海外製のハンドガンは使える?日本のメーカーと性能を比較してみた!のイメージ

海外製のハンドガンは使える?日本のメーカーと性能を比較してみた!

今回は、サバゲー業界でも密かに人気となっている海外製のエアガンの中でも、メタルスライドなどの海外でしか作れない規格のエアガンが日本でも話題になっています。今回はそんな海外のエアガンのハンドガンをメインにハンドガン特集として一挙ご紹介します。

2018年10月28日更新

みさお
みさお
サバゲーを始めて十数年~、いろいろなエアガンに触れてきました。また、バイクに乗ってツーリングすることにも精通しておりまする。エアガン、バイク系統について、最新の情報から、お役立ち情報までいろいろと発信します。よろしくお願いします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 海外製のエアガンも使える?
  2. 今回紹介するエアガンメーカー
  3. 海外製のおすすめハンドガン!その1
  4. 海外製のおすすめハンドガン!その2
  5. 海外製のおすすめハンドガン!その3
  6. 海外製のおすすめハンドガン!その4
  7. 日本製のおすすめハンドガン!その1
  8. 日本製のおすすめハンドガン!その2
  9. 日本製のおすすめハンドガン!その3
  10. 日本製のおすすめハンドガン!その4
  11. 日本製のおすすめハンドガン!その5
  12. 日本製のおすすめハンドガン!その6
  13. ハンドガンにおすすめなメインウェポンその1
  14. ハンドガンにおすすめなメインウェポンその2
  15. 海外製と日本製のハンドガンの違いまとめ

海外製のエアガンも使える?

海外製だからと馬鹿にはできない?

海外製も一つの優秀なジャンル

さて、今回は、海外製のメーカーが販売しているエアガンシリーズの中でも、ハンドガンタイプのエアガンに着目してみて、日本製のハンドガンシリーズのエアガンと比較したときにどういった違いがあるのか、性能は?使いやすさは?コスパは?などなどの疑問点をまとめてご紹介します。海外製といえば、近頃かなり日本でも普及しているので、今後のエアガンを選ぶ際の参考の一つとして、是非頭の片隅にでも入れて参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回紹介するエアガンメーカー

海外製エアガンと日本製エアガン

海外もいろいろなエアガンメーカがある!

今回は、海外製のエアガンシリーズとしてハンドガンも勢いを持っている中で、海外製のエアガンのハンドガンをピックアップして日本製のハンドガンと比較してご紹介したいと思います。まずは、今回紹介するメーカーを順序にご紹介します。まずは、海外製のハンドガンといえばWE-TECHが有名ですね、そのほかには、VFC、そして変わり種のエアガンを販売していることで有名なアーマーワークスというエアガンメーカーをご紹介します。日本製は東京マルイをご紹介します。

海外製のおすすめハンドガン!その1

海外製ハンドガンWE-TECH G18Cガスブロ

出典: http://www.fourstar911.com

今回は、海外製のエアガンのハンドガンを最初にご紹介していきたいと思います。海外製のおすすめなハンドガンタイプのエアガンを4種類、その後に日本製のおすすめなエアガンを6種類、最後にハンドガンタイプのエアガンにおすすめなメインウェポンを二種類ご紹介します。

さて、まずはじめにご紹介したい海外製のハンドガンシリーズは上記にあるとおりWEという名称で知られているWE-TECHのガスブローバック式として売られているエアガンのハンドガンをご紹介していきます。WEといえばグロックシリーズがとても有名ですが、ガスブローバックエアガンとしてグロック18Cを販売しており、フルオート射撃もできるグロック18Cとしてサバゲーでも使いやすい、そして性能もすさまじく高いということで海外製のエアガンの中でも人気なエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: http://www.fourstar911.com

まず最初にご紹介する海外製のおすすめなハンドガンタイプのエアガンは、WEとも呼ばれている、WE-TECHという海外製のエアガンメーカーが販売するグロック18Cです、フルオート射撃が可能で、アルミ素材も使用していることから結構重厚感あるエアガンです。

海外製のおすすめハンドガン!その2

海外製ハンドガンWE-TECHハイキャパ

出典: http://www.fourstar911.com

続きましてもWE-TECHという海外メーカーが販売するハンドガンのご紹介です、今回は、日本のエアガンメーカーでも多くのメーカーが販売をしているハイキャパシリーズになります。WE-TECHが販売するハイキャパシリーズをご紹介します。

続いてご紹介したい海外製のハンドガンは、上記に引き続きWE-TECHのハンドガンになります。今回のWE製品はハイキャパになります。ハイキャパ、ガバメントシリーズをさらに改良して、上位として大容量を売りに作られているハンドガン、それがハイキャパですね、性能も高くなっており、ガバメントをほぼカスタムして使いやすくしている、そして現代拳銃のようにバージョンアップされているハンドガンです、ガスガンとしても使いやすいの一言の優秀なエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: http://www.fourstar911.com

ハイキャパシリーズということで、ガバメントの強化版なハンドガンという認識が強いですが、実際にレビューして性能を確認してみました。ガスガンということで、かなりスライドの重厚感と併せて、撃ちやすい、そして重量級の衝撃が楽しめるエアガンでした。

海外製のおすすめハンドガン!その3

海外製ハンドガンVFC FNS-9 ガスガン

出典: http://www.fourstar911.com

続きましてはVFCという海外製エアガンメーカーの販売するFNSをご紹介します。ガスガンということで、いろいろな比較対象がありますが、実際にレビューしてみてメリットデメリットを見てきましたので、是非参考までに見ていってください。

続きまして、三つ目にご紹介していく海外シリーズのおすすめなハンドガンは、VFCが販売するエアガンのFNS-9をご紹介します。VFCといえば、やはりFN社(実銃メーカー)とライセンス契約をしていることから、FN社の刻印を自社のハンドガンにつけることができるということで、まさに質感もメタル感があり、実銃のように、実際に戦場を駆け回っているような感覚を味わえるエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: http://www.fourstar911.com

こちらのFNSはやはりなんといってもサイバーガンということで、FN社の刻印が入っているというのも魅力の一つです。また質感もほどよく、サバゲーなどでも使いやすい、お座敷シューターにも満足できる仕上がりになっている、とてもおすすめなエアガンです。

海外製のおすすめハンドガン!その4

海外製ハンドガンアーマーワークス ハイキャパ5.1

出典: http://www.fourstar911.com

少し変わり種のハイキャパということで、今回は、アーマーワークスという海外のエアガンメーカーが販売するハイキャパをご紹介します。冒頭にもあるとおり、少し変わっているハイキャパで、いろいろな配色が人気のガツンと、強力な衝撃も楽しめるガスガンです。

続いては、変わり種の海外ハンドガンとしてご紹介するのはアーマーワークスというエアガンメーカーのハイキャパになります。今回は金色が目立つハイキャパですが、中には青色のスライドのものなども販売しており、すごく存在感のあるハンドガンです、性能もリコイルが激しく、メタルスライドとなっているものもあるなど、完成度も高いと密かに人気を集めるエアガンで、とてもおすすめです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: http://www.fourstar911.com

こちらはスライドからアウターバレルはアルミ製の金属パーツが使われており、非常にずっしりとしています、グリップはABS樹脂を使っていたりと、メタルハンドガンというくくりに入るエアガンです。スライドも加工されており、力強いブローバックが売りなおすすめエアガンです。

日本製のおすすめハンドガン!その1

東京マルイハイキャパゴールドマッチ

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

続きましては、海外製のハンドガンとの比較ということで、日本製のおすすめなハンドガンタイプのエアガンをご紹介します。今回はおもにガスガンをメインに据えてご紹介しますので参考までに見ていってください。

続いては、日本製のおすすめなハンドガンシリーズのエアガンをご紹介します。まずは、やはり東京マルイのハンドガンといえばこのハイキャパシリーズが有名ですね、肉抜き加工による軽量化、ガスブローバックエアガンによる射撃の切れの良さ、精度の高さ、リコイルの強さ、扱いやすさなどなど、サバゲーからシューティング競技にと、どこで使っても使いやすい、そして性能が高いと、初心者から始まり、ひいては上級者にもおすすめなエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

上記の海外製最後にご紹介した変わり種のハイキャパに並んで、こちらは日本のサバゲーマー、お座敷シューターの多くの方に知られているほど大人気なガスガンシリーズのハイキャパになります。性能も高い、打ちやすい、かっこいいと非常に人気です。

日本製のおすすめハンドガン!その2

東京マルイM9

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

続きましては、アメリカにてM1911の後釜として正式作用されたM92シリーズをさらに改良させて作られた、まさに真のM9シリーズでるM9A1のご紹介です。狭いフィールドでも大活躍できるように扱いやすい設計になっているおすすめなエアガンです。

続いては東京マルイのガスブローバックハンドガンの中でもさらなる進化をして帰ってきたM9シリーズをご紹介します。前作ではホップアップ機能はついていませんでしたが、M9A1でホップアップ機能が搭載されるなど、自分好みに調整できるようになったエアガンです。使いやすさもバッチリ、見た目もすごくかっこいいと、初心者がこれからエアガンを購入する際に大人気なエアガンです。上級者でも使っていて楽しいと思えるおすすめなハンドガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

続きましては、実際に東京マルイのガスガンのM9A1を実際にレビューしてみたので、そのときの内容をご紹介します。前作のM92ではホップアップ機能がついていませんでしたが、このたびホップアップ機能が追加されたのがM9でした。

日本製のおすすめハンドガン!その3

東京マルイP226E2

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

続きましてのおすすめな日本製のハンドガンはシグザウエル社が開発したP22シリーズの中でも非常に人気で性能が高いことで有名なP226をご紹介します。今回は、P226シリーズの中でもレールがついていたりE2スタンプが特徴的なP226E2をご紹介します。

さて、続いては、東京マルイのガスブローバックエアガンとしてだけでなく、いろいろなエアガンメーカーでもいろいろなモデルが販売されているシリーズのハンドガン、シグザウエルのP226E2をご紹介します。ハンドガンとして扱いやすい、見た目も重視している、射撃の切れも高い、撃っていて楽しいと、とても高い評価を得ているハンドガンです。シグの精神が出ているということもあり、とてもおすすめです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

シグザウエルといえば、これまでに多くの有名な拳銃を販売しており、現在も多くの愛用者がいるほど大人気な銃器メーカーですね。高級感漂う外装からパワフルな射撃、繊細な取り回しと非常に人気なハンドガンを多く扱っています。

日本製のおすすめハンドガン!その4

東京マルイFN5-7

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

最近、サバゲーでハンドガンを選ぶときに、実銃でもそうですが、機能性をかなり重視した、いわゆるポリマーフレーム型の、服などに引っかかりにくいタイプのエアガンが人気になりつつあります。XDMやグロックシリーズなども大人気ですが今回の5-7も同様に高い人気を得ています。

さて、続いてのおすすめな日本製のハンドガンは、東京マルイが作り上げる完璧なポリマーフレーム型のハンドガンになります。FN社が販売するFN5-7といえば、やはりサバゲーマーからミリタリーファンと多くの方に知られているエアガンですね、使いやすさも天下一品でまさにサバゲー向きとしておすすめなエアガンです。見た目のかっこよさも抜群ですし、扱いやすさも簡単と、おすすめです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

FN5-7というと、やはり相棒としてP90が思い浮かばれますね、セットではかなり相性がよいペアになりますが、ほかのメインウェポンとでも合わせやすく、単体でもその高い性能から、かなりの人気を持つとてもおすすめなエアガンです。

日本製のおすすめハンドガン!その5

東京マルイデザートイーグルガスガン

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

続きましては、東京マルイのおすすめなハンドガンといえば、この高性能で、ハードキックシステムも優秀なデザートイーグルの名前が出てくるのは自然ですね、そんなデザートイーグルのガスガンについてご紹介します。

さて、続いては、ハンドガン界の中でもガスブローバックの強烈なリコイルを楽しみたい方に人気があるハンドガン、デザートイーグルをご紹介します。クロームメッキ、ブラックカラー、10インチロングバレルなど、いろいろなタイプが販売されています。映画などでも多く登場するなど、かっこいいエアガンですね。性能はまずるジャンプがすごいので操作はしにくいですが、それでも、リコイルの強さなどロマンがあふれているエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

大口径の超大型なシリンダーを、デザートイーグルガスガンのために新規で開発して作られているため、かなりのブローバック、衝撃を楽しむことができるエアガンです。クローム仕上げのデザートイーグルガスガンからブラック塗装まで、幅広く販売されているガスガンです。

日本製のおすすめハンドガン!その6

東京マルイG18C

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

続きまして、東京マルイのガスブローバックの中でも、数少ないフルオートガスガンとして、サバゲーでも大活躍しているグロック18Cをご紹介します。電動ガンだけにしかない!と思われがちなフルオート搭載のグロック18Cですが、実はガスガンでもあるのです。

さて、続いてのおすすめは、東京マルイのグロックシリーズより、ガスブローバックフルオートエアガンとして名高いグロック18Cのご紹介です。グロック17より性能を引き継ぎ、フルオート機能をひっさげて登場した、次世代のマシンピストル、それがグロック18Cですね、セミオート性能もずば抜けていたり、ポリマーフレーム型の底力を楽しめて、サバゲーでも扱いやすいことから初心者にもおすすめなエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

なんと、毎分に約1200発も撃ててしまえるほどの連射速度を持っている、まさに驚異のマシンピストル、それがグロック18Cです。ガスガンでは、その強烈なブローバックも楽しめるため、まさに実銃のグロック18Cのように楽しめるエアガンです。

ハンドガンにおすすめなメインウェポンその1

安牌なHK416デルタカスタム

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

続きましては、上記のハンドガンにも合うおすすめなメインウェポンを二種類ご紹介していきます。まずは、東京マルイの次世代電動ガンシリーズよりHK416デルタカスタムをご紹介します。実銃規格のように性能も高い、質感もよいとパーフェクトなエアガンです。

続いてはハンドガンに合うおすすめなメインを張れるエアガンをご紹介しますが、東京マルイの電動ガンシリーズからご紹介したいと思います。まずは、次世代電動ガンからHK416デルタカスタムをご紹介します。デルタチームが使用しているということで有名なカスタムを施したHKアサルトライフルです、実銃に近い重量感、シュートアンドリコイルによる射撃のリコイルの重さなど、お座敷シューターにも人気なサバゲーに大人気なエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

今回紹介する次世代電動ガンシリーズは、どの電動ガンよりも高級品、実銃に近いエアガンというのがモチーフとなっており、重さも重いですし、連射力、速度も高いと、かなり高設定なカスタムを施されている電動ガンです。

ハンドガンにおすすめなメインウェポンその2

東京マルイAA12

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

今回のおすすめするメインウェポンは、電動ガンタイプのショットガンのAA12になります。無骨なスタイルがかっこいいとかなり評判のよい電動ガンです。三点バーストも標準搭載で、かなりサバゲーユースとして人気な電動ガンです。

最後に、これまでご紹介してきたハンドガンタイプのエアガンに合うおすすめなメインウェポンは、東京マルイが販売する電動ガンシリーズの中でも異常なほど人気が高く、性能も高いとして知られているAA12をご紹介します。シンプルながらも高い連射性能、つかいやすさ、グリップの握りやすさ、トリガーの軽さなどなど、電子スイッチシステムFETを搭載するなど、サバゲーで使うことを前提に完璧に仕上げられているおすすめエアガンです。

メーカーごとの性能やデメリットを比較!電動もご紹介!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

三つのシリンダーを搭載しているので、それぞれの弾道を自在にホップアップ調整できるというすぐれもの電動ガンです。FET(電子スイッチシステム)を採用したりするなど、電動ガンとしてかなり技術力をつぎ込んだ電動ガンです。

海外製と日本製のハンドガンの違いまとめ

海外製もおすすめできる!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

日本製はそのまま使えるほど、高い性能を誇っていますが、どうしても青年育成条例などでメタルフレームにしにくかったりとリアリティに欠ける部分がありますが、海外製はそういった部分もどんどん作れるという魅力があるのです。

さて、今回は、いろいろなハンドガンが販売されている中で、海外で販売されているエアガンのハンドガンシリーズと、日本が生んだ、サバゲーに特化しているおすすめなハンドガンシリーズのエアガン、そしてそのハンドガンシリーズにあるメインウェポンの三種類をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。それぞれ、個体によって持ち味があるので、一口にこれがだめ、とはいえないですが、やはり見た目なら海外製、性能なら日本製と割り切ることもできるし、どちらもおすすめともいえるという結果でした。

ほかにもエアガンが気になる方はこちらもチェック!

ThumbMP7エアガンはどこのメーカーがおすすめ?東京マルイとVFCを比較してみた! | 暮らし~の[クラシーノ]
H&K社がPDWとして販売しているMP7ですが、今回はそんなMP7の中でも、東京マルイのMP...
Thumbボルトアクションは戦場のロマンだ!マスターピースとなった軍用小銃特集! | 暮らし~の[クラシーノ]
ボルトアクション式小銃!ロマンに溢れたライフルです。「国家は血と鉄でできておる!」と言ったの...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ