LCTの製造するエアソフトガンのラインアップをご紹介!のイメージ

LCTの製造するエアソフトガンのラインアップをご紹介!

AKシリーズを中心に様々な種類の電動ガン・ガスガンを販売するLCTのエアソフトガンラインナップを紹介。様々な種類が発売され、リアルな外観で知られるAK・AKMシリーズとそのカスタムモデル、マイナーな消音銃まで、LCTのエアソフトガンを一挙紹介。

2019年09月05日更新

ヤキマ
ヤキマ
サバイバルゲーム、ミリタリーを中心に装備や戦術、軍事関連の記事を作成しています。 サバイバルゲームをもっと楽しめるような記事を作成していきたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. LCTのエアソフトガンとは?
  2. LCTのモデルガンラインナップ:その1
  3. LCTのモデルガンラインナップ:その2
  4. LCTのモデルガンラインナップ:その3
  5. LCTのモデルガンラインナップ:その4
  6. LCTのモデルガンラインナップ:その5
  7. LCTのモデルガンラインナップ:その6
  8. LCTのモデルガンラインナップ:その7
  9. LCTのモデルガンラインナップ:その8
  10. LCTのモデルガンラインナップ:その9
  11. LCTのモデルガンラインナップ:その10
  12. まとめ

LCTのエアソフトガンとは?

台湾のエアソフトガンメーカー

Photo byGDJ

LCT AIRSOFTは、台湾のエアソフトガンメーカーです。台湾や香港などいわゆる「中華エアガン」メーカーの中でも価格が高く、中国のE&Lと並び、完成度の高いエアガンを製造していることで評価が高いです。最大の特徴はAKやその派生型などAKシリーズ電動ガンの種類が充実している点です。VSSやRPDなどのいわゆる、ロシア・ソ連製の消音銃や軽機関銃、さらにAMD-65などのマイナーな銃も販売しています。

電動ガンだけでなく、ガスガンも

Photo by bu2ngpac1

LCT電動ガンの特徴は実銃を忠実に再現した外観です。ウッドパーツやスチールなどのメタルパーツを多用し、リアルで迫力のある外見と重量感で有名な比較的高級なエアガンメーカーです。LCTは電動ガンの製造を手がけるメーカーですが、GHKなどのメーカーに外装パーツを供給しており、ここではそれらもLCTのエアソフトガンの一つとして扱います。

性能や内部パーツに注意しよう

Photo byPavlofox

購入するにあたっては海外製のため性能や初期不良については注意が必要です。特に日本仕様のものはデチューンされているため、サバゲーで使えるようにするには内部パーツの交換が必要な場合があります。エアガンショップのカスタムメニューなどを利用しましょう。

LCTのモデルガンラインナップ:その1

AK-47とは?

AK-47は、ソ連・ロシアで使われているライフル銃です。7.62mm弾を使用し、汚れに強く、生産性や整備製に優れていることから世界中で使われる傑作銃です。LCTからは初期型のAK-47や、近代化したもの、AKベースに東側諸国で製造された銃など様々な種類を発売しています。

AK47電動エアソフトガン

スチール削り出しのレシーバーとウッドハンドガード、角度がついた銃床が特徴的な最初期のAKをモデルにしています。レールやレシーバー側面のマウントがないなどカスタム性には劣るという欠点もあります。

LCT 海外製電動ガン本体 lct-lck47 LCK47(AK47) エアガン 18歳以上 サバゲー 銃
楽天で詳細を見る

LCTのモデルガンラインナップ:その2

AKMとは?

AKMは銃身とまっすぐになった銃床、斜めに切られた銃口など反動をコントロールしやすいように改良された銃です。ロシア軍の一部のほか、世界中の軍や武装勢力に使われ、最もよく見かけるAKと言えるでしょう。

AKM電動エアソフトガン

AKM固定ストックモデル

反動による跳ね上がりを抑えるために銃身と平行になったストックや、斜めに切られた銃口が特徴的なスタンダードなAKMです。

LCT電動ガンコンプリート・AKM 電動ガン
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

AKM折りたたみストックモデル

下向きに折りたためる金属ストックを装備したモデルです。他に、ハンドガード部分がフォアグリップのような形になっているAKMSUの2種類を販売しています。

LCT LCAKMS NV AEG (JP Ver.)
楽天で詳細を見る

AKMガスガン

GHK AKMは、LCT製の外装パーツを使用したガスガンです。外見だけでなく内部構造や動作も実銃を再現し、リコイルも楽しめます。

GHK [LCT] GKM 【AKM】 ガスブローバック
楽天で詳細を見る

LCTのモデルガンラインナップ:その3

その他のAK47電動エアソフトガンの種類

AMD-65

ハンガリー軍が将校・特殊部隊・空挺部隊向けにAKMを改造した銃です。1本の金属棒に支えられた特徴的なフォールディングストック、金属製で冷却用の穴が空いたハンドガードやAKのグリップを前後反転して取り付けたフォアグリップなどAMD-65の見た目を再現しています。

TX-MIG

出典: https://item.rakuten.co.jp

AK-47スタイルの銃にM4のストック、レールハンドガードやM4仕様の鳥かご型ハイダーを装着した近代化仕様です。バイポッドやライトの装着などのカスタムが容易になっているほか、ガスチューブ上側にもレールがついており、レシーバー横のサイトマウントと合わせてドットサイトなどの搭載も簡単です。また、TX-MIGは、EBB(電動ブローバック)仕様となっており、次世代電動ガンのようなリコイルを楽しめます。

LCT電動ガン・TX-74UN 電動ガン
楽天で詳細を見る

LTS Keymod 13.5

出典: https://item.rakuten.co.jp

上下共に銃口近くまで伸びたキーモッドハンドガードが特徴的で、M4仕様の伸縮ストックを搭載した近代化仕様のAKです。フォアグリップやライト、スコープなどが搭載しやすくなっています。

LCT LTS-Keymod-13.5 AEG (EBB/JP Ver.)
楽天で詳細を見る

LCTのモデルガンラインナップ:その4

AK-74とは?

AK-47を元にして、小口径高速弾である5.45mm弾を使えるように設計された銃がAK-74です。ロシア軍で制式採用となり、現在でも使われています。初期のモデルはウッドストックでしたが、現在使われている銃は、木製パーツが樹脂製になるなどの近代化がされたものです。また、空挺部隊向けのスケルトンストック仕様や、銃身をサブマシンガンサイズまで小型化したAKS-74U「クリンコフ」などもラインナップしています。

AK-74電動エアソフトガン

AK-74 EBB 電動ガン

木製パーツを多用し、アフガン紛争時に使われたスタンダードなAK-74です。AK-47と区別するためにストックに溝が掘られています。ウッドパーツは実物同様に合板で作られています。ブローバックを楽しめる電動ブローバック仕様と通常の電動ガンの2種類が存在します。また、レシーバー側面にスコープマウントがあり、AK用のドットサイトやスコープ、レールをマウントできます。

LCT LCK74 NV AEG (JP Ver.)
楽天で詳細を見る

AK-74MN NV 電動ガン

折りたたみ式の樹脂ストック・ハンドガードを装着した近代化型で現在ロシア軍で使われているタイプを再現したエアガンです。樹脂部分の色がOD風の初期生産モデルも存在します。

LCT LCK74MN NV AEG(JP Ver.)
楽天で詳細を見る

AKS-74UN電動ガン

AK-74をベースに折りたたみ式ストックを搭載し、銃身を短くサブマシンガンサイズにした銃がAKS-74UN、別名「クリンコフ」です。戦車兵や将校のほか、小さく取り回しが良いことから特殊部隊では、カスタムされた銃が使われています。比較的小型軽量なことからサバゲーでも使いやすいAKです。

GHK (LCT) GKS74U (AKS74U) ガスブローバック
楽天で詳細を見る

AK-74ガスガン

LCTが外装を提供しているGHK製のガスブローバックガンです。木製ストックのAK-74、樹脂ストックの近代化モデル、銃身が短いAK-105、小型のクリンコフがラインナップされています。LCTが提供するリアルな外観とガスブローバックらしいリアルな動作、また、AKシリーズの細いピストルグリップを忠実に再現していることもガスブローバックの利点です。

GHK 海外製ガスブローバックガン本体 AK74MN エアガン 18歳以上 サバゲー 銃
楽天で詳細を見る

LCTのモデルガンラインナップ:その5

PP-19 Bizon 電動ガン

60発装填のヘリカルマガジンが特徴的なサブマシンガンです。AKシリーズと同じ感覚で操作できるため再訓練が簡単になることが利点となっています。

★注目商品★ PPS PP-19 Bizon (ビゾン、バイゾン) トップ フォールディングストック タイプ AEG 電動ガン
楽天で詳細を見る

PP-19-01 Vityaz 電動ガン

30発装填のボックス型マガジンを使うサブマシンガンが PP-19-01です。Bizonと比べ、予備マガジンの持ち運びやすさやカスタム性に優れています。特殊部隊ではストックやハンドガードをカスタムして光学機器やフォアグリップをつけている場合もあるようです。

LCTのモデルガンラインナップ:その6

AK-12とは?

AK-74に変わる新型のアサルトライフルとして開発された銃がAK-12です。ロシア軍の新型アサルトライフルにはA545やAN-94など様々な銃がテストされ、AK-12にもセレクターの形状が違うものなど様々なバリエーションが発表されていますが、LCTからはAK-74にレールハンドガードなどを装着した最新型を再現しています。

LCT 海外製電動ガン本体 AK-12 JP Ver. (lct-lck12) ak12 エアガン 18歳以上 サバゲー 銃
楽天で詳細を見る

LCTのモデルガンラインナップ:その7

ロシア製消音狙撃銃とは?

VSSは、ソ連・ロシア製の消音狙撃銃です。主にロシアの特殊部隊で使用され、レシーバーから銃身全体がサプレッサーとなっている外見上の特徴となっており、9mm×39亜音速弾を使用して高い消音効果を発揮します。同じ弾薬を使用する消音ライフルには狙撃銃のVSS、折りたたみストック仕様のAS-Val、サプレッサーの取り外しができるSR-3Mなどの種類がありますが、LCTからは全種類が発売されています。

VSS電動エアソフトガン

出典: https://www.amazon.co.jp

自動式の消音狙撃銃VSSをモデルアップした電動ガンです。大きなサプレッサーが特徴ですが、インナーバレルは銃口部分まで伸びているため内部カスタムをしない限り消音効果はありません。サプレッサー内にバッテリーを格納するため使用するバッテリーサイズには注意が必要です。実銃同様に狙撃銃ではありますがフルオート射撃も可能です。側面のレシーバーでドラグノフ・AK用のスコープをマウントできますが、位置がずれる、トップカバーの高さが高いため干渉する可能性があります。カスタムパーツを選ぶ際は注意してください。

LCT電動ガン VSS Vintorez ヴィントレス 電動ガン
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

AS-VAL電動エアソフトガン

AS-VALはVSSと同じ銃弾を使う消音アサルトライフルです。VSSとの主な違いは折りたたみ式のストックと独立したピストルグリップです。

LCT AIRSOFT AS VAL 電動ガン
楽天で詳細を見る

SR-3M電動エアソフトガン

出典: https://www.amazon.co.jp

SR-3Mの折りたたみ式のストックとハンドガード内に格納できるフォアグリップ、取り外し式の大型サプレッサーを再現した電動ガンです。サイレンサーは別売りですが、消音効果は無いため消音効果が必要な場合には改造を行う必要があります。

LCT SR-3 電動ガン サバイバルゲーム 銃 サバゲー 銃
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

LCTのモデルガンラインナップ:その8

RPD・RPKとは?

RPDは7.62mm弾を使用し、ドラムマガジンとベルトリンクを使う軽機関銃です、一方、RPKはRPDの後継として開発された銃です。40発装填のマガジンやドラムマガジンを使い、バイポッドや大型のストックが外見上の特徴です。7.62mm仕様や小口径の5.45mm弾を使うRPK74、樹脂製のハンドガードや折りたたみストックを搭載したRPKMなどのバリエーションが存在します。ロシア軍で使われているほか、PMCなどにも使われている銃です。

LCTフルメタル電動ガン・RPK・ NewVersion 電動ガン
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

LCTのモデルガンラインナップ:その9

G3とは?

G3は、スペインのセトメライフルを元にして設計されたドイツ製のアサルトライフルで、M14と同じく7.62mmNATO弾を使うことからバトルライフルに分類されることもあります。ドイツ軍で制式採用になったほか、精密なローラーロッキング方式を生かし狙撃銃として改良されたカスタムモデルなどが存在します。LCTからは電動ガンとして発売されています。

LCTのモデルガンラインナップ:その10

PKPとは?

PKP、ペチェネグはロシア軍の汎用機関銃で、ドラグノフやモシン・ナガンと同じ7.62mmR弾を使用します。汎用機関銃PKMをベースに開発され、特殊部隊ではドットサイトやレールハンドガード、迷彩塗装など様々なカスタムがされています。

LCT 海外製電動ガン本体 PKP(PKPN) ペチェネグ(Pecheneg) マシンガン JP Ver.(lct-pkp) エアガン 18歳以上 サバゲー 銃
楽天で詳細を見る

まとめ

Photo bySpecna-Arms

フルスチール製の銃身やレシーバー、合板ストックなどリアリティーと頑丈さ、そして重量感を併せ持ったエアガンメーカーがLCTです。実際の銃として成立しないカスタムをしても短く・軽いエアガンを求めるいわゆるスポーツ系とは真逆の存在と言っても良いのでは無いでしょうか? また、他のメーカーには見られないマイナー銃を積極的にラインナップしている点も魅力です。欲しいあの銃が手に入る、というサバゲーマーにとっての「最強エアガン」を製造しているメーカーと言えるでしょう。

東側の銃について気になる方はこちらもチェック

AKを含めたロシア・ソ連の銃について気になる人はこちらもチェックして見てください。

Thumb東京マルイの次世代電動ガン「AKS74N」のレビュー&カスタム方法を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
東京マルイより販売されている発射時の反動が人気の電動airsoftガンシリーズ『次世代電動ガ...
Thumb東京マルイ「AK74U」のレビュー!実物スケールで設計された魅力とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は、2013年4月に東京マルイが出した実銃サイズ、尚且つ電動ガンとして電気で撃つだけでな...

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ