タイミングベルトの交換時期や費用は?気になる切れる前兆もご紹介!のイメージ

タイミングベルトの交換時期や費用は?気になる切れる前兆もご紹介!

タイミングベルトは車の運転において非常に重要な部品のひとつです。タイミングベルトは交換が必要な部品で、交換しないで乗り続けていると事故にもつながります。タイミングベルトの交換時期はどのように見覚めればいいのか、また気になる費用についても紹介します。

2018年10月16日更新

すがや
すがや
よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. タイミングベルトとは
  2. タイミングベルトの基本情報
  3. タイミングベルトとタイミングチェーン
  4. タイミングベルトの交換時期
  5. タイミングベルトの劣化を早める使い方
  6. タイミングベルトの切れる前兆
  7. タイミングベルトが切れるとどうなる
  8. タイミングベルトと車検
  9. タイミングベルトの交換場所と部品代
  10. タイミングベルトの工賃
  11. タイミングベルト交換時に必要となるその他の費用
  12. タイミングベルト交換で必要な費用のまとめ
  13. タイミングベルトを自分で交換
  14. タイミングベルトと廃車
  15. タイミングベルトの適切な交換を

タイミングベルトとは

souta1667さんの投稿
26069094 1968117823427418 4743994225442422784 n

なくてはならないタイミングベルト

タイミングベルトは車やバイクにおける非常に重要な部品です。タイミングベルトは車の心臓部とも言えるエンジンの吸気と排気を司っています。

タイミングベルトは吸気と排気を行う

車はガソリンを燃焼させて走ります。このガソリンの燃焼のために空気は必要不可欠です。ガソリンに新鮮な空気を吸気し、汚れた空気は排気する、タイミングベルトはこの吸気と排気を行っている部品です。

事故や事件にもつながるタイミングベルトの故障

yamada.auto.311さんの投稿
25017322 363319427412479 2868353480106442752 n

タイミングベルトが上手く機能しなくなると、ガソリンを燃焼させてエンジンを駆動するという車やバイクで非常に重要な部分に支障がでます。不完全燃焼を起こしたり、エンジンがストップしてしまいます。

タイミングベルトの基本情報

通常は確認できない

タイミングベルトは車やバイクの駆動において非常に重要な部品です。タイミングベルトはエンジン付近の部品であり、通常は確認することができません。そのこともあってタイミングベルトの交換時期や寿命は視覚的にはわかりにくいです。

なぜタイミングベルトは寿命があるのか

タイミングベルトに寿命があるのは、タイミングベルトの素材によるところが多いです。タイミングベルトの素材は一般的にゴム素材が用いられています。ゴムは経年劣化や外因によって切れる可能性があります。このゴム素材の寿命がタイミングベルトの寿命になります。

タイミングベルトとタイミングチェーン

金属素材のタイミングチェーン

タイミングベルトとほぼ同様の働きをする部品としてタイミングチェーンがあります。タイミングベルトがゴム素材なのに対して、タイミングチェーンは金属で出来ています。

タイミングチェーンはほぼ交換の必要がない

タイミングチェーンの特長は寿命の長さです。タイミングチェーンは30万キロほどが寿命と言われています。多くの場合は廃車にするまで交換の必要がありません。しかし、故障などがある場合はタイミングベルトよりも費用がかかる傾向があります。

近年はタイミングチェーンが増加

従来の車は騒音などの問題からタイミングベルトを用いることが主でした。しかし、近年は技術改良によりタイミングチェーンを用いる車が増えてきています。自分の車がタイミングチェーンなのかタイミングベルトなのかを知っておくと、交換が必要かどうか判断するのに役立ちます。

タイミングベルトの交換時期

shinya__yamaguchi_さんの投稿
23734575 1868081026838422 2359661994564386816 n

10万キロがひとつの目安

タイミングベルトの交換時期は10万キロと一般的に言われています。しかし、これはあくまで目安であり、車種は使用方法によって変動します。また普通車よりも軽自動車の方が、交換時期が早い傾向があるようです。

劣化させる使い方で寿命が短く

タイミングベルトはゴム素材で出来ています。タイミングベルトのゴム素材が劣化するような環境での車の使用を続けていると、タイミングベルトの寿命は縮まり交換時期が早まります。

タイミングベルトの劣化を早める使い方

shinichitakegamiさんの投稿
23498824 1749115638461464 2219654710778920960 n

オイルのメンテナンスで寿命が変わる

タイミングベルトの寿命を縮めないにためにオイルのメンテナナンスが重要です。オイル漏れがなどがあるとタイミングベルトの寿命も縮まります。またオイルを適切な時期に入れ替えずに運転を続けていても、タイミングベルトの劣化が進み交換時期を早めることにつながります

オーバーヒートも寿命を縮める原因

オイル以外ではオーバーヒートもタイミングベルトの寿命を縮める要因としてあげられます。オーバーヒートは冷却水の漏れや不足が最たる原因です。そのため、冷却水のメンテナンスもタイミングベルトの寿命を伸ばすためには重要です。

タイミングベルトの切れる前兆

shunmidoriさんの投稿
23280069 2025749604371884 5959657183539888128 n

タイミングベルトは前兆がない?

車の故障の中には故障の前に事前に何らかの徴候があり、その前兆を把握することで故障を回避、軽減できるものも少なくありません。タイミングベルトもそのように切れる前兆を知ることで対応できればよいのですが、タイミングベルトは切れる前兆のようなものがないと考えられています。

他の部品に故障の前兆が出たら見てもらう

周辺の部品に故障の前兆が出たらタイミングベルトも一緒に見てもらうという方法があります。タイミングベルト同様にエンジン付近の故障の前兆は走行距離が長くなると見られる傾向があります。他のエンジン付近の部品も消耗してきたらタイミングベルトも消耗している可能性があります。

タイミングベルトは前兆なく切れる

taizyu11さんの投稿
23164730 142687789791636 3616214995529891840 n

事前に異音などがする場合もあるようですが、多くの場合はタイミングベルトは前兆がなく突然に寿命を迎えます。タイミングベルトが寿命を迎えるとどうなるかというと、タイミングベルトが切れてしまいます。これは事故に繋がる可能性もあり非常に危険です。

タイミングベルトが切れるとどうなる

タイミングベルトが切れた時の危険性

タイミングベルトを交換しないで乗り続けているとタイミングベルトは寿命を迎えて切れてしまいます。タイミングベルトが切れてしまうと様々な危険があります。タイミングベルトが切れるとどのような危険性があるか紹介します。

走行中に切れると減速して止まる

kazuho1014さんの投稿
22277390 135543827087121 1676532070152667136 n

最も危険なのが走行中にタイミングベルトが切れることです。走行中にタイミングベルトが切れると、アクセルを押してもエンジンが駆動せずに減速して止まります。一般道路でも非常に危険ですが、高速道路などの場合はさらに危険性が増し、大変危険です。

修理不可能なダメージを負うことも

タイミングベルトが切れると、走行が止まるだけでなくエンジンに深刻なダメージを負わせてしまう場合もあります。特にエンジンの中のピストンに影響が出ると、エンジン自体の修理をほぼ不可能な状態になってしまいます。また修理ができる場合でも多くの費用がかかります。

交換時期を見逃さない

タイミングベルトが切れてしまうと、事故につながる可能性や、またエンジンの深刻な損傷につながる可能性があります。交換時期は見逃さないようにして、しっかりとタイミングベル卜を交換するようにしましょう。

タイミングベルトと車検

gleez_selectionさんの投稿
27878076 302690443589399 8430231679116771328 n

タイミングベルトは車検の検査項目になし

車検の検査項目にタイミングベルトはありません。そのため、タイミングベルトが切れる可能性があっても車検を通過してしまうということもありえます。タイミングベルトに関しては車検を通過しても必ずしも大丈夫とは言えませので注意しましょう。

車検とタイミングベルト

車検にタイミングベルトの検査はありませんが、それでも車検でタイミングベルトの交換を勧められることがあります。タイミングベルトが実際に寿命を迎えているのか、交換時期が近いのか判断が必要になります。

車検での対応1:実際に寿命が来ている場合

b.c.autobaseさんの投稿
26873029 128305297863758 8795555743274106880 n

車検でタイミングベルトの交換を進められる場合は、実際に交換時期に来ていたり、あるいは既に寿命を迎えているパターンがまずあります。言うまでもなくこの場合は、タイミングベルトを交換するのがよいでしょう。

車検での対応2:次回車検までに寿命が来る場合

もうひとつのパターンは、まだ交換時期は来ていないが次の車検までは持たないというパターンです。車検は初回検査を除くと2年に1回なので、その期間の間にタイミングベルトが寿命を迎える可能性があります。そういった場合でも車検で交換を進められるということがあるようです。

タイミングベルト交換の適切な判断を

車検で交換を勧められる場合はこの2つのいずれかが多いようです。どちらのパターンなのかを判断して、仮にまだ寿命が来ていない場合はすぐに交換をする必要はありません。とはいえ、非常に重要な部品なので、よく話しあって適切な判断をするようにしましょう。

タイミングベルトの交換場所と部品代

cartop.okayamaさんの投稿
27574971 197724424144513 1650396257853636608 n

ディーラーやカー用品店、整備工場で交換可能

タイミングベルトは、ディーラーやカー用品店や整備工場で交換してもらえます。行きつけの店舗があったらそちらでの交換で問題はないでしょう。

費用は部品代と工賃の大きく2つ

タイミングベルト交換の工賃はそれぞれの店舗や車種によって異なります。タイミングベルトの交換の費用は大きく部品代と工賃があり、部品代の方が安い場合がほとんどです。

タイミングベルト自体の費用は高くない

kazunori_1217さんの投稿
25013823 504238519946855 2066866841271140352 n

タイミングベルトは車の部品の中でも非常に重要な部品のひとつですが、タイミングベルト自体の費用はあまり高くはありません。軽自動車の場合は3000円前後、普通車の場合は少し幅がありますが安いものだと3000円程度、高い場合は8000円程度です。

タイミングベルトの工賃

タイミングベルト交換費用の大部分は工賃

タイミングベルトの交換で費用がかかるのは、工賃になります。タイミングベルトの交換は車の整備の中でも比較的大変な作業に分類されます。エンジン周辺の部品を取り外したりする必要があり、その分だけ工賃も高くなってしまうと言われています。

軽自動車の費用は3万円前後がひとつの目安

hashime_trさんの投稿
21479805 359883117766573 7199060934143246336 n

タイミングベルト交換の工賃は普通車よりも軽自動車の方が安い傾向があります。軽自動車の場合は2万円程度の工賃が一般的なようです。そのため軽自動車のタイミングベルト交換の費用は3万円前後がひとつの目安となるでしょう。

普通車の場合は工賃に幅があり

普通車の場合は、一般的に排気量の多い車種の方が工賃が高くなる傾向があります。排気量が少ない普通車の場合は2万円台半ば、排気量の大きい普通車では4万円から6万円ほどかかることもあります。

タイミングベルト交換時に必要となるその他の費用

opapepeさんの投稿
21149301 1582662911790810 7662848081339088896 n

交換以外の費用がかかることも

タイミングベルト交換でかかる費用は上で記した部品代と工賃が大きなものです。しかし、タイミングベルトを交換するときに他のエンジン周辺の部品の交換を勧められたり、また実際に交換が必要な場合もあります。このようにタイミングベルト交換以外の費用がかかることもあります。

ウォーターポンプの交換を勧められる

タイミングベルト交換時に勧められることが多いのがウォーターポンプの交換です。ウォーターポンプは車を冷却するための水を循環させる重要な部品です。タイミングベルトの交換が必要な時期にはウォーターポンプも寿命を迎えていることが多いようです。

同時交換で安くなる

maru3osamuさんの投稿
20583044 1663968296949007 734141835101863936 n

ウォーターポンプの交換にかかる費用は部品代と工賃を併せて1万円台から2万円台がひとつの目安です。タイミングベルトと一緒に交換をしやすい部品なので、同時に交換すると工賃を安くしてもらえるということもあるようです。

ウォーターポンプ以外にも交換する部品あり

ウォーターポンプ以外にもタイミングベルトと一緒に交換を勧められる部品があります。ファンベルト、クーラーベルト、またエンジンオイルの交換などもあります。タイミングベルトの交換以外でも費用が必要になる場合もあるので注意しましょう。

タイミングベルト交換で必要な費用のまとめ

タイミングベルト交換の費用の3ポイント

タイミングベルトの交換で必要な費用についてまとめます。ポイントは3点です。 ・必要になる費用の内訳は材料代と工賃の大きく2つ。 ・費用の総額は軽自動車の場合は3万円前後、普通車の場合は幅があり排気量の多い車の方が高い傾向がある。 ・タイミングベルト以外の周辺の部品も交換する必要がある場合は、その分の費用も加算される。

いくつか見積もりを出すという方法も

mikachi0916さんの投稿
19985170 1817213158609458 8226199734461661184 n

タイミングベルトの交換は周辺の部品の交換などもあり、思った以上の費用の見積もりが出るということもあるかもしれません。不安になるようでしたらいくつかのカー用品店や整備工場に見積もりをお願いするのもひとつの手です。賢くタイミングベルトの交換をしましょう。

タイミングベルトを自分で交換

自分で交換すると割安

タイミングベルトの交換を自分でしようと考える人もいるかもしれません。紹介したようにタイミングベルトは部品自体はそれほど高価なものではありません。自分で交換できれば費用はかなり安く抑えられます。

素人による交換は困難

white_bear.l375sさんの投稿
19955472 1889867647933953 1904706318036369408 n

しかし、タイミングベルトの交換を素人が行うのは非常に難しいです。タイミングベルトはエンジンルームの中にあります。そのためエンジンルームの部品を外す必要があり、一連の作業は簡単ではありません。タイミングベルトの交換は車のメンテナンスの中で素人には難しい作業に分類されます。

習熟してから自分で交換を

自分の車であればタイミングベルトを交換するのは違法ではありません。しかし、自分で交換する場合はある程度車の他のメンテナンスが出来るように習熟してから行うようにしましょう。いきなり初心者が自分で交換するのはおすすめしません。

タイミングベルトと廃車

ひとつの選択肢としての廃車

タイミングベルトの交換にはそれ相応の費用がかかり、また自分で交換するのも素人では難しいです。ひとつの選択肢として、タイミングベルトの交換時期に廃車にするという方法もあります。

あと何年、何キロ乗りたいかを考える

nakamagayonderu_matsuoさんの投稿
19534201 1873956629545554 4676406558488264704 n

タイミングベルトが寿命を迎えるまで乗り続けた車の多くはかなりの走行距離を走っている車になるでしょう。タイミングベルトを交換して乗り続けるのか、廃車にするのかの判断では、あと何年、何キロ乗りたいかということがひとつの目安になります。

高級車や排気量の多い車は長く乗れる

トラックや高級車、もしくは排気量の多い車は一概には言えませんが長持ちする傾向があります。こういった車の場合はタイミングベルトを交換して、さらに5万キロ、10万キロと走ることは不可能ではありません。もっと長く乗りたい場合はタイミングベルトも交換して、定期的にメンテナンスをすることで、長く乗れる可能性が高まります。

軽自動車や排気量の少ない車は廃車の選択肢もある

dai_z32さんの投稿
18444534 1388999591181596 4226009216650838016 n

反対にタイミングベルトの交換時期に廃車の検討も視野に入るのが、軽自動車と排気量の少ない普通車です。一般的に排気量が2000cc以下の場合は、廃車の検討もありえる範囲です。特に軽自動車の場合は、普通車よりも長期間乗ることが難しい場合もあります。

廃車を検討する時期を考えるひとつの時期

タイミングベル卜の交換が必要になる位まで乗るということは、長い間大事に扱ってきた愛車の場合が多いかと思います。もちろんいつまでも乗れるに越したことはないですが、いつかは廃車にするタイミングが訪れます。どのタイミングで廃車にするのか、タイミングベル卜の交換時期はひとつの検討の機会と言えそうです。

タイミングベルトの適切な交換を

安全な運転のためにタイミングベルトを交換しよう

タイミングベルトは交換しないで切れてしまった場合は、高額な修理費用がかかったり、最悪の場合は事故にもつながります。タイミングベルトの寿命は前兆がほぼなくわかりにくいですが、走行距離を目安にして10万キロが近づいてきたら交換を意識しましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ