モンベル「ジオライン」の圧倒的機能性とは?夏&冬の最強インナーはこれ!のイメージ

モンベル「ジオライン」の圧倒的機能性とは?夏&冬の最強インナーはこれ!

モンベルのウェア「ジオライン」シリーズ。商品名は聞いたことがあるのでは無いでしょうか?ジオラインとは、モンベルが誇る高機能ウェア素材ですが、一体、どのような素材なのでしょうか??ここでは、知らざれるジオラインの機能や効果、おすすめ商品と口コミをご紹介します。

2019年02月17日更新

Brown Tabby
Brown Tabby
長い登山やキャンプ歴を生かし、なるほどと思っていただける情報や最新知識を、経験を基に、日々執筆を行っています。「ピークハントだけが山じゃない」、「BBQだけがキャンプじゃない」をモットーに、初心者の方にはわかりやすく、ベテランの方にはディープな情報をお届けできたらと思っています。旅行やドライブもお任せください!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. モンベル ジオラインとは
  2. モンベル ジオラインの特性
  3. モンベル ジオラインから派生したジオライン3D
  4. モンベル ジオラインはユニクロヒートテックと何が違う?
  5. モンベル アンダーウェア素材を比較
  6. モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(薄手/クールメッシュ)
  7. モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(薄手/シェイプ)
  8. モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(薄手/ライトウエイト)
  9. モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(中厚手/ミドルウエイト)
  10. モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(厚手/エクスペディション)
  11. モンベル ジオラインのおすすめ商品 シャツ
  12. モンベル ジオラインのおすすめ商品 ウエストウォーマー(腹巻)
  13. モンベル ジオラインのおすすめ商品 グローブ
  14. モンベル ジオラインのおすすめ商品 帽子
  15. モンベル ジオラインのお手入れ方法
  16. まとめ

モンベル ジオラインとは

ジオラインとは、モンベルが原料である糸から独自開発した、インナーウェア、アンダーウェアのための高性能素材です。その性能を生かして、防寒ウェアの素材としても利用されており、速乾性、保温性で評価が高い素材です。各メーカーそれぞれ、アンダーウェア用の高機能素材を開発していますが、ジオラインは、その中でも最高クラスとも言われています。当然、愛用者も多く、登山やスキーなどのアウトドアスポーツから、旅行や、通勤など普段使いまで多様な使い方がされている人気の素材です。

モンベル ジオラインの特性

cocochi.noさんの投稿
24327490 175207999733430 3475743644823060480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

速乾性

ジオラインの生地を構成するマイクロファイバーに独自の加工を施し、驚異の速乾性を実現しています。親水加工により、肌表面の汗を素早く吸い上げ、生地全体に拡散し、乾燥させます。その速乾性は、従来のスポーツアンダーウェアの2倍、カジュアル系アンダーウェアの実に3倍にも達します。この速乾性は、ジオラインの最大の特徴であり、発汗が多いアクティビティに向く最大の理由です。

制菌効果

汗を掻くと、不快な臭いが発生します。これは、生地に存在するバクテリアに水分により活発化しガスを発生することによるものですが、ジオラインの銀イオン効果により、このバクテリア自体を減少させ、臭いの元を断ちます。この制菌効果による防臭効果は、縦走登山など、長く山に入る場合に非常に役立ちます。何日も同じアンダーウェアを着続けた場合の小屋泊りは、臭いで気が引けるものですが、臭いが少ないジオラインであれば、そのような悩みから解消されます。

nezinezikoさんの投稿
13687193 1691165624541708 777556688 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

伸縮性

縮れを持たせた繊維を、ストレッチ性のある繊維で包み込んだストレッチスパン糸を採用することにより、驚きの伸縮性を実現し、快適に体にフィットしながら無理なく伸縮します。伸縮性は、運動性と共に、汗のべたつきによるアンダーウェアによる肌のツッパリ感が無くなり、快適性を左右します。特に夏場は、この快適性により運動性が大きく変わりますので重要です。

静電気抑制

生地の縫い合わせにカーボン繊維を採用することにより、冬場の衣服の脱ぎ着で発生する、不快な静電気の放電が抑制されるため、パチパチ感が少なくなっています。

保温性

速乾性のマイクロファイバーと、伸縮性のストレッチスパン糸がそれぞれ、たっぷりと暖かい空気を抱え込み、優れた保温性を発揮します。また、冬に防寒アンダーウェアとして着用するミドルウェイト・エクスペディションモデルに関しては、それぞれの2つの生地をボックス構造でつなぎ、その中にもたっぷりと空気を抱え込み、さらならる保温性を実現しました。しかも、繊維にセラミックが織り込まれており、体の熱を再利用して遠赤外線効果を発揮し、体の芯から温めます。

モンベル ジオラインから派生したジオライン3D

従来のジオラインを3次元に編み込むことにより、ジオライン3Dメッシュ、ジオライン3Dサーマルを開発しました。ジオライン3Dメッシュは、通気性を加え、軽快な着心地を実現し、ジオライン3Dサーマルは、より高密度に編み込むことで、防風性を加え、起毛加工と共に、サーマルウェアに採用されています。

モンベル ジオラインはユニクロヒートテックと何が違う?

akiesuzuki0312さんの投稿
25024949 320983198308678 8750547995000307712 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

冬の防寒アンダーウェアとしては、ユニクロのヒートテックが有名です。ヒートテックはジオラインに比べ明らかに安価で、同じ冬に防寒インナーであれば、ヒートテックでいいのでは?と疑問が湧くのは当然です。モンベルのジオラインと、ユニクロのヒートテックとは何が違うのでしょう?

ヒートテックの弱点 速乾性

ヒートテックは、街で防寒として着用するのには、充分な保温性を持っており、保温力としては、ジオラインなどの高機能素材とは大差は無いでしょう。しかし、ヒートテックの最大の弱点は速乾性です。登山など、激しい運動をすると当然、汗や蒸気を体から発散しますが、それを放出しない事には、体温維持できません。つまり「汗冷え」現象が発生します。汗冷えは、不快であり、ひどいと低体温症を起こしてしまい、重大な事故へ発展する可能性が有り、大変危険です。ヒートテックは、速乾性においてジオラインに劣るのは否めません。実際に、使用者からその違いを実感する口コミが相次いでいます。

最初はユニクロのヒートテックと似たようなもんだと思ってましたが、これは速乾性がウリなんですね。通勤後も汗がすぐに乾くので汗冷えすることがありません。

ヒートテックの値段より5倍以上の値段はしますが、それだけの価値があり生地もシッカリしており長持ちしそうです。

モンベル アンダーウェア素材を比較

tak_e_cさんの投稿
1390227 522882984475505 1509355176 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

モンベルでは、アンダーウェアの素材として、ジオライン、スーパーメリノウール、スペリオルシルクという3種類の素材のラインになっています。アンダーウェア購入時には、それを選ぶか悩みますが、それぞれの特性を比較して、どんなアクティビティに向いているかを調べてみました。

ジオライン~汗冷えを防ぐ速乾性

ジオラインの特徴はなんといっても、汗冷えを防ぐ速乾性です。速乾性を生み出す理由は、先に説明しているので割愛しますが、発汗量の多い運動に向いていると言えます。

スーパーメリノウール~天然の吸湿発熱素材

ktrymzさんの投稿
15101704 1774463389471068 3874824902091472896 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スーパーメリノウールは、吸湿した水分で発熱する天然素材です。体から発散される水蒸気はそれ自体高い運動エネルギーを持っており、それがメリノウールの繊維に吸着すると水蒸気の運動エネルギーが熱に変わるという仕組みです。冬のアクティビティに向いていますが、激しい運動を行うと、発熱が暑さを感じてしまうことがあるので、注意が必要です。厳冬期の比較的運動が少ないアクティビティや、冬の写真撮影、バイクツーリングのインナーウェアとしては最適です。

スペリオルシルク~優しい肌触り快適な着心地

toshi.narukawaさんの投稿
13561711 209836269413480 1909468710 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペリオルシルクは天然シルク100%の、肌に優しい素材です。シルクは人間のの肌と同じタンパク質を主成分としているので、なじみやすく、アレルギーも少ない繊維です。コットンの1.5倍の吸湿放散性を持っているので、さらさらとした肌触りが特徴です。しかし、ジオラインに比べると速乾性や保温性に劣るので、普段使いのアンダーウェアや、ハイキングやキャンプなど、比較的発汗が少ないアクティビティに向く素材です。

総合すると・・・

総合してみると、それぞれの最大のメリットは、  〇ジオラインは、速乾性。  〇メリノウールは、発熱性。  〇スペリオルシルクは、着心地。 という事がわかりました。 登山やランニングなど、激しく発汗するアクティビティには、速乾性に優れたジオラインが最適という事がわかりました。厳冬期にはメリノウールも選択肢に入れてもいいかもしれません。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(薄手/クールメッシュ)

ジオライン クールメッシュ Tシャツ

mont-bell(モンベル) ジオライン クールメッシュ Tシャツ Men's WT 1107180

【素材】ジオラインR[ポリエステル100%] 【平均重量】52g 【カラー】ブラック(BK)/ ホワイト(WT) 【サイズ】S / M / L / XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
モンベル ジオラインクールメッシュUネックTシャツWomen's 1107186 レディース/女性用 2018年春夏新作

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】36g 【カラー】ベージュローズ(BGRS)、ピーコック(PE) 【サイズ】S、M、L、XL

楽天で詳細を見る

夏用アンダーウェアです。ジオラインクールメッシュは、ジオラインをメッシュ地に編み上げることで、汗を素早く放出するインナーとして、抜群の通気性と速乾性を実現しました。口コミでは、夏に最適なクールメッシュの脅威の速乾性に評価が高いようです。

さんざん汗をかいてびしょびしょになったのに、気が付いたら乾いていた

ジオライン クールメッシュ ニーロングタイツ

mont-bell(モンベル) ジオライン クールメッシュ ニーロングタイツ Men's ホワイト 1107615

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】49g 【カラー】ブラック(BK)、ホワイト(WT) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏にズボンの下に履くクールメッシュタイツです。夏のいやな汗によるズボンのべたつきを解消します。口コミでも、夏でのクールメッシュの快適性に評価が高いようです。

メッシュが肌に優しい感じで使用感がいいです。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(薄手/シェイプ)

ジオライン シェイプタンクトップ ウィズブラ

(mont-bell) モンベル ジオライン シェイプタンクトップ ウィズブラ ベイビーブルー M

【素材】ジオライン® シェイプ[ポリエステル93%+ポリウレタン7%] 【平均重量】86g 【カラー】ベイビーブルー(BBL)、ブラック(BK)、ピンクベージュ(PKBG) 【サイズ】S、M、L、XL

楽天で詳細を見る

汗を放出する速乾性とともに、よりフィット感を高めたスタイリングの夏用インナーです。

ジオライン シェイプ トランクス

(mont-bell) モンベル ジオライン シェイプ トランクス メンズ (ブラック) L (montbell)

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】47g 【カラー】ブラック(BK)、ライトグレイ(LTGY) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ストレッチ性、フィット性に優れたトランクスです。通気性がいいため、運動量が高いアクティビティに最適です。表にラインが出にくい縫製になっています。モンベルアンダーウェアの中では、フィット性が高いので、細身の方にちょうどいいサイズ感のようです。ちょっと太めの方は、ワンサイズ上をおすすめします。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(薄手/ライトウエイト)

ジオライン L.W. Tシャツ

モンベル (mont-bell) ジオライン L.W.Tシャツ Men's

【素材】ジオライン®(ポリエステル)100% 【平均重量】100g 【カラー】ブラック(BK)、ライトシルバー(LTSV) 【サイズ】XS、S、M、L、XL

楽天で詳細を見る

薄手で夏向きのライトウェイトタイプのアンダーウェアです。汗を放出する速乾性と共に、伸縮性に優れるので、インナーとして着用しても快適です。口コミでは、速乾性や保温性などで快適との評価が高いようです。

着心地も良く、汗でべとつかない。保温性もあり快適でした。

ジオライン L.W. アームウォーマー

ジオライン L.W.アームウォーマー ( 品番 #1107161 )

【素材】ジオライン®[ポリエステル] 【平均重量】33g 【カラー】ブラック(BK)、ライトシルバー(LTSV) 【サイズ】S:22-26cm、M:26-30cm、L:30-34cm(上腕囲) (男女兼用) 【特長】スパイラルスランテック®カフ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ポケットに入るほどに小さく折りたたむことが出来、素早く装着できるので、春秋の入り口で、暑さと寒さの中間の季節に半袖の防寒用として携帯すると便利です。また、UVカットもされているので、夏場の日焼け予防としての装着にも最適です。口コミでもその装着性の高さに評価が高いよいうです。

季節の変わり目、朝は寒くて昼は暑くて午後は寒いです。これならほんの数秒でつけ外しできて、体温調整しやすい逸品です

ジオライン L.W. レッグウォーマー

モンベル mont-bell ユニセックス ジオラインL.W.(薄手)レッグウォーマー 1107162

【素材】ジオライン®[ポリエステル] 【平均重量】70g 【カラー】ブラック(BK)、ライトシルバー(LTSV) 【サイズ】S:44-50cm、M:50-56cm、L:56-62cm(太もも囲) (男女兼用) 【特長】スパイラルスランテック®カフ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏や、春秋などに、ショーツやスカートなどに組み合わせて履くのに最適な薄手のレッグウォーマーです。伸縮性に優れるため運動を妨げません。携帯性に優れるので、旅行など荷物を少なくしたい時の防寒対策にも最適です。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(中厚手/ミドルウエイト)

ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ

出典: https://www.amazon.co.jp

(モンベル)mont-bell ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Men's

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]
【平均重量】170g
【カラー】ブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV)
【サイズ】S、M、L、XL

出典: https://www.amazon.co.jp

(モンベル)mont-bell ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Women's 1107283

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]
【平均重量】123g
【カラー】ブラック(BK)、コーラルピンク(COPK)、ペールラベンダー(PLLV)
【サイズ】S、M、L、XL

速乾性と適度な保温性のミドルウェイトアンダーウェアです。行動と休憩を繰り返したあとの汗冷えが軽減され、体温を維持します。口コミでは、冬のインナーとしての速乾性と保温性の評価が高いようです。

暖かい.評判通りの暖かさと着やすさ.リピートします。

ジオライン M.W. Vネックシャツ

mont-bell:モンベルジオライン M.W. Vネックシャツ【ホワイト】1107286

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】160g 【カラー】ホワイト(WT) 【サイズ】S、M、L、XL

楽天で詳細を見る

速乾性と適度な保温性のミドルウェイトアンダーウェアですが、着重ねがしやすいVネックシャツのタイプです。

ジオライン M.W. タイツ

モンベル【mont-bell】ジオラインM.W. タイツ Women's #1107288

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】135g 【カラー】ブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV) 【サイズ】S、M、L、XL、M-S、L-S、XL-S

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
モンベル(mont‐bell) ジオライン M.W.タイツ Women's (レディース/タイツ レギンス アンダーウェア) 1107288

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【平均重量】109g 【カラー】ブラック(BK)、コーラルピンク(COPK)、ペールラベンダー(PLLV) 【サイズ】S、M、L、XL、M-S、L-S、XL-S

楽天で詳細を見る

冬のアクティビティの防寒タイツとして最適です。速乾性、伸縮性保温性で、口コミでも好評価です。

薄めの生地ですが大変保温効果があると思います。
適度なフィット感がありもたつくこともないので優秀なインナータイツだと思います。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 アンダーウェア(厚手/エクスペディション)

ジオライン EXP. ハイネックシャツ

【送料無料】 mont-bell(モンベル) ジオライン EXP.ハイネックシャツ Women's カラー:ブラック(BK) サイズ:XL 1107521

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]  【平均重量】234g 【カラー】ブラック(BK)、インディゴ(IND) 【サイズ】S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

厳冬期の活動に最適な防寒性インナーです。冬の寒気から体を守る三層構造の空気層でしっかりと傍観します。口コミでは、その冬での防寒性能に好評価です。

外の現場で作業していても、とても暖かく乾くのも早い

ジオライン EXP. タイツ

mont-bellモンベルジオラインEXP.タイツ Men's ( 品番 #1107522 )

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]  【平均重量】190g 【カラー】ブラック(BK) 【サイズ】S、M、L、XL、M-S、L-S、XL-S 【特長】フロントジッパー付き

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
(モンベル)mont-bell ジオライン EXP.タイツ Women's 1107523 BK ブラック L

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]  【平均重量】156g 【カラー】ブラック(BK) 【サイズ】S、M、L、XL、M-S、L-S、XL-S

Amazonで詳細を見る

ジオラインでは厚手のタイツですが、伸縮性が高いので足の動きを妨げません。厳寒地での使用を選定としているので、非常に暖かで、体の熱を逃しません。

生地も伸びるので腿のつっぱりも気にならず下りもさほど寒さを感じません。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 シャツ

ジオライン 3Dサーマル ジャケット

モンベル ジオライン 3Dサーマル ジャケット Women's #1104923[nocu]

【素材】ジオライン®3Dサーマル[ポリエステル〈裏面起毛加工〉]  【平均重量】250g 【カラー】エバーグリーン(EVGN)

楽天で詳細を見る
モンベル ジオライン 3Dサーマル ジャケット Women's #1104923[nocu]

【素材】ジオライン®3Dサーマル [ポリエステル(裏面起毛加工)] 【平均重量】210g 【カラー】アイリス(IRIS)、ターコイズ(TQ)、バーミリオン(VER)

楽天で詳細を見る

風性と保温性に加え、裏面を起毛加工しており冬の防寒ミドルウェア、春秋のアウターウェアとしても最適です。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 ウエストウォーマー(腹巻)

ジオライン L.W. ウエストウォーマー

(mont-bell) モンベル ジオライン L.W.ウエストウォーマー ライトシルバー L (montbell)

【素材】ジオライン®[ポリエステル+ポリウレタン] 【平均重量】32g 【カラー】ブラック(BK)、ライトシルバー(LTSV) 【サイズ】S(ウエスト57~71cm)、M(ウエスト71~85cm)、L(ウエスト85~99cm) (男女兼用)

楽天で詳細を見る

夏場の腹部の汗冷えからくる腹痛や、冬の防寒としても1年中使える薄手のウエストウォーマーです。口コミでは、薄いのでインナーとしても違和感なく装着できることが高評価です。

暖かい。薄いからシャツの上からでもわからない。この冬の必需品になりました。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 グローブ

ジオライン3D サーマル インナーグローブ

(モンベル)mont-bell ジオライン 3D サーマル インナーグローブ 1108733 PAPRI パプリカ XL

メイン素材: ポリエステル 素材構成: ジオライン3Dサーマル (ポリエステル) [平均重量]:30g [サイズレンジ]:XS、S、M、L、XL

Amazonで詳細を見る

吸湿速乾性に優れるので、冬場の防寒用インナーグローブとして、秋冬のハイキンググローブとして使用できます。口コミでは、薄手でしなやかなので、インナーとしての評価が高いようです。

インナーグローブとして必要十分です。ざらりとした触感で手汗をよく遠ざけ、適度の防寒、防風性があります。

モンベル ジオラインのおすすめ商品 帽子

ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ

●モンベル 1130454・ジオラインクールメッシュサイクルキャップ サミット

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%] 【重量】17g 【カラー】ブラック(BK) 【サイズ】S(54~56cm) / M(56~58cm) / L(58~60cm) (男女兼用)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

モンベル ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ サミット

【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]
【重量】17g
【カラー】ブラック(BK)
【サイズ】S(54~56cm) / M(56~58cm) / L(58~60cm) (男女兼用)

夏場のサイクリング時に、ヘルメット内の汗止めインナーとしても着用できるクールメッシュキャップです。クールメッシュの通気性と、素早く汗を発散させる速乾性で、真夏でも快適に保ちます。口コミでは、クールメッシュの涼しさが好評です。

生地は非常に薄い為、涼しく被れます。

モンベル ジオラインのお手入れ方法

bbt0627さんの投稿
12328432 1082929691728454 742513945 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ジオラインはアンダーウェアですので、着用の都度、選択することになりますが、いくつか注意点が有ります。

柔軟剤は使用しない

ジオラインに柔軟剤の成分が付着すると、吸湿速乾性を損ないます。ですので、柔軟剤は使用せずに選択しましょう。もし、柔軟剤を使用してしまったら、再度、洗濯し、十分すすぐようにしましょう。

塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

塩素系及び酸素系漂白剤を使用すると、生地を傷めることがありますので、使用は厳禁です。

洗濯後は、日陰のつり干しで充分に乾かす

洗濯後は、日陰でつり干しをして、十分に乾かしてください。乾かすことで、ジオライン本来の性能が復活します。

まとめ

h0shin0さんの投稿
33346206 1744713285616184 8358400979611156480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

モンベルの高機能素材ジオラインを徹底調査してみましたが、いかがでしたか? 特に速乾性に優れ、その効果に驚きの口コミがたくさん寄せられていたことがわかって頂けたと思います。アンダーウェアは登山装備の基本であり、選び方ひとつで快適性が断然変わります。ジオラインは、あなたのアウトドアライフを、一段と快適なものにするアンダーウェアです。せひ、試してみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ