Twitter
Facebook
LINE

実銃メーカーの実力発揮!サバゲー用CRYTAC電動ガンおすすめ4選

ijirare1960

実銃メーカーの実力発揮!サバゲー用CRYTAC電動ガンおすすめ4選

ijirare1960

今回は、実銃メーカー「クリス USA」社のエアソフトブランドである「KRYTAC」の製品をご案内します。今まで海外製のエアガンと言えば「安かろう、悪かろう」のイメージでしたが、KRYTACによって、そのイメージが払拭されつつあります。そのKRYTACの紹介です

KRYTAC(クライタック)とは?

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9_%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

KRYTACとは、サブマシンガンの「ベクター」で有名な「クリス USA」社が展開しているエアーソフト部門です。アメリカの実銃メーカーが製造する電動ガンであるため、海外製電動ガンの中でも信頼性が高く、日本のサバゲーマーの間でも人気を誇っています。

実際に製造しているのは、台湾のメーカー

実銃のメーカーが作る電動ガンといっても、アメリカの工場で作っているのではなく、実際に製造しているのは、台湾の工場です。ただ、QC(クォリティーコントロール)が徹底しているので、従来のようなアジア系海外製電動ガンに見られる性能や品質のバラつきはなく、マルイのスタンダード電動ガンと同じくらいの品質は確保されています。

KRYTACのメカボックスのポテンシャル

KRYTACのメカボックスの特徴として上げたいのは、軸受けに8ミリベアリングを採用していることです。一昔前のスタンダード電動ガンのハイサイクルカスタムで行われていたレシピに、メカボックスの軸受け交換がありました。東京マルイの純正軸受けは樹脂製で、ギアに負荷が掛かった時には、軸受けが壊れることによって、他のパーツへの損傷を防ぐように設計がされていました。

軸受けに8ミリベアリングを使っている

しかし、ショップが行っていたハイサイクルカスタムでは、この樹脂製の軸受けを、7ミリベアリングに交換することでフリクションを軽減して、ギアの高速回転を手助けしていました。そのカスタムでも7ミリだったベアリングを、KRYTACは標準で8ミリベアリング軸受けを搭載しているので、カスタムベースとしては、かなりのポテンシャルを秘めています。

メカボックスを開けなくてもスプリングが替えれる

KRYTACはメカボックスを分解することなく、ピストンのスプリングを交換して、初速の調整を行えます。これは、「イージーアクセススプリングガイドシステム」という長い名前が付いた方式で、メカボックスのシリンダー後部にある六角ボルトを回すことで、ボルトと一体となった、スプリングガイドとスプリングが取り出せるシステムです。このシステムが有ると、いままで面倒だったメカボックスの調整も、難易度がグ!と下がって、誰でもメカボックスのメンテができる親切な設計になっています。

KRYTACの特徴は?

KRYTACの特徴は、実銃メーカーが作る電動ガンらしく、高い剛性を誇っています。海外製電動ガンにありがちな、同一の製品間にありがちなバラつきもあまりなく、香港、中華系の海外製電動ガンとは一味違った、信頼性と品質の高さがあります。電動ガン本体の剛性は、実銃メーカーの手がけた製品だけあって、東京マルイの次世代電動ガンよりも、高い剛性を感じさせます。

KRYTACの性能は?

KRYTAC製電動ガンの性能は、インナーバレルの長さにもよりますが、おおむね初速は90m/s前後で、振り幅もなく安定しています。サイクルは、秒間14発ほどで、実銃のサイクルとほぼ同じです。KRYTACの性能で一番お伝えしたいのは、これまでの海外製電動ガンと違い、パーツの精度も出ているので、箱出しノーマルの状態でも、特にトラブルなく使えることです。これにより、今まで精度面で不安があり、海外製電動ガンに手を出せなかった初心者のサバゲーマーの皆さんも、安心して、使えるところにあります。

KRYTACのサポート体制は?

KRYTACは、パーツメーカーの大手である「ライラクス」が日本総代理店を務めているので、サポート体制は安心できます。多くの海外製電動ガンのサポートが、購入したショップさんに頼るしかない現状で、正式な総代理店を日本に置いて、パーツの手配や、故障時のメーカーサービスを確保しているのは、ユーザーの立場としてはありがたいことです。

KRYTACはサバゲーで使えるか?

現在、日本に入ってくる海外製電動ガンの中で、箱出しノーマルでそのまま使える製品は、KRYTACの電動ガンだけと言ってもいいでしょう。KRYTACの電動ガンがサバゲーでも使いやすいポイントの一つは、トリガーレスポンスの良さにあります。スイッチの入り切りでBB弾を発射する電動ガンは、トリガーを引いてから、実際にBB弾が発射されるまで、僅かながらタイムラグが生じます。

MOS-FET搭載で、トリガーレスポンスがいい

KRYTACは、この問題に対して、トリガースイッチにMOSーFETを組み込むことによって、レスポンスの良さを確保しています。これは、最近の海外製電動ガンに見られる特徴で、G&Gなども人気が出てきたのは、このトリガーの電子デバイス化にあります。東京マルイでも「SGRー12」でトリガー部に電子デバイスを入れていますが、この方面では、日本のエアガンメーカーは、一歩出遅れた感が否めません。

KRYTACの注意点

KRYTACについてのの注意点を上げておきます。

KRYTACとリポバッテリー

KRYACの使用バッテリーはリポバッテリーがおすすめです。というかバッテリーの収納場所の関係で、リポバッテリーしか収納できません。特に、ストックパイプに収納するタイプでは、リポのミニsでも収納が厳しいぐらいです。このバッテリーの収納場所が、KRYACの難点と言えます。

KRYTACとカスタム

KRYTACの製品はパーツの精度が取れているため、カスタムを施するなら、主に外装系カスタムになるでしょう。マズルまで伸びたKeyMODシステムのハンドガードに、各種アクセサリーを取り付けて、外装系カスタムが楽しめます。内部に手を売れるとすれば、ホップパッキンの交換ぐらいですが、KRYTACのチャンバー部は、分解時に壊れやすそうな構造ですので、交換は慎重になさって下さい。

KRYTACはどのショップで購入できるのか

KRYTACはパーツメーカー大手のライラクスが総代理店になっていて、各ショップで購入できます。また、販売しているショップよっては、KRYTACに独自のカスタムを施して、ショップカスタムとして販売しているところもあります。他人と違うKRYTACを持ちたい方は、ショップカスタムを購入するという方法もあります。

KRYTACのタイプ別おすすめモデル

ここからは、タイプ別におすすめのKRYTACの製品をご案内します。

サバゲー用おすすめモデル①装弾数で選ぶなら

KRYTAC TRIDENT LMG ENHANCED 電動ガン本体 クライタック

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

装弾数で選ぶならこのモデルです。トライデントシリーズのSAW(分隊支援火器)です。電動巻き上げマガジンの装弾数は4000発で、サバゲーフィールドで弾幕を張るにはピッタリです。

サバゲー用おすすめモデル②取り回しの良さで選ぶなら

KRYTAC 電動ガン本体 TRIDENT ALPHA SDP クライタック トライデント アルファ エスディーピー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

取り回しの良さで選ぶのなら、このモデルです。全長が470ミリ、重量が2.1キロの小型軽量タイプ。インドアなどの狭いところで使うのにはもってこいの電動ガンです。

サバゲー用おすすめモデル③個性的なキャラで選ぶなら

トライデント TR47 CRB KRYTAC

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

他の人とひと味違った個性的な電動ガンでえらぶのならこのモデルです。AKの弾がつかえるM4のこのセプトで開発されたナイツ社の「SR47」!このコンセプトをそのまま電動ガン化した個性たっぷりのタイプ。
M4系フレームに刺さるAKマガジンが、個性を引き立たせます。

サバゲー用おすすめモデル④KRYTACと言えばコレ!

クライタック クリスベクター

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

KRYTACと言えばこのクリスベクターは外せません。多くの説明もいらないほど有名なモデルです。この独創的なデザインのサブマシンガンを、一度は手元に置いてみるのもいいでしょう。

KRYTACについて:まとめ

今回はKRYTAC製電動ガンをご紹介しましたが、海外製の電動ガンの技術の進歩には、目を見張るものがあります。もちろん、低価格を売りにする海外製電動ガンは、一昔前と同じ「悪かろう、安かろう」といった製品もありますが、G&GやCRYTACのように、品質を追求しているメーカーでは、少なくとも東京マルイのスタンダード電動ガン並のクォリティーを持つ物も出始めました。特にトリガースイッチの電子デバイス化では、日本のメーカーよりも先を行っていることを強く感じます。このあたりで、日本のエアガンメーカーも、何か手を打たなければ、早晩、海外製エアガンに市場を席巻される予感を感じます。

KRYTACの電動ガンに興味のある方はこちらもどうぞ!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

過去イチ使いやすいおすすめタックルボックスが決定しました。

提供:GAMAKATSU PTE LTD ★今回紹介した製品はコチラ★ 【がまかつ(Gamakatsu) LUXXE タックルバック ハードRH シアンxグレー LE-401】 https://www...

【棒針編み】初心者の方向け!棒針編みの作り目の方法を解説✨How to make knitting needles

今回は「棒針の作り目」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 糸のかけ方 作品の時は出来上がり寸法の3倍の長さに糸を引き出しておきます。 (ここ...

【かぎ針編み】初心者の方向け!鎖編みで円・輪の作り目を作る方法を解説✨How to knit a circle with crochet chains

今回は「鎖編みの円形の作り目(カギ針)」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 鎖編みの動画はこちら↓ https://youtu.be/lqs...

グランデージ アトラス100HH【開封の儀】

新型グランデージアトラス先行実釣インプレッション!【4K】 https://youtu.be/nRc29B9tL0A 詳細情報解禁!新作グランデージアトラス試投インプレッション! https://y...

【2021年釣具大セール!】コルトスナイパーが激安!いや、安すぎる!

★ナチュラム祭 公式ページ★ https://www.naturum.co.jp/sale/top/211203_nfes/?ref=topcarousel_d_pc ・20ソルティガ 14000-...