H&K G36Cの特徴や性能は?サバゲーで使えるカスタムパーツや改造方法もご紹介!のイメージ

H&K G36Cの特徴や性能は?サバゲーで使えるカスタムパーツや改造方法もご紹介!

G36CはH&K社が製造し1996年にドイツ軍に制式採用されたG36の近接戦闘用にコンパクトにカスタムされたのがG36Cです。東京マルイからモデルアップされて、発売されています。G36Cの特徴や性能、カスタムパーツ、改造方法についてご紹介していきます。

2019年06月27日更新

田中なつめ
田中なつめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ドイツのアサルトライフルH&K G36Cについて
  2. H&K G36Cの特徴
  3. 東京マルイ G36Cについて
  4. G36Cの性能と特徴
  5. スタンダードタイプについて
  6. 次世代電動ガンについて
  7. G36Cカスタムパーツについて
  8. G36Cおすすめカスタムパーツ
  9. 改造を行う前に知っておくべきこと
  10. G36C改造とその方法について
  11. H&K G36Cについてのまとめ

ドイツのアサルトライフルH&K G36Cについて

出典: https://www.amazon.co.jp

G36C

H&K社が製造している近接戦闘用に小型化にカスタムされたアサルトライフル。1996年にドイツ軍に正式採用され、運用されてきました。ほかにも特殊部隊での運用を想定したG36Kもありますが、こちらは銃身が短く、機動性の向上を目的としたアサルトライフルです。G36Cはシリーズの中でも最もコンパクトなモデルになります。アサルトライフルの中でも取り回しがよく、近接戦闘に特化しています。現在ではドイツ軍だけでなく、フランス国家警察やスペイン軍にもG36シリーズは運用されています。(※この記事では対象年齢が設けられているの商品を紹介しています。ご購入を検討の際は年齢制限にご注意ください。)

その他のシリーズについて

派生として、セミオートのみの民間用HK243、使用弾薬を変えたHK237などがあります。射撃精度が高く軽量、頑丈であることからさまざまな状況に合わせて改良されており、それぞれにそれぞれの特徴があるシリーズになっています。

H&K G36Cの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

ストックの折りたたみが可能

仕様について

H&K G36Cはショートストロークピストン方式を採用し、反動が少なく、安定した射撃精度を実現した方式を使用。コッキングハンドルは折りたたみ式になっており、左右どちらでもボルトを操作することができる。マガジンもプラスチックでできており、シースルーになっているため残弾数を目視ですぐに確認することができるようになっています。

弾丸や射撃性能について

弾丸は5.56×45㎜NATO弾を使用。有効射程距離は200m~600m程度になります。当時のドイツでは軽量かつ高い精度の銃が求められていました。そこで、G36Cはフレームにプラスチックを多く使用することで軽量化に成功しています。軽量であり、優れた性能と安定した精度を兼ね備えた信頼性の高いアサルトライフルです。

東京マルイ G36Cについて

出典: https://www.amazon.co.jp

シースルーマガジン

ドイツでの運用だけでなく、各国で運用されているアサルトライフルの中でもコンパクトなH&K G36Cを東京マルイがモデルアップし、BOYs、スタンダードタイプ、次世代電動ガンの三種類が発売されています。スタンダードタイプ、次世代電動ガンはより実物に近く、リアルに再現された電動ガンになります。スタンダードタイプは実銃と全長、重さが同じになっています。電動ガンでも性能は高く、拡張性も高いため人気のモデルになっています。バッテリーは8.4Vニッケル水素1300mAhミニSバッテリーを使用します。

G36Cの性能と特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

ドイツで運用されてきたH&K G36C。東京マルイから電動ガンとしてモデルアップされたBOYs、スタンダードタイプ、次世代電動ガンの3種類があります。今回はスタンダードタイプ、次世代電動ガンの二つに焦点を当ててそれぞれの特徴についてお話していきたいと思います。スタンダードタイプは実銃と銃身、重さが同じで、マガジンがシースルーでダミーカートがよりリアルに感じさせてくれます。次世代電動ガンは反動があり、ラバーグリップカバーやショートフォアグリップなど、付属でさまざまなアタッチメントがついてきて、使い勝手がよくなっています。

スタンダードタイプについて

出典: https://www.amazon.co.jp

14mm逆ネジ対応

仕様について

スタンダードタイプのG36Cの特徴についてお話していきたいと思います。ストックを折りたたむことができ、使用用途に合わせてさらにコンパクトにすることが可能です。BB弾の装填数は50発になります。セレクターは右側、左側両方についており、セミオート、フルオート、セーフティーの切り替えが右利き、左利き関係なく、切り替えやすくなっています。

拡張性について

ハンドガード上部と下部に2mm対応のレールが付いており、拡張性は高くなっています。H&K G36Cのマガジンは特徴的で、側面にはジョイント部分があり、マガジンどうしてつなげることが可能です。専用のアタッチメントなどが必要なく、マガジン同士をつなげることができます。

次世代電動ガンについて

出典: https://www.amazon.co.jp

次世代電動ガン

仕様について

次世代電動ガンのG36Cの特徴についてお話していきたいと思います。反動があり、ボルトが実銃同様動きます。サバゲーによりリアル感を与えてくれます。ただし、マガジンが空になっても動作するので、スライドオープン状態にはなりません。スタンダードタイプと同じく、セレクターは左右どちらでも切り替えることが可能です。マガジンの装填数は50発、シースルーになっておりダミーカートが見えます。

拡張性について

上部のマウントレールはさらに長くなっていますが、アイアンサイトが標準ではついておらず、光学照準器の取り付けが必要になります。ハンドガードの側面にも2mm幅のマウントレールが搭載されているため、拡張性が高くなりました。ハンドガード下部にもマウントレールがついています。マガジンのサイドにジョイント部分があるため、マガジン同士をつなげることが可能です。

G36Cカスタムパーツについて

出典: https://www.amazon.co.jp

H&K G36Cカスタム

次はサバゲーで使えるカスタムパーツを紹介していきたいと思います。H&K G36Cはスタンダードタイプにはハンドガード上部と下部に20幅のマウントレールが、次世代電動ガンは上部と下部、側面にも2mmのレールが付いており、上部は光学機器を搭載することを前提にロングレールになっています。拡張性が高く、様々なオプションの取り付けが可能になっているので、サバゲーで使えるカスタムパーツをいくつか紹介していきたいと思います。

G36Cおすすめカスタムパーツ

NEWプロサイト

東京マルイ製の筒形の屋外で使用してもしっかり見えるドットサイト。ワンタッチで開閉ができるキャップ付きで、便利な仕様になっています。レンズは強化ガラスを使用し、万が一BB弾がレンズに直撃しても割れにくくなっています。3段階の光量の調節ができます。

Nitro.Voタイプ JH400

オープンタイプのダットサイトになります。ハンドガンなどに使用すると角度によっては使用しずらいですが、アサルトライフルなどのしっかりと頬付けをして構える銃であれば十分使いやすく、視野を広く保つことができます。ドットの形も数種類あり、5段階の光の調節もできます。視界が狭められることなく使用することができるので、素早く照準を合わせることが可能です。近接戦闘用にコンパクトに設計されたH&K G36Cとの相性も抜群で、前線に出てポイントアタッカーとして動きたい方にお勧めです。

RSBOX 高性能ホロサイト

比較的安価で高性能なホログラフィックサイトになります。アサルトライフルではこちらのサイトが使用されることが多いです。どの方向から見てもしっかりと照準を合わせることができ、レンズに多少汚れや傷がついてもしっかりと狙いを定めることができます。光量も5段階調節が可能です。

MAGPUL型AFGアングルフォアグリップ

MAGPUL型AFGアングルフォアグリップ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

マグプル型のフォアグリップ。握りこむ部分がハンドガードから斜めになっているのが特徴で、これによって手首がまっすぐになり、構えた際に自身の体に寄せるようにしてしっかりとホールドができます。

改造を行う前に知っておくべきこと

出典: https://www.irasutoya.com

要注意

改造を過度に行い、威力を上げすぎると銃刀法違反になってしまいます。気温が20℃~35℃の状態で0.98J以上のものは所持自体が禁止されています。弾速を上げすぎると準空気銃として扱われてしまうので注意が必要になります。また、BB弾の種類によって威力が左右されるので、注意が必要です。また、G36Cの弾速は85m/s~87m/sほどあり、弾速の改造を行うとBB弾によっては違法になってしまう可能性があるため、弾速に関する改造はあまりおすすめできません。

G36C改造とその方法について

出典: https://www.mokei-paddock.net

G36C

次に改造について紹介していきます。改造は外部の改造と内部の改造二種類あります。H&K G36Cはもともとマウントレールが付いているので、おすすめのカスタムパーツで述べたものを取り付けるだけで、十分に性能を上げる改造ができます。内部の改造は性能を大きく変える要因になる改造になります。

出典: https://www.amazon.co.jp

インナーバレル

今回は比較的簡単な改造についてお話していきたいと思います。照準器やサプレッサーを取り付けるよりも知識を必要とし、内部改造の場合失敗するとBB弾が意図していない方向へ飛んでいく、飛距離がでないなどの不具合が出る場合があるので、改造を行う際は自己責任でお願いします。しっかりと知識をつけ、手順を踏んで行えば自分のスタイルに合った、自分だけの1丁を作り上げることができます。

インナーバレル

インナーバレルは日々のメンテナンスのために取り外しなどが簡単できるようになっているため、比較的に簡単に行える改造の一つです。あまり長いものを使用すると逆に初速の低下や射撃精度の低下に繋がりますので、しっかりと下調べをしてから購入をするようにしましょう。

モーター

サイクルを上げたい、セミオート時の使い勝手をよくしたいという方に向いています。サバゲーのフィールドではフルオート禁止の場所がありますので、サイクルを上げても活躍できない場合などがあります。ですが、セミオート時のレスポンスを上げることで、ストレスなく、キレのいい射撃を行うことができます。

分解についての注意

G36Cの説明書、購入したインナーバレル、モータの説明書をしっかりと読んで作業を行ってください。チャンバーや、チャンバーパッキンを破損してしまうと大変なので注意して行ってください。モーターの改造にはメカボックスを開く必要があり、またはんだごてなども必要になります。説明書をしっかりと読み、部品をなくしてしまわないように注意しましょう。

H&K G36Cについてのまとめ

出典: https://www.amazon.co.jp

フォアグリップ付き

ドイツでの運用だけでなく各国で運用されていたアサルトライフルH&K G36Cを東京マルイが電動ガンとしてモデルアップした人気モデルです。スタンダードタイプでは実銃と同様の全長、重量で持つだけで実銃を持っているのと同じ、次世代電動ガンは反動があり、付属のアタッチメントで購入時の状態からでも使い勝手がよくなっています。拡張性が高く、さまざまなパーツの取り付けが可能です。自分だけのG36Cを作り上げてみてはいかがでしょうか。

最新のサバゲー装備が気になる方はこちらをチェック!

こちらの記事ではサバゲーでの装備の選び方やおすすめの最新のサバゲー装備を服装やマスク、グローブなど各装備品について詳しく掲載しています。サバゲーでの装備の情報が気になる方はぜひご覧ください。

Thumb【2019】最新サバゲー装備おすすめ13選!きっと欲しくなる魅惑の製品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は最新のサバゲー装備のおすすめと選び方を紹介します。サバゲーは電動ガンやガスガンなどの銃...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ