バーエンドバーをクロスバイクに取り付けよう!位置や角度で効果は変わる?のイメージ

バーエンドバーをクロスバイクに取り付けよう!位置や角度で効果は変わる?

バーエンドバーはクロスバイクを簡単にカスタマイズできるパーツです。バーエンドバーをセッティングすることで、ライディング中の手の位置を変えることができ、長時間のライディングが可能になります。クロスバイクにバーエンドバーをセッティングする位置や角度を説明します。

2019年02月17日更新

ryu
ryu
みなさんが面白く読める記事を書いていきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. クロスバイクとは?
  2. バーエンドバーとは?
  3. バーエンドバーの役割
  4. バーエンドバーの効果
  5. バーエンドバーのメリット
  6. バーエンドバーのデメリット
  7. バーエンドバーの取り付け位置
  8. クロスバイクにバーエンドバーを取り付けよう~外側
  9. 外側に取り付けるメリット
  10. クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法~外側
  11. クロスバイクにバーエンドバーを取り付けよう~内側
  12. クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法~内側
  13. バーエンドバーの角度
  14. バーエンドバーの値段
  15. バーエンドバーの種類
  16. マウンテンバイクにバーエンドバーを取り付ける
  17. バーエンドバーまとめ

クロスバイクとは?

前傾姿勢が取れる自転車で、真っすぐなハンドルのものが一般的です。スピードを求めたロードバイクと比べるとタイヤがやや太めのためクッション性が高く、乗り心地が良い自転車です。近年の自転車ブームの影響で、街中でライディングを楽しんでいる人も多く見かけます。ママチャリと比べると手を置く場所が下の方にあるため、最初乗るときは怖いですが、慣れるとスピードが出しやすくなる自転車です。

クロスバイクを楽しもう!

ママチャリよりもスピードが出しやすく、ロードバイクよりも乗りやすいため、通勤に利用する人も多いです。また、趣味でクロスバイクに乗っている人もたくさんいます。クロスバイクは専用の道路だけでなく、一般道も走ることができるので、気軽に楽しめる趣味といえます。クロスバイクにはさまざまなデザインのものがあり、自分の好きなデザインのものを選ぶだけでも楽しめますし、自分でペインティングすることも可能です。さらに、自分でさまざまな改造ができるので、世界に一台しかない自分だけのオリジナル自転車を作り上げることもできます。

クロスバイクはどこで買えるの?

自転車の値段は高いものから安いものまでさまざまです。クロスバイクは値段も手ごろなので、スポーツバイク初心者にもおすすめです。クロスバイクは自転車専門店で購入できます。自転車専門店では、その人の希望に合ったクロスバイクを店員が選んでくれるので、初めての人でも安心してクロスバイクを購入できます。スポーツバイクが普及するのに伴い、デパートやホームセンターでもクロスバイクを購入できるようになりました。

クロスバイクは通販でも買える!

クロスバイクは通販でも購入できます。通販では手ごろな値段でクロスバイクが販売されているので、クロスバイクを始めてみようという人にも適しています。本格的なクロスバイクじゃなくてもいいから、とりあえずクロスバイクに乗ってみたいという方は、通販を利用してクロスバイクを購入するのも一つの手です。

バーエンドバーとは?

クロスバイクやマウンテンバイクのハンドルにセッティングできるパーツです。クロスバイクやマウンテンバイクはママチャリのように内側に曲がったハンドルではなく真っすぐなハンドルですが、真っすぐな部分にセッティングできます。自転車にセッティングできるパーツはたくさんありますが、比較的手軽にセッティングできる分類に入るパーツです。

クロスバイクやマウンテンバイクを改造しよう!

クロスバイクやマウンテンバイクの改造と聞くと、とても難しい印象を持つと思いますが、簡単に改造できる部分もあります。バーエンドバーのセッティングは、一番手軽にクロスバイクやマウンテンバイクを改造する手段です。ハンドルそのものを変えるのは大変ですが、パーツをセットして固定するだけなので、簡単にクロスバイクやマウンテンバイクを改造できます。ただし、クロスバイクの種類によっては、ハンドルのグリップが簡単に取り外せないものや、ハンドルとグリップが一体になっているものは、セットをおこなうのが難しい場合もあります。取り付けたい場合は、自分が乗っているクロスバイクのグリップが取り外したり移動できるかどうか確認しておきましょう。

バーエンドバーの役割

クロスバイクにセッティングできるパーツですが、どのような役割を担っているのでしょうか?主な役割を説明します。

バーエンドバーの役割~クロスバイクのライディング

主な役割は、クロスバイクのライディングをする際に手の置き場所を変えることです。真っすぐなハンドルの場合は、手を置く場所は同じ方向にしか置けませんが、このパーツをセッティングしておくことで、手の置き場所を変えることが可能です。また、人間の手は水平のハンドルを握ることに適していないので、垂直に伸びるバーに手を置くことで、その欠点を補う役割を担います。クロスバイクは常にハンドルに手を置いて操作するため、手の置き場所が複数あることでさまざまな効果があります。

バーエンドバーの効果

クロスバイクにセッティングしておくことで、どのような効果があるのでしょうか?効果を理解して、自分に必要かどうか判断しましょう。

バーエンドバーの効果~クロスバイクで長時間走る

主な効果は、手の置き場所を変えることにより、同じ姿勢で走り続ける必要がなくなるため、クロスバイクで長時間のライディングができるという効果があります。真っすぐなハンドルだと手の置き場所がずっと変わらないため、クロスバイクで長時間ライディングしていると、同じ箇所に負担がかかってしまいます。バーに手を置くことで、手の置き場所を変えることができ、手の置き場所を変えることで体にかかる負担を分散できます。

バーエンドバーの効果~姿勢を変える

手を置く位置を変えられることで、クロスバイクでのライディングの姿勢を変えることもできます。真っすぐなハンドルだと手を置く位置が前にずらせないため前傾姿勢が難しいです。しかし、このパーツをセッティングすることにより、前のバーに手を置くことで前傾姿勢が取りやすくなります。同じように、クロスバイクでダンシングをする際もバーを持つことで、ハンドルを引きつける力が強くなり、その分強く踏み込むことが可能です。このように、クロスバイクにセッティングすることには、さまざまな効果があります。

バーエンドバーのメリット

セッティングするメリットはどのようなものでしょうか?

クロスバイクに取り付けるメリットは?

クロスバイクはもともと真っすぐなハンドルですが、このパーツをセッティングすることで、クロスバイクの乗り方のバリエーションを増やすことができます。クロスバイクの乗り方のバリエーションが増えれば、姿勢を変えることで長時間のライディングが可能になったり、スピードを出したい時に手の置き場所を変えてスピードを出しやすい姿勢を維持できます。クロスバイクにセッティングすることで、さまざまな乗り方ができるようになります。

バーエンドバーのデメリット

クロスバイクにセッティングすることで、デメリットとなることはあるのでしょうか?

クロスバイクに取り付けるデメリットは?

真っすぐなハンドルに対して前方に向けてバーが伸びているため、木や電柱、他のクロスバイク等にハンドルがぶつかった際に、前方に伸びたバーが引っかかってしまい、思わぬ事故につながる可能性があります。そのため、レースでは使用を禁止されている場合もあります。また、ハンドル以外の場所に手を置いていると、ブレーキから手が離れてしまうため、とっさのブレーキが遅れてしまうというデメリットがあります。そのため、ブレーキをかける必要性が低い場所でしか使えないというデメリットがあります。

バーエンドバーの取り付け位置

クロスバイクのハンドルにセッティングできるパーツですが、セッティングできる位置がいくつかあります。

取り付け位置で効果が変わる?

どの位置にセッティングするかによって、効果が変わってきます。自分の目的に合った位置にセッティングすることで、自分が求める効果を得るようにしましょう。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付けよう~外側

クロスバイクは真っすぐなハンドルなので、外側か内側にセッティングします。外側にセッティングした場合は、どのような効果があるのでしょうか?

外側に取り付けるメリット

ハンドルの外側にセッティングすることで、バーに手を置いた体勢は、左右に腕を広げている状態になります。左右に腕を広げてバーを握っているため、自転車の操作が安定するという効果があります。また、クロスバイクでダンシングをする際に外側のバーを持つことで、ダンシングの力を強くできます。

外側に取り付けるデメリット

外側にセッティングすると、ハンドルの一番外側にセッティングされることになるので、左右に腕を広げてクロスバイクのライディングをしなければいけません。クロスバイクに乗るときに肩幅よりも広く腕を広げてライディングすると、疲れやすくなるため、長時間バーに手を置いていると、疲れてしまうというデメリットがあります。また、ハンドルの外側にあるので、ブレーキまで距離があります。ブレーキまで距離があることで、とっさのブレーキをかけにくく、ブレーキが遅れてしまうデメリットがあります。ハンドルからバーに手を移動させるときに、一度ハンドルから手が離れた状態になってしまい、不安定な瞬間があるのもデメリットです。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法~外側

クロスバイクにセッティングするには、グリップの位置を内側にずらす必要があります。グリップがボルトで固定されておらず、そのまま取り外しができる場合は、グリップを内側に移動させてセッティングするスペースを確保します。グリップがボルトで固定されている場合は、ボルトの場所を見つけて、六角レンチを使ってボルトを緩めます。ボルトが緩んだら、セッティングできるスペースを確保するように、グリップを内側にずらします。この際、シフターが邪魔になるようであれば、シフターの位置もずらしましょう。ハンドルの外側にセッティングしておき、角度を調整しながら六角レンチでボルトを締めて固定します。セッティングできたら、他のパーツも六角レンチで固定して取り付け完了です。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付けよう~内側

内側にセッティングした場合はどのような効果があるのでしょうか?

内側に取り付けるメリット

内側にセッティングすることで、バーに手を置いた状態でも、ブレーキに手が近いため、とっさのブレーキングをやりやすいというメリットがあります。また、左右の腕を広げることで安定する真っすぐなハンドルに手を置く姿勢と、内側のバーに手を置く姿勢を交互に変えることで、クロスバイクでのライディングが疲れにくくなります。

内側に取り付けるデメリット

内側にセッティングすると、左右の手が近い状態でクロスバイクのライディングをするため、外側にセッティングする場合と比べると、自転車の操作がやりにくいというデメリットがあります。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法~内側

内側にセッティングするには、一度グリップを外してセッティングする必要があります。グリップがボルトで固定されておらず、そのまま取り外しができる場合は、そのままグリップを取り外します。グリップがボルトで固定されている場合は、六角レンチを使ってボルトを緩めて、ボルトが緩んだら、グリップを外します。グリップが外れたらバーエンドバーをハンドルの内側にセッティングします。このとき、手を置いた位置からブレーキにすぐ移動できるか確認しましょう。内側にセッティングするメリットはブレーキがしやすいということがあるので、手を置いてからブレーキがやりにくかったら意味がありません。セッティングできたら、角度を調整しながら六角レンチでボルトを締めて固定します。固定したら、他のパーツを元のようにセッティングして六角レンチで固定したら取り付け完了です。

バーエンドバーの角度

セッティングするときは、場所だけでなくバーの角度を調整できます。バーの角度が変わると、クロスバイクのライディングにどのような効果があるのでしょうか?

クロスバイクのライディングでバーエンドバーの角度は重要

クロスバイクのライディングをする際に、手を置く位置や角度はとても重要です。バーの角度によっては、クロスバイクでのライディングの姿勢に余計な力が入ってしまい、疲れやすくなってしまう場合もあります。バーの角度が高すぎたり低すぎたりすると、それだけでクロスバイクでのライディングの際に負荷になってしまうので、自分に合った角度に調整しましょう。バーの角度は、固定しているボルトを緩めれば調整ができるので、ライディングしてみて違和感があれば少し角度を調整します。このように、自分の乗りやすい角度を探しながら、少しずつ角度を調整することで、最適な角度を見つけることができます。

バーエンドバーの値段

クロスバイクのライディングを快適にできるパーツですが、どのくらいの値段なのでしょうか?

バーエンドバーはお手頃価格

素材やメーカーによっても異なりますが、およそ1,000~3,000円ほどの値段で購入できます。クロスバイクのパーツなので高いと思われがちですが、それほど高いパーツではなく、お手頃な価格でクロスバイクを改造できます。

バーエンドバーの種類

一口にバーエンドバーと言っても、いくつかの種類があります。

バーエンドバーにはどんな種類がある?

主にブルホーンタイプとエルゴノミックタイプの2種類があります。ブルホーンタイプは、真っすぐだったり先端が少し曲がっているタイプで、長いものから短いものまでさまざまです。エルゴノミックタイプは、人間工学に基づいて、握りやすくて手にかかる圧力を分散させるような形状をしています。値段は少し高めのものが多いです。ブルホーンタイプでもエルゴノミックタイプでも、手の置き場所を変えるという目的自体は変わらないので、どちらのタイプを選ぶかは個人の好みで決めます。

マウンテンバイクにバーエンドバーを取り付ける

クロスバイクだけでなく、マウンテンバイクにもセッティングできます。もともとはマウンテンバイクにセッティングするものとして普及したパーツです。マウンテンバイクにセッティングすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

マウンテンバイクに取り付けるメリット

マウンテンバイクでは荒れた道や急な上り坂を走ることがあります。その際にこのパーツをセッティングすることによって、手の置き場所を変えて姿勢を変えることで、マウンテンバイクでライディングする際の負担を分散できます。また、マウンテンバイクで上り坂を走るときには、バーに手を置くことで前荷重をかけた姿勢をとりやすく、上り坂を走りやすくなります。

バーエンドバーまとめ

バーエンドバーは手軽な値段で購入でき、簡単にクロスバイクにセッティングできるパーツです。クロスバイクやマウンテンバイクを手ごろに改造できるパーツですが、手の置き場所が増えることで姿勢を変えることが可能になり、クロスバイクでのライディングの疲れを分散したり、スピードアップがしやすくなります。さまざまな効果があるパーツですが、セッティングの位置や角度で効果が変わってきます。自分がどのような効果を求めてバーエンドバーを使いたいのかということを理解して、適切な位置や角度にセッティングするようにしましょう。クロスバイクでライディングをしていて疲れると感じる方や、もっとスピードアップができないかと悩んでいる方は、バーエンドバーをセッティングしてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ