キャンプで活躍!寝袋・シュラフのおすすめ20選!のイメージ

キャンプで活躍!寝袋・シュラフのおすすめ20選!

キャンプでは寝袋・シュラフがとても重要アイテムです。色々なブランドメーカーよりたくさん出ている中でおすすめなキャンプ用シュラフを選んでご紹介していきます。ブランドメーカーやシュラフの質によっても価格が違ってきます。おすすめシュラフで快適な眠りをゲットして下さい

2018年05月31日更新

HANA0087
HANA0087
キャンプなどのアウトドアが得意分野です。バイクに乗って旅をしている傍らキャンプギヤやアウトドア製品などを皆さんに実践経験と最新情報をお届けしていきます。またバイク用のバッグ・アクセサリー品などのwebショップもやっていますので、商品の魅力や性能などわかりやすくお届けできるようにライティングもおこなっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 1 キャンプで活躍のシュラフ
  2. 2 キャンプでの睡眠はシュラフ選びから
  3. 3 キャンプでシュラフに入る格好
  4. 4 シュラフの裏技アイテム
  5. 5 キャンプ後シュラフのメンテナンス
  6. 6 キャンプでおすすめシュラフ20選!!
  7. 7 キャンプで活躍!コールマン
  8. 7-3 コールマンおすすめシュラフ
  9. 8 キャンプで活躍!スノーピーク
  10. 8-3 スノーピーク おすすめシュラフ
  11. 9 キャンプで活躍!モンベル
  12. 9-3 モンベルおすすめシュラフ
  13. 10 キャンプで活躍!ドッペルギャンガー
  14. 10-3 ドッペルギャンガーおすすめシュラフ
  15. 11 キャンプで活躍!ナンガ
  16. 11-3 ナンガおすすめシュラフ
  17. 12 キャンプで活躍!WILD-1シュラフ
  18. 12-1 WILD-1 おすすめシュラフ
  19. 13 おすすめシュラフが購入出来るショップ
  20. 14 まとめ

1 キャンプで活躍のシュラフ

キャンプでのテント泊でシュラフは重要なアイテムとなってきます。購入後に失敗しないようにシュラフの特徴や選び方を覚えておくことはとても重要なポイントとなってきます。

モンベルシュラフ

モンベルのダウンシュラフ冬キャンプに大活躍です。

1-2 シュラフの役割

シュラフは、夏に適している物もある、また冬用のシュラフもあります。季節にあったシュラフを選ばないと暑すぎて眠れなくなったり逆に寒すぎて寝られなかったという事になります。 それだけシュラフの役割は大切なものになってきますので確認していきましょう。

シュラフ使い分け

モンベルのシュラフは冬用キャンプで、筒形シュラフは夏用キャンプ用で使い分けています。

2 キャンプでの睡眠はシュラフ選びから

先ほども書いたようにキャンプでのシュラフ選びはとても重要となります。どのタイプがどの季節にあったものなのか?またシュラフにはどのようなタイプがあるのか?価格は?ブランドはどのようなものがあるのかを1つ1つご紹介していきます。

シュラフ選び

季節によっても選び方は違うので注意しましょう

2-1 シュラフの素材

シュラフの中綿の素材として化繊で出来ているものとダウンで出来ているものと2種類があります。 それぞれ特徴がありますので確認していきましょう。

2-2 化繊シュラフの特徴

化繊シュラフは価格が安い為、購入しやすいのが特徴です。また商品も多く出ていてグレードによっては保温力に優れている商品も出ているのです。 また、メンテナンスも楽なのが特徴的です。

化繊シュラフ

夏用に使用、汗をかいても洗濯可能なので清潔に保てます。また価格も安く購入しやすい。

2-2-1 化繊の中綿の種類

化繊の中綿にはいくつかの種類があります。特徴もそれぞれ違うのである程度購入する前に覚えておきましょう。

ダイナロフト

中細繊維と超極細繊維の意味で、保湿力に非常に優れています。 7デニールの中ファイバーを支持ファイバーとして大きな空気層を形成させてその隙間を羽毛と同じ大きさのマイクロファイバーを封入する事で最大のデットエアを蓄えています。

出典: http://www.logos.ne.jp

モイスNライト

高密度に練り上げられている為、生地からダウンや超極細繊維が抜け出ることを防ぎます。 また肌触りもしなやかで軽量・コンパクトのシュラフを最大限に引き出すファブリックと言えるでしょう。

出典: http://www.logos.ne.jp

ダイナファンファイバー

人工ダウン開発の過程で生み出された超極細繊維。微細な繊維の集まりが空気層を形成して非常に高い保温力を実現!圧縮時にもコンパクトに収納できます。 また撥水製も優れています。

出典: http://www.logos.ne.jp

ダイナチューブファイバー

繊維を中空にする事で軽量化を実現!さらにらせん状に絡ませる事により保温力もアップされています。

出典: http://www.logos.ne.jp

ダイナコンプレスファイバー

中空ファイバーの保温性と体を支えるソリッドファイバーを併用し、保温性・保持力・収納力をバランスよく兼備された化学繊維になっています。

2-3 化繊シュラフのメリット

① 価格が安く手に入る ② 水に強い ③ 保管やメンテナンスが楽に出来る ④ 通常の洗濯と同じようにシュラフが洗え清潔である

モンベル 化繊シュラフ

水に強く保管やメンテナンスが楽にできます。

2-4 化繊シュラフのデメリット

① 重量がある ② 保温力がダウンと比べるとどうしても低い ③ 収納サイズが大きくなりがち

収納サイズ

左がモンベルのダウンシュラフ右がホームセンターで購入した化繊シュラフ
ダウンに比べてやはり、収納サイズは大きくなります。

2-5 化繊シュラフでキャンプをする

化繊シュラフの最大の魅力は値段が安い事!夏キャンプしか行わない方や、キャンプは年に2~3回温かい時季のみ! ファミリーキャンプや車中泊なので、安いもので十分という方には化繊シュラフはおすすめの素材です。 また、水に強くメンテナンスが楽なのでキャンプから帰ってきてからの手入れ・保管方法の心配もありません。 化繊は保湿力が低いと言われていますが、夏キャンプや暖かい時季のキャンプにはダウンより快適な寝心地ですよ。

夏キャンプ・ファミリーキャンプには

化繊のシュラフが最適です。化繊シュラフのほとんどが筒形になっているため、ファミリーキャンプなどには適しています。ダウンを家族分揃えると値段も高くなってしまいますが、化繊シュラフなら値段は安く済みます。
また連結も出来るため子供さんと一緒に寝るときは最高だと思います。

2-6 ダウンシュラフの特徴

ダウンシュラフの特徴は保温性が高いです。その為最低使用温度が低いという特徴があり細かい羽が高い保温力を生み出し、寒い日でも寒さを和らげてくれます。

2-6-1 ダウンの品質

体が大きく成熟した水鳥から丁寧に採取されています。わずかな量でも驚きの保温力があります。 ダウンの品質はフィルパワーという単位で表され数値が高いほど高品質されています。 一般的には600~700以上のものが良質ダウン、700以上のものを高品質ダウンと呼んでいます。

モンベル ダウンシュラフ

良質ダウンとなっています。

2-6-2 ショルダーウォーマー

ダウンシュラフには「ショルダーウォーマー」というものが付いているものもあります。 「ショルダーウォーマー」とはシュラフで寝ていて寝返りをした時にシュラフ内の温まった空気を首元から外に逃がさないようにしてくれるいわば「ネックウォーマーのシュラフバージョン」といった機能でしょうか。 冬キャンプの場合などはショルダーウォーマーをしっかり閉めて寝ると快適に温かさを実感できます。 メーカーによって作りは様々なので確認してみましょう。

ショルダーウォーマー

温まった空気を外に逃がさない役割をしています。

2-6-3 ダウンシュラフのメリット

① とにかく軽量 ② 収納サイズがコンパクトになる ③ ふかふかで寝心地が最高である ④ 保温性が高く冬キャンプに最適

モンベル ダウンシュラフ

収納サイズがかなりコンパクトになり、持ち運びしやすいです。

2-6-4 ダウンシュラフのデメリット

① 価格が高く気軽に購入出来ない ② 水に弱い ③ 洗うときに専用洗剤が必要となり乾かすにも日にちがかかる ④ 保管状態に注意が必要!湿気に気をつけないとカビが発生する

モンベル ダウンメンテナンス

キャンプ終了後は、必ず干してからしまうようにしてカビを防ぐ!!

2-6-5 ダウンシュラフでキャンプをする

寒さに強いダウンシュラフは冬キャンプや登山キャンプなどを行う方に適しています。また収納時はかなりコンパクトになる為、自転車・バイク・バックパッカーとして旅を行う人や登山時にリュックに詰めて登る片などには便利でおすすめです。

旅人に最適!!

登山キャンプや、バイクで旅をする人・バックパッカーなどにもシュラフのコンパクトさはおすすめです。

3 キャンプでシュラフに入る格好

夏と冬のキャンプの格好は違います。それと同じようにシュラフに入る格好も季節によって違ってきます。

3-1 夏キャンプでは

夏キャンプでは暑いのでTシャツなどの薄着でシュラフに入る方が多いと思われます。しかし夏場でも注意しなくてはならないのが、標高が高い場所でのキャンプ地などで急に予想外に気温が下がる場合があるのです。 薄着でも良いのですが、薄手の長袖Tシャツや薄手の長ズボンなどで対策をおこなってください。

薄手の長袖

朝や夕方は夏でも冷え込みます。薄手の長袖を1枚持ちましょう。

3-2 冬キャンプでは

冬キャンプに限らず寒い時のキャンプでは必ず防寒対策をおこなってください。テント内の気温は外気の温度よりも多少温かいくらいなのでシュラフで温まってもシュラフを出ると、テント内で急激に体が冷やされてしまいます。

防寒対策をしっかりと

風を通さないジャンパーを着て湯たんぽ持参で冬キャンプを楽しみます。

3-2-1 冬キャンプ以外でも・・・

冬キャンプだけではなくG/Wでのキャンプでも、防寒対策をせずに寝ると寒さで夜中に何度も目が覚めたり、眠れないという事があります。 フリースは軽量で通気性がよい物、ダウンは軽量で小さく収納できるものを着て、ズボンの下にはタイツを穿くなど下半身も防寒対策を行い快適な眠りにつきましょう。

昼間は良いのだが・・・

夜になると寒くて眠れない格好です。

4 シュラフの裏技アイテム

シュラフがいくら高性能でもテントの中に直置きでは快適に寝るれない事があります。 シュラフの機能が最高に引き出せるアイテムをご紹介します。

4-1 銀マット

地面からの底冷え対策やインナーテントの底を衝撃から守るなど色々と役に立つ銀マット!価格も高くなく手ごろに購入出来るためシュラフの下に1枚敷いて眠ると快適でしょう。 選ぶときはクッション性や耐久性・保温性・収納性などを考えて購入してみてください。

銀マット

テントの半分位まで敷けてシュラフの下にスッポリとはまります。ボコボコせずに快適に眠れます。

4-2 マット

各ブランドから出ているキャンプ用マット、銀マットよりクッション性に優れています。収納性も色々で小さく折り畳みができるものもあります。ファミリーキャンプなどに最適だと思います。 耐久性と快適性を兼ね揃えたマットです。

キャンプ・登山用マット

各ブランドから色々なタイプのものが出ています。自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

4-3 エアーマット

アウトドアで大活躍のエアーマットコンパクトに収納でき専用の袋に入れて持ち運びも楽に出来ます。広げると自動的に空気を取り入れてくれるものなども沢山でていますので自分のスタイルに合わせて購入すると良いでしょう。

LOGOSエアーマット

アウトドアブランドLOGOSのエアーマット!シュラフの下に敷くと快適な眠りにつけます。

5 キャンプ後シュラフのメンテナンス

シュラフに封入されているダウンや化繊綿に皮脂などが付着すると、空気を蓄えることが出来なくなったり保温性が低下してきてしまいます。ダウンと化繊ではメンテナンスや使用する洗剤・乾燥方法が違いますので覚えておきましょう。またクリーニングに出すのも大丈夫ですが、その際は中綿がダウンなのか化繊なのかをちゃんと伝えてからお願いしましょう。

クリーニング店

自分で洗うのが心配な時はクリーニング店にお願いしてみましょう。

5-1 キャンプ後の化繊シュラフの洗い方

・洗剤は家庭用の中性洗剤を使用します。 ・汚れのひどい部分は洗濯の前に部分洗いをしておくと効果的です。 ・破れや傷がないか確認もしておきましょう、破れた箇所はリペアシートで修復可能です。(モンベル・カスタマーサービスで相談できます。)

化繊シュラフ(モンベル製品)

家庭用の洗濯洗剤で洗えてメンテナンスも楽にできます。

5-1-2 丸洗い手順

1. 浴槽や大きめな桶にぬるま湯をためます。その中に中性洗剤を入れてシュラフのジッパーを閉めたら軽くたたみ空気を抜いてぬるま湯に浸します。 2.足で優しく踏み洗いをします。汚れが浮き出てきたらすすぎに入ります。浴槽の栓を抜くか、桶を傾けて内部の水が自然に抜けるのを待ちます。 3.シュラフを軽く巻き上げて残りの水分を押し出したあと再度きれいな水で水が濁らなくなるまですすぎを繰り返します。

野菜洗いの大きめな入れ物

ホームセンターなどに売っている野菜洗いの大きめな入れ物はシュラフがスッポリ入るので楽に洗濯ができます。

5-1-3 脱水・乾燥方法

4.絞って脱水をすると中綿にダメージを与える為上からタオルで押さえるように脱水してください。ある程度水分が出たら次はバスタオルに挟み込んで水分をすいとります。 5.脱水が出来たら風通しの良い日陰でスノコなどの風通しの良い物で平干しをするか、形を整えて吊るしておきます。完全に乾くまで条件によっては1週間以上かかることもありますので気長におこなってください。 更に詳しく知りたい方はモンベルカスタマーセンターのホームページなどでも確認することができます。

乾燥方法

日陰などで完全に乾くまで干しましょう。

5-2-1 キャンプ後のダウンシュラフの洗い方

・洗剤は「ダウンクリーナー」などの専用洗剤を使用してください。家庭用洗剤はダウンの天然油分を奪い保温性を低下させてしまいます。 ・汚れのひどい部分は洗濯前に部分洗いをおこないましょう。ダウンクリーナーを水に溶かしそれをスポンジやタオルに含ませて拭きとってください。 ・破れや傷がないか確認もしておきましょう、破れた箇所はリペアシートで修復可能です。(モンベル・カスタマーサービスで相談できます。)

洗う前にチェックしましょう

破れや傷がないか、洗う前にチェックしておきましょう。

5-2-2 丸洗いの手順

1. 浴槽や大きめな桶にぬるま湯をためます。その中に中性洗剤を入れてシュラフのジッパーを閉めたら軽くたたみ空気を抜いてぬるま湯に浸します。 2.足で優しく踏み洗いをします。汚れが浮き出てきたらすすぎに入ります。浴槽の栓を抜くか、桶を傾けて内部の水が自然に抜けるのを待ちます。 3.シュラフを軽く巻き上げて残りの水分を押し出したあと再度きれいな水で水が濁らなくなるまですすぎを繰り返します。

ダウン専用洗剤で

ダウンシュラフはダウン専用洗剤で優しく洗うようにしましょう。

5-2-3 脱水・乾燥方法

4.絞って脱水をすると羽毛にダメージを与える為上からタオルで押さえるように脱水してください。ある程度水分が出たら次はバスタオルに挟み込んで水分をすいとります。 5.ジッパーをあけた状態にして低温設定にした乾燥機で乾燥させます自宅に乾燥機の無い場合はお近くのコインランドリーでしてあげてください。その際ウォーターリベレントを塗っておくと撥水製の回復に効果的です。 6.表面が乾いているように見えても内側が湿っている場合がありますのでやはり化繊と同じように1週間ほど風通しのよい日陰で乾燥させてください。 更に詳しく知りたい方はモンベルカスタマーセンターのホームページなどでも確認することができます。

コインランドリー

自宅に乾燥機がない場合はコインランドリーで乾燥できます。

6 キャンプでおすすめシュラフ20選!!

キャンプでおすすめなシュラフ!多数ブランドから色々出ている中で おすすめなものを各ブランドごとに、ご紹介していきます。

ブランドメーカーのシュラフ

各ブランドメーカーより色々なシュラフが出ています。

7 キャンプで活躍!コールマン

7-1 特徴

コールマン製のシュラフの特徴としては、ポリエステル素材の製品が多いのが特徴的です。 ポリエステルは水に強く丸洗いOKなのでメンテナンスが楽なのも特徴のひとつです。 また筒形タイプが多いのが特徴的なので、寒い日のはフリース素材のスリーピングバックなどで対応していきましょう。

フリース スリーピングバック

フリース素材が温かく、シュラフにプラスして寒い時には使用しましょう。価格も安めで購入しやすいです。

7-2 評価

安くて良いものを提供しているコールマン!高級感があり、温かい、肌触りが良いなどの評価も多く値段の割りにしっかりしている・お手ごろで買いやすいなどの評価もでています。

7-3 コールマンおすすめシュラフ

春~秋にかけて使える3シーズンのシュラフ圧倒的に汎用製が高く使用頻度も多いでしょう。

7-3-1 パフォーマー/C5

筒型のシュラフになっています。洗濯機で丸洗いOKでメンテナンスも楽にできます。ジッパーを全開にしてブランケットまマットにもなるので色々な使用方法ができます。 価格も¥9785(参考価格)にてお手ごろです。

tomoe0606さんの投稿
18948115 820657614778954 6196974712422137856 n

7-3-2 スクールマミー2

コールマン子供用のシュラフです。価格も安くて子供1人でも収納出来ます。また最近はスクールマミーからスクールキッズへとリニューアルされているようなのでチェックしてみて下さい。 価格も¥3900参考価格となっていて在庫がなくなり次第、新商品へ切り替える業者さんも多いみたいです。

piroko45さんの投稿
10693244 1500301196889276 408715499 n

7-3-3 タスマンキャンピングマミー

人の体型にあったマミー型シュラフで、保温性も抜群!またフードで頭部を暖め冷気をシャットアウトしてくれます。 価格は¥12.938(参考価格)となっています。

出典: https://www.amazon.co.jp

7-3-4 コルネットストレッチ

ストレッチ性がありフィット感も抜群!手足を出して着たまま動ける便利なシュラフです。 価格も¥10.770(参考価格)で購入しやすいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

8 キャンプで活躍!スノーピーク

8-1 特徴

スノーピークの特徴としてオフトンシリーズが目立ちます。このオフトンシリーズは掛け布団と敷布団が分離できると言うのが大きな特徴で、また高性能・保温素材で出来ているため誰もがゆったりと眠れるように作られていて快適な寝心地が体感出来ます。

スノーピークオフトンシリーズ

ワイドと通常タイプが出ているスノーピーク高機能で温かく眠れます。

8-2 評価

評価や口コミなどは、温かく実用性がある。また寝心地が最高!などの評価が多くあります。 通常タイプやワイドタイプも選べるためソロでもファミリーでも快適な寝心地が確保出来るようです。

スノーピークシュラフ

コンパクトに収納できる登山用のシュラフも出ています。

8-3 スノーピーク おすすめシュラフ

8-3-1 BAC00 350

アウトドアブランドスノーピークから防水透湿素材の登山用のシュラフが登場です。 重量も830gと非常に軽く、なんと収納サイズが160X250mmというコンパクトさです。 参考価格も¥24900となっています。

スノーピーク登山用シュラフ

ブランドスノーピークより登山用シュラフが登場!!コンパクトで軽量でソロキャンプには最高です。
価格も購入しやすくなっています。

8-3-2 セパレートシュラフ オフトン BD-101

掛け布団+敷布団というコンセプトのシュラフです。テントの中にいるのにまるで自宅でお布団に寝ているような感覚でゆっくりと眠れます。 中綿には高機能保温素材のアモノフォロファイバーを注入!シリコン加工もされており柔軟でコンパクトな収納を実現しています。 また寒さに対応するダウンレイヤー(別売り)も接合する事ができます。 参考価格¥19.224

セパレートシュラフオフトン

高機能保温素材アモノフォロファイバーを封入したモデルオフトンシリーズで温かく眠れます。

8-3-3 セパレートシュラフオフトンワイド700

アウトドアブランドスノーピークのオフトンシリーズ、布団のようなシュラフをとシンプルなコンセプトのもと出来上がったシュラフです。暑い時期には涼しく、寒い時期には温かく眠れる快適なシュラフです。 ワイドサイズはお子さんと一緒に寝られる方や体が大きい方に良いかも知れませんね。 参考価格¥44.800

セパレートオフトンワイド700

アウトドアブランドスノーピークの
大きいサイズのオフトンシリーズです。

9 キャンプで活躍!モンベル

9-1 特徴

モンベルはアウトドア総合ブランドでシュラフの他にもテントや登山靴レインウェアーなども扱っています。 シュラフに関しては素材にもこだわりスーパーストレッチスパイラルシステムとスパイラスシステムの2つを採用しています。 伸びて体にフィットしてくれるシュラフが特徴的です。

9-2 評価

よく伸びる、動きが制限されない、肌触りが良い、薄着で寝ても寒くないなどの評価が多く挙げられています。やはりモンベル独自のストレッチシステムが強みなので高評価でした。

モンベルダウンシュラフ

ストレッチ性が優れていて寝苦しくない、また肌触りも良く気持ちよく眠れます。

9-3 モンベルおすすめシュラフ

9-3-1 モンベルブロウバック#3

メンテナンス楽で、優れた快適性を実現。保温性と速乾性を併せ持ったモデル!化繊シュラフですが、マミー型のシュラフになっているのでシュラフの中の温かさを逃がしません。夏の高山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるシュラフとなっています。 参考価格¥14.500

モンベルブロウバック#3

化繊シュラフでマミー型を採用!通年通して使用できるシュラフです。

9-3-2 モンベルダウンハガー800 Women's #2

女性が快適に眠れるように作られた軽量シュラフです。暖かさと軽さを高次元で両立した高機能ダウンシュラフです。スーパースパイラルシステムも採用されていて隙間のないフィット感と窮屈感の解消がされているシュラフとなります。 参考価格¥31.000

モンベルダウンハガー800 Women's #2

ストレッチ性があり冬キャンプでも暖かく眠れます。

9-3-3 モンベルダウンハガー650 #0

抜群の快適性を実現しコストパフォーマンスの高さが特徴の良質ダウンシュラフです。国内の3000m級の冬山でも使用できる保温性の高いモデルとなっています。参考価格¥36.500

モンベルダウンハガー650 #0

冬山でも使用できるシュラフ暖かさ+ストレッチ性が抜群です。

9-3-4 アルパイン バロウバッグ #7

コストパフォーマンスに優れているシュラフ。保温性・速乾性に優れメンテナンスも楽です。スパイラルストレッチシステムを採用してあり穏やかに体の動きに追従するナチュラルな伸びを実現しています。 夏の低山・自転車やバイクなどのキャンプツーリングなどに適したモデルです。 参考価格¥11.200

アルパイン バロウバッグ #7

バイクや自転車・夏キャンプに適しています。

10 キャンプで活躍!ドッペルギャンガー

10-1 特徴

「アウトドアをワクワクするソト遊びに」を考えているアウトドアブランドのドッペルギャンガー!商品も遊び心満載ですが、勿論シュラフもユニークで可愛いものが多くあります。

10-2 評価

シュラフには様々なタイプがありますが、暖かい・寝心地が良い・窮屈感がなく眠れたなどの好評がある一方 縫製が雑・すぐに壊れたなどの評価もありました。 物によっても多少違いがあるのでしょうか?

10-3 ドッペルギャンガーおすすめシュラフ

10-3-1 FAMILY’s SLEEPING BAG

商品名のように4人家族が一緒に眠れるシュラフです。小さいお子さんがいるご家庭などには最適なシュラフと言えます。また片付けもクルクルと巻いて止めるだけなのでとても楽でママも大助かりのシュラフですね。 参考価格も¥8.744なのでコスパも抜群ですね!!

出典: https://www.amazon.co.jp

10-3-2 マトリョーシカスリーピングバッグ

幅広い温度に対応できるよう2つの中綿量の異なる筒型シュラフをセットにして組み合わせた事で3パターンの温度対応を可能にしました。 また、別々に2人で寝る・つなげて2人で寝る・重ねて1人で寝るなどの3パターンで利用できて便利です。 参考価格¥7.776

出典: https://www.amazon.co.jp

10-3-3 アウトドア 封筒型/マミー型 2WAYスリーピングバッグ

足元のファスナーを開けば筒型に、閉じればマミー型と簡単に2つのシュラフの切り替えができます。 気温やお好みによって対応できるスリーピングバック掛け布団や毛布としても使用出来る優れものです。 参考価格¥11.800

出典: https://www.amazon.co.jp

11 キャンプで活躍!ナンガ

11-1 特徴

ナンガブランドのシュラフの特徴は羽毛の安全性と質感です。 ヨーロッパより輸入したあとに日本国内で洗浄を行い厳選されたのもだけを利用するという徹底したこだわりを持っています。 ナンガのシュラフは縫製も徹底しているため温かく軽いのが特徴です。 防水生地や撥水加工なども直接羽毛自体に使用しているため水濡れに強くヘタレにくいのも特徴のひとつです。

ナンガシュラフ

フカフカで肌触りも良くて最高です。種類もたくさんでているので確認してみましょう。

11-2 評価

日本が誇るメイドインジャパンブランド「ナンガ」国内で作られているだけあって評価も高評価が多いです。 「羽毛にこだわっているので温かく眠れる」や「コンパクトになってがさばらず軽量」と羽毛が高品質で使用感が素晴らしい事や軽量かつ持ち運びが便利であるなどの評価がたくさんあります。

ナンガシュラフの種類

メイドインジャパンブランド「ナンガ」と言われるだけあってかなりの軽量さと肌触りの良さがあります。ぜひショップなどで肌触りなど確認してみてくださいね。

11-3 ナンガおすすめシュラフ

11-3-1 オーロラライト600DX

シュラフカバーいらずの防水透湿素材を使用したシュラフ軽量かつ収納性を高めた新モデルです!! ダウンシュラフの弱点でもある水や湿気に弱いのを防ぐ防水コーティングもされていて柔らかく寝心地も最高です。 また縫製のこだわりとして台形ボックスキルト構造と呼ばれる方法で縫われています。足元のダウンを足すことも可能なのでとても快適な睡眠をとれるシュラフでしょう。 参考価格¥46.800

オーロラライト600DX

もった感じもとても軽く広げても肌触りがとても良くおすすめなシュラフでした。

11-3-2 ナンガオーロラ900DX

冬山・雪山登山や雪中キャンプ自転車での旅をしている方にはこちらのシュラフがおすすめです。 ダウン100%フィルパワー760FPの超高質ダウンはかなりの温かさになります。 自転車での旅で泊まる場所がなくて野宿しかない!!なんて場合もこれがあれば快適に体を休ませられますね。 参考価格¥56.000

ナンガオーロラ900DX

雪山登山などに最適なシュラフになります。ダウン100%フィルパワー760FPの超高質ダウンはかなりの温かさで最高です。

12 キャンプで活躍!WILD-1シュラフ

12-1 WILD-1とは?

アウトドアライフストアである「WILD-1」さんは自然と人間のあり方をテーマに色々なアウトドア用品を販売しているショップさんです。 シュラフの方もオリジナル商品を出しており実用的で使いやすいシュラフをご紹介して頂きました。

12-1 WILD-1 おすすめシュラフ

12-1-1 スリーピングバッグ W2050

WILD-1さんでオリジナルとして商品化しているシュラフです。足元は動きやすいように封筒型の形状にしてあり、上部の肩や頭の部分はシュラフの中で温まった空気が逃げたり、逆に寒い空気が中に入りこまないようにマミー型に作られています。封筒型シュラフとマミー型シュラフの良いところのみ集めたおすすめシュラフです。また直接肌に触れる裏生地にべたつきや冷たさが少ない素材を使用している点もポイントです。 冬キャンプにも適応でき寒い時には足元を中に折りたたむ事によって温かさも倍増します。ぜひお試しください。また、お値段も購入しやすい金額となっています。

クオルツ スリーピングバックW2050

封筒型シュラフとマミー型シュラフの良いところのみ集めたおすすめシュラフです。

12-1-2 スナグパックノーチラス 

春から秋の3シーズン対応、化繊スリーピングバック。 「ノーチラス」のWILD-1限定モデルが発売になりました。NATOやヨーロッパ各国の軍隊で採用実績のある、英国スナグパック社の化繊スリーピングバックとなります。 足元が広く快適なスクエアフットタイプでジッパーは側面から足元まで開き 広げて布団代わりにも出来ます。

スナグパック ノーチラス

小さく収納可能なコンプレッションサック付属
胸元にポケット、2-wayファスナー付き
足も出せて車中泊にも最適です。

12-1-3 スナグパックスリーパーエクスペディションスクエア レッド

秋冬シーズンのシュラフ。ベースキャンプシリーズの日本限定ハイスペックモデルです。中綿は化繊で出来ているため通常洗濯もできてメンテナンスも楽に出来ます。ファスナー生地の嚙みこみ防止策もできていてうれしいシュラフですね。

スナグパック スリーパーエクスペディションスクエア

お邪魔したときはお買い得価格になっていました。
かなり嬉しい価格で高性能な為おすすめシュラフですよ。

12-1-4 テンマクデザインネグジルインナー

着られるシュラフ「ネグジルインナー」テントサイトでの防寒着にもなる賢いシュラフです。センタージッパーで温度調節も出来き腕もだせ、ポケット内のコードを引っ張ると裾が持ち上がるので身長の低い方でも楽に着こなしが出来ると思います。 夏はメインシュラフとして冬はインナーシュラフとして使用できます。 参考価格¥18.000

テンマクデザインネグジルインナー

寒い日にはインナーシュラフとして使えるシュラフです。また動きやすく調整も効くので着ていても邪魔になりませんよ。

13 おすすめシュラフが購入出来るショップ

13-1 WILD-1

自然が与えてくれるたくさんの感動や喜びをより多くの方々に感じて欲しいと願っています。人間も自然に息づくもののひとつとして、自然との関わり方、自然の尊さなどをお客様とともに考えながら、 より快適な「アウトドアライフ」をご提案します。をコンセプトとして関東を中心にアウトドアストアを出店している「WILD-1」従業員の方も親切で品ぞろえも豊富です。

13-2 WILD-1入間店

今回取材・写真などの協力をして頂いた埼玉県入間市にあるWILD-1入間店さん。 店内も明るくシュラフコーナーにはたくさんの商品が並んでいました。見ているだけで楽しくなる店内を今回案内し、担当して頂いたのがWILD-1入間店「藤岡さん」。シュラフの事やキャンプ用品の説明もかなり詳しく教えていただきとても勉強になりました。店内でわからない事や迷った時はぜひ声をかけてみてください。スタッフのみなさん親切に相談にのってくれますよ。またイベントやセールなども行っていますのでホームページでご確認ください。

アウトドアライフスタイル WILD-1

WILD-1 入間店スタッフ

WILD-1 入間店スタッフでキャンプ担当の藤岡さん!とても親切に商品説明などを聞かせて頂きました。

14 まとめ

今回はシュラフについて色々と調べてみました。キャンプに一番大切なことはちゃんとした睡眠をとること! シュラフはかなり重要となってくると思います。自分のタイプや季節にあったシュラフを選び快適なキャンプを行いましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ