asobiba秋葉原の施設情報やアクセス情報!講習会もあって初心者も安心!のイメージ

asobiba秋葉原の施設情報やアクセス情報!講習会もあって初心者も安心!

asobiba秋葉原は室内でできるサバゲーフィールド。秋葉原駅からすぐ近くでアクセスもよく講習会もあり初心者でも気軽にサバゲーが楽しめると評判の施設です。貸切でで楽しめるから遊び方はいろいろ。asobibaのレギュレーション含めその楽しさをご紹介します。

2019年09月30日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. asobiba秋葉原について
  3. asobiba秋葉原は場所も評判
  4. asobiba秋葉原は初心者に優しいレンタルが評判
  5. asobiba秋葉原は初心者に優しい講習会が評判
  6. asobiba秋葉原へのアクセスは
  7. asobiba秋葉原の基本的な楽しみ方
  8. asobiba秋葉原の楽しみ方いろいろ
  9. asobiba秋葉原には評判のガンアリーナがある
  10. asobiba秋葉原の料金は
  11. asobiba秋葉原の施設紹介
  12. asobiba秋葉原は貸切できるのか
  13. asobiba秋葉原のレギュレーション
  14. asobiba秋葉原のお得情報は公式で
  15. まとめ

はじめに

秋葉原で室内サバゲーができる!asobibaのご紹介

かっこいい戦闘服に身を包んでモデルガンでやるサバイバルゲーム。男性だけでなく女性からも人気が高く若い人を中心に評判の遊びのひとつ。しかし遊べる場所があまり人がいない山の中などに限られていてなかなか参加できないという悩みも。そんな人におすすめなのが室内で遊べるサバゲーフィールド施設asobibaの存在です。アクセス良好で気軽にサバゲーが楽しめる秋葉原の施設について見ていきましょう。(こちらに掲載している情報は2019年9月30日現在の公式サイトの情報を元にしています。タイミングによっては料金やサービス等変更になる場合がありますのでご注意ください)

asobiba秋葉原について

室内でできるサバゲーフィールド

秋葉原だけでなく関東に4つと名古屋に1つの計5店舗ある室内サバゲーフィールドは、今まで山まで車で行かなければいけないというアクセスの悪さを解決してくれる駅チカサバゲーができる場所。それがasobiba秋葉原です。

室内という場所で周りを気にせずできる

室内施設だということで他からの刺激が少なくサバゲーに集中することができるし、室内でしかも貸切もできることから、サバゲープラスアルファの楽しみ方もあります。また気軽にできる環境だということで初心者でもはじめやすいという点も大きいでしょう。

asobiba秋葉原は場所も評判

アクセスしやすい秋葉原という土地

何よりもasobiba秋葉原が評判なのは、アクセスが良い場所にあるということ。駅から徒歩で数分で買い物のついでや会社や学校帰りにちょっと寄ってサバゲーしていこうということができます。最寄りの秋葉原駅へは山手線・京浜東北線・中央・総武線の各駅停車の3つの路線が乗り入れています。またJRのほか地下鉄の駅からも徒歩4-5分圏内。

秋葉原で街なかサバゲーできる場所ができた

asobibaには横浜や池袋・新木場にも施設がありますがサバイバルゲーム好きな人が行きやすい場所として秋葉原は立地条件が良いでしょう。サバゲーショップなどの専門店も秋葉原には多いところ。新しく買ったモデルガンを使ってみたいというときも、サッと立ち寄って遊ぶことができます。

通常の場所は山の中が多く移動に大変

サバゲーになかなか行けないという悩みに、フィールドが遠すぎるというものがありました。ある程度の広さがある場所でいくらBB弾だとしても一般人に弾があたったり家屋に被害があってはいけません。どうしても人里離れた場所まで行く必要があったのです。室内で遊べる場所ができたということで今までよりずっとサバゲー回数が増えたという人も少なくありません。

場所移動も電車でらくらく

他の屋外のサバゲー施設でも電車で行って送迎バスを利用してという行き方もありました。それでもバスは時間が決まっておりやはり車がないと行くのに不便。都内に住んでいたり通勤・通学している人は車よりも電車や地下鉄の方がずっと交通は使いやすくできています。電車と徒歩で行けるサバゲー施設は都会ではありがたい革命的な存在です。

asobiba秋葉原は初心者に優しいレンタルが評判

初心者で服もモデルガンもなくても平気

この施設が初心者におすすめな理由はその立地条件だけではありません。サバゲーをするには必要な服装やモデルガン。すべて店舗でレンタルできるので手ぶらで普通の格好でふらりと立ち寄って遊ぶことができます。ここではそのレンタル内容や価格についてご紹介しましょう。

初心者必見!各種レンタル

まずは装備のレンタル。この施設では服装はマスク以外は任意で好きな格好で遊ぶことができますが、迷彩服など決めてみたいという方はお店でレンタルすることができます。料金はハンドガンのフルセットレンタルで平日の昼の時間帯で2500円。(土日祝日や時間帯によってレンタル料金は変動があります)内容はハンドガン・迷彩服・マスク・グローブなどの小物となっています。

asobiba秋葉原は初心者に優しい講習会が評判

講習会とはどんなことをするのか

asobibaではアクセスの良さからフラリと立ち寄る初心者の方が多いそうです。そのためしっかりとした基本的な講習会がゲームの前に行われ、この講習会を受けるだけでサバゲーの初歩はバッチリと評判。その内容とはだいたい以下のような流れとなっています。

講習会の流れ1.基本的なゲームルールの説明

サバゲーのマナーといえる基本的なことから、ショップ特有のルールまでありますが最初にみんなで講習を受けられるので何も知らなくてもすぐにサバゲーがはじめられます。

講習会の流れ2.モデルガンの打ち方講習会

こちらも初心者に優しい持ち方から弾の入れ方、マガジンの装着方法をしっかり教えてもらったあと、試し打ちまでさせてもらえます。

講習会の流れ3.組になって打つ

サバゲーはモデルガンとはいえ人に向けて銃を構え弾を打つという遊び。あたったらどのくらい痛いのか、どこに当たれば安全なのかを実際に講習会で2人一組になってお互い打ち合います。またここではあたったらヒット!と申告してフィールドから退場するという基本ルールも教わります。

asobiba秋葉原へのアクセスは

評判の秋葉原駅から徒歩4分の好アクセス

先程もアクセスの良い場所だというご紹介はしましたが、もう少し詳しい行き方のご説明をしましょう。最寄り駅はJR秋葉原駅。改札は電気街口から出て徒歩4分。秋葉原がまったくわからないという人でも道を入るところの目印さえわかれば迷わず到着できるでしょう。

asobiba秋葉原のアクセス方法

駅から出たらまずは目の前のUDXビルの方角に直進。歩道があって人がたくさん流れていきますので道なりにまっすぐです。ソフマップの間の道を入ってコンビニ(LAWSON)を通り過ぎたらすぐ。看板が出ていますが入り口が裏階段なので入り方に少し迷うかも知れません。看板が指し示す裏階段を探してくださいね。

アクセスに目印になる建物は

まずは駅の改札を出てUDXビル。大きな交差点に出たらソフマップを探します。大きな看板が出ているのでわかりやすいでしょう。そこを左折してあとは直進。さきほどのコンビニの向かいにはラーメン屋が。そこをすぎたらasobibaのあるビルはすぐ側なので看板を探してください。

asobiba秋葉原の基本的な楽しみ方

初心者にもおすすめ!基本のフラッグ戦

フラッグ戦とは陣取りゲーム。相手の拠点にいきフラッグを取る(実際には旗ではない)と自軍の勝利という単純なルール。ただし相手方からも攻めてきていますので、うまく自軍を守りかつ攻めたりと状況判断しながら攻守バランスをとる戦術も必要となるエキサイティングなゲーム進行となるでしょう。ゲームマスターがいますので、その人の指示をよく聞き進めてください。

初心者女子がはじめてのサバゲーに挑戦!

フラッグ戦といっても本物の旗を扱うわけではないこと。いくつかあるエリアの中でどこが自分チームの陣地なのか、相手のフラッグの位置の確認方法など簡単ではありますがゲームの前には必ず知っておきたい前情報があります。それを詳しく説明していて実際に初心者女子が挑戦しているのがこちら。動画内では講習会の様子なども映されていますので、講習会に不安が残りもっと詳しく動画で確認したいという方にも参考になるでしょう。

asobiba秋葉原の楽しみ方いろいろ

ベーシックに銃撃戦を楽しむ

サバイバルゲームといえばかっこいい戦闘スタイルとモデルガンでの銃撃戦。まるで映画の主人公のように敵にダメージを与えてヒーローになる気分が味わえるもの。この施設でのベーシックな楽しみ方のひとつです。

市街戦に参戦する女子高生!?

サバゲーの楽しみは思い思いの装備にもあります。サバイバルゲーマーの中にはコスプレをメインに楽しむ人も。自分の中の戦闘シーンを形にしていろいろなスタイルで楽しみましょう。ここではマスクは必須ですが衣装は自由。だからこのように女子高生スタイルで市街戦に参加しているなどといった自分なりの世界観を再現することも可能です。

asobiba秋葉原には評判のガンアリーナがある

新しい遊びガンアリーナとは

asobibaの中でも秋葉原だけにあるのがアソビバレットというガンアリーナ。実際にグループを組んで対人でサバゲーをはじめるのも良いですが、ガンバレットからはじめたりサバゲーのショットの腕を磨いたりもできそうですね。液晶画面に向けてソフトエアガンを実際に撃つことで対象を倒すことができるシューティングゲームです。

サバゲー初心者だけでなく夢中になる楽しさ

サバゲーも楽しいですがもっと銃撃戦だけを集中して遊びたいという人にはおすすめのアトラクション。液晶相手とはいえリアリティのある衝撃や命中したときの爽快感は本物と遜色ありません。

asobiba秋葉原の料金は

初心者は会員登録から

対人サバゲーだけでなくガンアリーナも楽しめる秋葉店。asobibaで遊ぶにはまず200円の会員登録が必要です。(2019年10月1日より価格変更になるので注意)これがないとレンタルもサバゲー参加もできませんので必ず申込書に記入して会員カードを作ってください。

参加費用と利用できるゲーム時間目安

1回の利用のゲーム参加費用は3000円から。平日・土日祝祭日・イベントやキャンペーンなどによって価格は変動します。1回の入場で複数回プレイしてだいたい3-4時間くらい楽しむことができます。

初心者がお得になるレンタル無料サービスも

モデルガンやマスクなどを借りるにはレンタル料金が別途かかりますが、キャンペーンなどを利用するとその費用が0円になることも。特に初心者はいつでも最初の利用ではレンタル料無料になるのでこのお得なサービスは使わないと損してしまいます。その利用方法は以下の通り。

評判の初心者無料サービスの利用方法

①まずはスマホやパソコンから利用日の予約を入れる②予約フォームの備考欄に「ASOBIBA初来店キャンペーン希望」と忘れずに入力③お店にでかけ予約完了画面とキャンペーンに申し込んだ旨を伝える④会員登録をして会費を支払えばレンタル料は無料に!

asobiba秋葉原の施設紹介

室内の施設はどうなっている?

サバゲーフィールドがメインの店内。その他セーフティエリアやさきほどのガンアリーナコーナー・喫煙者のコーナーはセーフティエリアにできるだけ干渉しないよう考えられて設置されているので嫌煙家の方にも安心。そのほか受付やレンタルコーナー・コインロッカーやシューティングレンジも同フロア内に存在します。

室内サバゲーフィールド施設の様子

ビルのワンフロアすべてがこの店のスペースとなっている中、その半分くらいをしめるのがゲームフィールド。だいたい15メートル✕40メートルくらいの長方形をしていますが、中は細かく壁や障害物などで区切られているのでもっと広く感じるでしょう。

室内施設にはセーフティエリアも

サバゲーフィールドには必要なセーフティエリア(休憩場所)も室内にちゃんとあります。ここでは飲食も可能で、電子レンジ・コンセント・マガジンウォーマーなどの設備も完備。貴重品をしまっておくコインロッカー(有料)もありますので、荷物はここに置くといいですね。

室内休憩施設でできること

休憩には必要な飲食。ドリンクやおやつの自動販売機も置かれておりとても便利な環境。タバコを吸う方は喫煙エリアが別に用意されているのでサバゲーの間の一服も可能。SNSなどで自慢したい人は写真撮影施設もあるといたれりつくせりの休憩施設となっています。

asobiba秋葉原は貸切できるのか

利用仕方はフリーと貸切の2種類

サバゲーの知り合いができると仲間との戦闘が楽しい!ということもあるでしょう。また新しい友人づくりにサークルなどで企画した貸切イベントに参加するのもおすすめ。自分でサバゲーイベントの幹事をする人に耳寄りな情報はこの施設は貸切にも対応してくれるというところです。

貸切とフリー参加の違い

フリーは人数が揃わない人でも集まった人を2つのグループに分けて対戦できるのがよいところ。1人でフラリと立ち寄っても人数が揃っていればプレイ可能です。一方貸切は会社やサークルの知り合いのみの入場となります。

貸切のメリット

貸切は何といっても知り合いだけだから人見知りの人でも安心。知り合い同士だから気分が盛り上がってオーバーなりアクションをしても恥ずかしくありません。またコスプレイベント会場などとしても利用することが可能なので、サバゲーに限らずサバイバルゲームの雰囲気があるイベントフロアとして使えるでしょう。

貸切の申し込み方

貸切も公式ページの予約カレンダーで利用したい日が空いているかの確認から。サイトから貸切予約もすぐできます。最少人数と最大人数を把握してあらかじめ伝えておきましょう。またレンタルの有無もしっかり伝えておくと良いですね。

貸切でも初心者講習会をやってくれる

初心者ばかりのグループでの貸切も可能です。たとえ貸切でもしっかりレギュレーションを伝える作業は徹底しているので、そのときに講習もお願いしましょう。初心者講習があるか不安な場合は直接メールでの問い合わせも受け付けているので事前に確認できます。

asobiba秋葉原のレギュレーション

レギュレーション1.年齢制限等

先程もチラリと出たレギュレーションですが、これはサバゲーというよりも店舗独自のルールとなります。ゲームの前には必ず参加者全員に案内されますのでよく聞きましょう。まず参加できる年齢が18歳以上というのはasobibaの鉄則です。

レギュレーション2.持ち込み銃等

レンタルでなく自分で装備を揃えていけば参加費だけで遊べます。その場合の持ち込み銃は弾速など決まりがあります。測定器でしっかり計ってチェックしましょう。

レギュレーション3.装備について

エアソフトガンの使用許可や弾のサイズや種類・グレネードの使用など装備についても細かく決められています。また必須のマスクやゴーグルについても使用できるものとできないタイプがあります。公式サイトに写真入りで詳しく掲載されていますので持ち込みの際は事前に確認しましょう。

レギュレーション4.ゲームルール

細かい店舗によるルールがあります。例として弾数であったりフレンドリーファイヤーやフリーズコールについてなどです。中には他人に対する厳しい禁止事項もあり、ルールを破った人は即刻退場ともなりますのでしっかり確認してください。

レギュレーション5.レンタル品

レンタル品も店舗によって取り揃えが変わってきます。他の場所の店にいったことがあっても秋葉原では違うことも。事前に各店舗のHPでレンタル品の確認をしておきましょう。またレンタルは先着順。自分の希望のものが借りられないこともあるので注意。

レギュレーション6.貸切予約

貸切予約に対するレギュレーションは予約キャンセルの可能期限やキャンセル料・撮影などの別途料金の決まりとなっています。

レギュレーション7.事故盗難

店内にはコインロッカー(有料)が設置されていますので、しっかり自分の大事な荷物は自分で管理しましょう。また事故や怪我などについての決まりについても告知されているので事前チェックを。

レギュレーション8.飲酒・喫煙

喫煙は決められたエリアで。ゲーム前の飲酒は禁止。ただしゲーム後にしっかり銃をしまった後での店内での飲酒は可能です。打ち上げも店内でおこなうことがでるでしょう。

レギュレーション9.来店時の注意

ここだけに限りませんが迷彩服や装備をむき出しの状態で街を移動しての来店などのお客さんにはお断りされることがあります。店舗だけでなくサバイバルゲームという遊びに対する印象が悪くなるようなことは禁止されているので注意しましょう。その他詳しいルール(弾圧なども含め)レギュレーションは下記リンク先から確認できます。

レギュレーション | サバイバルゲームフィールド ASOBIBA

asobiba秋葉原のお得情報は公式で

女性無料デーや販売品などの情報も

asobibaは店舗ごとにツイッターアカウントがあり、細かくイベントやキャンペーン告知をしています。特に平日には半額や女性無料などよく開催されているのでチェックしていくとかなりお得に遊ぶことができるでしょう。

ASOBIBA秋葉原 (@akiba_asobiba) | Twitter

初心者体験会なども開かれる

講習会の他初心者ばかりが集まっておこなう体験会も開かれています。慣れている人と一緒にやるのはレベルが違いすぎて楽しめないかもという不安がある人は、このような体験会からはじめてみてはいかがでしょうか。このようなアナウンスもTwitterでおこなわれています。

秋葉原フィールド | サバイバルゲームフィールド ASOBIBA

まとめ

アクセス良好!評判の秋葉原で室内サバゲー

出典: https://www.photo-ac.com

秋葉原駅からすぐにある室内サバゲーフィールドのasobiba。今までやりたかったけど足がない・遠くまで出かける時間がないという人でもはじめやすい施設です。講習会や体験会・お得なキャンペーンなどを利用して楽しくはじめてみてはいかがでしょうか。

サバゲーできる場所が気になる方はこちらもチェック

日本全国にあるサバゲーフィールド。東京や大阪といった大都市の近くで遊べる評判の場所の紹介やアクセス・貸切情報をご紹介しています。室内だけでなく屋外でも遊んでみたいという方は是非こちらも見てくださいね。

Thumb東京都内のサバゲーフィールド11選!屋内&屋外のフィールドを徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
無機質的構造や自然の中で戦闘を繰り広げるサバゲーフィールドは、実は東京のど真ん中にも探し当て...
Thumb大阪のサバゲーフィールドおすすめ13選!初心者も楽しめる施設をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
サバゲー初心者も未経験者も、大阪で快適過ぎるサバゲーフィールド、見つけたくないですか?初心者...
Thumb千葉のサバゲーフィールド「デザートユニオン」が楽しすぎる!その魅力を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
千葉県にある砂漠を模したサバゲーフィールド「デザートユニオン」。フィールドは過去250人まで...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ