東京マルイ「CQB-R」の性能や各パーツを解説!M4との違いは?のイメージ

東京マルイ「CQB-R」の性能や各パーツを解説!M4との違いは?

CQB-Rを販売している東京マルイは、様々なエアガンを販売しており安定した性能で実物に近いと定評があります。ドラマのワンシーンや実在する機関の訓練でも使用されているほどです。その東京マルイから発売されているCQB-Rについて解説していきたいと思います。

2019年06月07日更新

Viento
Viento
ライティング初心者のViento(ビエント)です。多趣味で、中途半端と言われますが、私は全てを繋げ一つにし、自分の仕事、好きなことをとことん追求し、たくさんの方々に楽しくお伝えしていきたいと思っております。宜しくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 東京マルイ次世代電動ガンCQB-Rとは?
  2. エアガンCQB-Rの性能①
  3. エアガンCQB-Rの性能②
  4. エアガンCQB-Rの性能③
  5. エアガンCQB-R各パーツ解説①
  6. エアガンCQB-R各パーツ解説②
  7. エアガンCQB-R各パーツ解説③
  8. エアガンCQB-R各パーツ解説④
  9. エアガンCQB-R各パーツ解説⑤
  10. M4との違いは?
  11. エアガンCQB-Rのまとめ

東京マルイ次世代電動ガンCQB-Rとは?

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

東京マルイの次世代電動ガンシリーズCQB-R。発売は2009年12月で、現在10年目を迎える電動ガンです。今も愛用し、好きだという方は多いのではないでしょうか?その次世代電動エアガンCQB-Rについて詳しく見ていきましょう。
 

CQB-Rは頭文字

Photo bySpecna-Arms

CQB-Rとは、「Close Quarter Battole Receiver」の略称で、銃のバレルを短くし、近接戦闘に最適化させたアサルトライフルのことです。エアガンだけでなく本物でも同じ名称が使用されています。

短いことで取り回しが良い

銃身が長いと弾道飛距離や威力が増します。しかし、室内や近接戦闘、クリアリングではかえって邪魔になり効率が悪くなってしまいます。M4をベースに火力はそのままで、取り回しがよく、装備を充実させることができる魅力的な次世代電動ガンがCQB-Rです。

エアガンCQB-Rの性能①

Photo by3844328

エアガンとは言え、それぞれの性能や特徴が微妙に違います。数値を知ることで自分にあった相棒として相応しいか、使いやすいのか。購入を検討する上での判断材料にもなります。

CQB-R基本性能数値

全長705㎜/ストック伸長時780㎜、重量3.370g(マガジン・バッテリー装着時)、装弾数6㎜弾82発、使用バッテリー:ニッケル水素SOPMODバッテリー8.4v、初速87.56m/s(平均)、威力0.767Jとなっています。

数値からみるCQB-R

数値だけ見ても取り回しの良さが分かります。火力はほぼそのまま、軽量化され携行性がアップしています。まさに近中距離戦において性能を発揮してくれそうです。マガジンに82発ですから、サバイバルゲームから射撃までノーマル仕様で十分楽しめそうです。初速が遅いのが少し残念ではあります。
 

エアガンCQB-Rの性能②

Photo byManuchi

東京マルイの次世代電動ガンCQB-R。その名の通り、電動ガンなのでバッテリーも重要な性能の一つとなってきます。特に重さは気になるところです。
 

SOPMODバッテリーを使用

従来の電動ガンは、ニカドバッテリーで重く充電、放電に時間を要していました。次世代電動ガンの特徴であるニッケル水素バッテリーは、軽くより効率の良い性能が実現されています。CQB-Rは、次世代電動ガンの良いとこ取りではないでしょうか。SOPMODバッテリーは、第一弾である次世代電動ガンSOPMOD M4から採用されています。

エアガンCQB-Rの性能③

エアガンは、本物に近い素材の使用や見た目を見事に再現されています。しかし、本物の銃弾を撃つわけにはいきません。では、性能として撃った感覚はどうなのでしょうか?

反動も立派な性能!

実銃はトリガーを引き弾を発射すると肩に反動がきます。これがリコイルショックです。次世代電動ガンであるCQB-Rにも、この性能が採用されており、撃った感覚がリアルに肩へ伝わってきます。この感覚を味わうとエアガンは、ハンドガンでもライフルでもヤミツキになります。

エアガンCQB-R各パーツ解説①

Photo bycongerdesign

ここからは、エアガンCQB-Rに標準装備されているパーツや、カスタムパーツについて解説していきます。それでは、見ていきましょう。

カラーも大切なパーツ

Photo byPrawny

CQB-Rは、ブラックとフラットダークアース(FED)の2カラーがあります。カラーや模様も使用環境で大切になってくるので、ある意味重要なパーツと言えるのではないでしょうか?迷彩効果は侮れません。ブラックカラーなら、特殊部隊な雰囲気を味わえ、室内戦に向いているかも知れません。フラットダークアースカラーならば、砂漠地帯などの砂地に有効な迷彩です。好みに合わせ、気に入ったカラーにするのも楽しみの一つです。

エアガンCQB-R各パーツ解説②

パーツといえば、取り外しが可能というイメージがありますよね。一番取り外しの多いのが、マガジン。このマガジンも立派な主要パーツと言えます。
 

マガジンについて

6㎜BB弾が82発装弾可能で、ノーマル仕様でこれだけならかなり遊べます。サバイバルゲームで弾幕張りの際にフルオートで発射すればあっという間ですが、楽しむには十分でしょう。もっと撃ちたい!という方はスペアマガジン発連射の同時購入もオススメです。材質は本物と同様のスチールプレス製なので、リアルな雰囲気を醸し出しています。

マガジンの装弾数が変えられる!?

マガジン中身の側面には、実銃と同じ装弾数30発に切り替えるスイッチがあります。全弾撃ちきれるマガジン性能の良さが素晴らしいです。撃ち終わってマガジンを外すとBB弾が残って、ポロポロでてくることがほとんどなく、最後まで撃った感覚がたまりません。
 

エアガンCQB-R各パーツ解説③

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

自分好みにしていくには欠かせないオプションやカスタムパーツ。ノーマル仕様でも十分楽しめるが、見た目や機能にもこだわっていきたいですね。CQB-Rには、お得で機能的なパーツがなんと最初から付属しています。

マウントレール

ハンドガード上下左右の4面にマウントレールが標準装備されているので、フラッシュライトなど様々装備をつけることができます。同梱されているグリップをつけるだけでも、カッコイイです。リアサイト部分も最初からマウントレールが付属しているので後付けや別購入する必要はありません。このレールは取り外せるので、カラー塗装しやすいです。

エアガンCQB-R各パーツ解説④

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

カスタムやオプションにつながるパーツが、マズル。CQB-Rはここにはなんとも味わい深いパーツが装着できるようになっています。その前に、マズルとはどの部分なのかチェックしてみましょう。

マズルってどの部分?

マズルは銃身の先、銃口の部分です。CQB-Rの場合、取り外し可能でオプションであるサイレンサーが装着できます。マズル部分はアルミ削り出しなので、リアル感がたまりません。サイレンサーを装着するとカスタム感がより出てきます。

サイレンサー

Photo bybenjaminwgr0

サバゲーにおいてサイレンサーは、あまり効果を発揮しません。実銃と違い、音が出る場所と仕組みが違うので。それでも装着したくなるのがサイレンサーの魅力。最近では、BB弾の初速や威力を抑えるサイレンサーもあるようです。

エアガンCQB-R各パーツ解説⑤

パーツといえば、ダットサイトもしくは、スコープが代表的です。ノーマルなリアサイトでもサバイバルゲームでは十分ですが、より精度とリアル感を高めるにはやはりダットサイトでしょう。CQB-Rの精度や照準で言えば、ストックも忘れてはいけません。

パーツだけ見てもダットサイトはカッコイイ

Photo byCapri23auto

ダットサイトサイトは照準を合わせるパーツです。標準のリアサイトはマウントレールでの着脱ができ、かなり便利です。別売りのダットサイトやスコープを装着でき、ここまですればリアル感は十分でしょう。ダットサイトまでカラーをすると、面白いかも知れません。

東京マルイのダットサイト

ダットサイトなどのオプションを装着するには、別でマウントレールの購入が必要ですが、CQB-Rはレールが最初から標準装備されているので、ありがたいです。東京マルイから発売されているダットサイトは実用性が高く、軽量かつ耐久性に優れているためサバイバルゲームで使用しても安心できます。

ストック

ストックは、ヴォルダータイプストック。6段階の調節が可能で、肩に当たる部分にはゴムコーティングで滑り止めも施されてされていいます。このストック内にSOPMODバッテリーを収納します。

ストックのメリット

肩に当てていることが多いので痛くなってきます。コーティングされかつ滑りにくいというのは、痛くなりにくく照準もずれにくいというメリットになります。自分の身体や使用状況に合わせて調節し利用してみると、また面白いです。中距離ならば、ストックを伸ばし銃身を安定させ狙いを定めやすく、ストックを短くすれば近接戦闘やクリアリングに適した形となります。

M4との違いは?

Photo bydaniel2354

基本的な違いは、主にその全長と重量が違います。見た目もそれぞれで正直、個々の好みや使いやすさで変わり、カスタムすることで、リアル感が違ってくるのではないでしょうか?それでは、比較しながら違いをみていきたいと思います。

SOPMOD M4の数値

Photo byjanjf93

東京マルイより2008年発売。長さ㎜/ストック伸長時878㎜、重量3.270g、装弾数82発、初速92.03m/s(平均)、威力0.847J。

SOPMOD M4をCQB-Rと比べて

CQB-Rと比べると初速が速く威力が高いのが分かります。連射から狙撃まででき、CQB-R同様、ハンドガードとリアサイト部分には、マウントレールが標準装備されているのでカスタムやオプションパーツをつけやすいです。アサルトライフルなので普通のライフルと違い少し短いですが、スコープをつけても良さそうです。重量に関しては何故かCQB-Rよりも僅かに軽いです。削り出し、肉をそぎ落として、軽量性と機能性を上げているモデルになっていることと、素材や機構、バレルなどの違いでこのような結果となっているのではと考えられます。

M4A1 SOCOMの数値

Photo byjanjf93

東京マルイより2009年発売。長さ777㎜/ストック伸長時854㎜、重量2.970g、装弾数82発、初速91.02m/s(平均)、威力0.828J。こちらも同様にリアサイト部分にマウントレールが標準装備されています。

M4A1とCQB-Rを比べて

CQB-Rと違い、ハンドガード部分がバッテリー装着部なので、マウントレールがありません。ただ、丸みがあるので手にフィットし支えやすいです。初速は若干速く、使用するバッテリーはミニバッテリー。これにより前に重さを感じ、構えやすいのも魅力です。装着するのであれば、スコープよりダットサイトがおススメです。また、他社になりますがキングアームズよりM4A1 Ultra Grade販売されていて、このM4A1 SOCOMとそっくりです。

CQB-Rをそれぞれと比較して

数値上比較してみると、ノーマルマガジンの装弾数82発というのはまったく同じで特に差は見られないです。マガジンの30発切り替えも可能なので変わりません。オプションパーツやカスタムでもSOPMOD M4に引けを取らない仕様です。しかし、初速や威力を見ても分かるように飛距離や威力は若干低めです。サバイバルゲーム時に当たったことに気づきにくく、「ヒット」申告しにくいかも知れません。CQB-Rで良いのはやはり取り回し。近接戦闘、室内クリアリングに適したウェポンということです。

エアガンCQB-Rのまとめ

東京マルイCQB-Rには、実銃と同じ素材を使用した部分、剛性もあり質感や肌に触れた時の感触もリアルです。残念なことにcqb-rは若干初速や飛距離で劣る部分があるものの、十分な存在感と性能を備えていると思います。また、ホップアップシステムがあるので実際のところ他の次世代電動ガンと使い比べてもあまり変わりは感じられないかもしれません。これからサバイバルゲームを楽しみたい、手にしてみたいという方には本当におススメです。サイズ感からして、女性でも使い始めやすいメインウェポンではないでしょうか?是非CQB-Rを手に入れ、貴方だけの相棒にカスタムしてみませんか?

注意点、法律

Photo bysucco

J(ジュール)は、法律で0.989J以内と定められており、これを上回るものは販売、所持、カスタム、使用も禁止です。それを所持使用することは、準空気銃となり銃刀法違反になります。今回ご紹介解説したCQB-RはJが低めですが、リアルで安全に楽しむためには、丁度良いのかもしれません。実際に屋内遊技場やチームのルールとして独自にこの基準以下に定めているところもあります。

cqb-rや他のエアガンも気になる方、カスタムしたい方はこちらをチェック!

誰もがエアガンを手にするとしたくなるのが、カスタム。少しの工夫でもできるんす。CQB-Rのカスタムについて詳しい記事が上記リンクにあります。是非、ご覧ください。
 

ThumbCQB-Rをカスタムしよう!カスタム性の高いエアガンやおすすめカスタムもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はM4の派生であるCQB-Rの電動ガンをカスタムしてみよう、ということで、おすすめなCQ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ