東京マルイ「グロック」特集!レビューからカスタム、サバゲでの使い方を解説!

東京マルイ「グロック」特集!レビューからカスタム、サバゲでの使い方を解説!

東京マルイのグロックシリーズのご案内です。多くのサバゲーマーから愛用されている東京マルイ「グロック」シリーズ。フルオート、電動ガン、コンパクトモデルと、このシリーズだけで全用途に対応できます。サバゲーでの使い方、カスタムの方法など、グロックについて解説します

記事の目次

  1. 1.グロックとは?
  2. 2.東京マルイのグロックとは?
  3. 3.東京マルイのグロックのバリエーション
  4. 4.東京マルイ電動ハンドガン
  5. 5.東京マルイ電動ハンドガン①グロック18Cのレビュー
  6. 6.電動ハンドガン18Cはどんな人に向いているか
  7. 7.東京マルイのグロック:ガスブローバック
  8. 8.東京マルイのグロック18C
  9. 9.東京マルイのグロックG18Cの困ったところ
  10. 10.東京マルイのグロック26
  11. 11.東京マルイのグロックG17、G19、G22、G34
  12. 12.東京マルイのグロックのカスタムパーツ
  13. 13.グロック用おすすめカスタムパーツ①スライドセット
  14. 14.グロック用おすすめカスタムパーツ②強化スプリング
  15. 15.グロック用おすすめカスタムパーツ③強化バルブ
  16. 16.グロック用おすすめカスタムパーツ④ドットサイト
  17. 17.グロック用おすすめカスタムパーツ⑤カービンキット
  18. 18.東京マルイのグロック:実射性能は?
  19. 19.実銃のグロックについて
  20. 20.東京マルイのグロックとサバゲーまとめ

グロックとは?

オーストリアの銃器メーカー「グロック社」によって開発されたハンドガンです。ポリマーフレームを採用した銃で、オーストリア軍の制式採用ハンドガンに選ばれて、一躍有名になりました。現在では世界各国の警察や軍に採用されています。

東京マルイのグロックとは?

東京マルイのグロックシリーズは、2000年11月にグロックG26が発売されたことから始まります。かなりコンパクトのハンドガンなのに、シャープなブローバックとわずか73㍉の短いインナーバレルにもかかわらず、素直な弾道でBB弾が飛んでいくのに驚かされた記憶があります。

マルイのグロック全機種の特徴

現在、東京マルイのグロックは、電動ハンドガンも含めて全部で8機種のバリエーションがあります。全機種共通の特徴は、マガジンが共有できること、フレームのダストカバーに付いているシリアルナンバーがオリジナルのセフティーになっていることです。基本設計が早い時期のガスブローバックガンであるために、製品の完成度は熟成されています。レビューに関しても、高い評価を得ています。

東京マルイのグロックのバリエーション

東京マルイのグロックシリーズはガスガン7機種、電動ハンドガン1機種の構成であると、先ほど述べましたが、ガスブローバックのグロックシリーズは、大まかに3つのグループに分けられます。

大まかに分ければ3つのバリエーションです。

第一グループがG17を基準としたフルサイズのグロック。この中にはG22、G34が入ります。2つ目がコンパクトサイズのG26、3つ目がフルオート機能が付いたG18Cという感じです、ようするに実銃のように、モデルによって撃てる弾の口径が違うわけでもないので、G18C、G26、G17とその他大勢と思っていただいてかまいません。

AKBグループと同じです。

G17、 G22、G34は、販売開始時期によってはブローバックエンジンのピストン径に差があるため、リコイルの強さに多少の違いはありますが、基本的には、G17のガワを少しいじっただけで、中身はほとんど同じです。AKBとNMB、SKE、の違いぐらいと考えていただければよろしいでしょう。レビューでも、どのモデルも撃ちやすいと言ったものが目立ちます。

東京マルイ電動ハンドガン

東京マルイのエアガンには対象年齢18歳以上の電動ハンドガンというカテゴリーがあります。ガス圧で弾を撃ち出すのではなく、グリップ内に極小のメカボックスを仕込んで、バッテリーによって駆動するものです。この電動ハンドガンには、HK  USP、ベレッタM93R、ベレッタ92F、ハイキャパ、そしてグロック18Cも含まれています。ここでは電動グロックに焦点をあててご説明します。

東京マルイ電動ハンドガン①グロック18Cのレビュー

東京マルイの電動ハンドガンは、スライド内部のバレル下部にバッテリーを接続して、モーターを駆動します。そのため、スライドは固定式で、ブローバックのような作動はしません。これはどの電動ハンドガンも共通しています。以前興味本位で所有したことがあるので、その時の体験を元に、レビューを書きます。

電動ハンドガン18Cの良いところ

モーター駆動なので、季節に関係なく、安定した作動をしてくれます。初速は68m/ほどで、小型のガスブローバックガンと変わらないくらいの威力です。

電動ハンドガン18Cの残念なところ

良くも悪くも、弾を撃ち出すだけの道具と言った感じで、リアリティーの欠片も感じさせません。発射音も「シュポポポポ~」といった響きで、聞いていると萎えてきます。電動ハンドガンの内部構造は全て一緒で、「どこを切っても金太郎~」状態です。撃った感触、スペック共にどの機種も差はなく、違うとしたら外側のデザインだけです。

電動ハンドガン18Cはどんな人に向いているか

東京マルイの電動ハンドガンは、好き嫌いがハッキリと分かれるエアガンです。どんな人に向いて、どんな人に向いていないかを先ほどのレビューを参考にして書いてみます。

電動ハンドガンG18Cが向いている人

東京マルイの電動ハンドガンは次のような方に向いています。①プロセスよりも結果を重んじる成果主義の人、つまり体裁はどうあれ、サバゲーではKILL数を上げることが第一と考えている方です。②銃のメカニズムや作動工程にあまり興味の無い方、これも弾さえ前に飛べば、中身なんかどうでもええねん!といった銃の本質にこだわらない人です。③エアガンのメンテやカスタムに興味のない方、電動ハンドガンは、バッテリーの管理さえおこたらなければ、ほとんどメンテフリーで遊べます。そういった方々には電動ハンドガンが向いています。

電動ハンドガンG18Cが向いていない人

東京マルイの電動ハンドガンが向いていない方とは、上に書いた向いている方の反対の人を思い浮かべればいいでしょう。つまり、銃の作動や発射プロセスにリアルさを感じ、メンテやカスタムを通して、エアガンの構造やメカニズムを知ることに興味を持てる方です。さらにサバゲーでは、勝ち負けよりもゲームの内容自体を重要視する考え方の人にとっては、電動ハンドガンに魅力を感じることはないでしょう。

東京マルイのグロック:ガスブローバック

ここからは、東京マルイのガスブローバックのグロックシリーズについて説明をいたします。まずのグロックのバリエーション全体に共通している特徴を説明した後に、それぞれのグロックの説明や(レビューをお伝えします。

バリエーション全体に共通する特徴

実銃のグロックには、マニュアルセフティー(手動の安全装置)が設けてありません。これは、グロックのスライド内部にあるファイアリングピンが常にロックされた状態にあるからです。この機構を「オートマチックファイアリングピンブロック」(AFPB)というのですが、このシステムによって銃は常に安全な状態にあるとグロックは考えているからです。

シリアルプレートがセフティーレバーです。

しかし、東京マルイのグロックシリーズは、内部にAFPBが設けられていないので、マニュアルセフティーが設定されています。トリガーガードの前にあるシリアルナンバーを刻んだ銀色のプレートが動くようになっていて、このプレートを動かすことによって、セフティーが掛かる仕組みになっています。

東京マルイのグロック18C

グロックシリーズの中でひときわ異彩を放っているバリエーションがグロックG18Cです。グロックG18Cは、スライドに設けられたセレクターによって、セミ・フルオートの切り替えができるマシンピストルです。フルオートの回転数は毎分1200発と言われていて、恐ろしい勢いで、BB弾を吐き出します。

グロックG18Cの魅力とは?

グロックG18Cの魅力は、フルオート発射につきます。レビューでもフルオートの迫力に関するものが、多いです。他のハンドガンと同じ価格帯で、このフルオートファイアーを手に入れられるのですから、フルオート大好きな人や、ビギナーでフルオートのガスブローバックガンに興味のある人にはたまらないでしょう。サバゲーでも、このフルオートの制圧力には目を見張るものがあります。狭いところで、グロックG18Cからフルオートでうたれた人はトラウマになってしまうかもしれません。

東京マルイのグロックG18Cの困ったところ

グロックG18Cのフルオートは両刃の剣です。使い方を誤ればフルオートの衝撃でスライドにクラックが入ります。夏場にロングマガジンをフルオートでワントリガー撃ちきりなんて使い方をすれば、スライドが割れて、あっという間にお釈迦になります。また、グロックにはスライドが動きやすいように、ハンマーの頭にカム状のローラーがついているのですが、このローラーもフルオート連射をしすぎると内部で割れて、故障の原因になります。時々、スライドだけでなく、ローラーにヒビが入ったというレビューも稀にあります。

ご利用は計画的に

発射音もけたたましく、サバゲーでグロックG18Cを連射すると、自分の居場所がすぐにバレてしまいます。こういったガスブローバックの連射系ハンドガンは発射サイクルが速いので、サバゲーでの使い所は難しいものがあります。自宅の庭で「毎分1200発だぁ~♬」といって能天気にBB弾をバラ撒くのには楽しいのですが、サバゲーでの実戦では、あっという間にマガジンを空にして、リロードを繰り返し、ガスブローバックガン本体の寿命を縮めてしまいます。過度な連射は控えることをおすすめします。フルオートに関しては、バースト射撃をすすめるレビュー多く見れます。

夏場の使用は特に注意を

何度も言いますが、グロックG18Cは使い方を誤ればガスブローバックガン本体の寿命を縮めます。夏場の炎天下にG18CやKSCのM93Rを晒した状態で連射すると、最悪の場合スライドが破損します。以前に、実験で5月の陽射しの中に放置したマガジンで、KSCのM93Rを撃ったことがありますが、全弾発射後、スライドが割れてしまったことがあります。5月の陽射しでもこうなりますから、真夏でのガスブローバック連射系のハンドガンの取り扱いは要注意です。

東京マルイのグロック26

グロックのコンパクトバリエーションとしてG26というモデルがあります。このバリエーションモデルの特徴はそのコンパクトなサイズにあります。元々、基本モデルのグロックG17をコンパクト化したものがG19なのですが、そのG19をさらにコンパクト化したG26は、ウルトラコンパクトと言っても過言ではありません。

グロックG26の魅力とは?

グロックG26の魅力はやはりコンパクトな見た目にあります。スライドとフレームの割合がアンバランスで、頭でっかちな印象を受けます。これでモフモフ感があれば、まるで豆柴の子犬のようです。このアンバランスな可愛さは、サバゲ女子にも受けるかもしれません。しかし、実射してみると見た目のコンパクトさとは裏腹に、他のガスブローバックガンと変わらない弾道と勢いで、狙ったところに着弾してくれます。短いインナーバレルでも、これだけ真っ直ぐに飛ぶのに驚くレビューがかなり多くあがっています。

グロックG26の困ったところ

グロックG26の困ったところもコンパクトさにあります。実射性能的にはなんら問題のないグロックG26ですが、グリップが短く、握った時に小指があまり気味でなんとも頼りないのです。グロックもそこのところは承知していて、マガジンにワルサーPPKのような大型のマグバンパーを付けているのですが、それでも頼りなさは否めません。以前にグロックG26を所持していたのですが、このグリップが馴染めずに手放してしまいました。そのため、G17のコンパクト版のG19を待ち望むレビューが大変多く上がっています。

アサルトウェポン規制法でこうなった

グロックには元々G17のコンパクトモデルとしてG19というモデルがあるのですが、1994年に10年間の時限立法として、「10発以上弾が入るマガジンは禁止ね♪」という銃規制法が施行されたため、このような短いグリップを持つバリエーションが誕生したのです。ただ、このグリップは手の小さな女性には向いているかもしれません。某アニメのフェイ・バレンタインという女性キャラがこの銃を使っていたのも、女性が隠し持つコンパクトハンドガンという設定がこの銃には似合っているのでしょう。

東京マルイのグロックG17、G19、G22、G34

実銃のグロックはG17が最初に開発されて、それ以降はG17を基本モデルとしたバリエーション展開をしてきました。東京マルイのグロックシリーズでは、最初にG26がガスブローバックガンとして発売されて、次のモデルでフルサイズのG17がリリースされるという順番でした。発売の順番が逆になっていても、17Gがスタンダードモデルであることには変わりません。

グロックG17、G22,G34から選ぶとすれば

東京マルイから発売されているグロックのバリエーションのG17,G22,G34の中から、サバゲー用のハンドガンを選ぶのに迷っているのなら、2018年春の現時点では、G22を選んでいれば、まず後悔はしないでしょう。東京マルイのグロックシリーズは、基本となるG17がかなり初期の段階の設計なので、製品的には熟成されています。

現時点ではG22を選んでいれば無難です。

その中で、G22は最新のモデルということで、マガジンキャッチなどの小物が改良されていて、使いやすくなっています。

急がなければG19を待つという選択も

いま東京マルイのグロックに対して、ユーザーからのリクエストが多いのがG19の発売だそうです。グロックG19と同じ時期にニューモデルとして発表された他のUSP、M45A1、HK45CTは発売済みなので、時期的にも発売になってもおかしくありません。ただ、東京マルイの場合、これから更に発売までの時間がかかることも珍しくありませんので、G19が欲しい人は、気長に待つしか無いようです。

東京マルイのグロックのカスタムパーツ

東京マルイのグロックシリーズには、おびただしい数のカスタムパーツが販売されています。基本的のは、ご自身のお好みで選んだアイテムでカスタム化されればよいのですが、これからカスタム化を考えている方のヒントになるように、おすすめのカスタムパーツを、選んでみました。グロックのカスタム化のお役に立てて下さい。

グロック用おすすめカスタムパーツ①スライドセット

GLK-95(TAN)■GUARDER CNCカスタムアルミスライド&ステンレスバレルキット G26◆TAN シリアルタグ付き フルCNC マルイ G26対応 A6061+ハードアルマイト NFS216

楽天

おすすめの人気カスタムパーツの1つ目は、メタル製のスライド、アウターバレルのセットです。フルオート連射対策用にG18Cのメタルスライドも人気なのですが、GEN4仕様のスライドや、リアル刻印のG17用のメタルスライドも、カスタムパーツとしてかなり人気があります。メタルパーツのスライドに換装するには摺り合わせが必須ですが、苦労しただけのリアルな質感が手に入ります。

グロック用おすすめカスタムパーツ②強化スプリング

Guns Modify G17/G18C 125%リコイルスプリング+TiN ステンレスガイド & ハンマースプリング◆東京マルイ GBB グロック17/18C リコイルアップ メタル化に[全国一律300円配送可能]

楽天

メタル素材とセットでよく使われているのが、強化スプリングです。ハンマーの打撃力を上げるメインスプリングとスライドの戻りをシャープにするリコイルスプリングのセットがカスタムパーツとして人気を集めています。

グロック用おすすめカスタムパーツ③強化バルブ

GLOCK-20■【高出力】GUARDER ガーダー ハイアウトプットバルブ★マルイ GLOCKグロックG17/18C/G26/M92F用[全国一律300円配送可能]

楽天

メタルスライド、強化スプリングの効果を高くするために、マガジンのバルブを強化パーツに変えて、ガスの吐出量を増やすのも定番のカスタムです。ガスバルブはリーズナブルな価格で手に入れやすいパーツなので、カスタムの入門用としてもおすすめです。

グロック用おすすめカスタムパーツ④ドットサイト

DOCTER タイプ コンパクト ドットサイト グロック用マウント付き オレンジ

楽天

最近、よく見かけるスライドのリアサイト部分に取り付けるマイクロドットサイトとマウントのセットです。ドットサイトを取り付ければ、サイティングのスピードは確実に速くなります。レールのないハンドガンのスライドにドットサイトを搭載できるなんて、一昔前までは、思いも及びませんでした。世の中には色んなことを思いつく人がいるものだと、関心しました。

グロック用おすすめカスタムパーツ⑤カービンキット

CAA タイプ Micro RONI コンバージョンキット 2017年ver. 【フラッシュ ライト搭載】 for グロック/Glock デザートカラー

楽天

この製品はカスタムパーツと言うよりは、ドレスアップキットと考えたほうが良いでしょう。キット内部にグロックのハンドガンを入れると、カービンになるのですが、一番のお似合いは、G18C+ロングマガジンということになります。カービン化したG18Cはサバゲーでもかなりの制圧力を発揮してくれるはずです。

東京マルイのグロック:実射性能は?

グロックに限らず、東京マルイの製品がサバゲーマー達から支持をされているのは、他社のホップシステムよりもワンランク上の命中精度を見せてくれるからです。特にグロックは、バリエーションを増やす度に、製品の熟成度を上げているので、実射性能について、今更語る必要もないほどの安定した命中率を見せてくれます。

実銃のグロックについて

グロックG17は1980年に行われたオーストリア軍のトライアルを勝ち抜き、制式採用拳銃として、彗星の如く世に現れました。もとはミリタリー用のプラ製アイテムを軍に納入していたメーカーなので、その技術を応用し、ポリマーフレームの特性を活かした銃器を開発したのです。ポリマーフレームを世界で初めて銃器に取り入れたのはドイツのH&K社なのですが、ビジネス的には不発に終わりました。

HK VP70がグロックのお手本だった

VP70のポリマーフレームを使った設計思想に将来性を見出した、グロックの社長であるガストン・グロックはVP70の失敗を参考にして、ポリマー素材の特性を活かす独自のアイデアを盛り込んだハンドガンの開発に乗り出します。その結果、銃器関係者が誰も予想しなかったグロックG17のオーストリア軍採用という結果をもたらしたのです。

東京マルイのグロックとサバゲーまとめ

グロックというハンドガンは本当に使いやすいエアーガンです。マニュアルセフティーは付いておらず、撃ちたい時は、トリガーを引くだけという簡単な操作で発射できます。アメリカのいろいろな市警察や政府関係機関に採用されているので、サバゲーでは、ポリス、LE(ロー・エンフォースメント)装備で使っても、実に様になります。また、ミリタリー装備でも、タンカラーのグロックをホルスターに突っ込んでいても、何の違和感も感じません。この記事をご覧のいただいている皆さんも、一度サバゲーでグロックを試されることを、おすすめします。

東京マルイのハンドガンに興味のある方はこちらもどうぞ!

東京マルイの電動ハンドガン「H&K USP」のレビューとカスタム方法まとめ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
東京マルイの電動ハンドガン「H&K USP」のレビューとカスタム方法まとめ! | 暮らし~の[クラシーノ]
H&K社でも人気の高いUSPハンドガン、そのH&KのUSPを東京マルイが電動ハンドガンとして開発、販売しました。今回はそんな東京マルイから販売されているH&K USP電動ハンドガンのレビューや性能、そしてカスタム方法をご紹介していきたいと思います。
東京マルイ ガスガン特集|おすすめ人気ランキング10!最新や名作など | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
東京マルイ ガスガン特集|おすすめ人気ランキング10!最新や名作など | 暮らし~の[クラシーノ]
東京マルイのガスガンの中で、人気の10種類について、ランキング形式でご紹介します。エアガンメーカーの老舗にして、日本で最もメジャーな東京マルイの、銃に興味のある初心者にもおすすなガスガンを人気や最新作などの要素を踏まえて説明します。
ijirare1960
ライター

ijirare1960

ijrare1960と申します。 トイガン歴とサバゲー歴、それぞれ数十年、トイガンはモデルガン全盛時から、サバゲーは日本で始まった頃から見てきました。 実銃の歴史やメカニズムの雑談系とエアガン、サバゲー関連の解説記事を、初心者の方にも分かりやすいように、お伝えします。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking