検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ASGの電動ガン「CZ 805 BREN A2」のレビュー!高性能ライフルの魅力とは?

CZ805はチェスカー・ズブロヨフカ国営会社によって開発された新型のアサルトライフルです。2010年に発表されたまだまだ新しいライフルなのですが、トイガンメーカーのASGが電動ガン化してくれました!今回はCZ805の魅力について紹介します!
2020年8月27日
ysakura3928

チェスカー・ズブロヨフカ国営会社とは?

チェコの国営銃器メーカー

チェスカー・ズブロヨフカ国営会社とは国直営の兵器廠のことです。チェコがスロバキア共和国と二分する前から経営していてチェコ軍の銃器などをずっと開発してきました。世界的にも有名な銃器を開発していて現在も開発を続けています。コピー品にこだわらず独自の製品を開発することから技術力もかなり高いメーカーとなっています。


銃器メーカーの老舗

チェコスロバキア第一共和国時代の1936年6月27日に創立したチェスカー・ゾブロヨフカ社は世界的な銃器メーカーとしてもかなりの老舗になるでしょう。有名な銃としてはサブマシンガンのスコーピオンや拳銃のCz75などが広く知られていますね。現在は従業員1800人の超大型メーカーとして銃器業界で活躍しています。

チェスカー・ズブロヨフカ国営会社の有名な銃

拳銃「Cz75」

Cz75は1975年に製造されたチェコスロバキア製の拳銃です。9×19mmパラべラム弾を使う拳銃で多くの法政執行機関で採用された実績のある拳銃です。バリエーションも多く、現在も数多くのCz75が生産されています。日本でも独特のデザインなどが人気を産んでゲームや電動ガンなどでも登場や発売されています。


サブマシンガン「Vz61 スコーピオン」

Vz61 スコーピオンはチェコスロバキア軍にて1961年に制式採用されたサブマシンガンです。小型のボディの特徴に折りたたみのストックがあるのですが、そのストックを折りたたむ際にサソリの尾を連想させるためにその名前が着きました。9×19mmパラべラム弾よりも威力の低い.32ACP弾を使うので威力面で不安要素がありますが、非常に小型な事とフルオートでも射撃しやすいことから愛用されていました。

CZ805 BRENとは?

新型のアサルトライフル


CZ805 BRENは2011年からチェコ共和国で制式採用されたアサルトライフルです。チェコスロバキア共和国で使われていたVz58アサルトライフルの後継として開発されたCZ805 BRENは近代戦闘に対応するために、レールマウント、多数弾薬対応、新素材の使用など多くの最新技術によって作成されました。外見的にはSCARアサルトライフルに近似していますね。

チェコ軍の制式採用ライフル

CZ805 BRENはチェコ軍で現在活躍しています。その他にも近隣国であるスロバキア共和国やエジプト、フランスやハンガリーと多くの国で採用されている期待のアサルトライフルとなっています。過去にはインドなどにも採用検討が上がったのですが、実績がないことから採用が見送られたこともありました。現在では改良型やバリエーションが増えるなど活躍を伸ばしています。

CZ805 BRENの特徴No.①

ハンドガードと一体のアッパー

CZ805 BRENはモジュラーウェポンをモデルとして開発されたので簡単な部品交換のみで改修ができるようになっています。その一端でハンドガードとアッパ-レシーバーは一体化する形になっています。上部にはフラットレールが搭載されて取り外し可能な左右下側のレールが付いています。十分な長さのレールなのでサイトパーツなどもかなり自由にカスタムできるようになっています。

ロワーはポリマー樹脂製

ロワーレシーバーは近代銃でよく使われるようになったポリマー樹脂によって作られています。軽量で頑丈なポリマー樹脂はアサルトライフルなどでもよく使われる素材になってきました。軽量化の他にも射撃による熱などにも対策効果があるのでどんな場面でも使える汎用性の高いライフルに仕上がります。その他にストックなどにもポリマー樹脂が採用されています。

CZ805 BRENの特徴No.②

3種類の弾丸に対応!

CZ805 BRENはNATO規定の5.56mm×45弾を基本として使いますが、その他にも6.8mm×43 SPC弾や7.62mm×39弾にも対応しています。5.56mm×45弾だけでは威力が足りない場合には7.62mm×39弾へ換装するなどをして簡単に状況に対応することができます。近年では多数の弾薬に適応することも非常に重要な必要スペックとなっているので3種類の弾丸に対応できるのは非常に心強いですね。

扱いやすいマガジン系の操作

CZ805 BRENはマガジンの操作にレシーバーにあるマガジンキャッチボタンとAK系のマガジンキャッチであるパドル式マガジンキャッチも採用しているので実に扱いやすくなっています。特に前制式銃のVz58はAKのシステムを使っていたためにAK系のマガジン操作を組み込んであるのは兵士たちにとっては喜ばしいことでしょう。マガジンはアタッチメントを使うことでG36アサルトライフルに使われているものやM16系のマガジンも併用することができます。

CZ805 BRENの特徴No.③

2種類のバレルタイプ

CZ805 BRENには2種類のバレルタイプがあります。バレルの全長が長いタイプが「CZ805 BREN A1」となっていて、バレルが短いタイプが「CZ805 BREN A2」となります。バレルの長さには10cmほどの差があるので性能や取り回しに関してかなりの差が出てくるでしょう。今回は主に「CZ805 BREN A2」に関してご説明をしていきます。

折りたためる伸縮ストック

CZ805 BRENはアサルトライフルとして小型のものに多い伸縮式のストックで折りたたむことができます。これは通常のアサルトライフルとしての運用の他に室内などでの強襲にも使えるようにするためでCZ805 BREN A2とあわせて心強いギミックとなっています。ストックは5段階の調整の他にチークパッドの高さ調整など万人に合わせた調整が施せます。

【ASG】電動ガンレビュー!No.①

CZ805 BREN A2

CZ805 BREN A2はデンマークのトイガンメーカーであるASG(Action Sport Games)によって電動ガンとして販売されました。ASGは過去にも電動ガンであるスコーピオンEVO3A1を販売していてCz系やVz系への造形には期待が持てます。今回発売したASGのCZ805 BRENは通常の電動ガンですがかなりの高スペックをたたき出しています。

CZ805 BREN A2のスペック!

ASG(Action Sport Games) CZ805 BREN A2 電動ガン 
全長:847〜907mm(ストック伸長時)/792mm(ストック折りたたみ時) 
重量:3,100g 
装弾数:550発
使用弾:6mmBB弾(0.20g推奨)
平均初速:94m/s
射撃:フルオート・セミオート
可変ホップ:可変式ホップアップ

【ASG】電動ガンレビュー!No.②

実銃とほぼ同じ素材構成

CZ805 BREN A2は実銃とほぼ同じ素材で構成されていて、アッパーレシーバーはアルミによる削り出し、ロワーはナイロン樹脂製とこだわられて作られています。外見的にはほぼ実銃と変わらなく、重量は実銃と200gの差しかありません。非常にリアルな構成ですのでサバゲーで荒く使っても問題なく、お座敷シューターでも満足する仕上がりになっています。

ライセンス刻印のリアルさ!

ASG(Action Sport Games)はCZ社と正規ライセンスを結んでいるので刻印に関しては実銃と同様のものが刻まれることになります。マガジンハウジングにも使用弾薬の刻印と生産地の刻印があるのですが、製造メーカーにおいては台湾にあるOEMが生産しているので「MADE IN TAIWAN」となっています。その他レールやストックなどにも細かく刻印が入っていますがとても綺麗な刻印なので見所なポイントです。

【ASG】電動ガンレビュー!No.③

アンビ操作できるセレクター

CZ805 BREN A2はアンビ操作できるセレクターを搭載しています。セレクターはセミオート、フルオート、セフティの3種類があってトリガーに指をかけていても操作できるようになっています。実銃ではセミ・フルオートの他に2点バースト機能もありますが、法政執行モデル以外には搭載されていません。その他のアンビ機能はマガジンキャッチボタンが対応しています。

カスタムしやすいハンドガード

CZ805 BREN A2のハンドガードは上面にレシーバーまで続く長いフラットレールと左右下部にレールマウントパーツが付いています。左右のレールパーツは程々に長めですが、下部のレールは通常のライフルとは違って少し上気味についているのでフォアグリップやレーザーサイトなどのカスタムパーツを付ける際には大きめのものがおすすめです。

【ASG】電動ガン実射レビュー!No.①

高初速のパワー

CZ805 BREN A2の初速は94m/sとかなりの高初速になっています。CZ805 BREN A2はバレルがA1からバレルを短くしているのでインナーバレルも短く調整されているのですが、どうやらきちんと調整されて日本でも使えるようになっているようです。しかし、それでも国産の電動ガンよりかは威力が強いのでサバゲーでは速度が出て狙いやすいでしょう。

安定した弾道とHOP

CZ805 BREN A2の射撃は非常に安定した弾道で狙うことができます。セミオートではかなり精密な狙撃も可能でカスタムパーツによっては狙撃銃としても使えるかもしれませんね。フルオートではBB弾が線を描くように飛んでいくほど安定していて、40m先の標的もバッチリ狙うこともできます。HOPはボルトオープンをすることでドラム式のパーツによって簡単にカスタムすることができます。

【ASG】電動ガン実射レビュー!No.②

意外と使いやすいアイアンサイト

CZ805 BREN A2にはアイアンサイトが付属しています。リアサイト、フロントサイトともにフリップアップ式のサイトで照準はピープ式サイトとなっています。細かな調整もできる他に意外と狙いやすい特徴があります。フリップアップ式サイトなのでサバゲーで光学サイトを取り付けてもいちいちサイトパーツを外さなくていいところがポイントですね。光学サイトが故障等をした際には取り外してアイアンサイトを使うこともできるでしょう!

マガジンは大容量だけど

CZ805 BREN A2に使えるマガジンは550発とかなりの大容量となっています。付属のマガジン以外には東京マルイなどから発売されているG36のマガジンが互換性があって使うことができます。G36のマガジンは大容量マガジンとスプリング式マガジンがあって好きな方を使うことができます。大容量マガジンは弾数が多いのはいいですが、ストップ機能などがないので残弾管理が少し大変かもしれません。

【ASG】CZ805 BRENのおすすめカスタム!No.①

ブースターサイトで遠近両方を対応!

CZ805 BREN A2には遠近両方が対応できるブースターサイトがおすすめです。ブースターサイトというのはドットサイトなどと可変できる倍率スコープが組み合わさったもので、サバゲーで遠距離では高倍率で近距離ではスコープをどけることで近接にも対応できる優れたサイトとなっています。カスタムするのも簡単で複雑なパーツなどもないのでおすすめです。

少々大きめのフォアグリップで

CZ805 BREN A2はハンドガードがバレルと密接に一体化しているので少しだけ高さが特殊な場所にあります。なのでカスタムパーツとしては大きめのフォアグリップを装着することで違和感なく使えることができます。しかし、次世代電動ガンと違ってフルオートなどでもリコイルがないため反動制御ではなく姿勢制御の目的が大きいです。

【ASG】CZ805 BRENのおすすめカスタム!No.②

レーザーサイトはおすすめ!

近距離でも戦えるCZ805 BREN A2にはレーザーサイトも非常におすすめです。ストックを折りたたんで行けばインドアフィールドでもかなり使えるライフルなので光学サイトで狙うよりもレーザーサイトの視覚的なADSの方が良い場合もあります。バレルと離れると調整が難しいのとほかのカスタムパーツとの場所取りもあるのでバレルの左右につけるのがおすすめです。

50連マガジンがおすすめ!

CZ805 BREN A2には多少弾数が少なくなりますが、東京マルイの50連マガジンがおすすめです。フルオートなどで射撃しているとオートストッパーが無い多弾マガジンでは空うちをし続けてしまいます。特にダイヤル式のマガジンでは空になったか判断がしにくい特性もあります。50連マガジンならスプリング式でフルオートで射撃してもストッパーがかかるので判断しやすいです。

CZ805 BRENにおすすめのカスタムパーツ!

扱いやすい3倍率

VERY100正規版 3倍ブースター ブースターレプリカ テレコンバーター レンズ 倍率コンバーター 折り畳み式スイングマウント付属 レール21mm ブラック Bory-3X-1

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

ホロサイトと組み合わせて使えるブースターパーツです。価格も程よいのでカスタムしやすく、手持ちのホロサイトなどと気楽に合わせてサバゲーで使えるのが良いですね。スペーサー等を用意しておかないとホロサイトなどと段差ができやすいのでいくつかのスペーサーを用意しておきましょう。

アルミ製のグリップ

FORTISタイプ アルミフォアエンドグリップ BK 【ノーブランド品】

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

アルミ製のバーティカルグリップです。タクティカルグリップなどよりも垂直に長いのでCZ805 BRENでは使いやすく、サバゲーでは有利に使えるでしょう。固定方式が6角ボルトなのでサバゲー中には外しにくいですが、ゲームの合間にはカスタム出来ると思うのでおすすめです。

CZ805 BRENのまとめ

アサルトライフルが気になったらこちらもチェック!

CZ805 BRENの魅力は伝わりましたか? チェコの送り出す最新型のアサルトライフルは今後人気を出してくるライフルに違いありません。現時点でもかなり使える有能なアサルトライフルなので、デザイン等が気に入った方にはおすすめですよ! この他にアサルトライフルが気になった方には下記にまとめ記事のリンクを張っておきますので、あわせてお読みください!