H&K「USP Match」とは?その特徴やP8やP12などとの違いをご紹介!のイメージ

H&K「USP Match」とは?その特徴やP8やP12などとの違いをご紹介!

H&KUSPMatchについての情報をお届け!基本となるH&KUSPについてとUSPMatchをはじめとする豊富なバリエーションとP8やP12との違いまたその魅力をご紹介します!実際に使用したい方の為にガスガンのUSPも紹介していきたいと思います。

2019年07月30日更新

Nakano.
Nakano.
アウトドアやサバイバル等の情報をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. そもそも【USP Match】とは
  2. H&K USPについて
  3. H&K USPの派生銃
  4. USPMatchなどのガスガンご紹介の前に
  5. USP Matchのガスガン
  6. USPのガスガン
  7. USPコンパクトのガスガン
  8. USPタクティカル
  9. P10SD
  10. おすすめ電動ガン
  11. まとめ

そもそも【USP Match】とは

出典: https://www.amazon.co.jp

USP Matchとは銃器メーカーH&K社のUSPを射撃の競技用にカスタムした銃のことです。全長は24cmで幅が3.2cmとなっていて重量は1.07kg(マガジンが空の状態)です。使える弾の種類は9×19mmパラベラム弾、.40S&W弾、.45ACP弾の3つのバリエーションがあります。装弾数はそれぞれ9mmが18+1発、40口径が16+1発、45口径が12+1発です。

USPMatchの特徴

特徴としては画像からも分かる通りに銃身前部にウェイト(銃口制退器ではないので単純な重りとしての役割)が射撃時の跳ね上がり抑制の為に装備されています。その他カスタマイズ部分はトリガーがMatchトリガーであったりバレルの長さが変更されていたり、サイトがアジャスタブルになっているなど細部が競技用にカスタムされています。(カスタマイズ部分は後述のUSPタクティカルとほぼ同等の仕様です)

USP Matchなどが活躍する映画

USP Matchは映画「トゥームレイダー」 で主人公のララが二丁拳銃スタイルで使用していました。劇中に出ているこの銃は左手でも操作が出来るようにカスタマイズが施されています。二丁拳銃で敵を倒すその姿が非常にかっこいいのでぜひご覧になってください!その他のUSPに関しても「24」でジャック・バウワーが使っています。また映画「バイオハザード」シリーズにも3と5で登場しています。

H&K USPについて

出典: https://www.amazon.co.jp

使用できる弾薬はMatchと同じく9mm弾、.40S&W弾、.45ACP弾の3種類で装弾数はそれぞれ15+1発、13+1発、12+1発となっています。またスライド(バレル付き)等を交換することで(45口径は銃の大きさが少しだけ異なる為不可)使用する弾薬を変更できる様に設計されています。H&Kが今まで販売してきた銃とは違い当時使用できる技術だけを使い独特な機構や無理な設計をせずに開発が行われた一丁です。

H&K USPの特徴

ポリマーフレームでありながらライバルのグロックには無かったマニュアルセーフティーや外装式ハンマーを備えています。バレル内部には耐久性向上のライフリングが施されています。グリップは人間工学をもとに設計されていてマガジンは金属製ではなく銃本体と同様にポリマー製で作られています。その他にも世界初のタクティカルマウントが搭載されたことやコントロールレバー(セーフティー)が用途に合わせて9種類用意されていること等の特徴的な要素があります。

USPの歴史

1980年頃にライバルとなるポリマーフレームのグロック17が発表され成功したこともあり、ドイツH&K社はポリマーフレーム拳銃の開発を再開します。同社からVP7というポリマーフレームの銃が出ていましたが様々な理由(独特な機構の為弾丸の威力が落ちるうえに反動が強く精密射撃に向かないことや引き金が重たいこと等)から失敗しています。その後ドイツH&K社から後にドイツ各所で使用されることになるUSPが1993年に販売されました。

H&K USPの派生銃

出典: https://www.amazon.co.jp

H&K社から販売されているUSPには各所で使用されることから様々な派生形があります。本記事のタイトルにもなっているUSPMatchもその派生のうちの一種類となっています。ひとつひとつ用途に沿ったカスタマイズが施されていてそれぞれに特徴があります。ここからはその派生にフォーカスを当てて一部の派生だけではありますが詳しくご紹介していきますのでUSP派生の特徴とその魅力を見ていきましょう!!

H&K USPタクティカル

出典: https://www.amazon.co.jp

使用できる弾の種類は変わらず3種類(9mm,40S&W,45ACP)で、主な違いは消音器を装備できるようにねじ切りがされているバレルに変えられている事とサイトが変えられている事です。細かな違いとしてはMatch仕様のトリガーやマガジンプレートが変更されている点(前述のMatchと同様のカスタマイズ)などです。スポーティーな見た目に劣らず射撃能力も向上しており、消音器も装備できることでよりタクティカルになっています。

H&K USPコンパクト

出典: https://www.amazon.co.jp

USPとの大きな違いは見た目からも分かる通り小型化されている点です。全長は17cmで重量は771gとなっていて大型のMatchに比べかなり小さく軽くなっていることがわかります。細かな違いとしては引っ掛かり防止のためにハンマーの指かけ(スライド後方からハンマーが飛び出ていないのが画像でも確認できます)がありません。また小型になりながらも多弾倉(9mm弾で13+1)を実現しています。

H&K USPエキスパート

出典: https://www.heckler-koch.com

射撃の競技用であるこの銃はほとんどのカスタム部分がUSPタクティカルと同様ですが、バレルの長さが約13cmに延長されていてノーマルのUSPに比べてより命中率を高めています。また延長されたバレルに合わせてスライドも変更されており、変更されたスライドは従来のスライドとは違い新デザイン(他のUSPと違いスライド先端が下部から突き出ているのが画像でも確認できます。)のものになっています。

H&K P8

出典: https://www.heckler-koch.com

H&Kに掲載されているP8です。

このP8はドイツ軍に配備されているもので、P8という名前になっていますがUSPがベースになっていて使用弾薬は9mm仕様になっています。P8の特徴はコントロールレバーが大きく違い独自の仕様で通常9種類のどれにも属さないものになっています。バレル内部もUSP仕様ではなく通常のライフリングに変更さています。後述のP12は特殊部隊向けですがP8はドイツ警察でも使用されていました。

H&K P12

出典: https://www.amazon.co.jp

P12の画像が無かったためタクティカルの画像で代用しています。

USPタクティカルをドイツ軍特殊部隊向けに配備された銃のことです。P12の情報は特殊部隊向けのみの銃ということもあり詳細な情報が少ないため大きな違いは分かりませんが、タクティカルが配備に伴ってP12とされている為同様にバレルやトリガーなどが変更されている(部品が別途変えられている可能性もあります)と考えられます。また特殊部隊向けなのは消音器が使用できることや命中精度が高いこと等が理由と考えられます。

USPMatchなどのガスガンご紹介の前に

出典: https://www.irasutoya.com

ここからは実際にサバイバルゲームやコスプレなどで使用したい方向けにガスガンのUSPシリーズをご紹介していきますがご紹介の前に注意事項として購入する際は18歳以上の方のみになります。お住いの地域やサバイバルゲームのフィールドによって詳細なルールが違いますのでしっかりと確認を行いルールやマナーを守って安全に楽しく遊びましょう!ではUSPMatchをはじめとしたUSP各種のうち数種類を販売メーカーと共に見ていきましょう!

USP Matchのガスガン

出典: https://www.amazon.co.jp

USP Matchのガスガンは国内メーカー2社から販売されています。ひとつはガスブローバック式のガスガンでもうひとつが固定スライドガスガンの販売を行っているので両方ともの違いとその特徴を踏まえてご紹介します。両方とも魅力があってどちらを選んでもメリットがあるのでご自身の使用用途やサバイバルゲームでやりたいことに合わせて購入することができます。ではそれらも含めて見ていきましょう!

KSC USP Match

出典: https://www.amazon.co.jp

kscからは2種類のUSP Matchが販売されています。画像は後発のヘヴィウェイト仕様ですがABSのガスガンも発売されていてその両方がKSC独自の反動がガツンとくる「システム7」という機構が採用されています。kscから出ている両方共が45口径仕様となっている為他の弾薬仕様が欲しい方には残念ですが刻印もH&K公式ライセンスを取得しているので見た目やトリガー等の可動部に実銃同様のリアリティを求める方にはおすすめのガスガンとなっています。

S2S USP Match

出典: https://www.amazon.co.jp

S2Sから発売されているUSPMatchは固定スライドガスガン(コッキングができない仕様)になっています。このトイガンの良いところとしては非常に静音性が良いことや固定スライドなのでリコイルが無くトリガープルも軽いため連射がしやすく室内戦では活躍できる点です。見た目のリアリティはKSCの商品に劣りますが価格は比較的安価で固定スライド特有の静音性があるので非常にコストパフォーマンスがよく非常に魅力的な商品だと思います。

S2S USP Matchの注意点

この製品はセーフティーをかける際にはシングルアクション(ハンマーをコックした状態)でなくては弾が発射されてしまいます。また使用時はシングルアクションでは初速が出ないのでシングルアクションで使用することが少なくなりますが固定スライドは意図的にハンマーをコックしなければコックされた状態にはならない為使用する際は十分に注意してください。※意図しない発射は事故や怪我に繋がるので必ずセーフティは確認しましょう。

USPのガスガン

出典: https://www.amazon.co.jp

ドイツが誇る名銃USPは日本も含めた各国トイガンメーカー各社が開発し販売しています。トイガンメーカーによって性能や見た目のリアリティなどに違いがあり自分の使用目的や今後のカスタマイズを考えて購入を検討していけます。USPガスガンは販売メーカーが多く選択肢が広いので今回はそれらの中からも日本製で入手が容易で購入後すぐに使用することができるいちおしのトイガンを紹介していきます。

東京マルイ USP

出典: https://www.amazon.co.jp

沢山のトイガンメーカーの中でも一番の知名度と実績を誇る東京マルイより発売されているUSPです。東京マルイの製品は見た目は他社に劣ることもありますが性能面では随一で買ってすぐに使うことができます。海外製品ではバネを変更する必要があったりバレルやトリガーを調整する必要がある場合もありますが本商品は安定した性能で命中精度も良くマルイ純正のオプションも使用できるのでおすすめになります。

KSC USP

出典: https://www.amazon.co.jp

USP Matchでも紹介したKSCですが他のバリエーションも多く発売しています。このUSPもMatchにも搭載されていた「システム7」が搭載されておりしっかりとしたリコイルショックを感じることができます。ライセンスも取得している為見た目も非常にリアルで刻印はもちろん実銃とほぼ同様の可動が体験できます。カスタムパーツも多くの種類が用意されておりバレルやトリガーをカスタムすることもできるので非常におすすめの一品となっています。

USPコンパクトのガスガン

出典: https://www.amazon.co.jp

USPコンパクトは国内製品となるとUSPほど販売しているメーカーが多いわけではなく選択肢が少ないですが大手メーカー二社から販売されています。また両社ともにサードパーティ製のカスタムパーツも多く発売されていてそれらを使用できる商品になっています。USPでもご紹介したメーカーからコンパクトも販売されていますのでそれぞれメーカー製品の特徴や魅力を見ていきましょう!

東京マルイ USPコンパクト

出典: https://www.amazon.co.jp

東京マルイから発売されているUSPコンパクトは性能面では申し分ない命中率を誇ります。見た目に関しても他社と比較して劣ることのないリアリティを追求しており、カスタムパーツもサードパーティ製も含めると多くのパーツが用意されているので内部と外部両方とも自分仕様にすることが可能になっています。また箱から出して東京マルイのオプションパーツだけでカスタマイズしてすぐに使えるのは東京マルイが優れている点といえます。

KSC USPコンパクト

出典: https://www.amazon.co.jp

またもやKSCの商品となりますが妥協がほとんどされていない見た目のリアリティとKSCならではの重厚感はぜひ手に取って感じてほしいと思います。しかし東京マルイ製品とは違い性能面では劣ってしまいますが実践でも十分使うことができる性能です。またこの商品にも「システム7」は搭載されている為リコイルショックを強く感じられるので重量感とリアリティと合わさり使っていて非常に楽しめる製品となっています!

USPタクティカル

USPタクティカルのガスガンは残念ながら国内では一社からしか販売されていません。今後国内大手メーカーから販売されるのを期待して今回はガスガンでは一社のみのご紹介となります。しかし非常に魅力的で唯一無二の商品ですのでみていきましょう!またガスガンではありませんがUSPタクティカルの電動ガンも別のメーカーから販売されていたため一緒にご紹介していきたいと思います。

KSC USPタクティカル

現状USPタクティカルのガスガンは国内ではKSCからしか発売されていないのが現状です。そのため欲しい方はKSC一択になってしまいます。ですが公式ライセンス取得しているKSCならではのリアリティは本銃にもあり、システム7も搭載されているのでリコイルショックもしっかりと感じ取ることができます。KSC商品は重量も実銃とほとんど変わらないので重厚感と手にフィットするバランスは非常におすすめです。※画像はKSC製品ではありません。

umarex USPタクティカル

出典: https://www.amazon.co.jp

ガスガンではありませんがスライド固定の電動ガンが海外メーカーのumarexから発売されています。日本国内の製品ではなく海外メーカーということ(日本と海外では威力規制の違いがあります)もあり内部の調整は必要となってくる可能性はありますが電動タイプのタクティカルでは唯一無二の商品となっていますので電動が欲しい方にはおすすめです。※こちらも18歳以上対象となっている商品です。

P10SD

最後にP10SDの紹介です。本銃はP8やP12ではありませんがドイツの警察や警備員が使用している銃となります。今までのおすすめにも多々登場したKSCからのみ発売されておりこのガスガンも実銃に非常に近い見た目でリアリティがあります。最初から消音器も使用できる仕様なので実際にサバイバルゲームでドイツ警察の装備を揃えたいコアな方にも皆と少し違った銃を使用してみたい方にもおすすめとなっています。

おすすめ電動ガン

出典: https://www.irasutoya.com

国内最大手のトイガンメーカーの東京マルイからは上記のUSPも発売されていますが、電動ハンドガンとしてもUSPが発売されています。買ったその日から純正オプションを装着して共に使えたり調整いらずの命中精度などの性能面はもちろんのこと冬になると気温の関係で出番の少なくなるガスガンと違い季節に関係なく使用できる面など他にも余りある魅力や特徴を合わせて電動ガンUSPを最後の商品紹介とします。

東京マルイ電動USP

東京マルイからUSPの電動ガンが発売されています。画像のタイプ以外にもスライドがシルバーの物もあるのでそちらもおすすめになっています。性能面では東京マルイ製の為問題なく内部カスタムなしでそのまま使用することができます。また電動ならではのフルオート射撃も可能になっているので一味違ったUSPを楽しむことも可能になっています。オプションパーツも多く販売されており画像のようにカスタムすることもできるのでお勧めです。

まとめ

いかがだったでしょうか?一口にUSPと言っても様々バリエーションがあり、用途によってカスタマイズの内容が違いそれらを使い分けたり政府機関によって名前や細かなカスタムが変わったりと分かりにくい部分もあったかと思いますが今回の記事でUSPに興味を持たれた方も元々USPが好きな方も今後のサバイバルゲームやコスプレなどでより装備の幅を広げて楽しんでいただけたら幸いです。

他の銃が気になる方はこちらもチェック!

今回の記事ではUSPにフォーカスを当ててご紹介しましたが、魅力たっぷりな銃がまだまだ他にもあります。下記リンクに他の魅力ある銃の記事を載せておくのでぜひチェックしてサバイバルゲームやコスプレの役に立ててください!

ThumbH&K G36Cの特徴や性能は?サバゲーで使えるカスタムパーツや改造方法もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
G36CはH&K社が製造し1996年にドイツ軍に制式採用されたG36の近接戦闘用にコンパクト...
Thumb【2019】ガスガンの種類別おすすめ13選!人気&最新モデルから厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はガスガンのおすすめと選び方を紹介します。ガスガンはBB弾を一回一回撃つだけではなく連射...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ