テンヤ釣りの基礎ガイド!釣り方と仕掛けで抑えておきたい11のポイントのイメージ

テンヤ釣りの基礎ガイド!釣り方と仕掛けで抑えておきたい11のポイント

一つテンヤの釣り方、タックルや仕掛けをまとめてご紹介!餌のつけ方や糸の結び方、フォールアクションの動作は動画付きで紹介しています。一つテンヤ初挑戦の方がチェックしておきたいポイントを紹介しているので、これから釣りに挑戦される方は是非チェックしましょう!

2018年06月02日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 一つテンヤの釣りに挑戦!
  2. 一つテンヤとは
  3. 季節で異なる一つテンヤの釣り
  4. 1.一つテンヤタックル:ロッドを用意しよう!
  5. 2.一つテンヤタックル:リールを用意しよう!
  6. 3.一つテンヤタックル:ラインを用意しよう!
  7. 4.一つテンヤ向けの結び方をマスターしておこう!
  8. 5.仕掛けは遊動式テンヤが人気上昇中!
  9. 6.綺麗な餌付けが一つテンヤのポイント!
  10. 7.一つテンヤの着底を確認しよう!
  11. 8.一つテンヤを操作するタナのイメージ
  12. 9.一つテンヤはフォールで誘う!
  13. 10.アタリを感じたら鋭くアワせよう!
  14. 11.一つテンヤのやりとりを楽しもう!
  15. 一つテンヤで釣りを楽しもう!

一つテンヤの釣りに挑戦!

タックルと仕掛け、釣り方のコツをチェックしよう!

人気のマダイゲーム、一つテンヤのポイントをご紹介!実践前にチェックしておくことで、スムーズに釣りが進められるポイントを紹介しています。 タックルと仕掛けや釣り方の基本をチェックして一つテンヤに挑戦してみましょう!

nasuboat_ushimadoさんの投稿
21224225 1806916526000099 8288794720977551360 n

一つテンヤとは

マダイを狙うゲーム性の高い釣り

一つテンヤとはオモリの付いたハリのみのシンプルな仕掛けでマダイを狙う船釣りです。コマセの使えないエリアでマダイを釣るために伝統的な釣りを進化させて登場、大型への効果や独特の面白さで登場後すぐに人気の釣りになりました。 電動リールを使う釣りとは異なり、細糸、弱いタックルで引きの強いマダイと勝負するゲーム性の高さが特徴です。

fumio_yさんの投稿
21147982 1931885297027825 4904269249444315136 n

季節で異なる一つテンヤの釣り

マダイのポジションに合わせた釣りを楽しもう!

マダイは春と秋に最盛期を迎え冬になると深いエリアへ移動します。餌を求めて大きく移動する習性を持っているので時期や釣り場の状況によって狙う水深も大きく変化。 テンヤ仕掛けは重さの調整が釣り方の大きなポイントになるので、暖かい時期と寒い時期どちらをメインにするか決めてから道具を選びましょう。

chojintanakaさんの投稿
20633438 1731846157115305 5934551897103925248 n

1.一つテンヤタックル:ロッドを用意しよう!

ロッドのポイントを3つに分けてご紹介!

一つテンヤタックル、ロッドについてです。繊細な穂先とマダイに負けない強い胴を持つ専用ロッドで、一つテンヤのタックルを準備しましょう!

orange2403さんの投稿
20067077 322298021546546 4918643744774815744 n

1/3.専用ロッドは独特の調子

一つテンヤ専用ロッドは、大きく曲がる繊細な穂先と強めにセッティングされた胴部分を持つ独特な調子のロッドです。12号まで使えるロッドは暖かい時期向け、それ以上は冬向けのロッドになります。 重くするほどテンヤよりもタイラバの方が有利になっていくので、両方楽しむ方は使い分けを考えてもいいかもしれません。

marlboromankensさんの投稿
18012117 168024057055968 3721474838544515072 n

2/3.流用よりも安価な専用ロッド!

一つテンヤロッドとして流用出来る釣り竿は、ティップランロッドやメバルロッドなど。繊細な穂先を持つロッドを使う事が最優先です。 シーバスロッドやエギングロッドも使う事が出来ますが、操作面、感度の面で大きく差が出るので安価でも専用ロッドを用意する方が釣りを楽しめます。

noa_takahashiさんの投稿
20225998 107962996536829 8833635116593971200 n

3/3.専用ロッドは穂先の取り扱いに注意

一つテンヤ専用ロッド最大の特徴である細い穂先は、綺麗に曲げる力には強く設計されています。マダイとのファイトはバッチリ楽しめますが、移動時やトラブル時は破損に注意。 横から叩くような力や糸絡みによるネジレで、簡単に破損します。持ち運び用のティップガードも販売されているので、合わせて検討してみましょう。

tatsumizaitsuさんの投稿
11325138 476369232526969 630782017 n

2.一つテンヤタックル:リールを用意しよう!

リールのポイントを3つに分けてご紹介!

一つテンヤタックル、リールについてです。ドラグ性能が釣果を大きく左右する一つテンヤの釣りはリールの性能が大きなポイント! ミドルクラス以上のモデルを用意して、大鯛とファイト出来るタックルを用意しておきましょう!

ayaka.fishingさんの投稿
23507343 131112887551091 2448159662554480640 n

1/3.リールの性能でキャッチ率が激変!

一つテンヤは魚の大きさ、パワーに対してかなり細いラインを使用します。ドラグを出しながらの釣りになるので、スムーズなドラグを持つリールがおすすめ。 これからタックルを揃える方は、リールを重視して予算配分を行いましょう。3000番前後であれば、他の釣りで使っているスピニングリールを流用してもOKです!

hardcoregod0802さんの投稿
22801941 140587439914056 2646785909831237632 n

2/3.リールのドラグは必ず調整!

細糸で強く走るマダイとやりとりするので、ドラグの調整が釣り方のポイントになります。800gから1kgを目安に設定を行いましょう。 ペットボトルに1Lの水を入れて吊り上げ、1kg前後に調整する方法がポピュラーです。

3/3.ミドルクラス以上のリールを選ぼう!

ドラグの性能はリールのグレードで大きく変化します。 ドラグの滑り出し、負荷に対して正確に動くスムーズな滑りはミドルクラス以上になるので、20,000円程度を目安にリールを選んでみましょう。

masuhei.jpさんの投稿
22344797 1126242847509273 6842311617573552128 n

3.一つテンヤタックル:ラインを用意しよう!

ラインのポイントを3つに分けてご紹介!

メインラインはPE0.8号200m以上、リーダーにフロロ2.5号を5mが標準的なセッティングです。高価な製品が多いテンヤ向けのPEラインですが、マダイと釣り人を繋げる大切なタックルの一部なので品質の高いものを選びましょう! 10mごとに色分けされている製品がおすすめです!

sugizou_gieさんの投稿
22709468 483297895397258 2812920600664735744 n

1/3.PEラインとは

PEラインとは岸釣りでもスタンダードになっている新しい素材の釣り糸です。太さに対する強度に優れ、伸びにくい事が特徴。 一つテンヤは糸の細さを使って軽い仕掛けを沈める釣り方なのでPE以外のメインラインは選択肢に入りません。擦れに弱い事も特徴なので、擦れに強い先糸との結び方をマスターしておきましょう!

kaz_348さんの投稿
19051573 383383542057520 523363454602444800 n

2/3.細糸を使うのが釣り方のポイント

30m、50mとラインを放出するので、細くても潮の流れを受けて仕掛けは真っ直ぐ沈みません。軽い仕掛けをゆっくりフォールさせる事でマダイを誘う釣り方なので、細い糸を使うのが一つテンヤのポイントです。 0.8号を基準にラインを選択しましょう。 ポイントが浅い場合や重めの仕掛けを使う場合は太さの影響が少なくなります。

genkitodeさんの投稿
17493564 441996766139602 3765574927084683264 n

3/3.リーダーはフロロカーボンを使用

リーダーとは、PEラインの先端に結ぶ先糸の事です。海底の岩や魚の歯、船べりにPEラインが擦れないよう5m程度結んでおきましょう。 擦れに強いフロロカーボン、2.5号前後を使用します。

tairubberさんの投稿
16789095 621195968077187 1907772924685713408 n

4.一つテンヤ向けの結び方をマスターしておこう!

2つの結び方と接続方法をご紹介!

PEラインとリーダーの結び方、リーダーと仕掛けの結び方を計3つに分けてご紹介! 細い糸でマダイを釣る釣りなので正しい結びをマスターしてトラブルの無い釣りを楽しみましょう。

shinya4146さんの投稿
17268198 241337529608136 886979509050408960 n

1/3.PEラインとリーダーの結び方

大型の魚が掛かる釣りなので強度の高い摩擦系のノットで糸同士を接続する方法がおすすめ。結び目が小さく仕上がるFGノットに挑戦してみましょう。 手順は複雑に感じるかもしれませんが、編み込みパートとハーフヒッチパートに分けて練習すればすぐに習得できます。 リンクの記事でポイントを詳しく紹介しているので、初挑戦の方は是非チェックしてみましょう!

Thumb簡単FGノットの結び方!すっぽ抜けない強度の高い結び方とは?

2/3.リーダーと一つテンヤの結び方

リーダーと仕掛けの接続にはチチワ結びがおすすめ。固定式、遊動式どちらもこの結び方でOKです。 強度が高く取り外しも簡単。 他の釣りでも使える結び方なので、是非習得してみましょう!

3/3.チチワ結びとサルカンの接続

チチワ結びとアイの接続方法です。ループの先端をアイの中に通し、通した側のループに仕掛けを入れて引っぱれば完成!取り外しの手順も簡単です。

5.仕掛けは遊動式テンヤが人気上昇中!

一つテンヤ仕掛けのポイントを3つに分けてご紹介!

使用する仕掛けはテンヤと呼ばれるオモリ付きのハリのみなので、構成は非常にシンプルです。使い分けがポイントになるので、複数のテンヤを用意して釣りの準備を整えましょう!

k_n0buさんの投稿
20065236 496933353977626 1018354406787121152 n

1/3.人気の遊動式仕掛けに挑戦してみよう!

タイラバでも定番になっているヘッドとフックが離れる遊動式仕掛け。テンヤも遊動式のタイプが流行中です。 アピールがナチュラルで食い込みがよく、小さな餌にも対応出来る事がメリットです。 ハリの交換も簡単になるので、これから始める方は是非遊動式のテンヤで挑戦してみましょう!

2/3.仕掛けのカラーローテーションを楽しもう!

テンヤはカラーパターンが複数ラインナップされています。オモリの色もマダイを誘うための要素になるので、複数のカラーローテーションを試してみましょう! 定番の赤金と濁り、ローライト時に活躍するグロー系からローテーションに挑戦してみることおすすめします。

cyoinage43さんの投稿
22220677 289659464855572 3791977778975342592 n

3/3.仕掛けの重さが釣り方のポイント!

重さの異なるテンヤを状況に合わせて使い分ける事も、大切なポイントです。 予約時にベースとなる重さを確認したら、前後2号ずつ用意しましょう。 2号飛ばしで3号から10号まで揃える方法もおすすめです。 仕掛けを入れて潮の速さを確認、底が簡単に取れるようであれば軽く、底が取れなければ重くするのが基本になります。

k_n0buさんの投稿
19533776 268413356900483 8971232812057231360 n

6.綺麗な餌付けが一つテンヤのポイント!

餌のポイントを3つに分けてご紹介!

一つテンヤの餌はサルエビと呼ばれる冷凍のエビです。出来るだけ長くハリに留まるよう、綺麗にセットしてテンヤの釣りを楽しみましょう!

k_n0buさんの投稿
20766505 1498745056859216 157371643289665536 n

1/3.餌のしっぽはハサミでカットしよう!

餌を付けるときはしっぽをカットします。手でちぎると身が崩れて綺麗にセットできなくなるので、ハサミを使って餌の準備を進めましょう。

kaisencuisineさんの投稿
13413253 258545604516761 351833726 n

2/3.餌に頭が付いているとアピールアップ!

テンヤはハリが2つ付いている仕掛けなので1つを尾側から、1つは胴体と頭の固定に使う方法がおすすめです。 どのエビ餌も頭から食われる傾向があるので、頭を残しておく事がアピール、誘い両面で有効になります。

beau_jade_tamさんの投稿
12822457 1020371128037625 1337752211 n

3/3.餌のつけ方を動画でチェック!

遊動式テンヤの餌付けを紹介している動画です。小さいハリを頭側、大きいハリを尾側にセットしましょう。 丸くなっているとフォール時に仕掛けが回転してしまうので、大きなハリで真っ直ぐになるよう調整を行うのがポイントです。

7.一つテンヤの着底を確認しよう!

釣り方のコツを3つに分けてご紹介!

底付近のタナを中心に探るテンヤの釣り方は、着底の確認が重要! 仕掛けが底に着いた瞬間が分からないと、糸が流されて仕掛けの位置が分からなくなってしまいます。 着底確認の方法をチェックして、仕掛けを操作しましょう!

norizo.a634さんの投稿
19428766 242886319541543 5945134039391272960 n

1/3.仕掛けの着底のとは

着底のとは仕掛けが底に到達したタイミングを表す言葉です。 重いオモリを使う釣りであれば、感覚がラインやロッドを通して手元まで伝わりますが、軽量な仕掛けを使う一つテンヤは感覚が伝わってきません。 着底の確認が出来ないと潮に乗ってラインが流れ、操作を行っても仕掛けは底につきっぱなしの状態になるので、釣果はダウンします。

naoko.fujiokaさんの投稿
18160354 287862208333379 4551969931310137344 n

2/3.仕掛け着底の確認方法

手元に感覚の伝わらない仕掛けを使って、着底を確認する方法を紹介している動画です。 ラインの動きを見て動きが止まるタイミングを探します。 動画は流れの緩い湾内で撮影されていますが、流れが強く深い船の釣りでこの方法を行うと停止後、再度ラインは動き出すので停止直後から操作を始めましょう。 仕掛けは潮に乗って斜めに落ちる事、船は常に動き続けている事から、着底には水深プラス流れ分のラインが必要になります。

3/3.底を取れる重さの仕掛けを使おう!

潮の流れは日によって大きく変化します。 緩い日は簡単ですが、風がある日や潮が走っているケースで軽いテンヤを操作するのは非常に難しいです。 ゆっくりフォールさせたい釣りですが、着底が確認出来るまでテンヤを重くする事も大きなポイントになります。

yutaponchanigaさんの投稿
17932082 794272697404666 5860363664279732224 n

8.一つテンヤを操作するタナのイメージ

釣り方のコツを3つに分けてご紹介!

実釣に必要になるタナの意味とイメージをご紹介。 船内のアナウンスを聞きながらマダイの居る層で仕掛けを泳がせてみましょう!

y.nakayamaaさんの投稿
15877261 237039313409738 1775249273521176576 n

1/3.タナとは

タナとは魚がいる水深、狙うべき深さを表す言葉です。 水深50mに対して魚の反応が30mから40mだった場合、水深50、タナは30から40というアナウンスになります。

yoshi.ohkawaさんの投稿
17817505 313872722362314 1857234280736882688 n

2/3.一つテンヤのタナは底から

テンヤの釣りはラインがかなり余分に放出される釣りなので、タナは上から数える方法よりも着底後何m巻き上げたかで逆算する方法がおすすめ。 先ほどの例で行くとタナは着底から20mプラス斜めになっている事を考慮しての高さまでです。 着底からのカウントなので60m、80mとラインを放出している場合でも底から20m、30mのタナを探ります。

chojintanakaさんの投稿
14718197 1871734719709505 1304724014127644672 n

3/3.タナの中で仕掛けを上下させよう!

タナの範囲で落として上げる、この動作を繰り返すのが一つテンヤの基本的な釣り方です。 Wの軌道をイメージしながら底と指示ダナを上下させましょう。 船は流れていくので落下地点は常に変化します。徐々に斜めになっていくので、ある程度ラインを放出したら他のお客さんと絡まる前に回収して落としなおしてください。

yusa9さんの投稿
14624787 1879944198902094 6859915013482610688 n

9.一つテンヤはフォールで誘う!

釣り方のコツを3つに分けてご紹介!

フォールアクションでマダイを誘うテンヤの釣り。3つのポイントをチェックしておけば予習はバッチリです! 動画と合わせてチェックしてテンヤ釣りに出かけましょう!

furumaki_fishingさんの投稿
14033560 676792115808761 1035558886 n

1/3.フォールとは

フォールは落下、餌が落ちていく過程で魚にアピールするルアーゲームの言葉です。 重い仕掛けを使わないのはフォールの速度を落とすためで、ゆっくりヒラヒラと落ちていく餌が魚の食性を刺激します。

2/3.フォールアクションの方法

着底を確認したらベールを起こして糸フケを取り、ロッドを上げて仕掛けをリフト。 ゆっくりおろしてフォールアクションでマダイを誘います。5秒から10秒程度かけてゆっくり竿を下ろします。 反応が無ければ再度リフトとフォールを行い、何度か繰り返したら底を取り直すか回収して落としなおすのが基本的な流れになります。

3/3.釣りの最中はフォールとステイに集中!

マダイのアタリが出やすいタイミングは着底直後とフォール中です。 フォールのアタリは手元に感覚が伝わりにくいので違和感があればどんどんアワセを入れましょう! アタリの確認、餌が無い時間を減らすために、初めての方はどんどん仕掛けを回収して餌のチェックをしてみるのがポイントです。

k_n0buさんの投稿
13712284 545754358952196 1581756179 n

10.アタリを感じたら鋭くアワせよう!

アタリを感じたら即アワセでOK!

ハリが口に入っていない状態でのアタリも出るので、積極的にアワセても全てを掛けられる訳ではありません。 ハリが口の中に入っている場合はゴンゴンと強いアタリが出ますが、フォール中はモゾっとした違和感のようなアタリがほとんどです。 アワセを入れるとアタリからは想像出来ないような強い引きで抵抗するので、アタリを感じた時点で心の準備をしておきましょう!

hiromu10さんの投稿
13269381 263579297330152 929913219 n

11.一つテンヤのやりとりを楽しもう!

アタリとアワセ、ファイトが一つテンヤの醍醐味!

小さなアタリと強烈な突っ込みのギャップが一つテンヤの醍醐味です! 糸が細いので引っ張り合いは避けて、走る間はドラグを出して耐えることです。 無理に巻かず時間を掛けてファイトしてみましょう。 走り出しが強烈な魚ですが、ファイトを続ければ少しずつ浮いてきます。

fc65mrさんの投稿
15538707 481393758651113 7123591838992171008 n

一つテンヤで釣りを楽しもう!

タックルと仕掛けを準備して一つテンヤを始めよう!

タックルと仕掛け、流れの予習はバッチリです! 船釣りは釣り場に着くまで海の状況が分からないので、釣り方のベースを意識しながら考えをめぐらせるのがポイント。 分からない事は船長に聞けば教えてもらえるので、工夫をしながら一つテンヤの釣りを楽しみましょう!

suzuki136さんの投稿
13181473 576596062500614 2116360336 n

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ