サドルバッグおすすめ30選!きっと欲しくなる機能性抜群の商品をご紹介!のイメージ

サドルバッグおすすめ30選!きっと欲しくなる機能性抜群の商品をご紹介!

荷物の積めないロードバイクに取り付けることで、サイクリングに必要なものを収納できるサドルバッグには用途や収納できる容量に応じて様々なデザインや大きさがあります。中にはおしゃれなデザインのサドルバッグも。そんなサドルバッグのおすすめと選び方を紹介します。

2019年10月28日更新

荒石 誠
荒石 誠
趣味は自転車のロングライドと料理と鉄砲全般。AppleとMac大好きです。どうぞよろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. サドルバッグは小さいものから大きなものまで
  2. なぜサドルバッグなのか?
  3. サドルバッグの選び方
  4. 個性的なおしゃれアイテムとしてのサドルバッグ
  5. おすすめサドルバッグのご紹介
  6. ロードバイク用定番サドルバッグ
  7. まずは定番トピークのサドルバッグ
  8. RIXEN&KAULの小型サドルバッグ
  9. おしゃれなサドルバッグ
  10. おしゃれなブルックスのサドルバッグ
  11. 安心の国産、老舗オーストリッチのサドルバッグ
  12. なにがなんでもサドルバッグは防水がいい!
  13. オルトリーブのサドルバッグは防水がすごい!
  14. とにかく大容量のサドルバッグが欲しい!
  15. 大きなサドルバッグにはバッグサポーターが必要なことも
  16. サドルバッグおすすめ・まとめ

サドルバッグは小さいものから大きなものまで

自転車の中でも特にロードバイクは荷物を積めません。もともとレース用の自転車ですから当然といえば当然ですが、実際にロードバイクで出かけるには、最低限必要になるパンク修理のための道具などを持つ必要があります。小さなものは写真のようなものから、大きなものは着替えなどもいれて泊りがけの自転車旅行ができる大容量のものまで、撥水や防水の機能など多くの種類があります。たくさんのサドルバッグから、用途に応じた選び方を紹介します。

なぜサドルバッグなのか?

haruo_iさんの投稿
19624732 1903873213187356 4502726155576541184 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

画像のサドルバッグ、とてもおしゃれなデザインですね。 さて、荷物を運ぶならリュックサックでも運べます。わざわざ自転車にサドルバッグを取り付けなくてもいいんじゃない? そう思う人もいるかもしれません。もちろんそれでも一向に構わないのですが、実際にリュックサックを背負って少し長い距離を走ってみるとわかるのですが、リュックを背負っているのといないのとでは疲労の度合いがかなり違うのです。それに夏場は背中が汗でベタベタになってとても不快なのですよね。

サドルバッグの選び方

サドルバッグには画像のように小さなものから、17リットルも入るような大きなものまであります。それぞれの自転車の乗り方や使い方に合わせたものを選ぶのですが、あまり遠出はしない人ならパンク修理キットとアーレンキーなどの工具類、それにスペアのチューブくらいが入るミニマムな大きさのものとか、かなり遠出をする人で、途中の雨もへっちゃらという人なら雨具なども入るくらい大きくて、防水性の高いサドルバッグを選ぶといった具合です。順を追ってサドルバッグの選び方を解説しましょう。

個性的なおしゃれアイテムとしてのサドルバッグ

kazu_rnさんの投稿
19624519 452321625125728 7823954860117590016 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

自分のロードバイクを個性的にドレスアップしたいっていう方もいると思います。画像のバッグは白いので汚れが目立ちそうですが、それだけに取り付ける人は少ないでしょうから目立ちます。荷物を運ぶだけでなく、おしゃれアイテムとしてかわいいデザインの人気のサドルバッグもあります。とくに女性ならハンドタオルやポーチなども収納できて、しかも取り出しやすいので便利ですよ。

おすすめサドルバッグのご紹介

s8000069さんの投稿
19984457 1124901897653545 3353572380965339136 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

サドルバッグの用途別にタイプを分けて、おすすめや選び方も含めて順番にご紹介していきましょう。

ロードバイク用定番サドルバッグ

ma.takeuchiさんの投稿
21689991 132281774062162 3726741915853389824 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

ロードバイクはとにかく軽量! サドルバッグもできるだけ小さいもので空気抵抗も少ない方がいい! そういうニーズは多いようで、サドルの後ろにちょこんと付ける小型軽量なサドルバッグが人気です。小さいので菅、必要最小限のパンク修理キットとアーレンキーなどの工具類、それにスペアのチューブくらいが入るようになっています。小さくてもいくつかのサイズがありますので、持ち物の選び方でもサイズが変わってくるでしょう。

まずは定番トピークのサドルバッグ

自転車ショップや装着して使用しているのをよく見かける人気のトピークの製品からいくつかご紹介します。選び方として、サイズはほとんどのモデルで大中小揃っています。防水性に関してはナイロン素材が基本的に撥水、雨の中も走る人ならがっちり防水のバッグを選びましょう。

TOPEAK(トピーク) Aero Wedge Pack (Strap Mount) Lサイズ ブラック
Amazonで詳細を見る詳細はこちら

スポーツサイクルのお店などでも一番見かけるトピークのサドルバッグです。サイズはS,M,Lと大きさで3種類あります。中に入れる量によって、中間のファスナーで大きさを変えられます。私も持っていますし、使用している人も多く見かける人気のタイプです。サイズはL230×W130×H140mmで容量は1.48~1.97リットル。

TOPEAK Wedge DryBag (Strap Mount) S size (サドルバッグ) トピーク ウェッジドライバッグ (ストラップマウント) Sサイズ 防水仕様 (コード番号:BAG27100) Sサイズ(BAG27100)
Amazonで詳細を見る

こちらは同じくトピークのWedge DryBag。こちらも大中小とサイズは3種類あります。このサドルバッグは先に紹介したサドルバッグより少しだけ重くなりますが、防水タイプなのでクロスバイクなど通勤などにも使うにはおすすめです。サイズはL150×W90×H90mmで容量0.6リットル。

TOPEAK MondoPack QuickClick トピーク モンドパック クイッククリック BAG25000
Amazonで詳細を見る

こちらは縦長タイプ。後ろにはみ出させたくない場合などはこちらがいいかもしれません。取り外しはF25フィクサー「クイッククリック」着脱システムで脱着が簡単。サイドポケットもついていて工具やワイヤーロックなどを仕分けして収納するような使い方もできますね。サイズはL240xW110xH120mmで容量1.2リットル。

TOPEAK(トピーク) Wedge Pack II Sサイズ ブラック
Amazonで詳細を見る

こちらは形が割とかっちりしているタイプです。取り外しはF25フィクサー「クイッククリック」着脱システムで脱着が簡単。防水のためのレインカバーが付属しています。サイズはL165×W105×H118mmで容量は0.8リットル。

TOPEAK SideKick Wedge Pack S Size (コード番号:BAG24600) トピーク サイドキック ウェッジ パック S サイズ
Amazonで詳細を見る

こちらはサイドが開くタイプのサドルバッグです。クロスバイクなどで後ろにキャリアや別のバッグを取り付けている場合は取り出しが楽ですね。こちらも大中小のサイズがあります。やはり取り外しはF25フィクサー「クイッククリック」着脱システムで脱着が簡単です。サイズはL140×W110×H95mmで容量は0.5リットル。

BAG29600 TOPEAK ウェザープルーフ ダイナウェッジ
Amazonで詳細を見る

こちらは小型軽量で防水仕様のサドルバッグです。これぞミニマムという小ささで、重さも45グラムしかありません。とにかく小さくて軽量!という方にはおすすめのサドルバッグです。サイズはL140×W50×H105mmで容量は0.35リットル。

chinkuiさんの投稿
10919200 593647890788583 885335853 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

サイズの選び方として、やはり持ち運びたいものを実際に集めてみて、どのくらいのサイズが必要なのかを検討してから購入しましょう。

RIXEN&KAULの小型サドルバッグ

RIXEN&KAULはドイツのメーカーで、アダプターを介してワンタッチで脱着できるのが特徴で、ロードバイクやその他自転車用バッグでは定番です。その中でもまずはロードバイクにおすすめの小さめのモデルをご紹介します。

RIXEN KAUL (リクセンカウル) AS831 マイクロ30 サドルバッグ
Amazonで詳細を見る

ワンタッチで脱着が可能なKLICKfixアダプターシステム付き。防水をうたっていませんので撥水でしょう。硬派なロードバイク乗りのためのようなミニマムなサイズで、容量なんと0.2リットル。個人的には小さすぎないか心配です。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) マイクロSL AS817
Amazonで詳細を見る

ワンタッチで脱着が可能なKLICKfixアダプターシステム。防水をうたっていませんのでやはり撥水でしょう。ちょっと自転車を離れる時には簡単に外せるので盗難防止にもなりますね。サイズは(約) : 長さ200×幅70×高さ100mm 容量は1.2リットル。

RIXEN KAUL (リクセンカウル) マイクロ200 アタッチメント付きサドルバッグ ブラック AS818
Amazonで詳細を見る

こちらはロードバイク用としてはやや大容量タイプのサドルバッグです。下方をファスナーで広げて、容量は1.5〜2リットルとなっています。こちらもワンタッチで脱着できるアダプター付きです。こちらも撥水ですね。実際このくらいのサイズだと使い勝手がいいと個人的には思います。

おしゃれなサドルバッグ

サドルバッグの中にはおしゃれなデザインやカラーの製品もあります。選び方として、ロードバイクやウェアの色とコーディネートしたり、クラシカルな雰囲気のロードバイクに革製のバッグを合わせたり、防水機能や収納力だけではない選び方もあります。そんなおしゃれなサドルバッグをいくつか紹介します。

LTG(ロータス・テクノロジーギア) GINAサドルバッグ-GN01-M ピンク/ホワイト
Amazonで詳細を見る
LTG(ロータス・テクノロジーギア) GINAサドルバッグ-GN01-M ブラック/グリーン
Amazonで詳細を見る

白やピンクのカラーバリエーションがおすすめのおしゃれなサドルバッグです。ウェアやロードバイクのカラーとコーディネートが楽しめます。サイズは190×90×60mmで0.7リットル。素材はポリウレタンなので防水と考えていいと思います。

BAG25800 GIZA PRODUCTS SD1 サドルバッグ
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

装着イメージ

おしゃれな丸いサドルバッグです。素材は合成皮革とナイロン製。サイズはφ150×50mmで容量は0.7リットル。ただし防水仕様ではないので、色移りなどに注意とのことです。雨の時は後ろのタイヤが水を跳ね上げて、サドルバッグが水を受けることになりますから、使用には注意が必要ですね。

GIZA PRODUCTS(ギザ プロダクツ) SD2 サドル バッグ 0.7~1L BAG25900
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

装着イメージ

こちらは横にして取り付けるタイプで、ファスナーを開くことで容量を0.7〜1リットルまで拡大して収納量を増やせます。ストラップと金具がおしゃれですね。

147DESIGN(147デザイン) サドルバッグ 50cu.in PINK BLOOM SBA-P-50
Amazonで詳細を見る
147デザイン サドルバッグ ハードケースタイプ ネオンストリート 147-15SB01201-S Sサイズ
Amazonで詳細を見る

上の二つは147デザインの製品です。こちらはデザインで勝負ですね。上下それぞれにいろいろカラフルなデザインが発売されています。どちらも防水仕様とのことです。容量は上が0.8と下のタイプが0.8リットル。コーディネートが難しいかもしれませんが、そこは使う人の選び方次第でおしゃれに使いこなしてください。

ラグサイクル(Lug Cycle) 自転車 用 サドル バッグ ( ツール バック )/ ランドナー 等 本革 (サドル ブラウン ベルトタイプ) bike9228
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

装着イメージ

こちらはトラッドな雰囲気で人気の本革のサドルバッグです。このタイプはツールバッグとも呼ばれます。サイズは200mm×95mm×60mmで容量は0.5リットルなので、収納は工具入れと割り切った使い方になるでしょう。ブルックスなどの皮のサドルに合わせたり、クラシカルなクロモリフレームの自転車などに似合いそうです。

【lug cycle】自転車 用 サドル バッグ ( ツール バック )/ ランドナー 等 合成 革 M サイズ ( 02 ブラウン )
Amazonで詳細を見る

同じメーカーから合成皮革のサドルバッグも発売されています。こちらは濡れてもへっちゃらなので普段使いにおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp

色違いのブラック

実際の収納はこんな感じです。

おしゃれなブルックスのサドルバッグ

本革のサドルで有名な人気のブルックスのサドルバッグです。ブルックスのサドルに合わせれば一番似合いますが、そんなことにはこだわらずに気に入ったサドルバッグを使いたいですね。ちょっとお値段は高めですが、しっかりした造りで満足感も高く、おしゃれで人気のサドルバッグです。

BROOKS(ブルックス) CHALLENGE サドル ツール バッグ (Honey)
Amazonで詳細を見る

本革製。こちらはサイズがW171mm × D45mm x H78mmと小さめで、ツールバッグですね。使い込むほどに風合いがよくなります。

BROOKS(ブルックス) あらゆるサドルに取付可能なバッグ ISLE OF WIGHT SADDLE BAG Mサイズ GREEN FLECK 【日本正規品/2年間保証】
Amazonで詳細を見る

こちらは防水コットンのダブルファスナー仕様。サイズも3種類あり、ブルックスの中では価格もリーズナブルでおすすめの人気サドルバッグです。

BROOKS(ブルックス) ユニークなスライド式レザー製サドルバッグ BROOKS D-SHAPED HONEY 【日本正規品/2年間保証】
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

このサドルバッグはとてもユニークです。内部をスライドして中身を取り出すようになっています。大きさはやはりツールバッグですが、とても作りも良くおしゃれです。カラーはこのハニーブラウンの他にグリーンやブラックなどもあります。

Brooks (ブルックス) Glenbrook Saddle Bag グレンブルック サドルバッグ (Dove / Honey) [並行輸入品]
Amazonで詳細を見る

こちらは大容量の本格的なツーリング用サドルバッグです。防水仕様でサイズは38x1x18cmで容量10リットルでかなりの収納力。1950年代のモデルの復刻版だそうです。のちに紹介しますが、イギリスにはキャラダイスというサドルバッグのメーカーもあって、そちらも良いサドルバッグを作っています。

安心の国産、老舗オーストリッチのサドルバッグ

OSTRICH(オーストリッチ) サドルバッグ SP-505 レッド
Amazonで詳細を見る

国産でおすすめのオーストリッチの小ぶりなサドルバッグです。画像の赤の他に黒と青があります。オーストリッチは昔からの老舗で人気もありおすすめのメーカーです。サイズは幅90×高さ95×奥行150mmで容量は0.8リットル。もう少し大きなサイズもあります。

OSTRICH(オーストリッチ) 帆布サドルバッグ SP-731 ピンク
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

装着イメージ

なかなかおしゃれですね。大容量なので収納も楽々。出先でちょっとしたお買い物もできておすすめです。

国産で頑張っているオーストリッチのサドルバッグです。ピンクの他にもブルーと生成りのホワイトがあります。帆布なので防水ではなく、ある程度は撥水しますが、撥水スプレーなどで処理すると安心です。これまでに紹介したサドルバッグに比べて大容量で、サイズは高さ160×幅220×奥行220mmで重量は490gと重めですが、6.8リットルの大容量で余裕の収納力です。

OSTRICH(オーストリッチ) 帆布サドルバッグ SP-731 生成 YD-2255

こちらは生成りのホワイトカラー。大容量で収納たっぷり。見た目もおしゃれでおすすめです。

Amazonで詳細を見る

なにがなんでもサドルバッグは防水がいい!

やはり出先で雨に降られてしまうのは仕方のないことです。工具やパンク修理のセットなら少しくらい濡れてもあまり困らないかもしれませんが、収納した着替えやお土産などが濡れると困りますよね。そうなるとやはり撥水くらいでは心細いので、完全防水のサドルバッグが欲しくなります。防水バッグの選び方なんですが、ここで決定版をご紹介します。

オルトリーブのサドルバッグは防水がすごい!

これまでに上げてきたサドルバッグにもいくつか撥水や防水のものはありましたが、圧倒的な防水性能で人気のオルトリーブというサドルバッグがあります。オルトリーブ社はドイツのメーカーで、徹底的に防水性能を極めています。通常布製品は縫製で造られますが、なんとオルトリーブの製品は布を溶接して造っているので、比類のない防水性能を持っています。

動画を見ると、これならどれだけ雨が降っても中身は濡れないだろうことが想像できますね。なんでも創業者のオルトリーブさんが、昔サイクリングで大雨に降られて衣服などがずぶ濡れになってから考えて造ったそうです。よっぽど頭にきたんでしょうか?

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ M ブラック 1.3L サドルバッグ F96LM
Amazonで詳細を見る

人気のオルトリーブのサドルバッグは多くの種類がありますが、これは比較的小さいモデルです。容量は1.3リットル。あまり大きなサドルバッグをつけたくないけれど、濡らしたくない人にはおすすめのサドルバッグです。

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L スレート
Amazonで詳細を見る

こちらはサイズが大きい2.7リットルのタイプです。防水で選ぶのであれば、オルトリーブのバッグは比較的値段もリーズナブルなので複数サイズを使い分けるのもおすすめです。

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグシリーズ用マウンティングセット(E97)
Amazonで詳細を見る

上記のサドルバッグの取り付けにはマウンティングセットが必要になります。これを取り付けるとワンタッチで脱着できます。

ORTLIEB(オルトリーブ) シートパック F9901 スレート F9901 スレート ORTLIEB SEAT-PACK [並行輸入品]
Amazonで詳細を見る

これぞ完全防水大容量の決定版で、実際雨をモノともしないロングライドのサイクリストには人気のモデルです。大容量も大容量の収納最大16.5リットルです。自転車で決まった時間内に長距離を走るブルベというイベントがあるのですが、イベントに参加するサイクリストには絶大な人気があります。

とにかく大容量のサドルバッグが欲しい!

ここでは私も愛用している、イギリスのバッグメーカーのキャラダイスのサドルバッグを紹介します。実はイギリスはかなり昔から自転車旅行用のバッグが作られていて、ツーリングも基本的にサドルバッグを利用するスタイルです。ですから小さなものから大容量のものまで揃っています。そのうちのいくつかを紹介します。

出典: https://www.carradice.co.uk

キャラダイスのサドルバッグ

バッグを支えるバッグサポーターが見える。

Carradice(キャラダイス) ジップサドルロール GR
Amazonで詳細を見る

これは容量2リットルと大容量とは言えないのですが、せっかくなのでキャダイスのバッグの一つとして紹介します。コットン素材ですが、非常に丈夫で撥水性防水性が高い作りになっています。

Carradice(キャラダイス) バーレイ BK サドルバッグ
Amazonで詳細を見る

こちらはだいぶ大きいサイズでH15×D15×W28cmで容量は9リットル。カラーは黒とグリーンがあります。表面が撥水なのはもちろん、防水のバッグです。

Carradice(キャラダイス) ネルソン GR サドルバッグ
Amazonで詳細を見る

こちらは大容量15リットルと大きくなりました。こちらも撥水はもちろん、メーカーは防水をうたっています。サイズはH21×D20×W35cm

Carradice(キャラダイス) ネルソン ロング GR サドルバッグ
Amazonで詳細を見る

私はこのサドルバッグの黒を使っています。こちらのバッグはフラップが長くなっていて、必要ならフラップを広げることで、なんと18リットルまで収納できます。実際に雨に降られても中まで水が滲み透るようなことはありません。ロードバイクに着けるのは抵抗がある人もいるかもしれませんが、かなりの荷物を積めるので、長距離を走る人にはおすすめです。

大きなサドルバッグにはバッグサポーターが必要なことも

キャラダイスのサドルバッグに限らず、オーストリッチの大きなものなどはサドルに取り付けるとタイヤに当たってしまったり、ペダルを漕ぐとモモにバッグが当たる場合があります。その場合にはバッグをサポートする部品を取り付けましょう。

VIVA (ビバ) バックサポーター CP
Amazonで詳細を見る
Carradice(キャラダイス) クラシックサドルラック
Amazonで詳細を見る
Carradice(キャラダイス) バッグマンQRエクスペンド

私はこれとキャラダイスのネルソン・ロングを組み合わせて使っています。

Amazonで詳細を見る

私の愛車

バッグサポーターを取り付けないとバッグがタイヤに当たってしまいます。ロードバイクに大きなサドルバッグですが、長い距離を走るので重宝です。

サドルバッグおすすめ・まとめ

サドルバッグといっても、小さなものから大きなものまでたくさんの種類があることがおわかりいただけたと思います。その中でも撥水と防水の違いや革製で昔風のもの、ポップでおしゃれなデザインのものもありますし、本気の自転車旅行で使うようなヘビーなものまで紹介してみました。紹介したサドルバッグはできるだけ知られているメーカーのものを主に紹介しましたが、紹介しきれないほどたくさんのバッグがありますので、この記事を参考に気にいるバッグを楽しんで選んでください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ