検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【完全解説】バイクキャンプの魅力をご紹介!おすすめ車種や荷物のパッキングのコツも

近年はバイクでキャンプに出かける人が増えています。バイクでツーリングしながらキャンプ場に行き、キャンプを楽しむことができるのが魅力的です。今回は、そんなバイクキャンプの魅力やおすすめの車種なども踏まえて紹介していきます。
2022年9月20日
いっちー616

目次

バイクキャンプの魅力は?

時間制限が少なく自由度が高い

Photo bydendoktoor

バイクキャンプの魅力はツーリングをしながらキャンプを楽しむという2つを同時に叶えることができることです。『バイクのツーリングが好き』『キャンプも好き』この2点を趣味にしている人にはこのうえない幸せですよね。

キャンプ場が遠くても、ツーリングを楽しめるので、行動範囲が広がっておすすめです。時間を気にせずにゆっくりと旅がしたいならキャンプツーリングは最高ですよ。


自然と触れ合うことで体調が整う

自然との触れ合いは、科学的にみても健康に良いことが証明されています。自然と触れ合うことで、副交感神経が活性化されて疲れ取れるというメカニズムなんです。ツーリングをしながら、自然を感じつつ、キャンプ場で触れ合う。これだけで日頃の疲れやストレスを癒すことができて体調が整うこと間違いなしです。

濃厚な思い出を作ることができる

Photo bymarcoreyesgt

キャンプ泊は、普段の旅行とは違い記憶に残りやすいく濃い思い出になります。その理由として『苦労』と『感動』が多いからですね。自分で場所を決めて、寝床を設営するなど非日常な生活を送ることになり、記憶に残りやすいからです。

天候の変化にヒヤヒヤしながら、過ごす日常や天気が良ければ満点の星空を眺めながらこれからの人生について考えたりと貴重な思い出を作ることができますよ。

 

バイクキャンプに必要な持ち物は?

防水シート

ロゴス 防水マルチシート

出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

防水シートはかなり便利なアイテムの一つで、これで何役もこなすことができる計り知れないポテンシャルがあります。テントの下に敷いたり、バイクカバーなどありとあらゆる場面で大活躍すること間違いなしです。まさにバイクキャンプの必需品と言える必需品ですよ。


機能性・耐久性も申し分ないほど良品

ロゴスの防水シートは、ポリエステルの素材を使用しているので耐久性があります。丈夫で切れにくい繊維なので、長期的に使用しても破れたりする心配がなくキャンプなどに最適です。また速乾性もあるので、水や汗に生地が触れてもすぐに拡散されて蒸発します。バイクキャンプにあると重宝する持ち物ですよ。

コンパクトテーブル

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

キャンプの質を上げるのにテーブルは必須な持ち物です。食材やちょっとした物を置いておけますし、なにより食事がより一層楽しくなります。食時以外にも読書をしたりするときにも使えますし、ちょっとした場面でも使うことができるのであると便利であるのは間違いなしです。

おすすめはコンパクトで持ち運びがしやすいもの

バイクキャンプになると、そこまで大きなテーブルを持っていけないです。そこでおすすめなのがコンパクトテーブルになります。コンパクトなのでバイクの積載なども気にすることがないので安心です。1~2人なら十分な大きさですし、アルミなので軽量なのも魅力の一つです。金額も2000円程度なのでおすすめですよ。

バイクキャンプの注意点!

急な天候の変化には注意しよう

Photo byPexels

注意点としてキャンプ場はどうしても山など急な天候の変化がしやすいです。そのためバイクキャンプする際は、頻繁に天候のチェックをしておく必要があります。少しでも雨が降ってきたたら、ライディング用のカッパを着用するようにしましょう。

ゴミが出たときようにパッキングで多少の余裕を作っておこう

Photo byClker-Free-Vector-Images

キャンプ場で過ごしているときの注意点として、どうしてもゴミが発生していまいますよね。ゴミ捨て場が完備してあればそこに捨てればいいのですが、ない場合持ち帰ることになります。バイクにゴミを積むとなると、多少のスペースを取ってしまうので、あらかじめゴミが出たようのスペースを出発時のパッキングで余裕を作っておきましょう。

バイクキャンプにおすすめの車種

HONDA ハンターカブ CT125

ハンターカブは、バイクキャンプ・ツーリングに最適なクラスで工夫次第で荷物をたくさん積むことができます。大型のリアキャリア付きなので、ボックスが装着することができて積載能力がかなり高く持ち物を多く詰めます。キャンプにハンターカブは最高の組み合わせのバイクですよ。

HONDA アフリカツイン DCT

日本車のアドベンチャーバイクの中で1番有名な車種のアフリカツイン。DCTというオートクラッチ切り替え機能がついていて便利なので、初心者でも簡単に乗りこなすことができます。

ロングツーリングにおすすめなので、県外を超えてキャンプを楽しむ際に最高のパートナーになること間違いなし。積載量は128Lなのでパッキングも楽でバイクキャンプにおすすめですよ。

バイクキャンプで楽しい生活を!

Photo by nidate

いかがだったでしょうか?バイクキャンプは魅力がたくさんあって楽しいことばかりです。人生の思い出作りには最高の趣味であること間違いなしですよ。バイクがあれば移動なども便利で、フラットにキャンプ場へ行くことだってできます。

しかしキャンプ場は、ルールなど決められたこともあるのでそこの注意点はしっかりと守り、快適に楽しいキャンプライフを過ごしてくださいね。最高の趣味を見つけて人生を楽しんじゃいましょう。

他のキャンプなどのアウトドアについて気になる方はこちらをチェック!

アウトドアは、バイクキャンプ以外にもたくさんの楽しみ方があります。登山やアクティビティスポーツなども魅力がいっぱいです。その他のアウトドアの楽しみ方などを『暮らし~の』では紹介しています。

快適にキャンプなどのアウトドアを満喫するために情報を知っておくことはとても重要ですよ。興味のある方は、ぜひ他の記事も併せてご覧になってみてください。きっと皆さんのお役に立てることをお約束します。

【爆速】2ヶ月間でチャレンジ!キャンプ場の作り方!のイメージ
【爆速】2ヶ月間でチャレンジ!キャンプ場の作り方!
「暮らし〜の」で新連載がスタート!ダンディなミドルエイジライター・きのっぴんが憧れのキャンプライフを手に入れるべく、なんとキャンプ場作りを始めることに!本連載は何もない山を開墾し、キャンプ場になるまでをリポートします!乞うご期待。
【暮らしーのYoutube】初心者から始める毎日キャンプ生活のイメージ
【暮らしーのYoutube】初心者から始める毎日キャンプ生活
【初心者から始める毎日キャンプ生活】暮らしーのYoutube担当「のブ」がキャンプ・アウトドア初心者ながらも、毎日キャンプ的生活に取り組む中で、徐々にキャンパーとして成長していく様子を毎週Youtubeで配信します。