日本刀を手に入れよう!お店の選び方から所持申請まで詳しく解説します!

日本刀を手に入れよう!お店の選び方から所持申請まで詳しく解説します!

かっこいい日本刀に興味を持つと見ているだけでなく欲しくなってくるものです。日本刀は個人でも購入できるもので、現在ではネット通販や刀剣販売店で購入することができます。今回は日本刀を購入するまでと買った後の申請について詳しく解説します!

記事の目次

  1. 1.日本刀を購入しよう!
  2. 2.日本刀はどこで購入できるのか?No.①
  3. 3.日本刀はどこで購入できるのか?No.②
  4. 4.どのような日本刀を購入するのか?
  5. 5.日本刀を購入するときの注意No.①
  6. 6.日本刀を購入するときの注意No.②
  7. 7.安い日本刀を購入するときには?
  8. 8.名刀は手に入るのか?
  9. 9.日本刀を購入したらすること その1
  10. 10.日本刀を購入したらすること その2
  11. 11.購入した日本刀の手入れ
  12. 12.日本刀の購入のまとめ

日本刀を購入しよう!

日本刀は個人でも購入できる!

日本刀は日本の伝統美術品です。よく見る日本刀は美術館や博物館が多いですが、実は日本刀は個人でも購入して所持することができます! 日本刀を所持するのに免許などは必要がなくて、購入したことを教育委員会へ申請すれば自由に自宅などで鑑賞することができます。

主に鑑賞用とスポーツに!

日本刀を購入する目的には主に鑑賞用と居合道などのスポーツに使うことが挙げられます。観賞用では刀身を見ることによって美しさや日本刀に関しての知識などを深めるために、居合道では日本刀を使って体を動かし心を鍛えるために使われます。どちらも古くから伝わる日本の良さを知るために活躍していますね。

日本刀はどこで購入できるのか?No.①

刀剣販売店

日本刀を購入するのなら刀剣販売店がおすすめです。探してみると意外と刀剣店というのは各地にあって、足を伸ばすことができます。刀剣販売店は日本刀や槍などを主に販売していて、大きい店舗ですと数百万もする名刀を販売している店もあります。刀剣店は日本刀を購入する初心者には刀剣についても色々と教えてくれるのでおすすめです。

実物を見れる安心感

刀剣販売店で一番良いところは実物を見て購入できるところです。ネット通販ではかなり高解像度の画像が掲載されていますが、やはり肉眼で多角度から見ないとわからない傷も存在します。初心者なら尚更で、刀剣の良し悪しも分かりにくいですから注意しても安いものを買ってしまうこともあります。安い粗悪品をつかまないためにも、初心者は刀剣販売店へ行って購入するようにしましょう。

日本刀はどこで購入できるのか?No.②

ネット通販

最近ではネット通販による日本刀の販売も増えてきています。刀剣販売店がネット通販を行なっている場合が多いですが、その他にもネットオークションなどが頻繁に利用されているので、購入については非常に気楽ですが、その分だけ安いものや粗悪品を掴まないように注意が必要となります。初心者にはおすすめできず、ある程度知識がある人向けとなります。

気軽に買える便利さ

ネット通販の良さは気楽に買える点につきます。そんなに高くない日本刀を気楽に買いたい人にとっては、刀剣販売店に直接行って品定めするのは堅苦しく嫌になってしまいます。通販ならばある程度の品質の日本刀を買ってすぐに自宅で楽しむことができるので、非常に手軽に楽しめるのが人気のポイントでしょう。ただし、価格が低い日本刀はそれなりに理由があるので購入するときには注意が必要です。

どのような日本刀を購入するのか?

自分が欲しい日本刀は?

日本刀を購入するといっても日本刀には種類があるので欲しいものをきっちり決めなければいけません。日本刀の種類では太刀が一番価格が高くなりつつ、短刀が安くなっています。初心者時におすすめなのは脇差でそれなりの長さを楽しみつつ、価格が安いので購入しやくなっています。新刀になると価格の差も少なくなりますので、打刀も狙い目ですね!

予算をしっかり組もう!

日本刀を購入するときに一番厄介なのは予算でしょう。新刀ですとかなり価格が安くなりますが、それでも高い買い物になることは間違いありません。品質の良くないものだと10万を切りますが、刀身の状態が良くないのでおすすめはできません。できるならば20万以上の予算を持って購入しましょう。20万以上なら比較的に品質の良い日本刀を購入することができます。

日本刀を購入するときの注意No.①

刀剣の状態はきっちり確認

日本刀を購入するときに注意するのはやはり刀身の状態でしょう。刃の状態もそうですが、中子の状態を見ることでどのくらいの年月が立っている刀なのかも判断することができます。状態として望ましいのは欠けや傷があってもサビがないものが今後大事にすれば腐食が起きることなく、長持ちします。勿論、傷がない方が望ましいのでできるだけ綺麗なものを選びましょう。

安物買いは控えよう

日本刀が欲しいからといって余りにも安いものを買うのは注意が必要です。特に初心者には多い傾向がありますが、安い日本刀には安いなりの理由があるのでよくありません。問題としては傷や錆がひどい、装飾の欠損、ひどい時には日本刀として登録されていないものも個人間の取引では存在します。初心者だけでなく日本刀を購入する際にはしっかりしたものを購入するようにしましょう。

日本刀を購入するときの注意No.②

安心できる店で買おう

刀剣販売店の中には名刀だと偽って販売を行う悪質な店もあります。初心者のうちはそのような名刀には手を出さないのがいいのですが、すこし知識が付いてきた時におすすめされてしまうと買ってしまう時もあるので注意が必要です。名刀には銃砲刀剣類登録証と証明書がしっかりとつくのでしっかりと確認した上で購入しましょう。

銃砲刀剣類登録証がないものは買わない!

ネットオークションや個人の取引だとごくたまに銃砲刀剣類登録証の紛失したものなどが取引されています。日本刀を所持するときには銃砲刀剣類登録証は必須ですので、違法的な状態で日本刀を所持している状態となっています。銃砲刀剣類登録証がないものは明確な証明がないのと同じなので購入するのはやめましょう。

安い日本刀を購入するときには?

錆や刃欠けは当たり前!

記事の中で何度も安い日本刀はやめようと注意していますが、それでも購入をするときには刀身に錆や欠けがあることを重々承知して購入しましょう。安い名刀などは存在せず、日本刀の価値というのは相当の価格で評価されていることが多いです。早々に大量購入するものでもないですし、慎重に選んで購入しましょう。

もうちょっとの辛抱を!

もしも日本刀を10万前後で買おうとする方が居るなら、もうちょっとの辛抱をしてから購入することをおすすめします。品質が低い日本刀は基本的に10万円以下で15万程から良いものも手が届く値段になってきます。脇差や短刀なら20万でもかなり品質の良いものがありますので、もう少しだけ頑張って予算を増やしてから購入する方が良いでしょう。

本物と偽物の判断は?

本物(真剣)と偽物(模造刀など)は意外と全くの初心者には見分けが付かない可能性があります。そんな時にどのようにして判断したらよいかですが、まず試して欲しいのは磁石です。模造刀は法律上、鉄など磁石が付く硬い金属を使用してはいけないことになっています。もしも、磁石がつかない場合はその刀は模造刀の可能性が高いので更によく調べましょう。

名刀は手に入るのか?

確率はかなり低い

いわゆる名刀を購入できるのかというと、ほとんどの名刀は銃砲刀剣類登録証の他に証明証というものが付属します。この証明証が刀剣の希少度について保証してくれるもので、これがないものは通常の刀剣となります。ただし、日本刀はあくまで美術品で時には隠れた名刀も存在する可能性があります。ただし、確率は本当に低いので期待はせずにおきましょう。

目利きを鍛えよう

隠れた名刀を見つけるには日本刀についての知識などを増やして目利きできるようにしなければいけません。日本刀はそれこそ多くの宗派が存在して作成された時代と技術があって、それぞれに特徴があることがわかっています。日本刀の楽しみ方にはそういった宗派ごとの特徴を当てる楽しみ方もありますので、ゆっくりと時間をかけて日本刀について知っていきましょう!

日本刀を購入したらすること その1

所持申請をしよう!

日本刀を無事に購入できたら、まず最初にやる手続きは銃砲刀剣類登録証を発行した教育委員会に所有者変更届出を出す手続きです。この手続きをすることによって正式に日本刀の所持ができるようになるので、忘れずに行いましょう。手続きが正しく出来ていない場合は違法となってしまう可能性もあるので重要です。刀剣販売店で購入した場合には手続き用の申請証などをくれるので使って手続きしましょう。

保管場所はしっかりと

日本刀を購入したら気をつけたいことには保管場所をしっかりとすることです。仮にも数十万もするものなのでそこらへんに放り出しておくわけには行きません。高価な刀剣なら尚更で、できるならば鍵のかかるロッカーなどを用意できればいいですね。それができない場合は風通しのよい日の当たらない場所を確保しましょう。鞘などに入っているといえど、白鞘などが傷んでしまうのは良くないので気をつけましょう。

日本刀を購入したらすること その2

手入れ道具などを購入しよう

日本刀を保管しておくには風通しの良い場所に置いておけばいいですが、日光や蛍光灯の光など日本刀を劣化させる要因は多くあります。日本刀を錆びさせないようにする手入れの刀油なども必要なので、忘れないように同時期に購入しましょう。初心者の方は刀剣販売店で購入するときに手入れ用品について質問すれば手続きなどと同時に勧めてくれるはずです。

もしも登録証をなくしたら?

購入した銃砲刀剣類登録証をなくしてしまった場合には、すぐさま所轄の警察署の会計課へ「登録証の紛失届」を出します。これによって遺失届出書の受理番号が貰えるのでこれで銃砲刀剣類登録証の再交付申請ができるようになります。これらをせずに銃砲刀剣類登録証がないまま日本刀を所持していると違法となって罰せられますのでかならず手続きをするようにしてください。

購入した日本刀の手入れ

刀身の手入れはほどほどに

刀剣鑑賞をするときには刀身についている古い油を落として打粉を打ちます。このあとよく刀身を拭うことで刃紋や地肌が見えるようになるのですが、この打ち粉には微細な砥石の粉が含まれているので頻繁に使うと傷の原因になりますのでやめましょう。手入れはそこまで頻繁にするものではないので、古くなった油を新しくするだけで手入れは良いです。

刀袋などに必ず入れよう

手入れ以外にも気をつける点があって白鞘や拵えをそのままおいておいくと蛍光灯などからの光で焼けてしまうので、かならず刀袋に入れるようにしましょう。焼けてしまうと変色して見栄えが悪くなるのでおすすめできません。また鞘だけでなく「銃砲刀剣類登録証」の劣化の原因にもなって再発行することになりますので、しっかりと保管しましょう。

日本刀の購入のまとめ

日本刀の購入のまとめ

日本刀を購入する際の注意などはお分かりいただけましたでしょうか? 日本刀は個人でも気楽に所持できますが、購入の際には意外と気をつけないといけないことが多いので注意しましょう。また、刀について知識がある人でも日本刀の真贋は中々見分けることが出来ないので、できるだけ証明証のある信頼できるものを購入するようにしましょう。

日本刀が気になる方はこちらもチェック!

日本刀について気になる方には日本刀についての基礎知識や名刀などをまとめた記事のリンクをご紹介しています。下記のリンクからよろしければあわせてお読みください。日本刀を買う前におすすめです!

日本刀の種類とは?構造や名称など基本的な種類から特殊な種類まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
日本刀の種類とは?構造や名称など基本的な種類から特殊な種類まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
日本の伝統品である日本刀は数多くの姿があって非常に美しいですね。日本刀にはいくつかの種類があってそれぞれに特徴があります。それぞれの構造や特徴などを知ることで更に日本刀を楽しむことが出来ますので、今回は基本的な種類から詳しく解説していきます!
模造刀おすすめ10選!本物そっくりなかっこいい模造刀をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
模造刀おすすめ10選!本物そっくりなかっこいい模造刀をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
模造刀とは日本刀を模した合金製の刀のことです。刃は付いていなくて主に鑑賞用、または居合用に使われます。今回はその模造刀の中でもかっこいいおすすめの模造刀をご紹介します!あなたもおすすめの模造刀を所持して日本刀を手に入れた気分になってみましょう!
日本刀の作られ方!日本刀が作られるまでの工程を詳しく解説します! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
日本刀の作られ方!日本刀が作られるまでの工程を詳しく解説します! | 暮らし~の[クラシーノ]
日本の伝統美術品である日本刀の作り方はいくつもの時間と工程を得てようやく完成します。昔からの製法を伝えていますが、昨今では弟子が見つからずに消えていく技術もあるそうです。今回は日本刀の作り方について詳しく解説していきます!
ysakura3928
ライター

ysakura3928


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking