DODで買いたいキャンプ用寝具おすすめ9選!こんな製品が欲しかった!のイメージ

DODで買いたいキャンプ用寝具おすすめ9選!こんな製品が欲しかった!

ワンタッチテントやトンネル型のドームテントで人気のアウトドアブランドDODには他のブランドにはないようなユニークな寝具がたくさんあります。マット、寝袋、ベッドの3種類のカテゴリーに分けDODから発売されている寝具を9種類紹介します。

2019年01月03日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. DODとは
  2. DODの寝具のラインナップ
  3. DODの寝袋の選び方
  4. DODのマットの選び方
  5. DODの簡易ベッドの選び方
  6. DODの快適なおすすめ寝具1
  7. DODの快適なおすすめ寝具2
  8. DODの快適なおすすめ寝具3
  9. DODの快適なおすすめ寝具4
  10. DODの快適なおすすめ寝具5
  11. DODの快適なおすすめ寝具6
  12. DODの快適なおすすめ寝具7
  13. DODの快適なおすすめ寝具8
  14. DODの快適なおすすめ寝具9
  15. DODの寝具のまとめ

DODとは

DODは大阪のユニークな人気メーカー

doppelganger_outdoorさんの投稿
47042636 796449387383164 6405222143517740831 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

DODは2018年に社名やブランドロゴが変わった大阪発の人気アウトドアブランドです。ロゴが変わる前にはドッペルギャンガーアウトドアとしてコスパもよく、他のメーカーにはない遊び心のあるギアなどを発表し、その都度SNSなどで評判になっていたブランドです。寝具で言えば、発売当初評判になったジャケットのように着込んで動ける寝袋は他社からも現在は発売されていますがDODでは10年ほど前に発売しています。

DODが人気の理由①

naoishigureさんの投稿
44895011 199480324271064 6215081540498289091 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

DODの製品が評判がよく人気なのは主に2つの特徴があります。これはテントやタープだけではなく、マットや寝袋、ベッドなどの寝具にも当てはまり、リーズナブルな製品が多く、初心者でも使い方がすぐに分かることです。キャンプ用品は設営が難しかったり組み立てるのが難しいものがありますが、DOD場合は使い方も設営も簡単なため人気があります。初心者から上級者まで誰でも使いやすいことは大切です。

DODが人気の理由②

5bt91995さんの投稿
19122017 1073808752719329 1490731153567514624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

前述したように遊び心のあるユニークギアが人気の秘訣です。時にはユニーク過ぎて売れないギアもありますが、遊び心のある製品はSNSで評判になります。10年ほど前に発売された動けるね寝袋も当時はキャンプで使えるユニーク製品として発売されました。他にも収納サイズが小さくてキャンプツーリングで持ち運びしやすいベッドなど使い方がユニークな製品や使い方以外の形状やデザインなどがユニークなギアなど豊富です。

DODの評判

テントやタープからベッドを含め寝具などいろいろなキャンプ用品を作っているメーカーです。

DODの寝具のラインナップ

寝具の代表:寝袋

c.k1034さんの投稿
36148235 2066922960228346 3155890124550569984 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンプ用品の寝具で一番使われるものが寝袋です。シュラフやスリーピングバッグともいいキャンプでは布団の役割を果たします。一般的に寝袋の形状はマミー型か封筒型に分かれているのですが、DODの寝袋の場合は封筒か人形(動けるね寝袋)となります。また、寝袋の中綿は羽毛をしようたダウンと化学繊維を使用した化繊シュラフがありますが、現在のDODラインナップにはダウンを使っている寝袋はありません。

寝具の縁の下の力持ち:マット

scotty_1225さんの投稿
17818694 1272630976161201 6820576566204956672 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

寝袋の下に敷いて使うマットは寝具の縁の下の力持ちです。シンプルに下に敷くという使い方で地面からの冷えを防ぎ、地面の凹凸や硬さを和らげてくれるので、マットを使わないで寝た場合とは雲泥の差です。マットは自分で膨らますタイプと、自動で空気が入るマットがありDODのラインナップは全て自動で空気が入るマットです。自動で空気が入るタイプは中にウレタンフォームが入っていて、多少重たいですが快適に過ごせます。

寝心地No1の寝具:ベッド

jahyuki2401さんの投稿
34697109 793686364161843 387715914809737216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンプで使われる簡易ベッドをコットとも言いますが、DODの場合はベッドと呼んでいます。ラインナップは大きさや収納サイズが違う3種類、販売終了となりましたがまだ手に入るベッドもあります。使い方は、ベッドを組み立て、マットを敷いてから寝るだけです。寝心地の一番いい寝具で体が地面につかないことで冷えや凹凸、硬さが伝わらないのでマットが無くてもベッドだけでも非常に快適に寝ることができるため人気です。

DODの寝袋の選び方

形による選び方がおすすめ

aikoku.camperさんの投稿
47693895 2238947783052650 8364247270060036651 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

前身のドッペルギャンガーアウトドア時代には封筒型の一般的な寝袋を発売していましたが、現在DODから発売されている寝袋は一般的な寝袋と比べると形状や使い方が大きく違うため、一般的な寝袋の選び方よりも単に形状をみてから選びましょう。初心者でも寝袋の形状が大きく異なるので選びやすい特徴があります。購入する店によってはDODの古い製品などを取り扱っている場合がるので全てに当てはまることでは無いので注意しましょう。

一般的な寝袋の選び方

一般的な寝袋の選び方は形状の違いの確認の他に、ダウンなのか化繊なのか中綿の違いを確認してから、外気温がどのくらい下がっても快適に眠れるかの指針となる使用温度などを確かめます。DODの寝袋も同じ選び方でいいのですが、化繊シュラフしかなく寝袋のラインナップは少なく使用温度もあまり変わらないので形状で選ぶと簡単です。2019年1月現在発売されている寝袋は春~秋までの3シーズン用で5度以上の温度が快適です。

DODのマットの選び方

マットは厚みが大切

naokin777さんの投稿
43650048 561886214242352 1049604349629075711 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

マットの選び方は、厚みを確認して選びましょう。マットの厚みで使用感が大きく違います。マットの厚みがなければ地面の硬さや凹凸をあまり軽減できません。逆に厚みがりすぎると持ち運びしにくくなります。DODのマットは選び方は厚み以外にも模様や色での選び方もおすすめです。

使用人数も選び方の基準に

masako9495さんの投稿
29401705 786550844868710 7797580969191407616 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

一般的なキャンプ用の寝具は1人で使用することが多いですが、DODの寝具は製品により1~2人で使用できるようになっています。製品によっては二人用のマットを半分に折り畳んで使うことで倍の厚みのあるソロ用のマットにする事もできますが、二人用のマットは意外と大きいので車以外のキャンプでは寝具の大きさに気をつけましょう。

基本的なマットの選び方

DODの寝具は自動で膨らむタイプばかりなので省略していますが、マットを選ぶ時はタイプも大切です。自動で膨らむタイプはコンパクトにはなりますが中にウレタンフォームが入っているので一定以上コンパクトにできません。また、自分でふくらませるタイプは空気を抜けば500mlのペットボトルぐらいという非常にコンパクトにできます。そのためマットを選ぶ時はタイプも大切なポイントです。

DODの簡易ベッドの選び方

収納サイズを選び方の目安に

164hiroshi0024さんの投稿
30930176 1667605429983635 6030842525554573312 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

DODのベットは収納サイズがコンパクトになるモデルと標準的なモデルに分かれています。ベッドは絶対に必要な寝具ではないのですが、バイクツーリングで使いたい場合は収納サイズが小さいベッドを選ぶようにしましょう。夏季のキャンプはベッドがあれば他の寝具が不要な場合もあるので季節に合わせた使い方をすることで収納サイズを気にせず使えます。

DODの快適なおすすめ寝具1

わがやのシュラフ

ドッペルギャンガー アウトドア わがやのシュラフ 4人用 寝袋 FAMILY’s SLEEPING BAG S4-511 ブラウン ビーズ 【送料無料】【KK9N0D18P】
楽天で詳細を見る

寝具の中もっともよく使われているのが、寝袋です。封筒型の寝袋をユニークな作りに変えたものが「わがやのシュラフ」です。従来の封筒型の寝具を使って子供と添い寝をする場合はファスナーで一つ一つ繋げていく必要がりましたが、DODの寝具はワイドで大人でも4人で使える大きな寝袋です。大きさは230×200センチ、収納サイズがφ36×66センチと大型ですが簡単に収納できるゆとりのある収納バッグ縫い付けれています。

おすすめポイント

出典: https://www.amazon.co.jp

DODの変わった寝具ですが、一般的な封筒型の寝袋と同じように上下を外して布団のようにも使えるので温度調整が簡単です。さらに上下で分けた状態でファスナーで閉じれば2人用の寝袋が2つできるので状況に合わせた多彩な使い方ができ、大きいですが中綿が化学繊維のため洗濯機での丸洗い可能でいつでも清潔に使うことができます。他にも面ファスナーによるファスナーストッパーが付いていたり一般的な寝袋と同じように使えます。

口コミと評価

人気の理由は簡単に収納できるという点です。大きいですが簡単に収納できることから評判がいいです。またDODらしいユニークな寝具というところも評価されています。

外気温5度だったので念の為に上から毛布を掛けて寝ましたが朝までぐっすり!大人2人と2歳の3人で寝ましたがゆとりがあるので余裕。
車載は若干嵩張りますが許容範囲内。シェラフ3人分と思えばこんなものだと思います。
3人分のシェラフを片付けるより、これ一つをまとめる方がずっと楽!

DODの快適なおすすめ寝具2

ポンシュラ

2WAY寝袋 DOD ポンシュラ S1-615-KH カーキグレー 送料無料
楽天で詳細を見る

DODの昨年発売された新しい寝具です。一見すると封筒型の寝袋に見えますがポンチョとしても使える2WAY仕様の寝袋です。キャンプで寝る前に冷えてきた場合や、災害などの緊急時にも使えるため人気があります。寝袋としての使い方は使い方はサイドのジッパーを閉めると普通の封筒型の寝袋になり、サイドのファスナーを開けてた状態で寝袋を広げ中央にある短いファスナーを開けるとポンチョとして使えます。

おすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

寝袋の中身は化繊ですが、焚き火の近くでも安心してポンチョとして使えるように表面は燃えにくいコットン100%でできています。単にポンチョとして使うだけではなく、羽織ることで焚き火で高価なダウンジャケットなどに穴が開かないようにする事もできるので便利です。添い寝ができるように、一般的な封筒型と同じ連結できる機能、すすや汚れが付いても簡単に落とせる洗濯機での丸洗いに対応しています。

口コミと評判

収納サイズが60×25×25センチとやや大きめですが気になっている方がたくさんいる寝具です。

DODの快適なおすすめ寝具3

ジャケシュラ

ジャケット シュラフ 寝袋 2WAY寝袋 DOD ジャケシュラ S1-614-KH カーキグレー 送料無料
楽天で詳細を見る

今度の寝具がポンシュラとは真逆で寝袋に見えないですが、立派な寝袋です。しかし日が陰ってきて気温が下がってくるとジャケットとしても使える2WAY仕様になっていて、寝る時は脚部の生地をファスナーでつなぐだけの簡単な作りとなっています。ジャケット時はデザインも違和感が少なく、DODの人形寝袋の正当な進化モデルと言っても過言ではないでしょう。使い方がいろいろできるシュラフとして人気です。

おすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

表面にコットンが使われていたり、洗濯機での丸洗いができるのは同じですが、若干仕様に違いがありポンシュラが2度、ジャケシュラが5度なっています。また、それぞれ十分な中綿が入っていますが寒さの強い季節はジャケシュラを来た状態でポンシュラを使うと快適に寝ることができます。収納サイズは36×36×66センチです。

口コミと評判

防寒着としても活躍するためキャンプだけではなく天体観測などでも使わている評判のいい寝具です。

DODの快適なおすすめ寝具4

キャンピングマット

【DOD/ディーオーディー】 キャンピングマット ライムグリーン 品番:CM-03
楽天で詳細を見る

鮮やかなチェック柄とライムグリーンの2色で展開しているDODのキャンピングマットです。使い方はバルブを開けると自動的に膨らむので後は適度に空気の量を調節して好みの固さに調整するだけです。万が一結露で水浸しになっても中に染み込まないように圧着加工で仕上げているため水濡れにも強くマットの厚みは3センチとなっています。

おすすめポイント

広さは2人用で約1.1×1.8メートルです。1人で使う時はマットを半分に折り畳んで使うと厚みが2倍になるので快適です。他にもレジャーシート代わりに使ったりと色々な使い方ができるマットとなっています。

口コミと評判

大きいと収納するときが大変です。しかし、大きいマットなのでいろいろな使い方もできます。また上部で紹介している動画のように収納すると簡単との口コミもあります。

しっかりと膨らんで地面にレジャーシートの
時はお尻が痛かったし冷たかったがコレなら
厚みもあり大丈夫ですね。
畳む時も解説動画の通りやれば問題なし。
焦らずゆっくりと空気を出すことに意識して
丸めて行けば収納袋に入るサイズに丸まります。

DODの快適なおすすめ寝具5

丸洗いシーツエアマット

【あす楽】DOPPELGANGER 丸洗いシーツエアマット CM2-268 | 綿100% 自動膨張式 | ダブルサイズ W1150*D1920*H45mm | ドッペルギャンガー
楽天で詳細を見る

2人用のマットにゴムバンドで簡単に着脱できるカバーがセットになっている寝具です。同じ製品同士をボタンで簡単に連結することもでき、バルブを開くだけで自動的に膨らむため肺活量のない方でも安心して使えます。厚みは4.5センチ、サイズは1.15×1.92メートルです。

おすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

シーツが丸洗いできるためいつでも清潔なマットを使うことができます。他にも防水加工になっていて結露から飲み物をこぼした時も中に水分が染み込まないようになっています。収納袋もゆったりしていて収納しやすく使い勝手のいいマットです。

口コミと評判

マットの有無は快適な睡眠ができるかに関わってきます。簡単に使えるのでおすすめです。

ずっと欲しかった商品ですが、嵩張るし、
高いかなと思い買うのをやめていましたがテントで寝るのに背中が痛いので買う事にしました。結果もっと早く買っておけばよかったと思いました。あるのとないのとでは全然違います。使う時もバルブをゆるめるだけだし、片付けも簡単です。嵩張るのは仕方ないですね。でも買って良かったです。
色も大好きです。

DODの快適なおすすめ寝具6

ライダーズエアマット

【あす楽】ライダーズエアマット レジャーシート ヨガマット ドッペルギャンガー アウトドア DOD cm1-288
楽天で詳細を見る

持ち運びしやすいコンパクトになるマットです。付属のバッグに収納すると15×56センチ、付属のバッグに収納できませんがマットだけをコンパクトにした場合は15×27センチになります。展開サイズは148×53.5センチとDODの寝具の中では一番小さく登山などで使われる足元にマットがないタイプです。その他の仕様は他のマットと同じように自動で膨らみ、防水加工の表地となっていて快適に過ごすことができます。

おすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

持ち運びしやすいコンパクトなところがおすすめです。収納袋はドライパックと呼ばれる防水の生地です。

口コミと評判

使い勝手のいい収納袋に対する評価が高くコンパクトにできる作りも好評です。

寝心地は一般的なインフレータブルタイプと同じなので特に劣ることも優れたところもありません。
ただし、バイク向けだけあって収納時のサイズがかなりコンパクトになります。
収納袋が丈夫なスタッフバッグタイプなのも高評価ですが、出来れば最小サイズ収納時の袋も付けてほしかったので星4つです。

DODの快適なおすすめ寝具7

ワイドキャンピングベッド

DOPPELGANGER OUTDOOR(R) ワイドキャンピングベッド CB1-99/CB1-100/CB1-100T 単品・ベージュ 【1点】
Amazonで詳細を見る

キャンプツーリングではなく車で行くオートキャンプの場合は収納サイズよりも幅で選ぶと快適に寝やすくなります。一般的なベッドは60~70センチの幅が多いですが、ワイドキャンピングベッドは幅77センチ、長さは190センチとかなり広くゆとりがあるため、抱きまくらを使ったり横向きに寝ることもできます。収納サイズは20×80×4センチとなってい重さは4.3キロ、耐荷重は100キロまでと大きな人でも使いやすいベッドです。

おすすめポイント

一番のおすすめポイントは幅ですが、それ以外では初心者でも簡単に組み立てれる作りもおすすめの理由です。太いスチールポールを繋げてベッドのスリーブ通してから脚部のパーツを穴に取り付けていくだけです。コツや力は多少必要ですが、動画を参考に脚部のパーツを取り付ける時はベッドを横にして足を使いならが取り付けると簡単です。なお現在発売されているワイドキャンピングベッドはブラックかベージュだけとなっています。

口コミと評判

一般的な寝具より広いという特徴に対して口コミがたくさんあり評判のいいベッドです。DODに限らずアウトドアで使われるベッドは組み立てに多少力が必要になります。

大人が寝ても余裕があるし、小学生二人並んで寝てゴロゴロ出来るしキャンプ場でゆっくりするにはいい商品です。少し体が沈む感覚があるけど満足です(^^)

DODの快適なおすすめ寝具8

ウルトラクールキャンピングベッド

DOD ウルトラクールキャンピングベッド カーキ CB1-139-KH 4589946138979
楽天で詳細を見る

DODの寝具は特徴がはっきりしていてウルトラクールキャンピングベッドはワイドキャンピングベッドと同じ大きさですが、ベッド本体の布がメッシュになっていて通気性がいいベッドです。メッシュになっているので多少重量が軽くなっていそうですが重たくなっていて4.8キロです。その他仕様に変更点はなく通気性がよく夏なら快適にです。

おすすめポイント

ディーオーディー ( DOD ) ウルトラクールキャンピングベッド | アウトドア コンパクト 大きい キャンプ 海水浴 海 寝具 折りたたみ 折り畳み 涼しい 一人用
楽天で詳細を見る

メッシュで通気性があるのに耐荷重は100キロと使いやすく頑丈です。少し重たいですが収納サイズや幅などはワイドキャンピングベッドと同じなので、寝返りもできます。色違いに水色もありますが、水色は販売終了となっているため在庫限りとなります。水色が欲しい方は早めにご検討ください。

口コミと評判

重さと、メッシュの違いだけで価格がワイドキャンピングベッドと比べるとおよそ半額とコスパのいい製品です。冬に使う時はマットとの併用でメッシュのデメリットをカバーできます。

■気に入ったところ
・コスパが良い
・高さが低いので子供が落ちても怪我せず安心
・組み立てが楽(当方キャンプ初心者ですが問題なく組み立てられました。バッグインベッドより組み立て工程が少ないのでコンパクトにこだわらなければこちらのほうが楽だと思います)

DODの快適なおすすめ寝具9

バッグインベッド

バッグインベッド CB1-510K ブラック ドッペルギャンガー DOD コット ベッド 折りたたみ
楽天で詳細を見る

収納サイズが小さくなり重量も軽くなった持ち運びしやすさを重視した寝具がバッグインベッドです。キャンプツーリングをする方に人気の製品です。大きさは幅72センチと少しだけ短くなり、長さも183センチとなっていて収納サイズは51×13×16センチです。そして重さは2.4キロとなり耐荷重は120キロまでとDODの発売しているベッドの中では一番荷重に強いベッドとなっています。

おすすめポイント

収納サイズが小さくなり軽量になった持ち運びしやすくバイクツーリングでもリュックと共に背負ったりしやすいベッドです。幅も72センチは広めに分類されるため狭く感じることは少ないと言われています。

口コミと評判

コンパクトに収納できるので持ち運びしやすいと好評です。

これを買う前にスチール製のと高さが2段階調節出来るものを持っていたのですが、バイクでソロキャンプに行こうと思い以前買った2つの何れかを積載しようと思ったのですが・・・
スチール製は重くて組み立てが大変、2段階調節出来るの組み立ては簡単だけどは大きくて。
で、これを購入。
大正解です!収納はコンパクトだし組み立ては簡単だし。

DODの寝具のまとめ

使い方に特徴がある製品がたくさん

出典: https://item.rakuten.co.jp

DODの寝具はそれぞれ使い方に特徴のある製品がたくさんあります。収納サイズが小さく、バイクツーリングに向くタイプや大きくて家族で付きやすいものなど、目的に合わせて使い分けてみてくださいね。

シュラフ(寝袋)が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはシュラフに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてみてくださいね。

Thumbシュラフとは?寝袋とは違う?その真相と種類や機能などの選び方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプでは寝袋が定番ですが、最近では「シュラフ」というパッと見寝袋と違いがなさそうな物が普...
Thumb寝袋(シュラフ)の選び方&おすすめ12選!人気メーカーを比較解説してご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
軽量で保温性にも優れた寝袋を人気メーカーから様々ご紹介していきます。寝袋の選び方もご紹介して...
Thumbコールマンのおすすめ寝袋10選!季節に合わせた快適なシュラフの選び方も! | 暮らし~の[クラシーノ]
有名アウトドアブランド「コールマン」よりおすすめの寝袋10選をご紹介します!寝袋コーナーの前...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ