224 n

ピロアッパーマウント自体に調整機能が付いたタイプもあります。車高調式サスペンションでピロアッパーマウントの調整機能が付いていれば、車高の変更に加えてキャンバー角やキャスター角の変更も可能です。乗り心地を良くも悪くもできます。

ピロアッパーマウントに交換するメリット

純正アッパーマウントから車高調兼ピロアッパーマウントに交換するメリットを紹介します。

アライメント調整をできる

euro_style_craftさんの投稿
26867422 1835747013115954 3308795401284354048 n

調整式ピロアッパーマウントに交換すればアライメント調整の幅が広がります。車高調タイプによくついているこの調整機能を使うと、アッパーマウント上からのキャンバー角のセッティングが可能になります。スポーツ走行車の車高調によく使われ、車高調整とキャンバー角を変化させてタイムアップを狙う人には便利な機能です。

サスペンションの性能をより引き出す

kcs_444さんの投稿
27581078 171881660099119 1724119951310061568 n

ピロアッパーマウントを使うことでサスペンションの性能をより引き出すことができます。既に紹介したように、純正アッパーマウントのブッシュは入力がかかるとへたります。そうなるとサスペンション本来の性能を発揮できません。ピロアッパーマウントはへたりの心配があるブッシュを使わずにベアリングを使っています。そのため弾性を持つブッシュとは異なり、サスペンションに地面からの入力が伝わりやすくなります。路面の凹凸も感じやすくなります。

ピロアッパーマウントに交換するデメリット

ベアリングが劣化する

s660tuningさんの投稿
26863853 410273119401467 1653846426557349888 n

ピロアッパーマウントに交換するデメリットの1つはベアリングが劣化することです。ピロアッパーを使うにつれて、ベアリングにガタが出始めます。ベアリングが劣化してガタが出始めれば、乗り心地も悪化し、せっかく取り付けた車高調もピロアッパーも本来の性能を発揮できなくなります。オーバーホールできるタイプならオフの時期に合わせてリフレッシュするのも良いです。

乗り心地が悪化する

civickingsさんの投稿
28156004 436235110146044 8454649551742042112 n

ピロアッパーマウントに交換するデメリットのもう1つは、乗り心地が悪化することです。ここで言う乗り心地は運転手・同乗者が快適と感じるかどうかに着目した乗り心地という意味になります。弾性で衝撃吸収の効果があるブッシュをベアリング(ピロ)に交換するわけですから、アッパーマウントへの入力がよりダイレクトに伝わります。ブッシュのへたりで衝撃を吸収していた分もサスペンションに伝わり、乗り心地は路面に合わせて悪化します。

まとめ

hi_k28さんの投稿
18723256 131324354088255 2970179986394185728 n

乗り心地やサスペンションの性能発揮に重要なのがアッパーマウントです。もし異音が出ていたり異音が大きくなった、走行距離が増えたから交換時期が気になる、など疑問点があったら行きつけの整備工場に相談しましょう。ゴムのへたりを少なくしてスポーツ走行したいと方は強化品を購入すると良いです。もちろん時期に合わせてDIYで交換するのもOKです、知識・経験も増え工賃節約できますので。目的に合ったアッパーマウントを使いましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ