ガン玉の使い方と重さを解説!以外に奥が深い?ガン玉を使いこなそう!のイメージ

ガン玉の使い方と重さを解説!以外に奥が深い?ガン玉を使いこなそう!

釣りに使用されるオモリには、ガン玉、割りビシ、カミツブシ、丸玉オモリ、板オモリなどがあります。それぞれどのオモリにも魚釣りでの重要な役割をもっていまが、今回はその中でも最も小さいサイズに分類される『ガン玉』について説明したいと思います。

2018年02月05日更新

19750109kazu
19750109kazu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ガン玉とは?
  2. ガン玉(オモリ)の重さ
  3. 商品の種類
  4. ガン玉のケース!
  5. ガン玉の付け方(打ち方)!
  6. ガン玉の使い方!
  7. 最後に!

ガン玉とは?

ガン玉

出典: https://www.amazon.co.jp

ガン玉とは、磯釣りの仕掛けを沈めたりウキ仕掛けの調整で使用されるオモリの一つの名称です。川でのウキ釣りやバス釣りなどでも使用されます。 オモリの中では小さいサイズに分類され、そのサイズ(重さ)は細かく分かれています。 流れが速い場合や、風により道糸が流され仕掛けが沈まない時、ウキの浮力の微調整などに道糸やハリスに取付(打つ)て使用します。 比較的小さいオモリとなるガン玉が、仕掛けに与える影響は大きく打ち方(付け方)や打つ間隔によって釣果が変わってきます。 今回は海釣りでのそんなガン玉の使い方や打ち方、外し方など初心者の方にわかるように、ベテランの方にはおさらいとして解説していきます。

出典: http://www.tsuriken.co.jp

なぜガン玉とよばれるのか?

出典: http://www.turiguno8010.com

ガン玉とはその名の通りガン(鉄砲)の玉です。もともとは散弾銃の玉の中身である小さな鉛玉に割れ目を入れオモリとして釣りに使用されていたことからガン玉と呼ばれるようになりました。

出典: https://www.gunshop-urawa.co.jp

散弾銃の玉

出典: http://www.point-i.jp

ガン玉

ガン玉(オモリ)の重さ

出典: http://www.turiguno8010.com

ガン玉(オモリ)の重量表

出典: http://tsuriken.co.jp

上記の表が一般的に使われるガン玉(オモリ)の表記になります。 多くのメーカーから商品がでていますが、各メーカーの間には定まった規定がないためサイズ(重さ)には微妙な違いがあります。 ガン玉の中のさらに小さいサイズのものをジンタンともよびます。ジンタンは基本的にはハリス部に打つ(取り付ける)ことになります。 上記の表よりサイズB+B=2Bにはならないので注意してください。

商品の種類

セット商品

出典: https://www.amazon.co.jp

初心者に使いやすくウキ釣りなどいろいろな釣りに便利なガン玉セットのおすすめ商品です。

ガン玉のセット内容が、重さ(サイズ)3B、2B、B、1号、2号、3号となってます。

こちらはセット内容が、重さ(サイズ)3B、2B、B、3号、5号となってます。

マルシン漁具 NEWガン玉セット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらは内容が、重さ(サイズ)B、2B、3B、G5,G4,G3,G2となってます。

単品商品

セット商品では、使わないサイズがあったり、欲しいサイズが入ってなかったりする場合に便利なのが単品商品です。

画像は重さ(サイズ)5号になってますが、重さ(サイズ)5Bから8号までの14種類の商品があります。

画像は重さ(サイズ)5Bになってますが、こちらの商品も重さ(サイズ)5Bから8号までの14種類の商品があります。

ヤマワ産業 ゴム張ガン玉 B
Amazonで詳細を見る

切り口にゴムが付けられていてハリスへの傷付き防止と滑り防止の工夫がされています。純鉛によりやわらかく取付、取外しが容易にできる商品です。 画像が、重さ(サイズ)Bとなっていますが、重さ(サイズ)5Bから5号までの商品があります。

釣研 ラバーガン玉PRO カラータイプ
楽天で詳細を見る

出典: http://www.tsuriken.co.jp

こちらの商品は、重さ(サイズ)別に色分けがされています。色がついているので見やすくガン玉サイズに悩む事もなく不意に落とした時などに見つけやすいです。 ガン玉全体をラバー素材にてコーティングされているのでラインにしっかり固定でき傷をつけにくい特徴ももっています。 ノーマルタイプとして、全重さ(サイズ)に魚への警戒心を軽減するためのブラックコート仕様商品も用意されています。

天然ゴムのコーティングがされラインへの傷付きやすべりのないガン玉です。 センター折れ目があり、そこにラインを合わせて取付ることでガン玉のセンターにハリスがくる構造になっています。 ガン玉のカラーは全部で6種類ありそれぞれ違った特徴をもっています。

出典: https://www.mm-uki.com

出典: https://www.mm-uki.com

ガン玉のケース!

ガン玉のセット商品にはほとんどがケースに入って売られていますが、単品を購入する場合にはケースが必要になってきます。 ガン玉のケースは各メーカーからいろいろな大きさや形の商品が出されていますので自分に合った使いやすい商品を選ばれる事をおすすめします。

サンライン(SUNLINE) ガン玉 PROケース Light
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: http://sunline.co.jp

小型のガン玉ケースになります。 ケース蓋部にガン玉の早見表が表記されていてガン玉の段打ち重さ(サイズ)を覚えてなくても一目でわかるようになっています。

キザクラ(kizakura) ガン玉つぶれんケース(9マス)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.kz-kizakura.com

9個のマスがあり蓋部にはスポンジがついていて蓋を閉じたときに中のガン玉を押さえ移動時の動きを抑えることで切込み部の溝の潰れを防ぎます。

釣り針おもりサルカン仕掛け小物入れMG TRAILワンタッチ開閉防水フィッシングケースM
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

ガン玉だけでなく、釣針やサルカンなどその他の小物が入れれる二つ折りケースになります。 全体を4分割した透明の蓋カバーで閉じたままでの中身が見え、それぞれ独立して開閉できます。

ガン玉の付け方(打ち方)!

出典: https://item.rakuten.co.jp

ガン玉の付け方はとても簡単です。 ガン玉を取付けたい箇所を決め、ラインをガン玉の切れ込み部に入れかみ合わせます。ペンチなどの工具によりラインを挟むような感じで噛みつぶします。あまり強くつぶしますとラインを傷つける事になりますので注意が必要です。 ガン玉の付け方が不十分での滑り、付け替えや外したりの時にラインを傷つけないよう注意が必要ですので専用の工具を使用することをおすすめします。 専用工具のほとんどがガン玉の取付と外しができる物になっていますので

出典: https://www.amazon.co.jp

ガン玉のつけ外しが容易にできる工具になります。 ガン玉の打ち方(付け方)は根元で、外す(割る)ときは先端でできるようになっています。先端部でガン玉を割る構造となっているのでガン玉を割るときが見やすいです。 使用しないときは、閉じた状態でロックができる構造となっています。

富士工業(FUJI KOGYO) ガン玉プライヤー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: http://www.turiguno8010.com

ブラブラクリップシリーズのガン玉専用プライヤーになります。 刃の先端部でガン玉をつかむ、中間で外す(割る)、根元で取付る構造となっています。 使用しないときのロック構造と専用ケースもありますのでおすすめ出来る商品です。

DAITOU(ダイトウブク) ガン玉 ハズシ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ガン玉の取付(押さえ)と外しができる小型の商品です。 ガン玉のサイズ交換などに便利でサビに強いステンレス製の商品です。

ガン玉の使い方!

ガン玉の使い方ひとつで釣果が変わってくると言われています。 ガン玉の役割はサシエサを狙っているタナまで沈めてくれることですが、流れも風も無ければサシエサや釣針などの重さだけでゆっくりと沈んでくれますが、そういう日はなかなかないかと思います。 風による道糸の引っ張られや、流れにより仕掛けが沈んでくれなかったり、仕掛けがタナに沈む前にエサ取り魚にサシエサをとられたりとなにかと狙ったタナに仕掛けを運べないものです。 そういうときに役に立ってくれるのがガン玉です。

出典: http://tsuriken.co.jp

ガン玉の使い方(打ち方)や使う(打つ)位置によって仕掛けの動きが変わってきます。そのときの釣り場条件に応じてガン玉の使い方を変えていくのが理想ですが、ベテランの方は経験から対処できると思いますが、初心者の方は悩むところだとおもいます。 いろいろ調べてみても多数の諸説がありガン玉の打つ位置や打つ間隔など違いますので初心者の方は、参考とするものから始めて自分なりに考えながら変えていくとよいでしょう。

仕掛けが沈みきったイメージイラスト

仕掛けが沈んでいくイメージイラスト

黒が完全フカセ、赤が規定のガン玉一つをハリス中央に、青が上に重く下に軽いものをそれぞれ均等に、緑が上が軽くて下が重いものを均等にセットした場合です。

上記のイメージイラストからもわかるように、ガン玉の打ち方によって仕掛けの動きが変わってきます。 強風や潮の流れ、エサ取り対策でガン玉を打つことになると思いますが、魚への違和感を与えてしまうことにもなりますので、そこの微妙な調整が合ったときに良い釣果となります。

上記イラストは、3Bのウキを使用したときのガン玉の打ち方の参考イラストになります。 3Bのウキを使う場合でもガン玉のサイズの使い分けなどでガン玉を1つ打ったり3つ打ったりして仕掛けの沈む速度やハリスの線形など魚にエサを食わせるための調整が釣果へとつながります。

最後に!

いかがだったでしょう? なんでもない小さいオモリであるガン玉が仕掛けに与える影響は大きく釣果を左右します。ただ打てばよいというわけにはいかないガン玉打ちは、『ガン玉が打てれば一人前』という言葉があるくらいです。 書物をみたり仕掛け図をみたところで、一つの参考に過ぎないでしょう。いろいろな釣り場があり、気象、海象状況に応じて試行錯誤しながら理解していきガン玉打ちを上達しましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ